4247788 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東方神起へ想いを(日々思うこと)

PR

Profile


min.min26218

Free Space

ランキング参加しています。こちらからもクリック頂けると反映いたします♪
よろしければポチっとお願い致します。


にほんブログ村


にほんブログ村



ブログランキング にほんブログ村
>














 



 

 

 

 

 

 

 

















Category

黄金を抱いて翔べ・ツイ・雑誌情報等

(685)

ブログについて

(5)

TV2XQ関連

(267)

個人的な萌え

(76)

思うこと

(2)

空港ホミン

(6)

2012 LIVETOUR「TONE」

(53)

2013 LIVETOUR「TIME」

(396)

2014 LIVETOUR「TREE」

(236)

2015 LIVETOUR「With」

(34)

2017 LIVETOUR「Begin~again」

(24)

2018 LIVE TOUR「TOMORROW」

(38)

日産スタジアム・ライブ(TIME・Begin~again)

(26)

a-nation(2012~)

(113)

SMTOWN(ライブ)

(238)

ファンミーティング

(95)

リリースイベント

(11)

歌番組(国内)

(76)

CD・DVDなど(国内)

(225)

イベント等(国内)

(114)

トーク・バラエティ等(国内)

(48)

海外活動・歌など

(446)

海外活動・イベント等

(190)

海外・番組等

(111)

アルバム等音源など(海外)

(52)

雑誌類(韓国・日本)

(124)

CM

(18)

東方神起の72時間

(12)

MISSHA関連

(23)

「野王」ユノ出演ドラマ

(52)

夜警日誌「ユノ出演ドラマ」

(18)

ミミ・Mのために(チャンミンドラマ)

(40)

夜を歩くゾンヒ(チャンミン出演ドラマ)

(34)

黄金を抱いて翔べ

(156)

【黄金を抱いて翔べ】考察

(134)

黄金を抱いて翔べ・ロケ地情報・巡り

(99)

「黄金を抱いて翔べ」出演者情報、その後情報など

(50)

日本アカデミー授賞式など授賞歴

(87)

黄金関連の動画・安室ちゃん関連

(48)

初日舞台挨拶、イベント等

(23)

コメントお返事

(27)

高村薫先生関連

(23)

映画・舞台鑑賞等(その他)

(48)

読書

(7)

出来事

(11)

熱帯魚

(102)

にゃんこ

(114)

ニシアフリカトカゲモドキ

(3)

ヒョウモントカゲモドキ

(17)

カメ君たち(旧・リクガメ・ミズガメ)

(58)

ミズガメ(新)

(55)

リクガメ(新)

(56)

トカゲ

(1)

妻夫木聡さん関連

(92)

2019 LIVETOUR

(3)

Calendar

2015.06.02
XML
カテゴリ:a-nation(2012~)

 

いや、もうね、もう…

 

絶賛情緒不安定なんですけどね。

 

どうしよう、今からこんなんじゃ、二人が全く活動しなくなったら

 

どうするんだろう…とお先真っ暗な心境ですけどね、まあそうなったらそうなったで

案外、肝が据わるというか、よし!いつでも帰ってきんしゃい!!って 

なるのかもしれないですけどね。

 

今はもうダメ、なぜ今なのかはわかりませんけど、もう絶賛情緒不安定。

 

二人の曲の前奏聞いただけで涙出るんですよ(は?) 

今日は、TREEライブのchampionの前奏だけで涙だしね。(病)

毎日なにかしら聴いては、涙する(重症)

そして、ぐわっ!!と思いが溢れてきてね。 

ほんとに二人が好きなんだなあ…って思いがね。

 

あんな人たちが

この世に生を受けて、今も同じ世界で生きていて(どうした)

極端に容姿を褒めれば、それまでだけど。

やっぱり、日本に寄り添ってこうして活動している、それはまあ需要と供給が

見合う部分が大きいからもあるでしょうが。

それだけではない、彼らにしかわかりえない10年間のこの国でのことが

気持ち、態度、姿勢、言葉のひとつひとつから流れてくるから。

 

なんというかねーーもうほんとに飾らない言葉で書けばね。

 

そこにいるだけで、かっこいいんです。

そこに立っているだけで。そこで歩く姿だけでもかっこいいんです。

さらに二人が同時に歩くだけでもう気絶します(おい)

 

ライブで運よく彼らが傍に来てくれた時

ほんとに生きてる?呼吸してる?とか思って筋肉の動きをガン見したり

いや、汗もかいてるしね、そこで話したり歌ったりしてますのに。でも実感わかない(笑)

 

そこにいるのに、傍に来てくれたのに、ものすごく遠く感じる。(どうしろと)

 

だからこそ、いつまでも輝き続けるsuperstarなんでしょうけどね。(まとまった?)

 

 

いや、でねー何が書きたかったかというとですね。

 

ここ久しぶりにWithのアルバム特典のDVDを見たんですね。

2014年のa-nationが入ってる方ね。

 

それ見てたらねーいや、どれも素晴らしくてですね。

 

夏のうだるような暑さ、あたりがすっかり暗くなって日が落ちても

さらに会場中の熱気は上昇し続けていて。

 

最後の、一番最後の人たちの登場を待っていて。

 

ブルーライトで埋め尽くされた会場が、ひとつひとつ、赤い、赤い、redoceanへと変わっていく。

ずっと、ずーーーっと(最初から)ずーーーっと待ち焦がれた人たちが、

redoceanの中、歓声に答えるように登場して。

そうしたすべての観客の想いを受け止めることができる、それに相応しい人たちが

最後の最後、ヘッドライナーとして登場することができる。

 

そう、それがa-nationnoの東方神起だーーー!!!!(どうした)

 

 

 

というのがね、DVDからでも伝わってくるわけでして。

 

その曲の中でね、まあ編集されてるから全曲が収録されてたわけではないんですが。

 

今まであまり意識してなかった「ocean」(ごめん)

どちらかといえば、こうね、ライブ後半、トロッコ?に乗ってねー二人が移動するときに

しか近年のライブでは使用してなかったように思うのね。

それがねーや、これもそうなんですよね。

確かにトロッコで移動して歌っているんですけどね。

 

もうね、この曲を披露するころには

 

汗だっくだくでね。二人とも、もう水に滴るいい男状態でね。

めちゃくちゃ色気が半端なくて(個人的感想)

 

それでもね、なんというか。

 

確かにredoceanで埋め尽くされていても、やはり全部ではないわけでね。

他のアーティストファンの人たちもあの会場に残っているわけで。

 

 

もちろんどのライブでも全力で魅せてくれる彼らですが

特にこうした単独ライブ会場ではない場所では、自分たちのすべてを見せて

ファンではない会場にいる人たちすべてがa-nationを楽しめるように。

最初から、最後の最後まで途切れることのない気力、パワー

 

まさに

「これが東方神起だ!」

とした気迫が、パフォーマンスのひとつひとつから伝わってくる、そんなライブ(個人的感想

 

で!!

 

で~~~~!!

 

その気迫を持ったままね、トロッコで会場中を回るわけで。

 

つまりそこで初めて、会場中の自分たちのファン以外の観客の近くにもいくわけでもありますので。

 

なんというか、いつもの「ocean」とはまた違う

 

a-nation としての「ocean」に感動した…のだと思うんですけどね。

 

とにかくねーーこの「ocean」見てると泣けてしまう。涙がでる。

そうなの。なぜ「ocean」なのか、が自分でもわからなかったけどそういうことなのかな~と

書いてて思ったんですけどね。

 

う…うまく伝わりますでしょうか(汗)

 

それでまあね、この曲で

すっかり失念していた場面があって、

 

 

絶叫しました(笑)

 

それはここでございます!!!!

 

はーい。

ユンホさん!!

 

 

 

rblog-20150602111559-01.jpg

 

フリスビーを手にもって~~~

 

 

rblog-20150602111559-02.jpg

 

投げるかと思いきや

rblog-20150602111559-03.jpg

 

目にも留まらぬ早業で

その投げるフリスビーに

 

 

 

チュッどきどきハート

rblog-20150602111559-04.jpg

 

 

チューーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


ギャーーーーーーー!!!

 

 

となってるうちに

 

rblog-20150602111643-00.jpg

 

さばっ~~~~~~~~!!!と軽やかに投げておられました。

 

 

rblog-20150602111643-01.jpg

 

 

このね、この

 

一連の動作がね。

 

この

 

ユンホさんの

 

動きのひとつひとつがね

 

もう、美しくて美しくて。

 

見惚れつつもね。

 

ユンホさんからの祝福のキスを受けたフリスビーを手に取られた方おめでとうござます。

(今頃) 

 

 

これね、この部分がね自分的にツボった。

あまりにも好きすぎて、とりあえず、自己流GIFを作成してみましたが。 

なんと楽天さんでは認識してくれないらしくUPできませんでした。

一応貼りますけど消えると思われ…

 

なので同じような記事をあちらブログにUPしておりますので

もし、適当なGIF(ほんとに適当で申し訳ないレベル)でも見てみたいわ~など

奇特な方は、

あちらブログ

http://ameblo.jp/minmin26218/entry-12034093944.html

までちょっと飛んでみてくださいね。

 

 

や、それはそれでですね。

 

 

その「ocean」を何度か見て(でも何度見てもこのユンホさんのキスの場面で

絶叫するのはどういうことだろう…)

 

で、そのままね、二人がステージに戻るんですが。

 

「みんな、みんな、楽しくジャンプして!」って

観客を煽りながら、また観客も(この曲を知らない一般の人たちも)

一緒に楽しんでいて。

 

トロッコで両サイドに分かれて会場を盛り上げていた二人が。

 

会場中央で一緒になり、ステージで歌ったとき。

 

1.JPG

 

 

会場中がものすごく盛り上がって

 

みんなが笑顔になってジャンプして…

 

 

 

こうして見てね、「ocean」の持つ曲の魅力とね  

そしてこのね、盛り上げ方のすごさ、こうした会場中を巻き込んで一体になって

会場中の人たちが楽しめる。

 

 

それができる人たち、

 

東方神起の凄さを

この「ocean」で、感じたのでございました。 

 

何度ライブを見ても

たとえそれが同じライブであったとしても

 

また会いたい、

またすぐに見たくなる。

それが彼らの持つ魅力なんでしょうね。

 

 

てことで、会いたくなっちゃいましたよ~う(泣) 

 

 

 

 

本日もクリックよろしくお願いします~ 


にほんブログ村






Last updated  2015.06.02 15:15:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.