4271825 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東方神起へ想いを(日々思うこと)

PR

Profile


min.min26218

Free Space

ランキング参加しています。こちらからもクリック頂けると反映いたします♪
よろしければポチっとお願い致します。


にほんブログ村


にほんブログ村



ブログランキング にほんブログ村
>














 



 

 

 

 

 

 

 

















Category

黄金を抱いて翔べ・ツイ・雑誌情報等

(685)

ブログについて

(5)

TV2XQ関連

(267)

個人的な萌え

(76)

思うこと

(2)

空港ホミン

(6)

ハイタッチ会

(1)

2012 LIVETOUR「TONE」

(53)

2013 LIVETOUR「TIME」

(396)

2014 LIVETOUR「TREE」

(236)

2015 LIVETOUR「With」

(34)

2017 LIVETOUR「Begin~again」

(24)

2018 LIVE TOUR「TOMORROW」

(38)

日産スタジアム・ライブ(TIME・Begin~again)

(26)

a-nation(2012~)

(114)

SMTOWN(ライブ)

(239)

ファンミーティング

(95)

リリースイベント

(11)

歌番組(国内)

(76)

CD・DVDなど(国内)

(227)

イベント等(国内)

(114)

トーク・バラエティ等(国内)

(48)

海外活動・歌など

(446)

海外活動・イベント等

(190)

海外・番組等

(111)

アルバム等音源など(海外)

(52)

雑誌類(韓国・日本)

(124)

CM

(18)

東方神起の72時間

(12)

MISSHA関連

(23)

「野王」ユノ出演ドラマ

(52)

夜警日誌「ユノ出演ドラマ」

(18)

ミミ・Mのために(チャンミンドラマ)

(40)

夜を歩くゾンヒ(チャンミン出演ドラマ)

(34)

黄金を抱いて翔べ

(156)

【黄金を抱いて翔べ】考察

(134)

黄金を抱いて翔べ・ロケ地情報・巡り

(99)

「黄金を抱いて翔べ」出演者情報、その後情報など

(50)

日本アカデミー授賞式など授賞歴

(87)

黄金関連の動画・安室ちゃん関連

(48)

初日舞台挨拶、イベント等

(23)

コメントお返事

(27)

高村薫先生関連

(23)

映画・舞台鑑賞等(その他)

(48)

読書

(7)

出来事

(11)

熱帯魚

(102)

にゃんこ

(114)

ニシアフリカトカゲモドキ

(3)

ヒョウモントカゲモドキ

(17)

カメ君たち(旧・リクガメ・ミズガメ)

(58)

ミズガメ(新)

(55)

リクガメ(新)

(56)

トカゲ

(1)

妻夫木聡さん関連

(92)

2019 LIVETOUR

(3)

Calendar

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

日産スタジアム・ライブ(TIME・Begin~again)

2018.08.18
XML
リアルタイムで視聴できました~

日産スタジアムはちょいちょい編集してありますね、生放送時で思ったのが

スピニングでチャンミンが髪をかき上げてながらカメラ目線だったのが

途中で切り替わってしまって、あああああと思った部分が

今回のダイジェストでちゃんと髪をかき上げて、

こちらにむかって(私に向かって赤ハートとそう思いたい)

ちゃんとにっこり笑う部分まで映されていて。

キャーって目がハート目がハート目がハート目がハートなりました。


あと全体的に構成が素晴らしいですね、もうほぼ見たかった曲をダイジェストにしてくれて

ましたけど、すべて選曲すごいですよ。まさかインタビューでソロの話をしてくれてましたけど

まさかちゃんとソロはカットせずに放送してくれるなんて。。。あとダンスで移動する

シーンもちゃんとあった…いやもう見たい部分ばっかりチョイスしてくださり

WOWOW編集様、本気でありがとうございます。


それとダイジェスト前のインタビューが

もう

もう…


二人のビジュアル最高ですが

なにより、途中からのチャンミンがかわいくてかわいくて


かーーーーーっ!!!(おやじか)

なんてかわいいんだーかわいい、かわいい、かわいいをTVの前で連呼してました。

ベロア?(熱くなかったのかな)のシャツがしなやかで高級感あって素敵すぎる。


ユノはユノでサテンのシャツ?

素材は絹?綿サテンかな?と思うんですが、さらっさらのこれまた別素材での高級感があって

サテン?のほうが着ていて涼しいような気がするけど(;'∀')

ユノの隣でうえをむいて一生懸命話すチャンミンとユノの話を、うんうんうなづきながら聞く

チャンミンがかわいい。ものすごくいつになくかわいい。いつもだけどいつも以上にかわいいと思う。

そのまたユノはチャンミンが話しているとき、ありえないくらいチャンミン側に傾く。

傾きすぎだろってくらい、右側に身体が寄っているところに泣いた。

途中戻してたけど(笑)

そんなダイジェストでユノのDROPの始まる部分、

超絶鳥肌が立った。

何度も映像で見ているのに

何度見てもあのDROPという曲は、神がかっている。

ユノ自身もあの曲を歌っているときは、若干?というか見ているうちにどんどん

なにかが降臨しているというか・・・トリップ?しているというか、

ユノであって、ユノではない存在になっているように感じてみています。

時々あるユノのそういったとき。


だからあの曲聞くと、ぐわーーーーーって鳥肌が立つのかもしれない。

ステージの神が降りてきているのかも…と思いながら。




チャンミンのソロも流してくれてとてもうれしい。

や、なんか版権とか?そういったことで流してくれないんじゃ・・・とか思っていたので

ものすごくうれしい。(TONEの時は二人のソロ、フジテレビNEXTで流すときカットされてた)

それとForever Loveの歌詞がなんとなく違うようなそれでいいような気がしなくもないけど

きれいな歌声が日産に響く。


やーこれ、本当はSMTOWNで披露してほしかったんですが。

SMTOWNは構成に問題があると思うわートンもソロで中盤でて

それから最後二人でもいいと思う。二人そろいました~ってそんなにアピールしてなかったし。。

あれでは次回開催すら危ぶまれる。

実際ライブビューイングのチケットも余ってたんじゃ?と思うし。京セラだけだったしね。。

ああ、SMTOWNとなぜ比べるかというとそれはやはり単独ライブではないから仕方ないとしてもね

こうしたWOWOWのダイジェストなのに、感動して泣くくらいよい曲が東方神起にはたくさんあって。

そこから、どれを選別すればダイジェストの短い時間でも東方神起はこうなんだって

視聴者側にわかるようにしてくれているわけですよね。なので感動する。

カットされていても、選んでくれた曲のひとつひとつが、彼らのことをわかっていて

ファンもなにを見たいのかもわかってくれているから、だからこんなにも感動する。


だからね~SMTOWNの選曲、構成がね~

従来の曲でいいだろうとか、これやっとけば

東方神起の代表曲だし。。。みたいな感じがあの構成から伝わってくるので

ファンとしては物足りないし、これで東方神起の魅力が伝わるの?って中途半端な気持ちが残る。

選曲がよければ、曲数が少なくても満足できるんだよな~とか。

これが東方神起だと、そういった姿を、SMTOWNでも披露してほしいといった気持ちがやはり

くすぶってる。。。


彼らのことを考え彼らの魅力を理解しての選曲。

これが今回の日産スタジアムのダイジェストであったと思います。




ちなみに、思い切って映像機器を変えたのでHDMIで録画できるようになったのでよけい嬉しい。

(以前は赤白黄色配線だった・・・あれは画質一番悪い)

画質きれいだし、音もクリアだし、細かく見えるしで保存版。

WOWOWOとたぶん発売される映像はと編集が違うのでWOWWOW版も
とても貴重だと思っています。




それを見たツイから感想お借りしました。

世の中には、化け物がたくさんいる♪(´ε` ) WOWOWで見てる東方神起!なんなのこれ😱

現実逃避で、WOWOWで録画した東方神起のライブ見てるけどカッコいい……圧倒的な雄感がたまらん……

二人の雄フェロモンの前では、ただメスになることしかできない…



WOWOWで 日照権のお兄さん達 見てるんだけど←(わかる人にはわかるやつw) めちゃめちゃスタイルよくて ひいてる←

そして圧倒的な歌唱力よね… 嵐さんともっと絡んで欲しいよね…←


雨さえも味方につける パフォーマンス…… 美しい! たまたまだけど見てよかった










でもって、日産直前として放送された特番。

前回放送時の日産直前の特番も録画逃していたので同時に放送してくれて

それもありがたかったです。


5年も前なんですね・・・ついこの前とように感じながら見ていました。

内容はDVD収録の中からなのでしょうが、なにせなかなか見返す機会もないので

こうして放送してくれるとありがたいし、気づかせてくれる部分もありました。

冒頭の音楽、あれcatchmeのLessvocalバージョンなんでしょうかね。


それがまたもうね、かっこよくて。

catchmeの曲すらCD出して聞かないし、ましてシングルなんてそうそう聞かなくなってきていて。

でもちゃんとcatchmeのシングルにもLessvocalで曲収録されていました。

個人的に、「Lessvocal」すごく好きなんですが

(RoadのCDは3曲ともLessvocalもリピしまくってますけど)


過去の曲も何度も何度も大切に聞いていこうと反省した今日の特番でありました。


TIMEの日産は、映像で収録してあったのは最終日の2日目になるので

二人が話した言葉も、最終日の言葉。それをほとんど聞いていたので

今回の特番では初日の二人の言葉も放送してくれていて。

あれ?ユノこんなこと言った・・・っけ?(初日参加していたけど)とか


チャンミンがみなさんが僕たちに東方神起を守ってくれてありがとうと言ってくれるけど
皆さんのほうが東方神起を守ってくれたからこそ…みたいなことを初日にチャンミンが言ってくれて

会場で泣いたことは覚えてるんだけど、いつも見るライブの映像では最終日の言葉になるので。

こうしてちゃんと初日の二人のライブ、初日のバックステージも放送してくれて

新ためてあの日、あの時を思い出し、感動してみていました。や、東方神起なら

なんでも感動する自信←あるけどね。


そういれば、今回のダイジェストのインタビューで

チャンミンがはにかみながらだけど(ここもかわいかったんだった)

もう一度、日産スタジアムでライブをしたい…みたいなことを

夢ができたといったことをいっておりまして。


それにも泣いた。。。

ユノは3回目だとすごいね・・・とちょっとびっくりしていたような気がするんだけど。


あれね、所詮一個人の推測なんですけどね。


2日目にユノが、「日産スタジアムのステージにはもう二度と立てないような気がして…」

みたいな(うろ覚えです)と言いだして、ファンも動揺したけど


チャンミンが一番動揺したのではないかと思って…

すぐにファンに向かって「僕は5年前が最後だと思っていました!」って言ってファンの気を

反らした?けど。


もちろんユノだけのために今回のインタビューで

「もう一度日産スタジアムのステージに立ちたい」なんて言葉が出たわけでもないでしょうが。

ニコニコと若干はにかみ?恥じらい?ながら、次の夢を語るチャンミンを見て

そうだね、みたいに話すユノをみて

なんか涙が出たんです。


もう一度、二人を

日産スタジアムのステージへと。


叶えたい、ファンとして叶えてあげたいって

そう思いました。



というか、必ず、日産スタジアムへと。

海外アーティスト史上初の日産スタジアムライブから5年を経て

今度は日産スタジアム史上初の3日間開催の記録を樹立し


次は3度目の日産スタジアムライブへと

東方神起の記録は東方神起が塗り替えていくといった言葉のままに。


日産スタジアムライブが叶いますように…


新たな夢に向かって








東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム












ぽちっとよろしくお願いいたします~


にほんブログ村






Last updated  2018.08.18 19:24:21
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.09
クリックで元記事に飛びます。一部抜粋

そして泣く…素敵な記事をありがとうございます。




東方神起が巨大スタジアムを3日連続満員にできた理由。5つのキーワードで“検証”する日産ライブ。





『VOGUE JAPAN』4月号の記事とキーワードで“検証”する東方神起の日産ライブをプレイバック。

前人未到。 東方神起が今年6月に、野外の超大型公演会場の日産スタジアムを埋め、7万3000人の観客を沸かせ、3日間の単独公演はアーティスト史上初の偉業を成し遂げた。すでに報道されているが、今回の全17公演と日産スタジアムからなるツアーだけで100万人の観客を動員。海外アーティストの単一ツアー史上最多の観客記録を樹立し、トップスターの貫禄を再び見せつけた。

ツアーが始まる直前に、『VOGUE JAPAN』4月号で取材した際のふたりの言葉と併せて、日産スタジアムライブの模様を振り返ってみたい。

1. 200人を鼓舞する座長。



梅雨入り後の日程となり心配の声も多かったが、蓋を開けてみれば、3日間のそれぞれ違う天候が、王者のライブに華を添えた形になった。

ライブのツアースタッフは200人以上にもなるそうだ。それだけの人数の気持ちをひとつにできるからこそ、ステージの完成度が上がっていることは想像に難くない。

「スタッフの方々とのコミュニケーションのしかたも大人っぽく、より深くとれるようになりました。そしてユンホの、話を聞いてあげながら、自分が理想とする方向に引っ張っていく姿はほんとうに素晴らしいんです」(チャンミン) 
「リーダーとして引っ張っていくのも重要だけど、“橋”のような存在になって、回りを繋げていくことが大切だと実感しました」(ユンホ)ーーー『VOGUE JAPAN』2018年4月号より

東方神起にとって、5年ぶり日産スタジアムのライブ。5年前は鋭い気迫で観客を引っ張っていったが、今回は会場を柔らかく包み込みながら、7万3000人の観客のハートを掴んでいた。

特に3日目は朝から一日中降り続く雨。滑りやすいステージでダンサーも苦労しただろうし、スタッフは電気系統のトラブルを防ぐために大変な努力をしたことだろう。

東方神起はライブの終わりに必ず“見えないところで頑張っているスタッフ”への感謝の気持ちを言葉にする。最終日は、舞台演出を務めたSAMさん(TRF)を舞台の上に呼ぶ。

雨に打たれながら3時間半のライブを楽しんだ観客は、東方神起のふたりと、すべてのスタッフへありがとうの拍手を送る。

2. 相思相愛。

東方神起のファンを大切に想う東方神起。
相思相愛の関係だ。

「僕らは2回のターニングポイントを経験しています。ハプニングがあっても、ファンのみなさんは東方神起のことを信じてくれて、今、一緒に居てくれる。一緒に階段を登ってきたと思っているので、その繋がりを大事に思っているし、親友だと思っています。僕らはみなさんがプライドであり、みなさんは僕らをプライドと思ってくださる。ただのファンとアーティストの関係ではないと思います。第3のメンバーですね」(ユンホ)

ーーー『VOGUE JAPAN』2018年4月号より

アンコールの後のMCで、ふたりはこんな言葉で観客に感謝の気持ちを伝えた。

「皆さんのおかげで素敵な時間を過ごすことができました。“おかげさまで”という言葉をよく使いますが、よく考えてみると、いつも影のように側に居てくださって、支えてくれるみなさんにぴったりな言葉だと思います。みなさんのことを大切に思っています。初心を忘れずに、一緒に歩んでいきたいと思います」(ユンホ)

「人と人との間柄で成立するのが人間なので、これからも皆さんとの関係で成り立つことを誇りに思っています」(チャンミン)


3. 蘇った不死鳥。

今回のツアーは不死鳥がシンボルとして描かれた。

ツアーを締めくくる日産スタジアムのステージでは、ドームツアーになかったソロパートが登場した。

「今回は"成熟"した姿を見せたい。お互いに持ってない魅力を合わせて東方神起だから」(ユンホ)

ーーー『VOGUE JAPAN』2018年4月号より


ユンホは、ソウルのステージで人気を博した『DROP』を披露。
威厳のある皇帝のような姿で観客を圧倒し、会場が熱狂に包まれた。


チャンミンはX JAPANの『Forever Love』を美しい噴水の演出と共に、ハイトーンボイスで歌い上げる。
チャンミンらしい慈しみが感じられる歌声は、聴いている人の胸に染みわたり、目頭を押さえる人も。


4. 男性ファン。

今回のツアーの前には、兵役による2年間の活動休止期間があった。

本人が不在にもかかわらず、活動休止の間に開催された、フィルムコンサートに多くのファンが詰めかけた。

「僕らがいないコンサートにたくさんの方々足を運んでくださったと聞きました。二人のことを懐かしがってる、恋しがってる気持ちに、僕らも必ず恩返しすべきだと思ってるんです。この2年で、より感謝の気持ちが大きくなりました」(チャンミン)

ーーー『VOGUE JAPAN』2018年4月号より

日産のライブでは、フィルムコンサートで行われた風船を飛ばす演出を再現。

年を追うごとに男性ファンの姿が増えていく東方神起のライブ。

男性ファンに声を出してもらう演出も。

1日目は「日産!」、
2日目は「そだね~」、
3日目は(風邪引かないように)「気をつけましょう~」。

野太い歓声がスタジアムに響き渡った。



5. ステージの上で見せる2人の「生き様」。

「2人が完璧だからみなさんが応援してくださるのではないと思います。とにかくステージの上で一生懸命、完璧ではないけれど死ぬほど頑張っているふたりのありのままの姿が好きで応援してくださってると思っています」(チャンミン)

ーーー『VOGUE JAPAN』2018年4月号より

どしゃ降りの雨でも、ふたりは自分たちが濡れていることを一切語らない。

雨だからといってセットリストの変更もしない。

広い会場を走り回り、歌って踊って、観客に思いを伝える。


語るのは、観客への気遣い。

寒くないですか?

席が濡れているかもしれませんがMCの間は座ってください、早く皆さんお風呂に入って、風邪を引かないようにしてください……。

*******

雨降って地固まる。

雨の3時間半のライブは、観客の集中力が途切れても仕方のない生憎のコンディションだったが、それをものともせず、素晴らしいステージを見せることで、新たな伝説を作った東方神起。

「今すごく幸せです。みなさんが僕たちのプライドです。これからも僕たちの大きな力になってください」(ユンホ)

「日産で作った忘れられない思い出を、いつかもう一度作りたいなと思います。
また、9月からのライブで会いましょう」(チャンミン)

秋には、観客との距離が近くなるアリーナに、東京と大阪のドーム会場を加えた全32ステージを予定している。
常に想像の上を行くステージを見せてきた東方神起。
秋から始まるツアーが楽しみでならない。









ポチっと頂けると嬉しいです~


にほんブログ村



にほんブログ村






Last updated  2018.07.09 13:51:19
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.30
元記事 ↓ クリックで。

入力:2018.06.26 11:04午後

| 修正:2018.06.26 11:04午後






自動翻訳


3日間の公演だけでものすごい収入を稼いだアイドルがあります。それは東方神起です。これらの記録は、まさに空前絶後となります。

東方神起は去る8日から11日の3日間、日本の横浜にある日産スタジアムでのコンサート「はじまりのうた」を開催しました。3日間集まった観客は約22万人と推定されます。






デビュー15年目だが、ファン層はしっかりしている。​​全座席売り切れはもちろん、ほとんどのグッズまで完売させたんです。​​会場でよく販売されているペンライトまで品切れで応援棒を買えなかったファンま出た程です。

​​
この公演のチケット売上高は私たちのお金で約271億ウォンに達して。​​
グッズMD商品は約290億ウォンの売上を記録しました。さらにグッズはチケットよりも高い収益を得るしました。






東方神起はわずか3日で561億ウォンの売上を立てました。​​ちなみに東方神起の「はじまりのうた」ツアーは、昨年11月から開始され、単一のツアーのみ100万人の観客を動員しました。つまり、​このツアーで稼いだ収益は561億とは比較にならないお金でした。​

東方神起は来月、新しいシングルを発表して。9月に正規アルバムを発売します。これと共に2019年1月に東京ドーム4回、大阪京セラドーム4回を含めて合計32回のアリーナとドームツアーを進行します。








次のツアーで集められる予想観客数は64万人です。しかし、ツアーが始まる頃、ドーム公演が追加で発表される確率も高くなります。

ネチズンたちは東方神起のこのような巨大な人気に再び驚いてましたが。「それこそ歩く大企業 "、"国威するアイドル」という反応です。













にほんブログ村






Last updated  2018.06.30 11:53:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.26
以前UPされていた記事

東方神起、日産スタジアムでの公演記録に米国メディアから賞賛の嵐より


米国の経済専門誌『Forbes』は18日(現地時間)、ホームページを通じて「東方神起が日本で海外アーティストのツアー史上、最大の観客を動員している」というタイトルの記事を掲載し「東方神起が『東方の神が起きる』という名前の意味を立証した。今回のツアーだけで100万人の観客を動員するという画期的な記録を立て、歴史を作った」と賞賛した。



その「Forbes」確かに経済専門誌って書いてありますけど、経済専門誌とあるだけに相当シビアな専門誌のようで。
東方神起の今回の公演が相当経済に影響をもたらしたことと、東方神起のグループの成功、存在を評価されたから、こうして「foebes]にも取り上げられ記事になったこと自体が記事になったということなんですね。凄いことだと思いました。

東方神起の人気、影響もそうだけど、日本公演であることと、世界中のファンも含めてビギストとしてもファンの力で、この世界中が注目した(たぶん埋まるだろうけど3日間無事に開催できるかってことも注目でしょうが)東方神起の日産公演を成し遂げた、成功させたんだなーってじわじわと実感しました。

それだけの魅力のある東方神起、雨の最終公演も何事もなく、むしろ雨であることが演出であるかのように変えてしまった表現者としての2人。雨の日産ライブもずっと記憶と歴史に残る、最高のライブでした。

なによりも東方神起の2人が、素晴らしく誇らしいです。。。







forbes japanより


K-POPブーム再燃、東方神起が日本ツアーで100万人を動員



Tamar Herman








韓国出身の男性デュオ、東方神起がその名前にふさわしい活躍を見せている。二人は6月10日、全17公演からなる日本ツアー「Begin Again」を終え、海外アーティストの日本ツアーでは史上最多の約100万人を動員する記録を打ち立てた。

メンバーのユンホとチャンミンにとって軍除隊後初の日本ツアーとなった「Begin Again」は、昨年11月に札幌ドームで始まり、今年6月8日~10日の横浜・日産スタジアム3デイズで閉幕。84万人を動員した2013年のツアー「Time」を大きく上回る盛り上がりを見せた。
韓国のアーティストによるこれまでの最多動員ツアーは、2015年~2016年にかけて行われたBIGBANGのツアー「Made」で、91万1000人を動員していた。

「Begin Again」ツアーの成功の裏には、メンバーの長年にわたる日本での活動の蓄積がある。

「東方の神が起きる」をその名の由来とする東方神起は、2000年代半ばに日本でデビュー。当初は5人組のグループとして活動し、2008年にシングル「Purple Line」で韓国の男性アーティストとして初のオリコンチャート1位に輝いた。それ以来、着実にファンを増やし、BoAやKARA、少女時代、BIGBANGらとともに、韓国人アーティストが日本で受け入れられる土台を切り拓いてきた。

ユンホとチャンミンはともに流暢な日本語を話し、ファンミーティングやテレビ出演などコンサート以外の活動も多い。これまでに日本でリリースしたシングルは40曲以上と、韓国でのリリース枚数よりも多く、2014年にはシングル総売上で海外アーティスト歴代1位になっている。また、日本の東方神起ファンはビギスト(Bigeast)と呼ばれ、カシオペア、あるいはカッシーと呼ばれる他の国の東方神起ファンとは異なる独自のファンベースを築いていることでも知られる。

東方神起の返り咲きは日本におけるK-POPブームの再燃が後押ししている部分もある。今、日本ではTWICE、BTS、EXOなどの曲がヒットチャートを賑わせており、Red Velvet、GFRIEND、SEVENTEENなども初の日本語アルバムのリリースや制作に入っている。とはいえ、東方神起が達成した記録はしばらくの間破られることはないだろう。








まだまだ日産ライブからの熱は冷めないようです。




クリックありがとうございます。感謝してます。ハート

にほんブログ村






Last updated  2018.06.26 06:11:15
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.23
​​​​​​

↓クリックで元記事に飛びます。(抜粋してます)




東方神起は再び“前人未到”の地へと向かうーー雨も味方につけた日産スタジアム公演レポ






「東方神起にとって、みなさんがプライドです」

 東方神起には、“前人未到”という言葉がよく似合う。国内最大収容人数を誇る日産スタジアムに、海外アーティストとして初めて立ったのが東方神起だった。思い出の地に5年ぶりに帰ってきた彼らは、またもや偉業を成し遂げた。それは、日産スタジアム史上初となる3DAYS公演。この最終日をもって『Begin Again』ツアーは総動員数100万人を達成。単一ツアーでは海外アーティスト史上最多観客記録を打ち立てた。

 「東方神起にできないことはない」とは、彼らのステージ演出を担当してきたTRFのSAMの言葉だ(参考:サンスポ・コム)。東方神起は私たちの期待を、そして彼ら自身の限界を何度でも超えてくる。6月10日、雨が降り注ぐ中で迎えた圧巻のフィナーレを、記憶にとどめておきたい。


雨の中で激しく燃える双頭の火の鳥


 朝から生憎の雨に見舞われた日産スタジアム。野外ライブで最も懸念されるのが天候だ。客席での傘の使用は禁止。観客はカッパに身をつつみ、ペンライトをビニール袋に入れて開演時間を待つ。花道もずぶ濡れで、強くなる雨足が水面を叩く。バッドコンディションのステージを見つめ、まずはケガがなく終わってほしいとだけ願っていた。だが、その不安はすぐに彼らが打ち破る。

赤と青に輝く2頭の火の鳥が重なったセット。その両サイドから「Reboot」のイントロと共に白いボックスが浮上し、ふたりのシルエットが浮き上がると会場から大歓声が沸き起こる。姿を現した2人は、さらに引き締まった印象だ。復帰後、彼らがいかに充実した日々を過ごしているかを感じさせる。ビショビショのステージに降り立ち、一歩進むごとに水しぶきが上がる。だが、それも計算された演出かのように画になってしまうから不思議だ。



ワイルドにセットされた2人の髪も、雨であっという間に落ちてしまう。チャンミンがその濡れた前髪をかき上げる姿がスクリーンに映し出されると、まるでシャワーシーンを彷彿とさせるセクシーさに会場が息を飲み、次の瞬間悲鳴にも近い黄色い声が上がった。また、ステージキングの異名を持つユンホだが、前髪が下がるとどこか可愛らしい印象に。雨の中で遊びまわる男の子のように、ダンサーと肩を突き合わせて、この逆境を楽しんでいるようだった。悪天候にも関わらず彼らのダンスはむしろ大きくキレが増す。鍛え上げられたフィジカルと、どんな状況にも屈しないアツいメンタル。再始動した2人はより一層、強く美しくなった。

想いの連鎖が生む愛情溢れる演出たち


 前半はドーム公演同様、激しいダンスナンバーが続く。「ANDROID」では2人が客席の間にある花道を闊歩。巨大プロペラステージが、観客の頭上をぐるりと回転するなど、360度からパフォーマンスを楽しめる演出が続く。そしてユンホの「盛り上がろう!」に合わせて、爆音の特効が鳴り響いた。

 威風堂々としたパフォーマンスに、つい天候を忘れてしまいそうになるが、ライトに照らされた彼らの頭上には滝のように雨が降り注いでいるのがわかる。「Humanoids」では、そんな2人にファンも「TVXQ!」「東方神起!」と精一杯の声援を贈る。その想いを受け取ったユンホは「日産スタジアム楽しんでますか? 盛り上がっていくぜー!」と返し、チャンミンが「Everybody makes some noise!」と絶叫すると、客席からも大喝采が起こった。

 「One More Thing」ではメンバーの手の動きに合わせてペンライトを掲げ、「Superstar」でも掛け声で盛り上げていく観客たち。「B.U.T(BU-AU-TY)」で見せた高さ15メートル・距離130メートルのフライング、スタンド席まで近づいた「Duet」の空中ブランコなど、パワーアップした演出が披露されるたびに、大きな歓声が上がる。そのエネルギーが、ステージに立つ2人、そしてダンサーやミュージシャンたちを奮い立たせているようだったこの場にいる全員が東方神起の前人未到の挑戦を成功に導こうとしている、そんな一体感が生まれていた。


若男女が楽しめるステージへ


 「なかなかないですよ、こんなライブ会場で雨……。東方神起の野外ライブって、あまりないので。はい、前向きに考えましょう(笑)」MCでは相変わらずのチャンミン節が笑いを誘う。そして2人は、日本デビューした当時ライブ会場にひとりもいなかった男性ファンが、年々増えていることを喜ぶ。男性ファンの声を聞かせてほしいとチャンミンがおねだりしたコールアンドレスポンスは、「風邪引かないように?」(東方神起)、「気をつけましょー!」(男性ファン)というユニークなもの。「今日いちばん伝えたい2人のメッセージですよ」とチャンミンが説明すると、ユンホも「大事だね」と納得し猛々しい掛け合いが繰り広げられる。そして
​​​​、「頼もしい声で全然風邪引かなさそ♡」と満足げなチャンミンに、みんなが頬を緩めた。



​初心を忘れずに、一緒に歩いて……​



ユンホの「最近“おかげさまで”という言葉をよく使うんですけども、考えてみるといつも“かげ”のようにそばにいてくれて支えてくださっている、ここにいるみなさんに一番ぴったりな言葉だと思います。そんなみなさんのことを、僕ユンホは大切に思っております。これからも初心忘れずに一緒に歩いていきたいなと思います」という男気溢れる決意表明に心が熱くなり、チャンミンの「こんなにたくさんの方たちとうれしい瞬間を共にすることができました。絶対忘れないと思います。人と人の間で成立する人間なので、これからもみなさんと関係で成り立つことを誇りに思っています。また、忘れられない思い出をもう一度いつか作りたいなと思うんですけど、できるかできないかはですね、東方神起のみなさん次第じゃないですか(笑)?」という
愛くるしい挨拶に思わず笑顔になった。



2
人がステージを後にしてエンドロール映像が流れても、会場からは“東方神起”コールが鳴り止まない。すると「みんな、風邪引いちゃうからね」(ユンホ)、と2人が再び登場。ユンホが「本当に僕たちにとって、みなさんがプライドです。知ってますか? これからもみんなが期待している以上に、頑張っていきたいと思いますので、これからも2人の大きな力になってください」と愛情たっぷりのコメントでファンを喜ばせたかと思うと、チャンミンが「健康が何よりです。さあ、みなさん……帰りましょう(笑)。また、9月からのライブで会いましょう」とユーモラスたっぷりに締めくくった。



 「またね」と再会を約束できる喜び。約2年の会えなかった日々も、この過酷な状況でのライブも、まさに雨降って地固まる。<伸びていく足跡が きっと輝けるMy Road>それは強い絆で結ばれた東方神起とファンそしてスタッフが切り開く、新たな伝説へと続く道。

さあ、東方神起を信じて歩いていこう。いざ、“前人未到”の地へ。









​とても素敵な記事でした。これで終わりではない、これが到達ではない。

この先もこれからも続く、東方神起の進む道。

それはファンとともにある。

ファンとして二人とともに歩んでいきたい。

この先も


東方神起が存在し続けるように

存在し続ける限り







にほんブログ村
​​​​
​​​​​​






Last updated  2018.06.24 18:09:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.22


東方神起、日産スタジアムでの公演記録に米国メディアから賞賛の嵐









東方神起が日本公演で史上初、日産スタジアムでの3日間の公演を成功的に終えまぶしい記録を立てた中で、アメリカメディアもスポットライトを当てた。

東方神起は8~10日の合計3日間、日本の超大型公演会場の日産スタジアムで「東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~Special Edition in NISSAN STADIUM」を盛況裡に収めたのはもちろん、今回のツアーだけで100万人の観客を動員し、海外の歌手の単一ツアー史上最多の観客記録を樹立してトップクラスの面貌を再び見せつけた。

これに対して、米国の経済専門誌『Forbes』は18日(現地時間)、ホームページを通じて「東方神起が日本で海外アーティストのツアー史上、最大の観客を動員している」というタイトルの記事を掲載し「東方神起が『東方の神が起きる』という名前の意味を立証した。今回のツアーだけで100万人の観客を動員するという画期的な記録を立て、歴史を作った」と賞賛した。

加えて、「東方神起は2000年代半ば、日本で最も有名なグループとなった。東方神起の成功は、多くのK-POPアーティストを日本の音楽業界に飛び込むようにした」と日本進出の成功のアイコンとしてトップの人気を継続している東方神起の独歩的な姿についても詳しく説明した。

また、米国のビルボードも「東方神起は日本で単一ツアーだけで100万人の観客を動員する世界的アーティストになっただけでなく、大規模なスタジアムで唯一、3日連続でコンサートを開催する記録も樹立した」と今回の記録を詳細に説明した。

ビルボードは「大雨にもかかわらず、アジア全域から集まったファンと一緒に東方神起は、すべての人にとって最高のライブパフォーマーとなり、全世界を網羅するファン層を維持してこれた理由を見せつけてくれた。 T字型の赤く光るファンライトが会場を輝かせる中で、東方神起が3日間のコンサートを通じて見せてくれたのは、ただ印象的なパフォーマンスだけではなかった。それは文化力作(tour-de-force)としてのパワープレイだった」と絶賛し、東方神起の活躍に注目した。

一方、東方神起は7月25、日本で新しいシングル『Road』を発売し、9月からはアリーナ&ドームツアーを12の地域で合計32回にわたって開催する予定だ。
















にほんブログ村



にほんブログ村






Last updated  2018.06.22 21:33:43
コメント(0) | コメントを書く


新聞のことですが。


日産ライブに合わせて

彼らの特別号がニッカンスポーツ様から発売されましたよね~(感謝)


これは買わねばならぬと三部とも、新横浜駅で並んで購入したのですが。

あれも初日の8日はすごく人が少なかったからすぐ買えたけど、9日、10日は

30分くらい並んだ…8階の本屋でも購入できるとアナウンスされたけど、

あそこから8階まで行く気力ねーーーーーーって人も多かったんではなかろうか。

結構移動せずに駅出入り口で並んでた。中央なのですごく目立つ場所だったので

通りすがりの人も気にしてたなーあー東方神起だって~すご~みたいな感じで。

日刊スポーツは3部とも最終日まで販売していたし、初日、中日買えなかった人もまもめて買えてましたし

アマゾンでも、3日と4日販売の4部をまとめ売りで販売してくれたし、ランキング1位になってたよね。

さすがというか、恐るべしトンペンさんの購買力。

日刊の楽天ショップでのみ4日目のみ販売してくれたので、そちらで購入しました。

けっこう早く来たけどそのまま保管してて。

他のスポーツ新聞までは購入意欲はなかったんですが。

やはり記事にもなって、結構話題というか、衝撃ではなかったかと

思われる

ぶれないデイリー新聞(阪神推し)が初めてトップ記事一面を

阪神タイガース以外で飾ったのが東方神起である、といった

伝説の新聞はやはり手元に置いておこうかと思い、購入してみた。


関東版が確か一面を飾っていたというので、そちらを購入しようと思ったんだけど

関東版は電話注文でした。6/11の新聞ありますかーーーで

ああ、バッグナンバーですねーありますよーと。

https://www.daily.co.jp/company/back_number.shtml

東方神起が一面の新聞ですよね!とはなんかやはりどうにも恥ずかしくて言えなかったです(え)

6/11ありますよね、それをお願いします!!(確か11日だよなと思いながら)

注文しました。

デイリーの関東版は切手での支払いでございまして。



代金分の切手を用意し、住所のメモを入れ、あて先を書いた封筒に

代金分の切手を入れて普通郵便で注文しました。(なにかと古風)


で、はい。こちらは先に届いていたニッカンスポーツの4日目の新聞です。

ニッカンさんはちゃんと封筒の中も袋で保護されてました。

そういえば駅で販売していた方々、指が真っ黒になってたし

三日とも(おそらく)同じ人だったので、非常に疲れたんではなかろうか…

初日、二日目、三日目と記憶にある方は連続して同じ女性が誘導していました。


暑い中、雨の中、お疲れ様でした。

素敵な新聞を特集してくださり、ありがとうございます。







画素の関係で画質は悪うございますが。

なかなかの特集号で。


中をめくると、新聞の最後のほうにも記事がありました。

秋にあいましょう・・・ええ、そうですね、もうすぐ7月になって

9月・・・はやっ!!!!







そして伝説のデイリースポーツ。





ポストインして翌々日くらいに届きました。

すごく対応が早くてありがたいです。

しかし封筒の中にむき出しで新聞入ってたけど(笑)雨でなくてよかったわー。

てことで無事にゲット…

最近購買欲も低下してきたようなんですけど、こうして記念~とか思うと

まだまだ買ってしまうな~と思います。






なんやかんやで、つい、日産バージョンのTシャツ、2種類と

ブレーカー買ったけど

届くのいつだっけ



10月って書いたけど


さすがにそんなまさかですよね?





もすこし早く届いてくれ…


受注生産でいまから作るのでしょうかね。




で、ふとTONEの頃のTシャツを見たんですが

同じ韓国製ですけども。

ロゴとか文字とか、浮き上がるタイプの素材使ってて

高級感は漂う…ただのプリントよりも文字がちゃんとくっきりはっきりしている。


写真ではまったくもって伝わらないけどw

デザイン、マーク、文字のひとつひとつに

素材が貼り付けてあるから沈み込まないというか。






黒と赤と黄色(セブン限定)の3種類そろえたけど、

そういえば黄色、、どこいった。(我が家で行方不明多数)


黄色のTシャツは画像でですが。







ちなみにライブでは


2人ともこのイエローTシャツを着たのを見たことないです。(これを買う意味)

あ、自分の記憶する限りですので…でも着てなかったよな~と思うんですが。

仮にスタッフさんが着られてたとしても、スタッフさん着用してました!ってことで

このセブン限定黄色のTシャツの購買意欲に繋がるもんなの?

(といいつつまんまと買っているけど)







TONEのパーカーも当時大人気であったなー

5000円前後だったような気がしたんだけど、あの頃そんなに高くないんでは??



グッズもよくなったのもあれば、あれ?ってのもあるけど



これからもグッズが増えていって

販売時は、さほどおもわなくても(おい)


後から見直すと、これなかなかよかったよね?と思えたり。


それもまた彼らとの思いでになっていくのだろうな~




まとめてみました(無理やり感)












にほんブログ村








Last updated  2018.06.22 21:35:04
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.21
月日が経ちましたが、こちらツイお借りしました。
改めて、東方神起というグループの知名度、認知度、評価を感じました。。





Mmmmmmaple_:東方神起は、今までの韓国のアイドルの中に、中国で一番評判が高いアイドルと思います。


















にほんブログ村






Last updated  2018.06.21 11:05:26
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.20
​​そうそうこれがずっと気になっていました。
Gジャンに文字あるよなーお互いの自分の名前はでかでかとペイントされてるけど

他にも文字あるよなーって。
絶対意味がある言葉だろうしってずっと気になっていたら皆さんも同じようで泣き笑い
他力本願ですみませんです。ツイお借りしました。目がハート



チャンミンの言葉

You'll get over it     
あなたはそれを乗り越える
again
再び
glory
栄光
swing
揺れる
resolution
解決
accomplish
達成する
Every day is a new day
毎日が新しい日
I'm here for you
私はあなたのためにここにいる
future
未来
Overcome
克服
forever
永遠に


ユノの言葉

HAPPINESS        
幸福
Begin
始まる
pursue
追求する
Religion
堅く守るもの、魂を打ち込んでいるもの
Awesome destiny
素晴らしい運命
Everything gonna be alright
すべてがうまくいく、全て上手く行くよ(大丈夫だよ)
i'm here for you
僕がついてるよ、力になるよ、傍にいてあげる

Don`t worry be happy!
心配しないで。大丈夫だよ















































































にほんブログ村​​






Last updated  2018.06.20 15:28:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.18

↓ クリックで元記事(全文)に飛びます。

復活から再生へ、豪雨の日産スタジアムで見た東方神起のプライド​
​​

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム



東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM
2018.6.10 日産スタジアム

東方神起にとって3度目の全国5大ドームツアーとなった『東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~』。札幌ドームを皮切りに、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と、追加公演も含め自己最多ドーム公演数となる全国5大ドーム17公演を行ない、2017年と2018年を跨いで78万人を動員して締めくくられた壮大なツアーとなった今ツアーは、2015年に入隊したユンホとチャンミンとの約2年ぶりの再会の場でもあったことから、いつも以上にそこは、特別な場所となっていた。

そんなドームツアーから約4ヵ月。彼ら東方神起は日産スタジアムのステージに立った。

​​6月8日、9日、10日に行なわれたライブは言うまでもなくソールドアウト。日産スタジアムでの3日間単独公演はアーティスト史上初の偉業である。​


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム



​​彼らが日産スタジアムに立つのは5年ぶりのこと。​5年前に見た景色と同じ景色を再び目にした彼らは、何度も何度も感謝の言葉を口にしていた。​
もはや、【​東方神起】と聞いて、その存在を知らない者はいない。そんな存在になった今も、彼らは常にステージの上から謙虚な言葉をオーディエンスへと投げかける。今回の日産スタジアムでのライブでもそうだった。​その言葉に決して嘘は無い。

今では、チケットを入手するのが困難なほど、即日完売してしまう彼らだが、日本デビュー当時は小さなライブハウスから活動をスタートさせているのだ。
母国では既に絶大な人気を誇っていたこともあり、戸惑うことも多かっただろう。基盤の整った場所に立ったわけではなかった。彼らは新たに課せられた試煉の中、一から開拓していったのだ。彼らはきっと、今もそんな景色を忘れていないのだろう。故に、徐々に自分達を愛してくれる人達が増えていった喜びは本物であり、それこそが彼らの支えとなっていったに違いない。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム



彼らが今、​自分達を愛してくれる人達を“東方神起のプライド”と呼ぶのは、応援してくれる人達と共に、自らの努力と実力で築き上げた地位と歴史を意味する言葉であると同時に、それは強い絆を意味するものであると私は思う。​

​MCでユンホが言った「いつまでも初心を忘れることなく、頑張っていきたいと思っています」という言葉からも、その想いが強く感じ取れた。そして。何よりも、ユノもチャンミンも、一瞬たりとも手を抜くことのないパフォーマンスと歌唱で、見る者を楽しませようと全力を尽くすその姿からは、言葉以上の愛とプライドが放たれていた。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


​日産スタジアムの2日目は真夏日となったが、最終日は一変して豪雨。
まさに、その雨の量は、中止となってもおかしくはないほどの雨量であり、そんな豪雨の中でも彼らは、まったく動じることなく、3時間越えのライブを全力で魅せきったのだ。彼らがヴィジョンに大きく映し出される場面では、彼らを打つ雨の量の激しさがはっきりと見えた。
3曲目に届けられた「Humanoids」では、ステージに堕ちた雨が、2人のダンスによってしぶきとなって再び宙に舞った。ときおり濡れた髪をかきあげながら躍る2人。狙ったわけではないさらなる激しさが、いつも以上にパフォーマンスをダイナミックに浮き立たせた。​

雨に濡れたステージは滑りやすく、躍りにくい環境にあったことは間違いない。しかし、彼らは手加減することなく、完璧なスタイルで全曲と向き合った。

「Superstar」ではダンサーたちと阿修羅的なパフォーマンスを力強くも美しくキメ、「B.U.T(BE-AU-TY)」ではメインステージからフライングで一気にステージ後方のサブステージまで移動した。

今回のライブは『東方神起LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~』のスペシャルヴァージョンということで、東京ドームでも同じ演出が行われたのだが、なんとフライング距離は東京ドームの3倍であったというから驚きである。
歯切れの良いサウンド感と中毒性のあるフレーズでオーディエンスを引っ張ると、続けて大きなスケール感のダイナミックな歌モノ「Spinning」へと繋げ、スラップがフックとなったハネ感のあるサウンドが特徴的な「Survivor」で勢いを止めることなく盛り上げていった。


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


ゆったりとしたバラード曲「One and Only One」では、2人の声の相性の良さを感じさせるコーラスワークでオーディエンスを魅了した。時おり目を閉じて声を伸ばすチャンミンの甘く丸みを含んだ歌声と、最後の言葉を柔らかく歌ったユンホの歌声は、とても心地よいものだった。

映像を挟んで届けられていったミドルナンバー「シアワセ色の花」では、2人それぞれの声の指紋をしっかりと感じ取れたあたたかい歌声に、オーディエンスはまっすぐに向き合った。
この曲に込められた“永遠の愛”は、彼らから曲を通してオーディエンスに贈られた、変わらぬメッセージであったことだろう。何処までも、変わらずにずっと愛し続けると誓うこの歌は、雨の中で美しく響いた。
チャンミンの願いが込められた叫びに引き込まれる「Bolero」にも、オーディエンスは大きな拍手を届けたのだった。


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム


ライブ後半の見せ場はソロシーン。客席から“チョン・ユンホ”のかけ声がかかる中、風格漂う硬派なダンスと、さすがなダンススキルを見せつけたユンホの「Drop」と、キーの高さの美しさと刹那的なメロディを感情たっぷりに歌い上げたチャンミンの「Forever Love」(X JAPANカバー)に大きな歓声と拍手が沸き上がった。
さらに「Purple Line」「Why?[Keep Your Head Down]」で拍車をかけ、ラストまで一気に畳み掛けた彼らは、アンコールでも代表曲である「Rising Sun」を届けるなど、余すところなく東方神起を堪能させてくれたのだった。

そしてこの日、彼らの口から9月からの全国32公演のアリーナ&ドームツアーの開催が発表された後、7月25日にリリースされる新曲「Road」が披露された。とてもナチュラルな世界観の新曲を、彼らは大きく左右に手を振りながら歌って届けた。

“ここから再び東方神起の歴史が始まっていく”ことを意味する“Begin Again”というタイトルを掲げたライブであったことから、「Begin~Again Version~」を彼らが届けたときには、配布されたライトが客席に【WE LOVE TOHOSHINKI】の文字を浮かび上がらせた。

2年の活動休止を経ての新たな歴史の始まりを、改めて感じたライブだった。

壮大な敷地が、東方神起カラーである赤で染まった日産スタジアムの景色と、共にずぶ濡れになって声を重ねたそのかけがえのない時間を、彼らはこの先も決して忘れることはないだろう。

9月から始まる新たな未来にも、いままで以上に彼らと彼らを支えてきたファンに笑顔が広がっていることを切に願う。

取材・文=武市尚子

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム








以下全文

https://spice.eplus.jp/articles/193037










2人の思いとファンの気持ちを代弁してくれているような記事で感動しました。

題名も惹きつけられましたし。

そう確かにあの日は豪雨でした。

でもあの日を乗り越え?て?さらにファンと2人との絆は深まったような気がします。

雨の中、開演の何時間も前からファンが集まっていて、開演してからも

雨であろうとも変わらず声援を送り、スタジアムを埋め尽くしたファンの姿をみて

自分も感激していましたし、ビギすごい!ファン凄い!って!

2人への情熱をヒシヒシと感じたのに

その姿を見て、雨の中合羽着てずっと笑顔で応援しているファンのこと、

ファンの気持ちを2人が感じないわけ、伝わらないわけないと思います。

だからなんかこう

あの日のあのライブは特別な日だったような気がします。


雨でもなんでもかまわない、雨だからライブに行かないなんて選択はもちろんなくて

普通に雨対策をして万全の用意をして参加したビギ、ファンと

雨であろうとも、同じように万全の対策をしてライブを全力で開催してくれた2人。

もう相思相愛ですよね。


他のファン以外の方のツイでは、

この雨で自分たちもずぶぬれなのに、すごくファンのことを心配していたとか、
優しい、とかファンのことを気遣っていたから、この人たちのファンはうれしいだろうなとかの
ツイを見ました。

ファンはファンで2人のことを心配していたしで・・・・だからも相思相愛なんですってば!

やーもうー(変なテンションになった)




ライブでのツアー発表もうれしい悲鳴で

毎月会おうと思えば会えるわけで(無理ない範囲で)


なんて幸せなんだろうと思います。






とりあえずまだまだ日産の熱は冷めないようです。






今朝の地震の規模、時間がたつにつれ被害状況なども判明し
復旧してきた地域もあればまだまだ見通しの立たない地域も
あるようで…すでにツイでも情報がたくさんでておりますが
日常が戻るまでは身体面や心理面の負担があると思いますので。
体調を崩さないように…1日でも早く日常が戻ることを…祈っております。。












にほんブログ村






Last updated  2018.06.18 23:32:26
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.