000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レッドストーン~オズの奇行と夢と希望~

PR

X

全165件 (165件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

Dec 4, 2010
XML
カテゴリ:徒然なるままに
こんばんわ.オズです.

今年3回目,そして実に11カ月ぶりとなる更新となります.
その間も変わらずロトボックスに勤しんでいましたが,ネタにすら出来ず月日を重ねてしまいました.
そんな更新ぶりに世間は敏感.
毎日1ケタ台の訪問者を記録し続けること数カ月.毎日訪問してくれるへビィユーザには申し訳ない気持ちを抱きつつ,更新できませんでした.

そんなブログでしたが,先日から訪問者が増え始めました.
原因は最近実装された鯖間Gvです.少しでも情報を求め,他鯖の人が訪れていると推測されます.
「レッドストーン 夢と希望」でググれば,先頭でHITする当ブログ.
ギルド情報を求め訪れた人がこのブログを見てどう思うでしょう.心中をお察しします.

これではいけないと思い,今回更新することにしました.
ギルド戦績が知りたい方は,ギルドホームページのBBSを参照して頂ければと思います.
Gv結果を載せているため,参考にしていただければ幸いです.


12/4現在のギルド情報を下記に記載します.
---------------------------------------------------------------------------
所属鯖   :ブラックオパール 黒鯖(_H)
ギルド名  :夢と希望
TopLv    :685
AveLv    :530
人数    :2PT+α
禁止要求 :なし(鯖間Gvでは禁止なしを基本としていきたいと思います)
GM     :オジー・Bグッド
ギルドHP :ttp://www.geocities.jp/ozzy_sloth/
(頭にhを入れてください)
---------------------------------------------------------------------------

鯖間Gvではレベルに関係なく戦って行きたいと思っております.
TopAveのレベルが上のギルドでも果敢に挑戦させて頂きます.
後入れもお待ちしておりますので,よろしくお願い致します.







Last updated  Dec 4, 2010 06:38:26 PM
コメント(2) | コメントを書く


Jan 4, 2010
カテゴリ:徒然なるままに

こんばんわ.オズです.

まさかの短期間更新です.今までの更新頻度を知っている皆様にはこれが奇跡と思えるでしょう.
しかし,これとは比較のできないほどの奇跡が起こったのです.

歴史を振り返ると時勢というものを感じずにはいられません.
中心にいる人物の能力を超えた出来事が次々に起こるのです.
その力に慄き人々は口にします.

 時代が味方した,と.

そして時代という大きな奔流を身にまとった彼らは人智をも超えた,
不可能と思われることを次々と成し遂げるわけです.
そう,僕は,時代の奔流に巻き込まれた.そうとしか表現できない状況に出会ったのです.


---1月3日深夜 アリアンにて----

オズは茫然とした.
突如目の前に現れた物体にただただ立ち尽くすしかなかった.
そう,半分は冗談だったのだ.それがまさかこんなにすぐに・・・


久々にブログを更新した.
そう,長い間放置をしてしまっていたが,心の奥に罪悪感があったに違いない.
成し遂げた安堵感と解放感に包まれ商業都市アリアンの露天を眺める.
けど,内容は少々問題だったかな.思い返す度,透き通った解放感に陰りを映す.
求めるものは力固定&移動速度靴.
宣伝はしたものの早々お目にかかれないものということは重々承知.

そう,それは成し遂げられないマニフェスト.
手に入れられなければ実行もできないさ.だからやらなくたって僕のせいじゃない.
ネタのためにゴシップ記事も平然と書いてしまう.そんな自分の変遷に少々嫌悪感.溜息一つ.
僕の心は曇り空.

そんな僕の前に突如現れた.
その物体を目の当たりにし,ただただ立ち尽くすしかなかった.

「まさか・・・こんなことが・・・」

あってはならない事態に僕は言葉を失った.

20100104_1
(※注 HPエンチャ後SS撮影)


そんな僕にヤツが舞い降りる.


akuma:けけけ.おいおい,こりゃ時代が味方してるんじゃないか?

(来たな.悪魔め.失せるが良い!)

akuma:おいおい.お目当ての物を見つけたというのにえらいお冠じゃないか.

(こんなの嘘だ・・・!そうそう見つかるはずはないんだ!)

akuma:けけけ.全く・・・.資産がねぇ状態で宣言するからこんな事態に陥るんだ.腹ぁくくれよ.

(う,うるさい.お前にそんなこと言われる筋合いはないんだ・・・
 もし失敗したらどれだけの損害を被ると思っているんだ.好き勝手言いやがって・・・!)

akuma:全く・・・覚悟もないくせに偉そうなこと言ってるんじゃねぇよ.

僕は言葉に詰まった.明らかに非があるのは自分.
唇を強く噛みしめ,ただただ耐えるしかなかった.


 コン

 コン,コン


そのとき固く閉ざした僕の心の扉をノックする音が聞こえた.


---私だ.開けてください---

僕の心の扉が静かに開く.




tensi:おや




(て,天使さん・・・)

数々の出来事が走馬灯のように駆け巡る.
そう,僕は怖かったのだ.またあのときの再現になるのではないかと.
そう,それ以上に悔しかったのだ.敗北のまま受け入れていることを.
彼の顔を見ると秘めていた想いが溢れ出た.まるで決壊した川のように.
そんな僕には,溢れ出る想いと涙をもう止めることは出来なかった.
アリアンの雑踏の中,人目も憚らず涙を流しながらその場に崩れ落ちる.


「い,異次元がしたいです・・・;;」

tensi:リベンジですね.私はいつも貴方の味方です.あきらめたらそこで試合終了ですよ.


(て,天使さんっ!!!)

もう僕は迷わない.




---1月3日夕方 ギルドホールにて----

残すところ手に入れるべきは異次元のみとなった.しかし僕の手元には今,先立つものがない.

akuma:けけけ.とりあえず素材は手に入ったな.けどまだ大事なものが残っている.
     どうやって手に入れるつもりだい?まぁ方法は2通りある.

tensi:1つはそうね.地道に稼ぐこと.今はだいたい10億ほどの価値かしら?
     鍛冶屋さんに10万品を1万点ほど納めれば達成ね.

akuma:けけけ.1つはそうだな.けどオズには2つ目の方が性に合っているだろ?


(ふん.悪魔さんらしくない遠回しな言い方だな.もう僕は迷わない.2つ目に決まっているだろう)


akuma:けけけ.決意を秘めた漢は違うな.それならば早くよこせよ.

tensi:早くわたしにお金を渡して.二人で買ってくるから。


(フフフ.今回のデジャブは一味違うな.行くがよい天使&悪魔さんよ!


・ ・ ・ ♪しばらくお待ち下さい♪ ・ ・ ・ 





Before

20100104_2






After

20100104_3




まさかの展開に絶句.





akuma:けけけ.まぁ予想通りの結末だな.時代の寵児ってやつはこんなもんだ.


(あ,悪魔さん・・・)


tensi:そうね.今まで時代のターニングポイントを見てきたけど,時代が味方した人はこんなものよ.

(そ,それじゃあこの後ももしかして・・・)


僕はこの後時間をあけた.
決して結果に怖がっているわけじゃない.この神がかった展開が怖かったのだ.
この日Gvがあった.僕はニケの靴を履いて疾走した.
まだあまり履いていないのに消えちゃったりするのかな.不安がないわけではない.
この日ニケを擁して僕は暴走した.反省・・・.決して別れが名残惜しかったわけではない.



---1月4日深夜 ギルドホールにて----


深夜,静かなギルドホールに降り立つ.

akuma:けけけ.ついに来たな.さっさとやっちまうか.

(あぁ,悪魔さん.いよいよだな.僕には迷いなどないよ)

akuma:けけけ.それじゃあ俺がニケを持つから,天使は素材靴を持っていてくれよ.
     オズは異次元を開けて待ってな.突っ込んでやるから.

(ふっ.さぁ来なさい・・・)


akuma:けけけ.俺前回に続いて異次元2回目だよ.他人事ながらやっぱドキドキするなぁ.
     おいおい天使.もっとこっちへ持ってこいよ.

tensi:こう?2回目でもドキドキするわね.

akuma:良い感じじゃねぇか.それじゃあやるか.

20100104_4


akumatensi :どーん


















akuma:これ成功じゃね?

tensi:やったわね!初めての成功体験!

akuma:じゃあまたやるときは呼んでくれよ.飛んでくるぜ.

tensi:成功おめでとう.またね!







20100104_5


どちらかというと力固定の方がほしかった・・・

しかし,ここまで来たら鯖最速を目指すのもありかもしれない.

現段階ではオンリーワンだと信じてる・・・!






Last updated  Jan 4, 2010 09:19:33 PM
コメント(5) | コメントを書く
Jan 2, 2010
カテゴリ:徒然なるままに
あけましておめでとうございます.

昨年はまったくもって更新できず申し訳ない限りです.
更新しなければと思いつつもネタが見つからない日々.
頼みのロト箱すら,花Rank品のオンパレードで何が出ればネタになるかの感覚すら麻痺してしまった現状です.
何を書こうか考えているうちに重ね行く月日.
そして振り返り数えてみれば更新回数は年にわずか9回.
悲しいことに月刊にすら届かない結果となってしまいました.

そのような過ちを繰り返さないためにも,心機一転正月から書こうと決意したところです.

さてRSですが,ダ○オン様がまたWinterLottoDXキャンペーンを開催されます.
今年はハートにドキュンとくるあのお姫様のような目線はなかったのですが,
景品は相変わらずすごいし,きっと上ネタになるだろうし,意気揚々と参戦しようかと考えています.
DXSummerBoxの二の舞にはならないように気をつけたいところです.
この話は途中経過も含めて次回へまわしたいと思います.

今回は自分のBIS装備を大幅に変更したので,そのお知らせでもしようかと.

 ニケの靴

ギリシア神話に登場する勝利の女神ニーケーがモデルとされています.
説明文は「走ることならば誰にも負けないニケが履いていた靴」とありますが,当のニーケーさんは翼があるのであまり関係ないように思います.
となるとやはり本物のモデルは「N○KE」さんですよね.
この遠慮ないパクリ根性に僕のハートをがっちりキャッチです.

20100102_1

この靴は非常に癖のある靴です.
 移動速度が規格外+150%.属性抵抗+20%.どこまで効果があるか微妙な集中力+90.

そのメリットの半面
 力,敏捷,知識,知恵,運の1固定.ノックバック抵抗0.

という非常にGvに不向きな性能を持ち合わせています.

しかしデメリットを抑えメリットを生かすことができればこれは非常に優秀な性能になるに違いありません.
健康,カリスマが固定にならないため,Gv特化BISには生かせると思い・・・



買ってしまいました.

20100102_2

まずは力をどうにかしないと装備がままなりません.
背中を力固定背に変えて力要求装備をなんとかします.

次に指がどうにも外れてしまってままならないので固定してしまいます.
ダ○オン様の力を借りて.
セトリンがつけれればOKですので,小知恵のバッチ購入です.

そして変身したら翼が外れるという惨状だったため,さらに知識固定です.
これもエアウェイダーが装備できればOKですので,小知識のバッチを購入です.

ダ○オン様の厚いご支援により要求達成.

20100102_3

背でHPを稼げなくなってしまったので,そこが不安なところです.
これを打開するには・・・

求)力固定&移動速度靴

WinterLottoDXで購入したロト箱で異次元が出たらやってしまいます!






Last updated  Jan 2, 2010 04:12:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 25, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
---------------------------------------------------------------------------
かみ「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみたちがはじめてです 」
おず「ゲーム? 」
かみ「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです! 」

  (・・・中略・・・)

おず「おまえのために ここまできたんじゃねえ!
   よくも おれたちを みんなをおもちゃにしてくれたな!」
かみ「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」
おず「おれたちは モノじゃない! 」
かみ「かみに ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとたちだ!
   どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
   よろしい しぬまえに かみのちから とくと めに やきつけておけ!!」

                           魔界塔士Sa・Gaより
---------------------------------------------------------------------------
こんばんわ.オズです.

はたして意思はどこにあるのでしょうか.
「人生をやり直せれば・・・」このような願望は必然?
けど,きっとやり直したところで今とほとんど大差のないものに落ち着くような気もします.
選択を重ねれば重ねるほど,最もニュートラルな位置に行くのも当然と言えば当然.
僕にできることは,自分らしく今を過ごすことだけなのかなと思ったりもするわけです.

結局のところ目に見えぬ神様が自分を操っていようが,あまり大差などあるわけでもなく
悔いなくやり抜くこと,この一点に尽きるのではないかと感じます.

そんな僕がロトDXを開放します.
クリスマスやバレンタインデーにキリストに感謝する人が増えるのと同じようなもの.
普段神様など信じない無神論者ではありますが,こんなときくらいは神様にも祈ります.
ただ,この中で「神様≒ダ○オン」じゃなきゃ良いな,というのは正直な感想.
仮にそうであってもせめて多神であってほしいもの.祈りは果たして届くかな?

今回は手元に20個.これが多いか少ないかの議論はここでは避けたいところです.
けど,少なくとも,僕が見たブログではこれより多い数字はありませんでした.
これが誇るべきことなのか恥ずべきことなのかは今は棚上げ.
「他の人よりは少なからず当たる可能性は上」.この希望的な予測を心の支えにするのみです.

ギルメンのでろでろさんと一緒にショータイム.

20091025_1

期待に胸が膨らみます.
いつも思うけど,開ける前のこの期待感と,外すわけがないという根拠のない自信.
いったいどこから湧きあがってくるものだろう?
全てが終わった後の虚無感,振り返ったときに感じる違和感.
何度も味わっているはずなのに,僕はまた期待してしまいます.

きっと,こういう学習能力が根本的に欠けているのでしょう.
けど,この欠け方は人生を楽しむうえで大切な資質になる.と僕は思っているのです.



1つにつき何行も費やしたらたくさんの行を使う羽目になるので申し訳ないがダイジェスト.


これ以上ない最悪な状況で終盤を迎えます.
ここまでの結果は18個を開けて
 地獄-5
 万病-4
 灰  -4
 巻物-5
という惨状.

20091025_2

あと万病と灰が来れば「涙のカルテット」誕生という
運命的出来事の立会人となる資格を得てしまいました.
本気でそれは避けたいところです.

そんな僕の次の一手は・・・

20091025_3

地獄登場でシンメトリー崩れる.
「涙のカルテット」誕生というネタすらも許してくれないダメオン.
せめて崩れるなら神指が出て崩れるというドラマティックな展開でも良いものを・・・
僕は落胆に沈みます.

もう何も望むこともなく最後の箱に挑みます.
そう,そのときはなんの希望もなく,ただ事務的に箱を開放したのです.

20091025_4


たぶん,神様というやつは


多くを求める者には冷たくて


何も求めない者に


優しく手を差し伸べるものだと思うのです


20091025_5



ダメオンのバカ><






Last updated  Oct 26, 2009 12:11:31 AM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 9, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
神は6日間で世界のすべてを創り7日目に休息をとった.
今日はその6日目に当たるのかもしれない.
運命のとき,今日攻城戦を迎える.相手は知らないが迎え撃つ立場だ.
ギルドに所属してまだ日は浅いが,ギルドのために命をかけるのは当然のことと思う.

そう,私は酷い人間だと自覚している.
欲望のテリトリーを守るため,簡単に人を傷つけることができるのだから.
人に何を言われようが,それが性分なのだから仕方がないことだ.
それについてはいかなる批判も受ける覚悟でいる.

しかし勘違いしないでほしい.そんな私にも心はあるのだ.
その証拠に今日も祈る.
目の前に倒れゆく名も知らぬ敵のため,そしてその犠牲の上になりたつギルドの繁栄のために・・・

私が祈る場所は決まっている.
ギルド石像の前にひざまずき祈りを捧げるのだ.
私はいつも通り石像へ向けホールを闊歩する.高く響き渡る足音がホールの威厳を余すところなく表現する.
中央の通路を通り過ぎれば,求めるギルド石像だ.
開けた視界に色とりどりの石像が私を出迎える.そして中央に佇む燃えるような石像,ナルン.
その圧倒的な威厳を漂わせるナルンの足元に,人影があるのに私は気づいた.
ナルンの存在感の前に人一人など霞んでしまうのは致し方ないこと.
近づくまで気付かなかったとしても,なんら不思議なことではない.

無言のまま隣で祈るのも非礼であろうと感じた私は,祈る前に哀愁漂う翼を持つ背中に声をかけた.

20090908_1

「こんにちは.今晩の攻城戦がんばりましょう.」

こちらの気配に全く気付かなかったのか,驚いた表情でこちらを振り向いた.
どうやら何か作業をしていたようだ.

「こんにちわー.いるの全く気付かなかったよ.今日の攻城戦がんばりましょうね!」
振りむいた顔に見覚えがある.ここのGMではないか.
名物GMらしいが,何がそこまで名物なのか詳しくは知らない.

手元にある箱を大事に抱えながら立ち上がり,私たちは向かい合った.
中肉中背,見た目はただのオジさん.
特徴的な外見などはなく,見た目的な名物ではないことは明白だ.
ただ,手にした箱が特徴といえば特徴と言えよう.

「どこが相手でも私はただ排除するのみです.
 防衛戦は戦術が大事,故に遠慮なくご指図して頂きたく存じます」

ごますりなどではなく本音だ.防衛戦は戦術が絶対だ.
いかに手駒を適宜に割り振り相手を封じるか.その手腕が問われる戦であると思う.

「ここは副マス陣がしっかりしているからね.大まかな戦略だけ練って後はお任せだよ^^」
軽い口調で答えるGM.その威厳を感じさせない軽さを前にすると突っ込んだ質問をしたくなる.

「けど,あまりに任せると副マス陣の負担が重くならないですかね.」

「うーん,まぁそうかもしれないけどね.けど,副マス陣が優秀なら愚帝でも成り立つもんよ. 僕は『Yes』か『No』をいうだけさ」
平然とした顔で愚帝と言い出した.もしかして自覚があるのだろうか?
「そんなものですかね」

私の一言を最後に無言の間が周囲を支配する.
この間に耐えきれなくなったのかGMが口調を変えて話しかける.

「まぁそんな堅苦しい話はやめやめ!
 実はね,僕は今あるチャレンジをしているところだったのよ」

唐突にテンションが上がるGM.そして私の手元に謎の箱を近づけた.
「これは何か知ってる?」

『?』マークの散在する奇妙な箱.
「いや,初めてみます.なんですか,これは?」

唇の端を上げ,にまっと微笑むGM.なぜかとても誇らしげだ.
「これはロトボックスという素晴らしい恩恵のある箱さ.どうだい,すごいでしょ」

そういえば噂では聞いたことがある.どのようなルートで入手可能かはわからないが,
一攫千金を為すことができる箱だと.
しかし特に興味もない.
「ほう,そうですか・・・」

言葉が続かない.特に聞きたい話題でもない.
またしてもなんとも言えない沈黙が周囲を支配する.

その空気を感じないのか,燦然とした眼でこちらを見つめているGM.
私はこの間に耐えられず,聞きたくもない質問を発してしまった.
そう,あとから思えば,ここが逃げられるか否かのターニングポイントだったと思う.
この判断をしたがためにに私は秘密を共有することとなる.

「このロトボックスというのは,どのようにして手に入れるのですか?」

さらにGM目が光る.興味を持っていると判断されてしまったようだ.すかさず二の句を入れる.
「いや,別に興味があるわけではないのですが・・・」

少々うなだれるが,そのようなことはお構いなしに語り出した.
「君はGEMという別世界のレートを知っている?」
質問に対し質問を返してくるやつ.個人的に好ましくはない.

カチンときた感情を表に出さないように平然と答える.
「いや,知らないですね.Goldでお話してもらってよろしいですか?」

「うーん,Goldの換算はいまいちよくわからないのよねぇ・・・
 そうだ,君の家の近くにM家かY野家という食べ物屋はある?」


「牛肉料理を出してくれる料理店ですよね.Y野家が近くにありますね」
私の質問に対し深くうなずきながら答える.
「それなら実に説明しやすいね.
 このロト箱一つで『牛丼並み・サラダ・みそ汁』のセットと交換可能だ.
 『牛丼大盛り』単品ならお釣りがやってくる」


その答えを聞き私は自分の耳を疑った.
「この箱1つで一食分に当たるんですか?」
にわかに信じられない.この小さな箱にどれだけの価値が隠されているのだろう.

「その箱を・・・いくつほどお持ちなのですか?」
好奇心に負けつい聞いてしまった.

「ふふふ,その前に僕の今までの偉業を語らなくっちゃね.
 僕は以前買い物籠をいっぱいのロト箱で埋めたことがあるのさ」


買い物籠.あの不思議な籠か.使ったことがないため,私のは当然,空だ.
しかしあの籠はかなりの容量であろう.それを埋めるとはいったいどれだけの量を・・・.
しばし呆然とする私を尻目にGMは続ける.

「けど,あれは分割して取り出せるのさ.そこがまだ甘いところだと僕は気づいた.
 今度はね・・・
 この僕の持っているカバンすべてに詰め込んで見せるのさ!」


・・・!
今日は何度驚愕すれば良いのか,GMの鞄は私と同じ42個と推測される.
さらにGMは奇妙な鞄を4つぶら下げている.あの1つの鞄に4つ入るとしたら,総計58個にもなる.

「58個・・・」
導き出された常軌を逸した数字が口から洩れでる.

「そう,58個」
人差し指を上に向けポーズを決める.
「その58という数字が,僕に課せられた使命さ!」

58食分の牛丼セットを想像し,私は急に気持ちが悪くなってきた.
考えただけで,もうお腹がいっぱいだ.


・・・

私のことは認識出来ているのだろうか.
ふと,そのような下らない疑問すら湧きあがってくる.

黙々と作業を続けるGM.
買い物籠から次々に出てくる不思議な箱.
小さい頃に見た「ド○えもん」のようだ.麻痺した思考に小さいころの思い出がよぎった.

20090908_2


「ふー.やっと終わった」
パンパンに張ったカバンは私と同じ容量とは思えない.立方体が織りなす鞄の外観.
これだけで充分に盾の役割は果たせそうだな.それが私の最初の印象だ.
それにしてもここまで入るとは驚きだ.実はポーターレベル11の試験官はGMなのではないだろうか.
「どうやってこんなに入れたのですか?」

「ん?見てたでしょ?押し込んだんだよ」

・・・どうやら違ったようだ.


「さて,これからが本番だよ・・・.
 君は僕の偉業の生き証人になるんだ.しっかり見ていてね」


同意した覚えはないのだが,証人にしたてあげられてしまうようだ.

「それじゃあ始めるよ!」
先刻詰め込んだ箱を一つ一つ取り出し開けるGM.
出ている物の価値は正直わからない.
しかし徐々に蒼ざめて行くGMの表情がその結果を物語る.

20090908_3


「ま,まだまだ半分だよ・・・!これから溜めこんだ分,一気に爆発するからね!」
空元気なのは明白だが,ここは付き合うのが大人の事情というものだろう.

「期待しています」
私は答える.

惨劇は続く.
方々に散らばる空箱.
無造作に投げ捨てられた大量の花.安っぽい光り物の鎧にグローブ.
出てきた香水をすかさず体全体に振りかける.
幸せそうな空気を演出するも,一向に快方へ向かわない表情.

「あと7個・・・」

20090908_4


消え入りそうに沈み行く声に,つい同情的になってしまう.

「ここからが爆発の本番ですよ」
柄にもなく声を張り上げる自分.
本当に当たってほしい.心の底から祈りを捧げる.
この重苦しい空気に耐えるのは,歴戦の勇者でも無理だ.かつてない絶望感が私を包み込む.
本当に当たってほしい.偶然居合わせてしまった罪のない私のためにも・・・


私は今まで数え切れぬほどの祈りを捧げた.
しかし今日ほど,この瞬間ほど祈りを捧げたことはなかったと思う.
そして,今日ほど神に見放された日も・・・

20090908_5


重苦しい空気に言葉が出ない私.
永遠に続くかと思われた沈んだ空気を,か弱い声が震わせた.

「ね,ねぇ・・・.わかっていると思うけど・・・.
 今日のこの出来事は君と僕の2人だけの秘密ね」


「は,はぁ・・・」

曖昧に答える自分.
たぶん,こうしてこの人は様々な人との間に2人だけの秘密を作っていくのだろう.

なるほど・・・これでは名物になるはずだ・・・


心に浮かんだ思いをそっと奥にしまいこむ.








Last updated  Sep 10, 2009 02:39:49 AM
コメント(4) | コメントを書く
Jun 27, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
こんにちわ.オズです.
お久しぶりです.いかがお過ごしでしょうか.

僕はキャンペーンも何事もなく平和に過ごさせて頂きました.
期待をしたロトDXもボンド,青解除,福券⇒トリップライダーといつも通り無難な経過を経て
いつもの日常に戻りました.
平和.
まさにそのような流れるがままの毎日に戻っていく・・・僕はそう思っていました.

そう,僕は自他ともに認めるロトマニア.
キャンペーンがあろうがなかろうがロト箱を開ける.
それが僕の平和な日常であり,日々の暮らしなのです.
その平和な暮らしが一瞬,まさに刹那に崩れ去ったのです.

まさかの異次元&飛虎の連続引き!!!!

20090627_1

梅雨のジメジメした天気を吹き飛ばす日本晴れです!!
この世の春?夏到来?もうとにかくテンション上がりっぱなしです!

そりゃ今までも異次元引いたことはありますが,こんな立て続けに良品引き当てたのは初めてです.
刹那に転がり込んだ総計十数億にほしいものの数々が頭をよぎり続けます.


しかしそこで冷静になれるのが僕の強さ.
盛り上ったマイブレインを落ち着かせ冷徹な計算を走らせます.

  今の引きの強さは天下無敵だ.この強さを生かさない手はない.
  今他に何か為すべきことはあるか・・・

僕の脳内がフル回転し,さらなる希望を導き出します.

  待てよ・・・
  そういえばロトキャンペーンでもシフ箱を開け続け,アレがあったはずだ・・・

僕の脳細胞がさらなる高みへと駆け上る道を探し当てました.

↓アレ投入
20090627_2



 しかしいくらついていると言っても確率は高くない.どちらが利益があるかをさらに熟考します.
 
 そう,その瞬間.僕に神が降りてきました.


akuma :けけけ.久しぶりだな.景気の良い話じゃねぇか.

(っちょ!神が降臨してきたと思ったのに,なんで悪魔さんが来るんですか!)

akuma :けけけ.神だの悪魔だのは人間が勝手に決めたことじゃねぇか.どっちも違いなどありゃしねぇよ


(そんな・・・.どうせ違いがないのなら縁起の良い方に来てもらいたかったのに・・・僕はこれから一大勝負なのですよ)

tensi :あら,私のこと呼んだかしら?

(ちょ!あなたは堕天使ですから!なんで縁起が良いと言ってあなたが出てくるのですか)

tensi:あら,堕落しただのは人間が勝手に決めたことよ.同じ天使なのだから違いなんかないわよ.

akuma :けけけ.そうだな.悪魔も天使も全く違いなんかありゃしないんだ.まぁ頼り甲斐があるってのが共通点と言えるな.

(うーん,そんなに頼り甲斐があるなら相談しちゃおうかな.実は飛虎と異次元が当たって,どうしようか悩んでいるのですよ)

tensi:あら,それはおめでとう!今飛虎は値段落ちてるけど,相変わらずの高額ですしね.
 売って確実にお金にするのがお勧めよ.

(あら,今回の天使さんはやけに保守的ですね.実は僕もそれが確実性があるかなぁと思っていたのですよ.)

akuma :けけけ.バカだなぁ.どうせ売ったって合わせて十数億ほどだろ?今欲しいもの頭に思い描いてみろ.それで足りるか?
 異次元して成功してみろ.一気に数十億は手に入って世界はお前の思うがままだぜ.

(うーん,けど失敗が怖いしなぁ・・・)

akuma :けけけ.どうせ失敗しても同じようにびんぼ・・・いや,平和な生活に戻るだけだ.ここはいっちょ勝負しちまえよ.

(やっぱもったいないよ・・・)

akuma :けけけ.今は最高についているんだろ?それじゃああと数個ロト箱買って飛虎と異次元当てりゃあいいじゃねぇか.

tensi:え・・・?それってすごいかも・・・。悪魔さん、あなたもたまには良いこと言うわね.

(え?天使さん・・・?また心変わりですか・・・?)

akuma :けけけ.だろ?まぁどっちかに決めなきゃイケナイわけじゃないんだ。両方手に入れちまえよ。

tensi:そうね.両方にすべきよ.早くわたしにお金を渡して.二人で買ってくるから。

akuma :けけけ.早くよこせよ.俺に任せりゃ後悔はさせないぜ?

(ちょ!デジャブなんですが・・・!!)


・ ・ ・ ♪しばらくお待ち下さい♪ ・ ・ ・ 

 ・

 ・

akuma :けけけ.それじゃあいってくらぁ.

tensi:いってきますね.

Before
20090627_3

After
20090627_4

akuma :けけけ.まぁ予想通りの結末だな.そんなに何度も当たるわけがねぇだろ.

(悪魔さん・・・・;;)

tensi:細かいことは気にしちゃダメよ.次の異次元のために運をとっておいた.そう考えなくちゃ.

akuma :けけけ.それじゃあ俺が飛虎を持つから,天使は速度格闘服を持っていてくれよ.
 オズは異次元を開けて待ってな.突っ込んでやるから.

(ちょ,悪魔さん.僕はまだやるって決めたわけじゃないから・・・)

akuma :けけけ.俺異次元初めてだよ.他人事ながら結構ドキドキするなぁ.おいおい天使.
 もっとこっちへ持ってこいよ.

tensi:こう?私も初めてでドキドキするわ.

akuma :良い感じじゃねぇか.それじゃあやるか.

20090627_5


akumatensi :どーん













akuma :・・・うん.まぁ良い暇つぶしにはなったよ.まぁ・・・達者で暮らせよ.

tensi:・・・きっと今後は良いことがあるわよ.えぇ・・・私はそう信じてる.

akuma :じゃあな.
tensi:またね.










20090627_6

やっぱりorz







Last updated  Jun 27, 2009 07:06:32 PM
コメント(4) | コメントを書く
May 19, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
-----------------------------------------------------------------------
至誠にして動かざるものは未だこれ有らざるなり
(至誠をもって対すれば動かすことができないものはない)
                         吉田松陰
-----------------------------------------------------------------------

こんばんわ.オズです.
みなさんはいかがお過ごしでしょうか.

久しぶりの更新となりましたが,僕の方は相も変わらず一方通行の愛が続いております.
あまりにも返礼がないダ○オン様へ疑いの心を持ち始めたとき,ちょうど良いイベントが起こりました.

名づけて「冒険者アンケートキャンペーン」
アンケートの中に冒険者のキーワードがぴったしな項目はなかったようにも思いますが,
あえて言えば人は常に人生の冒険者なのだからきっと間違いではありません.

僕はこのアンケートを媒介にダ○オンへの熱い思いをぶつけます.
そう,アンケートに答えてダ○オンに気に入られたら,もしかするとロト箱の中身が劇的に良くなるかもしれません.
ほとんどの人は「絶対にそんなことはない」というでしょう.
しかし,現在の文明を作り上げたパイオニア達は,いつの時代もそう言われ続けてきたのです.
僕は己の道を信じます.

さて,アンケートで大事なのは誠意です,決して嘘をつかないことです.
その場限りの嘘は,単体で見れば上手くいったように見えますが,総じて見ると浮き上がってしまうものです.
ざっとみてアンケートの項目は多数.
ここは相手に合わせご機嫌をとるよりも,誠意を込めて答えていった方が好印象.僕はそう判断しました.


まずは第一関門.キャンペーンについて.

20090520_1

あまりにも素直すぎる回答ですが,その純粋さに惹かれることもきっとあるはずです.
純粋な悪でもスーパーサイヤ人になれることはベジータ様が証明してくれています.


次に僕の土俵,ロトボックスについての回答です.
一番魅力的なアイテムと聞かれて8つまで選択可という矛盾について突っ込みたいような気がしないでもないですが,せっかくたくさん選んで良いのなら選ぶべきだと思います.
上からたくさん.

しかしあれです.
当たってないのばかり選択したらダ○オン様に対する当てつけのように見えてしまいそうです.
僕のように人の心の機微にビクビクしてしまう子羊にはその現実は耐えられない.
「ダ○オン.僕にいつも好きなものをくれてありがとう♪」
そんな気持ちを込めて特別にチェックをつけました.

20090520_2

花にしようと思ったけど,それこそ当てつけみたいでやめました.


次はアップデートについて
正直ここらへんから疲れてきました.
Q39.項目多すぎです・・・

20090520_3

真面目に考えたのですが,これしか出ませんでした.
タンスの角に小指ぶつけたら痛いのだから,ロト箱の角で殴られたらすごく痛いと思います.
Rank10品が出たらショックを受けるし,低下ネクロ的ポジショニングでやっていけると思います.

当然変身したらダ○オン


ついに来ましたQ54「ゲームをプレイしていて,一番改善してほしいこと」.
今までの質問はQ54までの伏線にすぎません.
たくさんのアンケートで疲れさせて,一番素の状態になったときに最も大事な質問をする.
常套手段ですね.疲れたときが一番無駄のない動きをするとアバン先生も言っていました.

ここで僕の切実な現実を訴えます.

20090520_4

次回のロト箱が楽しみです.


そして最後の質問になります.
その数60問.我ながらよく答えたものです.
熱いメッセージを聞かせて下さいと言ってきたので熱く答えました.

20090520_5

オリジナルはキリンさんとゾウさんでしたっけ?
同じくらいのインパクトと好意を与えられると僕は信じています.





まさに人事を尽くして天命を待つ.

僕はさらなるロト道へ進むため,打つべき手を打ったと思います.



20090520_6





そう,ダ○オンを信じてこの両手で開けるのみです.









20090520_7

やっぱりダ○オン!!!!






Last updated  May 20, 2009 02:56:36 AM
コメント(3) | コメントを書く
Apr 20, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
----------------------------------------------------------
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみよう

           くるみ-Mr.Children より
----------------------------------------------------------

こんばんわ.オズです.

今は4月.ジューンブライドではないのに指輪の応酬が激しいこの頃です.
そう,我らがダ○オン様のおかげです.

露天を見る限り結構良い指が出る確率高そうですね.
不可視のU指もしっかり出回っていました.
ドワーフバインダーでしたが・・・
せっかくの不可視で残念この上ないことですが,「出たらブログのネタとして最高だ!」と
思ってしまった僕は利よりもネタを求める悲しきブロガーに成り果ててしまったのでしょうか.

しかし,これは正当なる勝負.
ダメオンとの1万円一騎打ちです.
多額の投資をしたのだから,ネタだからといって納得するわけには行きません.

今回揃えたのはSpringBox3個.


20090421_1


上手くいけば指だけでスキル+18です.ヤバすぎる.
いや,そこまで行かなくても1個でも破格の良さを誇ります.
レア度4つ星を見ても透明のついたU指がずらりとならびます.
その下のレア度3つ星でも対極リングが手に入ります.
最低レベルのレア度2つ星でも婚約・ホロウと億品が並びます.


まさに外れより当たりの方が多い今回のキャンペーンロト箱.かなりの勝算を誇ります.
3つあればかなりウハウハできるのではないでしょうか.
期待に胸が高鳴ります.

そしていざその瞬間・・・



神よ,降臨せよ!!!



20090421_3

下から3つの揃い踏み.
考えうる最悪の結末に僕は言葉を失うばかりです.







Last updated  Apr 21, 2009 01:42:57 AM
コメント(5) | コメントを書く
Apr 7, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
こんばんわ.オズです.

4月に入り新しい生活が始まった人も多いと思います.
新しい生活は期待と不安でいっぱいです.その両方を上手に抱えながら前へ進んで行ってもらいたいものです.

  ボンボヤージと言われやしたがどこへ向かえばよいのやら

今までのブログを見て気づいた人もいるかと思いますが,自分は俳句・短歌・都々逸とかが好きなのです.
恥ずかしいので誰にも見せていませんが,中学生くらいからノートの隅に走り書きをしたりしていました.
上記のは大学に入学のときにノートに走り書きした都々逸です.

友達以上恋人未満な好きな子と一緒に受験勉強をしていまして,その子と同じ大学に行きたいという純粋かつ若気の至り的な動機で大学受験しました.
ですが,自分だけ受かってしまって,「おめでとう」と言われても何とも言えない心境のときに書いた物です.
投げやりっぽい感じがしていて,個人的にすごい好きなやつですね.

そんな歌好きの僕は,この時期がとても大好き.何といっても桜です.
咲き様,散り様,全てが美しく本当に心が打たれます.
花見はお酒を飲んでドンチャン騒ぎをする人が多いですが,自分流の花見は一人寂しくです.
横になって桜の木を見上げる.それだけで何故か涙が出てきます.
傍から見ればかなり危なく寂しい人に見られそうですが,やめられませぬ.
その感情を露わに桜をモチーフにした歌を詠みたいのですが,自分の語彙力と感性じゃ言い表せない.
語彙力と感性を磨いて行き,老後に詠むというのが僕のささやかな夢です.

外出中サボってオレ流花見してしまってごめんなさい.
背中の芝生は落としたけど,シワが取れなかったので勝算はイーブンだと思ってる.


さて,前置きが長くなってしまいましたが,まぁこのサクラサク季節に僕の花も満開にしてしまおうと決意しました.

隠れながらワンダを飲み飲み結構溜まってきましたので,これを期に一気に開けることにしました.
溜まったワンダボックスは18個.

20090407_1

結構飲んだと思っていたのですが,やはり隠密行動の身.なかなか伸び悩んでしまいます.
ですが,これだけあれば,いくら中身がNロトボックスより期待できないワンダボックスでも
一つくらい良いの来るだろうと期待します.



いざ解放!





!!!!


20090407_2



なんと来ましたよ,1番の当たりが!!!!



20090407_3

初めてキャンペーンの目玉商品が当たった気がします!!











キャンペーンを代表する景品が当たったのに,
このなんとも言えない虚無感はどう説明したら良いのでしょう.



  順位は1だと言われやしたがどこへ捨てればよいのやら


見せしめ展示のため,ギルド倉庫に入れておきました.
それにしても他のが悪すぎ・・・







Last updated  Apr 21, 2009 01:49:23 AM
コメント(3) | コメントを書く
Apr 2, 2009
カテゴリ:徒然なるままに
こんばんわ!オズです!!



最近はワンダネタに走っていますが,相変わらずロトもやっているのですよ.
そしてですね,なんと,なんと・・・・




奇跡の幸運チケットGet!!!!


苦節X年.ついに僕も報われるときが来ました!
まさに継続は力なり.

やっぱ速度トロルかなぁ.ムフフ.笑いが止まりませんw
それでは諸君らもロト箱に励みたまえよ!フハハハハ











------------------------------------------------------------------------
とやりたかったのですが,気付いたらエイプリルフール終わっちゃってました.

無念・・・


しかし書いていて思ったのですよね.
これって・・・空しさが募るばかりだと・・・
うん,現実って厳しい.




話しが変わりますが,エイプリルフールで思い出すのが「ドラえもん」の1話です.
小学校のころに読んだのだと思います.
この話で涙したとともにのび太君の機転の良さに驚かされた覚えがあります.

ドラえもんが未来に帰ってしまった後の話で,USO800という道具でジャイアンに仕返しをする流れだったと思います.
USO800は言ったことが全て嘘になるという道具で
「今日は天気だなぁ」と言ったら「雨が降る」といった感じです.
ジャイアンに仕返しした後で急に空しくなって
「ドラえもんは帰って来ないんだ」「もう二度と会えないんだ」
とつぶやいたら
その言葉が嘘になってドラえもんが帰ってこれるようになるという話です.

このドラえもんと不意の再開の中,のび太君が発した言葉は
「うれしくない.ずっとドラえもんと一緒に暮らさない」だったと記憶しています.

仮に「うれしい.これから先もずっとドラえもんと一緒に暮らせるんだ」と心のままに言ってしまったら,それはもうバッドエンドを迎えるしかありません.
この崖っぷちの選択肢を極限の精神状態の中選んだのび太君のすごさに心底驚いた瞬間でした.

自分が大人になり,常に俯瞰的に物事を捉え感情的にならないように心がけてきましたが,こののび太君の境地にはまだまだ及ばないと実感しています.


あまりにも序盤が見苦しかったので,後半は僕のエイプリルフールにまつわる思い出話でまとめさせて頂きました.






Last updated  Apr 2, 2009 12:42:51 AM
コメント(3) | コメントを書く

全165件 (165件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


© Rakuten Group, Inc.