4205842 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東方神起へ想いを(日々思うこと)

PR

Profile


min.min26218

Free Space

ランキング参加しています。こちらからもクリック頂けると反映いたします♪
よろしければポチっとお願い致します。


にほんブログ村


にほんブログ村



ブログランキング にほんブログ村
>














 



 

 

 

 

 

 

 

















Category

黄金を抱いて翔べ・ツイ・雑誌情報等

(685)

ブログについて

(5)

TV2XQ関連

(267)

個人的な萌え

(76)

思うこと

(2)

空港ホミン

(6)

2012 LIVETOUR「TONE」

(53)

2013 LIVETOUR「TIME」

(396)

2014 LIVETOUR「TREE」

(236)

2015 LIVETOUR「With」

(34)

2017 LIVETOUR「Begin~again」

(24)

2018 LIVE TOUR「TOMORROW」

(38)

日産スタジアム・ライブ(TIME・Begin~again)

(26)

a-nation(2012~)

(113)

SMTOWN(ライブ)

(238)

ファンミーティング

(95)

リリースイベント

(11)

歌番組(国内)

(76)

CD・DVDなど(国内)

(225)

イベント等(国内)

(113)

トーク・バラエティ等(国内)

(48)

海外活動・歌など

(446)

海外活動・イベント等

(190)

海外・番組等

(111)

アルバム等音源など(海外)

(52)

雑誌類(韓国・日本)

(124)

CM

(18)

東方神起の72時間

(12)

MISSHA関連

(23)

「野王」ユノ出演ドラマ

(52)

夜警日誌「ユノ出演ドラマ」

(18)

ミミ・Mのために(チャンミンドラマ)

(40)

夜を歩くゾンヒ(チャンミン出演ドラマ)

(34)

黄金を抱いて翔べ

(156)

【黄金を抱いて翔べ】考察

(134)

黄金を抱いて翔べ・ロケ地情報・巡り

(99)

「黄金を抱いて翔べ」出演者情報、その後情報など

(50)

日本アカデミー授賞式など授賞歴

(87)

黄金関連の動画・安室ちゃん関連

(48)

初日舞台挨拶、イベント等

(23)

コメントお返事

(27)

高村薫先生関連

(23)

映画・舞台鑑賞等(その他)

(48)

読書

(7)

出来事

(11)

熱帯魚

(102)

にゃんこ

(114)

ニシアフリカトカゲモドキ

(3)

ヒョウモントカゲモドキ

(17)

カメ君たち(旧・リクガメ・ミズガメ)

(58)

ミズガメ(新)

(55)

リクガメ(新)

(56)

トカゲ

(1)

妻夫木聡さん関連

(92)

2019 LIVETOUR

(3)

Calendar

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

2015 LIVETOUR「With」

2018.04.10
XML
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

最近、ずっと「うんみょん」の動画を回しているのでその流れで動画を見ることが多い。



ここからちょっと私事ですので興味ない方はスルーで。

ここ連日の騒動から、食卓にPCを持ち込んで「changeoflove」のMVと「平行線」と、彼らのカムバ映像とか過去のUPされている動画を延々と流しながら食事をしている。PCにスピーカーまで繋いで夫も強制的に延々と延々と動画をみて曲を聴いて食事をしている。しかも自分は飲んでるので、酔いながら今回の騒動とか、彼らについてあーでもないこーでもないと語り、酔った人間なのでほぼ絡んで語るという(おい)気が付くと3時間くらい(え)東方神起の動画見ながら彼らについて語っているという。騒動の当日の夜から始まり、翌日はじめて二日酔いで仕事にいった…あたまいてーー。


てことは余談ですみません。


そんな中、いまとてもWITHのときのシムにときめいているのはなぜでしょう。(しらんがな…)

TONEのドキュメントに始まり、TIME,日産スタジアム、TREEと続き、なぜか

WITHのシムさんを見ていて、急にきゅんどきどきハートとした。

やだなにこのビジュアル最高じゃ…と。

どうにも2年半前の当時の自分は目がどうかしていたのかわからないが
この時のシムにはなんら特別の想いも抱くことはなく、ライブに行ってた模様。。
や、もちろん好きだからライブには言ってましたよ。たしか6回???(やばい参戦記憶もあやふや)
でもなんかあの頃はなんかなんですかね。

もったいない。

見慣れていた?のか慣れなのか、定期的にシムさんに会えるとか思っていたのかわからないが
当時は感情を揺さぶられることもあまりなく???ありがたみをわからなかったのか。

今頃になってこのダイジェスト版だけで萌え萌えしているのってなんなの。

復帰ライブも参戦中より生でみたときよりも、帰宅後のWOWOWをみて二人に堕ちたし…

いくらなんでも遅すぎなんだけど、しかもなんで今頃WITHのシムに( ^ω^)

どんだけ感情鈍いんだって(いやこれ鈍いレベルではない)なんか内に秘めてたものでもあったんか?

ってくらい今の自分の感情の流れに戸惑っている…

やーもうシムさんて本当にイケメンなんだってことに(いままでどう思ってたの)
イケメンすぎてドキドキするって思うのはどうしたものかと。

私はシムさんファンだったんだなと(いままでどう思ってたの2回目)

てことで、ダイジェスト版だけのツボ…

今更感満載ですけど、なんなのこれですけどこのわずか3分弱のダイジェスト版で
ぐはっ!!!とかなってる部分だけ書いておきます。

ていうか、本編をどれだけさらっとしか見ていなかったのかと…(ほんとに)
なので本編は今日見ようかな~(夫も強制視聴)でも夫の方が東方神起のライブ観て泣いてる…
割にはファンじゃないしとか言っております。(余談すみません)


はいこれ。当時はそれほど思わなかった衣装。

なんで思わなかったのか不思議ですが、これもスタイルがよくないと着こなせない。
王子様ですよね、王子様ですよねと思ったシムさん。



上着を脱いでの白神起でキラキラシムさん。

かわいい、かわいい、かわいいカワ(・∀・)イイ!!



この時のシムさんはすごく少年ぽい気がする。

髪型もあるんだろうけど、シムさんのこうした自然な感じがいい。(・∀・)イイ!!顔文字多用。



そしてよく笑っている。
こんなに笑っていたのかというくらいの笑顔…本編をいかに覚えてないかが(ほんとに)




でまあユノさんのこうした振りの位置シーンだけでも様になるのは王道。
ああ、もうかっこいい。



で今更なんですけど、このユノさんの、すけーたシャツ左から見えるあれはアレでok?




全然ライブ本編では記憶にないんだけど、というか、そもそもこのダイジェスト版もそんなに見ていない。(すみませ…)ので新鮮で仕方ないという。

ダイジェスト版でこれアレでこんなの流して大丈夫?と!!一部をガン見したけどアレなの?ってことに
いまだに悩むけどアレでOK?(違ってたらそれはそれで)

や、いまはもうすっかりお鍛えになって、脱ぎ脱ぎなさってますけどね。



今思うに(回顧)この時がシムさんがお鍛えになった自慢のボデーの時なので見せたくてしょうがないのではなかろうか時期なので、あえてみなかったような気がする(どんな理由)

なのでか、今みるととても体脂肪の少なく鍛えた時期のシムさんなので頬もシャープで端正な顔しているけど、少年ぽさ?も残っているようで、とても好きなビジュアルであったのだなと。







本編もすごいけど、こうしてダイジェスト版で切り取られた一瞬のシーンの方が
より鮮明に、印象に残るように思う。

このわずか3分弱の映像を見るだけで、彼らがどれだけライブの最後の最後まで全力で
もう終わるんでは?と思いながら見ても、うわっまだあるし(どんだけ記憶ないの)
とか思いながら見ていて、
ようやく最後の曲Somebody To Loveになって一緒に手を振って終わる(ダイジェストなのにw)

そこまでのこのライブの長さが、一切を妥協しない強さが、ライブにかける思いがこれだけの映像からも伝わってくる、すごいと。

といった 「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」3分ダイジェスト映像

お時間があるときに見てみてくださいませ。(なぜ今これを進めるか…)





2015年8月19日発売LIVE DVD&Blu-ray
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」の3分ダイジェスト。
2015 年、日本デビュー10 周年を迎えて臨んだLIVE TOUR WITH が待望の映像化。ツアーファイナルとなった東京ドーム公演最終日(2015.04.02) の模様を気迫溢れる圧巻のパフォーマンスから感動のMC、そしてトリプルアンコールまでの全てを網羅し収録した3時間半にも及ぶ作品。



こちらが本命なんでせう~~~8集応援としてまとめた動画チャンネルもあります。
視聴回数あげましょう~

TVXQ! 동방신기 '운명 (The Chance of Love)' MV



TVXQ! 동방신기 '평행선 (Love Line)' MV







クリックよろしければ。


にほんブログ村






Last updated  2018.04.10 23:29:48
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.20
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

 

with、皆様ご覧になりましたでしょうか?

ざっくり感想しか書いてないんですが

 

 

いや、今はですね、

ユノさんのね、ボングン見だしたりしております(え)

 

ボングン~いや~これずっと気になっていてようやく

見だしたのですけど(今頃かい)

いまはスタンダード盤が発売中。


 

ほそっ!!!

 

ほっそい!!!

 

そして

肉体披露!!

これでもかこれでもか!と

その肉体をさらけ出し~の、キスシーンあり~の(溺れて助けられる)

 

いやーーーかっこいい!!!

とね。

 

いや…いまはあれですよね?グクデドラマなんでしょうけど。

え?いや、夜を歩く士じゃね?

 

え?それも違う?やっぱwithDVDじゃね…?(前置き長いわ!)

 

いやそれはそれなんですけどねーーーーーー

 

 

・・・・ライブの映像がですね…あまりにも辛くてですね(え)

1回見ただけですが、

 

しばらく無理!!!となりました。

 

 

最初からつらいというか痛いというか、あ、オフショも見たのですが

バックステージから見るとね、

 

いや、

 

ちょっとまって

 

あの変なおじさんナニ(笑)

 

 

 

それに対する二人の反応の違いに、

萌えた私…(え、そこ?)

 

いやーだってねーー

チャンミンの方が比較的早くおじさんとの対面が映ってたんですけど

登場時の車に乗ったら助手席にいたんですよね・・・・あのおじさん・・・

 

そりゃビビるわ!!

 

で、めっちゃチャンミンは笑ってて。

驚きつつも、キャーーーーー!目がハートみたいな顔しながらねー

その顔が、その反応がね、

 

もう

 

かわいいかわいいかわいいかわいい!!目がハート(恒例)って見てたんですけど。

 

 

対するユノですね、

階段登ったところでそのおじさんがいて

 

おお???みたいな・・・ なんていうの・・その反応が

 

すごく男前だった件・・・(ギャーーーー目がハートたまらん!)

 

カンカンカンと階段登ったさきにいたおじさんみても

 

それほど動じず冷静に驚いてるユノさんの姿がね…

 

男前!!!かっこいいの、そのね、言い方とか!おお!っていう言い方とか!!

(どんだけマニアックなツボなんだよ)

 

ああーーー好きーーーー!!!(壊)

となりましたわ。

 

あ、1回しか見てないので細かい部分の記憶違いはあると思いますがごめんなさい。

 

 

あーかっこいい、かっこいい、その態度とか反応とかが二人対照的すぎて

ほんとに大好きピンクハート(そこでかい)


でね、まあそれは置いておいて(散々書いてますけど?)

 

そのね、バックステージでの最終日の二人の姿がね。

 

これで最後なんだとした意気込みもそうなんでしょうけどね。

これでかかわってくれた人たちともしばらくお別れになるんだっていうね

 

そうした気持ちがすごく伝わってきて。

勿論周りのスタッフさんもね、いつも言えなかったことを今日はどうしても

言っておきたいと、二人に伝えていたんだと思います。

直接言える人ばかりではないから、直接言えない人は、メッセージに想いを寄せて。

 

ステージ裏でも二人に関わる人たちの思いも流れ込んできて

バックステージの映像から、そして本編の終演までとみると本当に

たくさんの想いが込められたライブであったんだと感じるのですが

今はその想いが辛すぎて、何度も振り返って見ちゃうというか。

 

感情が映像の中に入り込んで、自分をあの場所に投影して観てしまうのか

観れば見るほど何度も辛くなるような・・・

それだけ思い入れの強い、スタッフの方々、ダンサー、バンドの皆さんと

東方神起の彼らの想いがものすごく込められたライブ(DVD)なのだろうと

思うんです。だからこそあの再現率が?すごくて辛い・・・

いやーもうつらい!!

だからこそ素晴らしいライブであったと、それだけの想いが伝わってくる

DVDであるのだと思います。

 

 

で!!!

 

あの…ボングンをですね1~2話まで見たんですけどね?(話戻った)

 

ひゃー

たまりませんね…ユノのくるくる変わる表情。コメディタッチで進むドラマは好きです。

感情にストレートでお笹馴染みにはほんとに恋愛感情はないんだな~とか

怒っているとき、サッカーへの想いとか。

サッカーをやめると宣言して焼き鳥の屋台始めたり(こんな売り子のお兄さんいたら、殺到すると思うの

そこで通りかかったヒロインとの出会いがあるのですが、それもそっけないボングンが

いいわーーーいいわーーー女性に対して必要以外に媚びないボングン。

でもヒロインのことはひそかに可愛いと思っているボングンのまた

いいわーいいわーーー恋の始まりよね。いいわーこの過程。この流れで

はい登場の三角関係になりそうな男性。

この先どんな展開になるんだろーーと思いつつ終了(え)

いや、まだ2話から先見てないだけなんですけど。

 

はたしてこの先見れるのか(おい)

 

 

そうこう書いてるうちに、二人からメッセージ来ましたね。

 

ちょ…アンコンのときですか。不意打ちですわよ(泣)

 

 

ええ、ええ、もう、また、うん。ちゃんと元気に戻ってきてね。

健康第一、30代になってもなんであろうとも、元気に。もうそれだけです。

 

 

CM0E7oqUwAAVp2Q.jpg

 

CMxT-wNUYAAGt3O.jpg

CMxXQ5cVAAAH32H.jpg

(画像ツイよりお借りしました)

 

 

ご訪問の際はお手数ではございますが

1回のクリックをどうぞよろしくお願いします~

 

 


にほんブログ村






Last updated  2015.08.20 10:45:01
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.18
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

 

ざっくり感想です。

 

うう。胸が痛いです。やはりDVD編集はすごいですね。

勿論NEXTで事前に放送してくださったことも感謝しておりますが

やはりノーカットのライブと。

そしてNEXTと同じアングルで収録することはできないでしょうから

 

冒頭から。

 

MVが始まった瞬間から、あの日の東京ドームへと

一気に世界に入り込みました。

その流れのまま、

車に乗った二人の、表情が…

 

喜んでいるような最後であると灌漑深いような、彼らにしかわからない(当たり前ですが)

決意を胸に秘めての登場シーンで

 

鳥肌が立ちました。

 

久しぶりに見る彼らの姿、二人の姿。

 

こんなに素敵な人たちが

こんなにすごい人たちに

もうしばらく会えないのだと思う気持ちと

 

こんなに素晴らしいライブに参加できたこと。

こんなに生涯忘れることのないライブを

心に、記憶に、そしてこうして映像へと残してくれたことに

只々感謝です。

 

一瞬も目が離せません。

アングル、カメラワーク、観たい場所、観たい振付、ステージの絶妙な変化、

彼らを支えてくれたダンサーのみなさんとの

乱れもなく美しく踊り、歌う東方神起。

洗練されたステージ構成、次々と変わるセットと映像、無駄のない空間。

最大限にコンサートで使用できる場所、時間を使い、

そしてそのある意味異様ともいえるほどの長時間のライブ構成も

それに見合った彼らの技量、技術?どれだけその時間の中で、魅せることができるのか

どれだけその最大限の時間の中で観客を飽きさせず尚且つモチベーションを維持することが

できるのか・・・

あれだけの時間を最後まで集中し、最後までステージをやり遂げることができる

彼らがもちろんすごいのです、勿論それができる彼らだからこその構成であると

思うのですが。

でもそれをすべて一寸の狂いもなく秒刻みで動くステージ、ダンサーの配置

二人の登場する場所への移動など。ライブを支えるスタッフの方々も相当の集中力と

団結力?というか、信頼というか。これほんとチームとして彼らのステージを

支えている相当のエネルギーが必要なんじゃないかと。

ライブの裏側はオフショで少し見えるくらいですが。

全力で彼らを支えサポートし、事故のないように、3時間半のライブ以上にスタッフさんも

彼らと一緒にライブを体感しているというか。。。う、うまく書けないですけど。

東方神起と、そのスタッフの人たちすべてが、東方神起と一緒にライブをしているのだなと。

ユノがTREEのオフショで言ってたように、ダンサー、スタッフ、バンドと分けることは

いやですといってたかと思うんですが(細かいセリフ違いはごめんなさい)

それはこうした意味があったんだろうな…と、いや、そうなんでしょうけどね。

今回のWithツアーをみて、彼らとスタッフさんとの繋がりをね、より強く、強く感じたのですよ。

スタッフのどんな係りの人達でも二人はちゃんと顔を覚えていますと話したユノ。

スタッフを愛し、信頼し、こうした言葉で伝えてくれていますが、きっと言葉がなくとも

接している普段の態度とかで、二人がどう思ってくれているかもわかっているのだろうな~とか。

でもやはり言葉で言ってくれることはうれしいですよね、もっともっと一緒にいたいし

もっともっとライブが終わらないでほしいとか、二人と共に歩み、ファンには知らない、知る必要もない部分もですね、共に過ごしてきたスタッフの方々に。

二人が感謝の言葉をライブの最後で述べることも必然で

ダンサーさんもバンドの皆さんが彼らのステージで共有した時間はファンとはまた違う時間なんですよね。

長い時間で培ってきた絆、信頼関係、そして同志?というか。そうした感情も

ライブの映像から伝わってくるようでした。

 

愛される東方神起の二人ですが

それは彼らもスタッフさん、バンドやダンサーの皆さんを愛しているからだろうな~

いや、勿論私も愛しております。愛しております、愛しております(はいはい)

 

でもね、こう彼らのファンになって、報われない想いを感じたことってない気がするんです。

いや、事務所からは非情な仕打ちは多々ありましたけど(ファンミとかファンミとかファンミとか…)

たとえば、空から振ってくるテープひとつでも、ちゃんと手書きで二人からのメッセージが入っていたりとか(いや、P席ですら確率としてもらえないけどね)

会報もDVD着いてたし(なんて贅沢!ゴージャス!な会報と最初思ったですよ)最近じゃ会報にサインまでくれるし(当選者の方おめでとうございます)いや、まあ事務所の意向でしょうけどもね。

でもね~なんというかね~できる範囲で、商業的としてもですね、できる範囲としてね

ファンを身近に感じたいというかファンとの距離を小さくしてくれているような気がしてですね。

いや、近くで逢えるとかそうではないですけどね。

イベント開催、ライブ開催とか、アルバム発売とか、忙しかったですし飛んでくものも大きかったですけど(笑)

ちょこちょこ彼らには会えてたようにおもいます。(全部参加はしていないですけど。)

それこそ寂しいと感じる暇がないくらい(笑)いや~贅沢な日々。

ええ!こんなことまであるの?とか、こんなにまたイベントとかあるんだ!って。

そのたびに彼らとの会える回数も増えて、彼らの本質?というか、雑誌のインタビューではない

彼らの言葉を直接聞くことができてですね。

 

ますます好きになっていって…ちょっとあえない日々が続いたり帰っちゃったりすると

寂しくして仕方なかったり…いや、もう贅沢すぎですね。でもそんな風に過ごせた日々が

ファンになってからたくさんで。いや毎日?(笑)幸せをありがとうと思っていたんですけど。

彼らもまた

ファンに対して同じように思ってくれているというか。

日産でのチャンミンの東方神起を守ってくれてありがとうとよく言われますけど、

逆にみなさんが東方神起を守ってくださったからこそ…東方神起があるんだと思います

的な(記憶あやふやですみません)発言とか。

ドキュメンタリーでこれRちゃんに言われて気が付いたのですが

夢を見ているみたいだ、とユノが言ったと。

ステージに立てていること。

そこはオーラスだったので、東京ドームなのですがその東京ドームのステージに立っている

ことが夢のようだとユノが言っていたと。

なんというかね、それでね、うーんとですね(言葉にするのは難しいですね~)

ファンとしては夢を見せてくれてありがとう、な気持ちがあると思うんですが

彼らもまたファンがいて、ステージに立つことができる、そのことが夢のようだと。

えっと、お互い違う立場で見てるんだけど、同じような感覚でお互いを見ている?

いや、うーーんと。

お互いに感謝してる?というかなんだろーもーこれが相思相愛?といった感情なのかな~と

思ってですね。二人とは繋がっているような感覚?というか。距離がないというか。

(いや、ルールを守ってのファンとしての気持ちね)

あれだけ巨大な広い広い東京ドームであろうとも、国内最大級の日産スタジアムであろうとも

彼らを近くに感じることができたし、どの場所でも楽しめるように配慮もされていたけれど

それは彼ら自身も遠い場所(上空)すら埋め尽くしてその場所にいるであろうファンの一人一人に

対しての気持ちがちゃんと伝わってですね会場がその想いで満たされるから幸福感に包たまま

帰路につけるのかな~とか考えたりしました。いや、いまさらなんですけどね。

 

遠くて近い。なんて難しい距離感、関係。

でもそれをファンと確率?しているのが彼らなのかなとも思ったりしました。

どんな場所にいても愛を伝えることができる。

 

二人の涙を見て、あのときライブビューイング会場含めほぼ全国の皆様も

二人と共に涙を流し…この部分は嗚咽ですけど。

その気持ちのまま、彼らを待ち続けることはできると、改めて思ったDVDでございました。

 

【ここから追記】

 

withloveでね、もうあれは歌の途中で泣いている二人が映し出されているのですが。

最後の方でね、ユノが泣いていて。

チャンミンが肩を抱くじゃないですか、抱くというかギュっとする場面というか。

youtubeで流れていた部分では、ユノの肩をギュっとするチャンミンの手が映って

そこから二人の表情が映るんですけどね。

 

 

 

DVDではですね、泣いてるユノが映って、

それを横で見ているチャンミンの表情が映ってですね。

 

いや、もう、なんていう表情なんでしょうな。

泣いているユノ、そのユノを見つめ、少し困ったような?あーユノは話せないな、といったような?ううーん。

いや、もうあれですよあれ、慈愛に満ちた表情っていうんですかね。

泣いているユノをみて、その姿も愛おしい?というか。

ああユノそうですよね、泣きますよね、今はもう話せないですよね…って、

ああ、涙止まりませんね、こんなにユノが泣いているなんて…

でもこんなに皆さんに愛されてうれしいですよねユノ(すいません勝手に妄想でございます)

みたいな???感情というかなんというか、

 

ユノを見つめるチャンミンの表情が

今までステージ上では見たこと、見せたこと?ないように思いました。

いやーもうあの時チャンミンはこんな表情でユノを見て、ユノの肩をギュっとしたんだなと。

そして歌声が震えながら、鼻声?泣き声?で必死に歌っていたんだなってことが

DVDでわかりました。会場ではそこまで聞き取れませんでしたしね。

 

あいさつでもチャンミンめっちゃ鼻声…彼の鼻声なんて聞いたことないから。

こんな声を震わせながら気持ちを伝えてくれていたんだな…と

同じように泣いてしまう、というか、涙なしには見れませんね。

 

 

ざっくりの感想なので。多分じっくり見ればまた書くこともあるかもしれないですし。

気持ちが溢れるまま書いておりますので文体がちぐはぐな部分もありますので

その点ご了承くださいませ。

 

 

オフショットDVDは見ていないので、それもまた改めて書ければと思います。

これも泣いちゃうんだろうな~ 

 

 

 

 

更新ない日々も、いや逆に更新ない方がアクセスめっちゃ多いんですけども

お越しいただきましてありがとうございます~

本日更新しましたので(汗)クリックをよろしくお願いします~

 


にほんブログ村






Last updated  2015.08.18 16:58:44
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.24
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

 

注文が始まってました。(遅)

 

今回初回はBlu-rayがあるので嬉しいかも。










 

 

セブンネット 

Blu-ray 初回

http://www.7netshopping.jp/dvd/detail/-/accd/1400637489/subno/1/pg_from/rcmd_top

 

7,380円 (税込7970円)              

Blu-ray 通常

http://www.7netshopping.jp/dvd/detail/-/accd/1400637492/subno/1/pg_from/rcmd_top

5,330円 (税込5,756円)

 

DVD初回

http://www.7netshopping.jp/dvd/detail/-/accd/1400637491/subno/1/pg_from/rcmd_detail

6,560円 (税込7,085円)    

                                                         

DVD通常

http://www.7netshopping.jp/dvd/detail/-/accd/1400637490/subno/1/pg_from/rcmd_top

4,756円 (税込5,136円)


 

Amazonではまだ価格改定していないので定価のままの表示でした。

DVDBlu-ray一覧

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_ime_c_0_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddvd&field-keywords=%E6%9D%B1%E6%96%B9%E7%A5%9E%E8%B5%B7&sprefix=%E6%9D%B1%E6%96%B9%E7%A5%9E%E8%B5%B7%2Caps%2C285

 

 

本日もクリックよろしくお願いします~

 


にほんブログ村







Last updated  2015.06.24 09:49:02
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.23
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

 

2015/8/19(水) LIVE DVD & Blu-ray「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」リリース決定!!

 

2015年、日本デビュー10周年を迎えて臨んだLIVE TOUR WITHが待望の映像化!
本作は、ツアーファイナルとなった東京ドーム公演最終日(2015.04.02)の模様を気迫溢れる圧巻のパフォーマンスから感動のMC、そしてトリプルアンコールまでの全てを網羅し収録した3時間半にも及ぶ作品。
今回、豪華初回限定盤には、ボーナス映像としてバックステージドキュメンタリー他、
各公演のMCダイジェストを収録!また東方神起初のDVD、Blu-rayともに初回限定盤をリリース!
------------
<商品概要>
2015.8.19 Release
LIVE DVD & Blu-ray「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」
-----
■DVD3枚組【初回生産限定盤/BOX仕様】
品番:AVBK-79273~5 価格:¥8,000(本体価格)+税

[Disc-1]
LIVE本編(東京ドーム/2015.04.02公演)
●Refuse to lose
●Spinning
●Why? [Keep Your Head Down]
●Choosey Lover
●Baby, don’t cry
●Believe In U
●NO?
●Answer
●DIRT
●Survivor
●Time Works Wonders
●Special One
●Before U Go
●Calling
●Duet ~ どうして君を好きになってしまったんだろう?
●Chandelier

[Disc-2]
LIVE本編(東京ドーム/2015.04.02公演)
●Humanoids
●Break up the shell ~ High time
●I just can’t quit myself
●Love in the Ice
●MAXIMUM
●Rising Sun
~ENCORE~
●B.U.T (BE-AU-TY)
●サクラミチ
●With Love
~W ENCORE~
●ウィーアー! ~ Somebody To Love
~TRIPPLE ENCORE~
●時ヲ止メテ

[Disc-3]
LIVE TOUR 2015 ~WITH~
●BACKSTAGE DOCUMENTARY
●MC DIGEST
●END ROLL MOVIE

■Blu-ray2枚組【初回生産限定盤/BOX仕様】
品番:AVXK-79276~7 価格:¥9,000(本体価格)+税

[Disc-1]
LIVE本編(東京ドーム/2015.04.02公演)
●Refuse to lose
●Spinning
●Why? [Keep Your Head Down]
●Choosey Lover
●Baby, don’t cry
●Believe In U
●NO?
●Answer
●DIRT
●Survivor
●Time Works Wonders
●Special One
●Before U Go
●Calling
●Duet ~ どうして君を好きになってしまったんだろう?
●Chandelier
●Humanoids
●Break up the shell ~ High time
●I just can’t quit myself
●Love in the Ice
●MAXIMUM
●Rising Sun
~ENCORE~
●B.U.T (BE-AU-TY)
●サクラミチ
●With Love
~W ENCORE~
●ウィーアー! ~ Somebody To Love
~TRIPPLE ENCORE~
●時ヲ止メテ

[Disc-2]
LIVE TOUR 2015 ~WITH~
●BACKSTAGE DOCUMENTARY
●MC DIGEST
●END ROLL MOVIE

■DVD2枚組【通常盤】
品番:AVBK-79278~9 価格:¥5,800(本体価格)+税

[Disc-1]
AVBK-79273~5のDisc-1と共通
[Disc-2]
AVBK-79273~5のDisc-2と共通

■Blu-ray【通常盤】
品番:AVXK-79280 価格:¥6,500(本体価格)+税

[Disc-1]
AVXK-79276~7のDisc-1と共通
------------

※その他、商品詳細/特典情報等は決定次第、当HPにてご案内いたします。

------------

☆Bigeast Official Shop
[PC] http://shop.mu-mo.net/st/fc/BGFC.html
[MB] http://m-shop.mu-mo.net/st/fc/BGFC.html
※Bigeast Official Shopでのご予約は6月23日(火)16:00を予定しております。

 

 




Blu-rayの初回盤、今回初ですよね~うれしい。

本日もクリックよろしくお願いします~

にほんブログ村







Last updated  2015.06.23 10:42:49
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.13
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

 

 

あれから2か月を過ぎて。

それでも

こんなにもあの時の光景は、

 

2人のステージでの姿は焼き付いている。

 

そう思っていました。

 

でも

 

全然違いました。

 

舞台裏から見える風景

 

ユノとチャンミンが見ていたファン、一人一人の姿が

 

画面を通して、別のアングルの視点で

 

あの時、あの瞬間が

まったく違う世界へと映し出されていました。

 

NEXTのスタッフさん、DVD発売前に、一足先に

放送、ほんとうにありがとうございました。

 

 

ライブは生き物とよく言われますが

 

本当に、どんなにステージ進行通りに行っていても

その時の観客の反応で

雰囲気とか、つかみどころとか違うようですが。

 

まさにこんな生きたステージを

特に東京ドームという巨大な空間を

 

自分たちのステージとして

自分のものへとして。

 

観客の心をつかみ、ぐぐっ~~~~と引き寄せながら

そのまま集中力が途切れることなく

観客を飽きさせることなく

 

途中VCRを挟みながら、最後まで持っていく演出も見事なのでしょうが(あくまで素人の感想ですので)

なにより二人の集中力が途切れないから 

 

バ―――ン!!!!!!とライアンで弾けるまで

 

もうその一瞬一瞬、目が離せませんでした。幸運にも何度かライブに足を運ぶことが出来

このオーラスにも大切な友達とのご縁で参加することが出来て。

あの場所にいたのですが。

 

今日の放送を見て

映像に映る二人を見て。

 

 

何を観てきたのだろうと。

2人の何を感じたのだろうと。 

 

 

まだまだ未知数、まだまだまだ感じることがたくさんある。

2人は止まっていない。

 

2人はずっと進んでいる。

 

ひとつひとつの表情が鮮明に映し出され

 

ライブ開始時の二人の気合い、気迫に圧倒されて。

 

その次の曲ではしっとりと、丁寧に歌う姿に、言葉を噛み締めて

大切に歌う二人に

 

ここ数日ね。

 

ユンホの入隊が決まったこの数日。

 

なぜか私の頭ではずっと、「Calling」が流れていたんですよ。

 

けっこうこれって彼らの決意の曲というか、はっきりとした意志を感じる曲だとは

思っていたのですが。

ユノが入隊し、東方神起としての活動ができなくなると、はっきりわかった日から。

 

守るべきものを知った

つないだ手はいつまでも離さない

愛し愛されるため

僕らはめぐり合った

 

明日が続く限り、永久に君を守ろう

 

 

 

 

ファンが彼らを愛しするように、彼らもまたファンを愛してくれる。

本当に守るもの、守るべきものを知った時、人は強くなれる。

繋いだ手は、離さない。永遠につながっていく。

 

 

これもまた彼らからの愛の歌であり、ファンへの歌としても捉えることができるんじゃないかなと。

 

シャンデリアのように明確に、待っていてほしい。

そうしたはっきりとした曲もありますが

 

なぜだかこのCallingもまたもう一つの、いや、Withの楽曲の中には

無数のメッセが込められていると思っていますが。

それをどう感じるか

 

どういったときに、そのメッセを受け止め、解釈し、自分の中で理解するのかは

人それぞれですので。

 

今回そういった強い意志、2人の決意を、Callingで私は感じ

今日の放送で、この曲が選ばれ、2人が歌う映像としてまた感じることが出来て

嬉しかったです、これでなんだかもうね…泣きました。

 

 

90分という制限された枠の中で

最後の最後まで目が離せずに

 

2人の一瞬の表情、わずかな視線の動き、細部の指の動きまで

(ユノがすっと、ボタンを外すところとか・・・)

鮮明に捉え、映し出して下さったNEXTのスタッフの皆様、本当に本当にありがとうございました。

 

たっぷりとライブに浸ることが出来、久しぶりに二人の姿が見れて

幸せでした。

 

 







 

 

 

 

 

クリックよろしくお願いします~


にほんブログ村






Last updated  2015.06.14 08:49:01
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」

 

気持ちだけがソウルの会場へと向かっておりますが。

どうかすべての皆様、ご無事に…

 

 

 

 

そんなライブ初日のこの日、日本では

WITHライブの放送日ですね。

 

 

 

フジテレビNEXTのツイ。

6/13に東方神起 LIVE TOUR 2015 ~WITH~をフジテレビNEXT/NEXTsmartでご覧の皆様で放送中にツイートした方に直筆サイン入りポスターを20名様にプレゼント!ポスターはフジテレビNEXTオリジナル。

CGvTicWU8AENkzy.jpg


6/13 21:00~の東方神起LIVE TOUR 2015 WITH放送中に番組を見ながら#fujinextTVXQを付けて感想などをツイート頂いた方に東方神起直筆サイン入りポスターを20名様にプレゼント!参加期間は6/13 21:00~22:00!


    
公式アカウント@fujinextKPOPを必ずフォローしてください。プレゼントキャンペーン終了後当選者へTwitterのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。東方神起WITHツイッターキャンペーンにふるってご参加ください!#fujinextTVXQ



ただいま東方神起WITHの放送の方は絶賛編集中です。放送を首を長くして待っていただいている皆様のために限られた90分の枠の中で最大限満足いただけるよう構成などavexチームと綿密に打ち合わせております。2人のためにも本気で少しでもいい作品にしたいと思っています。グッとくる映像に!





 

歴代のTONEの時からずっと放送してくださり

DVDとは違うNEXTバージョンのアングルも貴重ですし。(違う表情が見えたりね)

 

DVD収録以外の、ぎりぎり放送できる範囲で調整し、いかに視聴者側が納得する映像に

するのか。今までよく他のアーティストの放送とかもね、なんの気なしに見てましたけど。

 

こうして編集、放送までのNEXTさんのツイを読むと、この放送に至るまでの想いが伝わってくるので。

これも彼らを知ることで、彼らを好きになることでわかったことの一つだな~とか。

 

どの曲がどこまで許される範囲でNEXTさんで放送してくれるのか。

 

これ、一度放送されるとその後BSフジとか、フジテレビでの放送も多分あると思うので。

一般のファンでない方が見る機会の多い民放で、東方神起の魅力を

全力で1回1回のライブに掛ける二人の姿を知ってもらいたいな~

 

特に今回はユノのチャンミンの最後であることへのあいさつとか・・

 

ちょっとでもいいので入れてくれないかな~割とMCはぶった切るので(汗)

 

追加

 

本日21:00~東方神起 LIVE TOUR 2015 WITHフジテレビNEXT/NEXTsmartでOA!放送中ハッシュタグは#fujinextTVXQです。 参加いただき東京ドームを再体験するように皆さんで鑑賞できたらと思います。http://otn.fujitv.co.jp/tvxqwith

 

東方神起 LIVE TOUR 2015 WITHフジテレビNEXT/NEXTsmartは21:00~なので、契約をお忘れの方もまだ間に合います!少しだけネタバレですが今回ライブの映像ももちろん素晴らしいですが、ライブ以外の映像もとにかくグッと来ると思います。録画の方もお忘れなく!

 

 

おおおおうーこれ入れてくれます?流してくれます??

 

期待して待っていまーす!!

 

 

ともかく。

 

 

本日は彼らの母国ではライブ開催。

 

日本ではWIThオーラスが放送。

 

明日はライブビューイングで二人に会えます。

 

皆さん準備はOk~~???

今日はどちらにいられる方も

トンバンシンキ、東方神起へと

 

めいいっぱい


愛を叫びましょうね~~~~~ピンクハート

 

 

 

 

WE  ARE T 




東方神起 LIVE TOUR 2015 ~WITH~

福岡ヤフオク!ドームを皮切りにスタートした今年10周年を迎えた東方神起の全国ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2015 ~WITH~」
そのファイナルとなる東京ドームでの追加公演をフジテレビNEXT/フジテレビNEXTsmartで独占放送する。
彼らの最新アルバム「WITH」の楽曲はもちろん、10周年のキャリアを振り返る懐かしい楽曲も披露されたこのツアーはまさに東方神起の集大成とも言える内容となっている。
番組ではふたりの10周年の心境を語った貴重なインタビューも収録。
卓越したふたりのパフォーマンスと豪華な演出で彩られた最高のエンターテインメントと言えるライブと素顔が垣間見えるインタビューで構成されたこの番組は東方神起の10周年を記念するにふさわしい内容となっている。

 

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます

06/13() 21:00~22:30

 

 

 

本日もクリックよろしくお願いします~


にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村







Last updated  2015.06.13 17:10:52
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.02
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」


ライブ終わりました。


二人が、こんなにも愛される理由

二人がこの国でも

たくさん愛され、たくさん愛をくれてきた、この10年間


支え続けていたスタッフ


お互いが共に

歩んできた歴史が

こんなにも愛され、惜しまれ、そしてたくさんの人たちが

まっているからと

二人に聞こえるように叫んでいました。


大丈夫、大丈夫だから。

二人は愛されているから。

大丈夫だよ

ずっと


まっているから

たいせつに

二人が守り続けてきた

東方神起は

永遠に残るから

永遠に

守るから。


だから

ほんのしばらくだけ


お別れ。


出会いがあって

別れがあるけどね。


大丈夫


二人はまた

帰ってきてくれるから


だからそれまで。


元気で。



また二人の

とびきりな、笑顔を



待っています。









ありがとう、二人のことを好きになって


本当に



幸せでした。










クリックよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村







Last updated  2015.04.02 22:00:31
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」


中でもらいました。


rblog-20150402164454-00.jpg





はぁぁ、どきどきします。





二人に早く会いたいです。







クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2015.04.02 16:44:57
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2015 LIVETOUR「With」




rblog-20150402153646-00.jpg



レシートはチャンミン。


rblog-20150402153646-01.jpg



メッセ。


rblog-20150402154931-01.jpg


ボールペン


rblog-20150402155057-00.jpg





にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2015.04.02 16:45:49
コメント(0) | コメントを書く

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.