4270022 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東方神起へ想いを(日々思うこと)

PR

Profile


min.min26218

Free Space

ランキング参加しています。こちらからもクリック頂けると反映いたします♪
よろしければポチっとお願い致します。


にほんブログ村


にほんブログ村



ブログランキング にほんブログ村
>














 



 

 

 

 

 

 

 

















Category

黄金を抱いて翔べ・ツイ・雑誌情報等

(685)

ブログについて

(5)

TV2XQ関連

(267)

個人的な萌え

(76)

思うこと

(2)

空港ホミン

(6)

ハイタッチ会

(1)

2012 LIVETOUR「TONE」

(53)

2013 LIVETOUR「TIME」

(396)

2014 LIVETOUR「TREE」

(236)

2015 LIVETOUR「With」

(34)

2017 LIVETOUR「Begin~again」

(24)

2018 LIVE TOUR「TOMORROW」

(38)

日産スタジアム・ライブ(TIME・Begin~again)

(26)

a-nation(2012~)

(114)

SMTOWN(ライブ)

(239)

ファンミーティング

(95)

リリースイベント

(11)

歌番組(国内)

(76)

CD・DVDなど(国内)

(227)

イベント等(国内)

(114)

トーク・バラエティ等(国内)

(48)

海外活動・歌など

(446)

海外活動・イベント等

(190)

海外・番組等

(111)

アルバム等音源など(海外)

(52)

雑誌類(韓国・日本)

(124)

CM

(18)

東方神起の72時間

(12)

MISSHA関連

(23)

「野王」ユノ出演ドラマ

(52)

夜警日誌「ユノ出演ドラマ」

(18)

ミミ・Mのために(チャンミンドラマ)

(40)

夜を歩くゾンヒ(チャンミン出演ドラマ)

(34)

黄金を抱いて翔べ

(156)

【黄金を抱いて翔べ】考察

(134)

黄金を抱いて翔べ・ロケ地情報・巡り

(99)

「黄金を抱いて翔べ」出演者情報、その後情報など

(50)

日本アカデミー授賞式など授賞歴

(87)

黄金関連の動画・安室ちゃん関連

(48)

初日舞台挨拶、イベント等

(23)

コメントお返事

(27)

高村薫先生関連

(23)

映画・舞台鑑賞等(その他)

(48)

読書

(7)

出来事

(11)

熱帯魚

(102)

にゃんこ

(114)

ニシアフリカトカゲモドキ

(3)

ヒョウモントカゲモドキ

(17)

カメ君たち(旧・リクガメ・ミズガメ)

(58)

ミズガメ(新)

(55)

リクガメ(新)

(56)

トカゲ

(1)

妻夫木聡さん関連

(92)

2019 LIVETOUR

(3)

Calendar

2014.03.06
XML

 

ちょっと前の記事です。

 

東方神起のチャンミン主演ドラマ『Mimi』、ミヌの描いた釜山の灯台の壁画の行く末は?

 

kpopstarz

東方神起のチャンミン主演ドラマ『Mimi』の撮影された場所の1つである釜山甘川洞(カムチョンドン)文化村が、早くもファンの間で話題になっているようだ。

 東方神起

(写真 :Mnet ドラマ『Mimi』キャプチャー )

ドラマの放送前、Mnetのインターネットサイトに『Mimi』の見どころ3大ポイントという見出しの記事が掲載された。その1つのポイントが、目の保養、美しい映像とあった。セット撮影なし100%オールロケで撮影された映像は、韓国の美しい地方の風景が撮られていた。

 東方神起 (写真 :Mnet ドラマ『Mimi』キャプチャー )

その中でも、釜山甘川洞(カムチョンドン)文化村は、ミヌ(チャンミン)がミミ(ムン・ガヨン)への贈り物として壁に灯台を描いたシーンで使われた場所は特に注目されている。ドラマの中で、ミヌ(チャンミン)の手形が壁に付けられるシーンもあり、放送前から、釜山にあるミヌ(チャンミン)の手形のことはオンラインコミュニティでも話題になっていた。

 東方神起

(写真 :Mnet ドラマ『Mimi』キャプチャー )

放送後、壁のある釜山へ足を運んだファンの話によると、残念なことに、壁画の半分は小さな建物が建ち、既に壁画の全体は、見ることが出来なくなっていたという。もしかするとミヌ(チャンミン)の痕跡(手形)もいづれ消えてしまうのだろうかと切ない気持ちもオンラインコミュニティに掲載されていた。ミヌ(チャンミン)とミミ(ムン・ガヨン)の甘く切ない初恋の思い出の証、灯台の壁画がファンの願いと共に、残存することを願うばかりだ。

釜山甘川洞(カムチョンドン)文化村は、釜山のマチュピチュと称される観光スポット。家屋を利用し壁画やアートオブジェを織り交ぜ、ユニークな街起こしを行なっている。

 

 




本日もクリック宜しくお願いします~



にほんブログ村






Last updated  2014.03.06 09:56:34
コメント(0) | コメントを書く
[ミミ・Mのために(チャンミンドラマ)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.