4278791 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東方神起へ想いを(日々思うこと)

PR

Profile


min.min26218

Free Space

ランキング参加しています。こちらからもクリック頂けると反映いたします♪
よろしければポチっとお願い致します。


にほんブログ村


にほんブログ村



ブログランキング にほんブログ村
>














 



 

 

 

 

 

 

 

















Category

黄金を抱いて翔べ・ツイ・雑誌情報等

(685)

ブログについて

(5)

TV2XQ関連

(267)

個人的な萌え

(76)

思うこと

(2)

空港ホミン

(6)

ハイタッチ会

(1)

2012 LIVETOUR「TONE」

(53)

2013 LIVETOUR「TIME」

(396)

2014 LIVETOUR「TREE」

(236)

2015 LIVETOUR「With」

(34)

2017 LIVETOUR「Begin~again」

(24)

2018 LIVE TOUR「TOMORROW」

(38)

日産スタジアム・ライブ(TIME・Begin~again)

(26)

a-nation(2012~)

(114)

SMTOWN(ライブ)

(239)

ファンミーティング

(95)

リリースイベント

(11)

歌番組(国内)

(76)

CD・DVDなど(国内)

(227)

イベント等(国内)

(114)

トーク・バラエティ等(国内)

(48)

海外活動・歌など

(446)

海外活動・イベント等

(190)

海外・番組等

(111)

アルバム等音源など(海外)

(52)

雑誌類(韓国・日本)

(124)

CM

(18)

東方神起の72時間

(12)

MISSHA関連

(23)

「野王」ユノ出演ドラマ

(52)

夜警日誌「ユノ出演ドラマ」

(18)

ミミ・Mのために(チャンミンドラマ)

(40)

夜を歩くゾンヒ(チャンミン出演ドラマ)

(34)

黄金を抱いて翔べ

(156)

【黄金を抱いて翔べ】考察

(134)

黄金を抱いて翔べ・ロケ地情報・巡り

(99)

「黄金を抱いて翔べ」出演者情報、その後情報など

(50)

日本アカデミー授賞式など授賞歴

(87)

黄金関連の動画・安室ちゃん関連

(48)

初日舞台挨拶、イベント等

(23)

コメントお返事

(27)

高村薫先生関連

(23)

映画・舞台鑑賞等(その他)

(48)

読書

(7)

出来事

(11)

熱帯魚

(102)

にゃんこ

(114)

ニシアフリカトカゲモドキ

(3)

ヒョウモントカゲモドキ

(17)

カメ君たち(旧・リクガメ・ミズガメ)

(58)

ミズガメ(新)

(55)

リクガメ(新)

(56)

トカゲ

(1)

妻夫木聡さん関連

(92)

2019 LIVETOUR

(6)

Calendar

全6件 (6件中 1-6件目)

1

2019 LIVETOUR

2019.11.17
XML
カテゴリ:2019 LIVETOUR
​​でもって、続きです。


今度はユノを見て感じたことを。



いやー


やああああああああ号泣号泣号泣



もうね。


彼は吹っ切れたのかなと思いました。






ようやくかもしれない。






んーーーー以下



注意というか・・・




あくまでも個人的に、今までの日記でも


ユノに対して感じたことを書いております。



ただほんとに、そうではないかなですので、そうした意見や見方もあるのだなと

お受け取りくださいませ。


そうではないといったご意見は

こちらの意見とは違うということですので。



その点よろしくお願いいたします。








大丈夫といった方のみ


お読みくださいませね。





ユノはステージの王で絶対的君主(そうなんですけどね)であるとか・・・

ユノは天使とか(いやそうだと思う時あるよ)


ユノを完全完璧であるといった、ユノへの思いが違う方もいらっしゃると思いますが





個人としては

ユノも人間であり(いや当たり前なんだけどね)

今までの活動、行動、ステージ、生き方、自分の評価に対しても

苦悩や、挫折感、いつまで人気が続くのかといった不安を抱えていることもあると

落ち込んだり、哀しいこともあるだろうと。

それを乗り越えてきて今のユノがある。


今の東方神起としてのユノ・ユンホを作り上げ、


輝き、存在しているのだろうと。





結構、チャンミンも落ち込んだり悩んだりしてると思うのですが

彼なりに、解決方法を見つけ静かに浮上するというか…


一方ユノは一気にガーーーっと落ち込んで、

しばらく低迷する時期が長い気がするんです。


なのでようやく…と感じたわけなのですが…






おそらく、ソロ活動での自信と

韓国での好感度、知名度、人気の高さが

今の彼を支えたというか、浮上させたというか…そんな風に思ったんです。


もちろん、一番は…日本でのライブで

実際にファンと触れ合って

ライブ会場でのファンの声援を聴いて

安心というか、支えになり、ファンに愛されているといったことを

感じて…が大きかったのではないかと思いますが。





精神的にも



人気も、この先の日活へのダメージで

一番追い込まれて不安だったのが彼ではないかと思っています。



あのMV騒動以来の後のライブで


ユノを見るたびに、私自身は


明らかに今までのユノと違う雰囲気を感じていたので


大丈夫だよって

ここに集まっている、いまあなたに会いに来ている人は


あなたを守る、あなたが大好きな人たちばかりよって


そう思ってしまい(あくまで個人的ですから)


まあこの気持ちは自分が勝手に

そう思って心配してしまったからこそ、なんですが。



そこまでではなくとも




そのくらい、今までとは違う

ユノの軸?がずれているというか、

ユノ本来のユノではないというか…



む、むずかしい。


そうした部分を感じたことがありました。

(私が参加したライブで感じたことですので)


一番感じたのはSMTOWN2018でしたけど…




それから

TOMORROWツアーが始まり


その時の初日の日記にも書いたと思うんですが




「みんなのユノです」を


言わなかった、言うことをためらった(ように見えた)

ユノに、


正直、ここまでダメージを受けていたのね・・・と

私自身もダメージを受けちゃった記憶があります。




その徐々に地方でのライブを重ね、みんなのユノといった発言が

彼自身から発するようになり…安心してたりもしました。






そして、これこの間のSMTOWNの感想として書いてる部分でもあったんですが

(現在下書き保存中です)




ユノのソロ、Follow のステージを


実際この目で見て。


去年のSMTOWNで感じたユノはどこにもいなくて。


韓国でのソロ活動が、彼の一つの起点となったのかと


デビュー16年での初のソロの評価が

ようやく、今までのユノに戻るきっかけとなったのかと

そう思ったんです。(あくまでそう思った、ですので)





ちょうど、いまWOWOWで録画してあったTREEのライブ映像を見ながら

書いているのですが

この頃はもう若さもあるけど、日産スタジアムを経ての地方アリーナを周り

ライブができること、今ほど国交間の問題も表面化されておらず


ユノが本当に自由奔放というか。


冒頭での


「みんなの!ユノです!」



その言葉を発することに


何のためらいもなくてね。


この先続くであろう(兵役を迎えたとしても)活動へ


自信あふれる、ファンへ向けて誇らしい姿でした。





個人的に、ライブへの思い入れが強いのは

このTREEなんですよね。

(思い入れです、今より過去のライブが良かった、ではないですよ)


OPの始まり方、Championの曲が最高にかっこよく演出されていました。


二人がスクリーンに黄金のマント着てぱっと映り、前奏が始まるあの瞬間は

すごく鳥肌が立つ、OPの演出だと思っています。


もしかしてこのライブで終わり、翌年は兵役では?といった不安の中の


ライブでもあったので。




ユノが最後のあいさつで


「またいつか…」とか言ってたしね。


またいつかって~~~兵役いっちゃうの?

もうこのライブで終わりなの~~って

そういった思いもあって、TREEはすごく胸が締め付けられる。



焦らされたともいう…


なぜか、本当のお別れのWITHライブよりも笑



でもって~~~


だから~~~(前置き長い)



の、今回のXVでのユノはですね。(ようやくかい)







はい!もう冒頭来ました。




​「みんなのユノです!!!」​




これ聞いて、泣けた…



なんかも私の基準これになってるんかって


これだけがユノじゃないけど


でもね、この言葉を言えるのがユノなんです。


チャンミンは言わないというより言えないと思う。


それは、TOMORROWで

「みんなのユノです」を

言わなかったことで気が付いたんですけど。



このセリフを言ってこそのユノなんだなって



この時のユノは

笑顔で

とても嬉しそうで


自信に溢れていて



ああ、ようやく戻ってきた…ようやく取り戻したのかな?って


思ったりもしたんです。


ヒデシさん(舞台監督の方)のインスタで

ライブ前に書かれていた内容の


「彼」が

「彼」であるならば



ステージで全部見せるから!


この言葉から


いかに現在の彼が

直接、この国のファンへ向けての発言が難しいのか


(というか、ちょい前に帽子騒動あったしね…あれの真意もブランドの意図が意図だけに…
これも彼が何を伝えたかったかは彼のみぞ「知る」ですが…)



見る側として、一方的に評価や批判、要求(こうしてほしいとか)することは簡単ですが


彼ら自身の、受け取る側としての立場も考えることも大切だよなって思っています。





自国での


現在の彼の好感度(CM、バラエティー番組出演等)

彼のソロ活動だとしても


その結果、評価の全ては

自国での活動に

TVXQとしての活動に対しても

より一層の知名度と認知度に(過去の人と思われないように)

繋がっていくことになる。




てことで、TVXQとしての活動も、活躍も大切なわけで…

ああ、もうね、どちらも存続していてこその

東方神起なわけで。(いやほんと大変なことだわ…)





彼がね、伝えられないのならば

一方の彼が伝えてくれるように。




日本語で

日本のファンへ向けて

「オリコン1位ありがとうございます」といった言葉を



感謝を伝えてくれる。





二人が


こうしてお互いを思いやって

そんな二人に対して

互いのファン同士もまた

 
争うよりも愛そうぜ〜なんだと。


この歌詞、すごいメッセージ性高いわ。


愛そうぜ〜







その

彼の言葉通り


ステージですべて見せてくれました。号泣










ユノとチャンミンは

互いの立場で、

できる範囲で





日本のファンへ、ビギへと

想いを発信してくれています。




一方だけをみて

批判とかするのではなく。






もうただただ

できる範囲で、精一杯伝えてくれる二人に



ありがとう、ちゃんと受け止めたよ、

二人からの想い、伝わってるよって



彼らにも伝えたいです。


そしてユノからもうひとつの言葉




「幸せでした…」


聞けました。



この言葉を言う時のユノの表情、この言葉を言おうと思った心境になった


ユノの表情が大好きです。




こちらこそ


幸せでした…



本当に幸せな時間を

ありがとう。



この気持ちをどう伝えればいいのだろうって


いつも思う。





だから私は彼らへの一番の評価につながる

CD、Blu-ray、DVDをできる範囲で買い続けてるのだと思う。




今回は、ハイタッチがありましたが

そうしたのが無くても、大体10枚前後は買ってました。


Blu-ray、DVDはさすがに、と思ったけど

保存用とかに2枚ずつ、とか同じライブが4枚あったりします💦

まあそれは自分のためでもあり特典欲しい〜って

買いますから笑



結果、彼らの活動、評価に繋がることにもなるなら

それが一番かなぁと。


これもいまはできるから、ですし。

無理はしないように、もちろん考え方は人それぞれで

強要してるわけではありませんので

そこのところ、宜しくお願いします。











ライブの演出とか、構成とかで印象に残っていることは

①と②で書いたかな~


詳細はもう覚えていないし


次回の参戦の時のお楽しみにしたいなって思っています。




何回でも見て


記憶として残っていない部分はあるので


わーそうだっけ!

わーすごい!って感動できる笑


ただ、今回のP席はほんとに万遍なく


ユノも来てくれたし、いつもならユノ寄り、チャンミン寄りがあったけど

そうでもなかった。


どちら側でも二人のファンが楽しめるように配慮されていたと感じました。


あとね

ユノはやせたけど、ほんとにやせたよね。(同じや)


ほんと、その原動力

チャンミンなんかなぁ?


チャンミンが、ユノは痩せたらもっとかっこよくなるのに


みたいなこと言ったんだよねぇ。



大好きなヒョンを


もっと今もかっこいいけど

もっとかっこよくなるのにってさぁぁー


チャンミン、可愛いよぅ。


わかるーわかるよ!



いまのユノかっこよいよ!

痩せたの維持してるし、

足の細さに驚愕する。

そしてより一層スタイルの良さとバランスが際立つ。



真下から、二人を何度も拝見させていただきましたが(ひゃー)

ズボンの余裕さよね…(どこみてるん)


Withでも真下から見る機会があったような、あれビギアゲでもあったかな。

Withでは、大腿部のズボンがむきっともちっとしていた。


もうリアルに太ももがわかるズボンのラインというか・・・

しかし

今回は、ズボン?からの大腿部のラインがすーーーーーっとまっすぐでありました。



ひいいいいいいいいってなりました。


チャンミンはまあ、大体そうなんだけど。


ユノがそうなっていて。


あああああなんて美しい足のラインとスタイルうううううううと


とにかくユノが来れば、ユノ!!!!!

チャンミンが来ればちゃんみーーーーーーーん!!!な

絶叫でめっちゃアドレナリンでて楽しかった!!!



初日でP席を堪能したので以後はどうなるのか笑



そのくらい自身、最高の初日でした。




あとビギさんて~


バラードの時は静かにするのはもちろんだけど


2番への間奏に入っただけで拍手だし

その曲が終わった時もね


拍手することが素晴らしいというか…


ライブの曲の途中で拍手するのって、これ


彼らのライブではTREEで初めて体験したんですよ。



ILOVEYOUの曲の時でした。


TONE、TIMEではなかったと記憶してます…よね?(汗)



あまりにも二人の歌声に感動しての会場からの


自然な拍手が起こったのはTREEから…


そこからはずっと、バラードでこうした拍手が続いている。



それだけ二人の歌声が胸を打つのだと…


今回もそうでした。


ストリングスの演奏がより一層その曲に広がりと、深みと持たせてくれていました。


その曲も本当に世界に浸れます。


いやもう二人の表現力、ライブへ引き込む魅力に


何度でも見に行きたい、

何度でも感動をもらいたいって



ここが変わらずにあること。

この気持ちにさせてくれるライブパフォーマンスを保っていることが


最高のアーティストであると思っています。







てことで


ううっ




終盤書き直しましたが

UPしたあともちょこちょこ、文章追加したり


修正しております。


あと変換による誤字も見つけ次第修正しております、すみません。








また思い出したら、ぼちぼち書くかもです。



けど


ほんと今回のライブ


期待してください!!


というか


いつも最高なライブを


ファンのために



ありがとう!!!!!




東方神起が



大好きです!


























ぽちっと宜しくお願いします~

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2019.11.17 18:37:36
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.16
カテゴリ:2019 LIVETOUR
昨日なんとか書き上げた初日の感想

の続きです。



初日の感想の前に


毎回、前置きがなくてすみません。



でも言いたいことを書いてしまわないと~って


書いてるとああした前置きの長さとなります。

最後まで長文お読みいただき、

ポチくださいました方、ありがとうございます。




てことで、続きです。


チャンミンのことがもう少し続きます。

ライブ全体も含めて。



チャンミンの圧が強いと、昨日の日記には書きました。

そのまま、最後まで気迫と気合が強く持続していたと思うのですが


途中のMCではいつもの毒説炸裂してましたけどね。




今回4名のバンドメンバーが追加になっていました。

その方々のことも気になっていたのですが、

それをチャンミンが紹介をしてくれました。


「もう少し東方神起の音楽が鮮やかになるように、とお願いをして。
バンドのメンバーに、ストリングスの方々も入ってもらいました」

みたいなことを言われていまして。

(私の記憶のセリフなのでこんな風に言ってましたよと思ってくださいね)



音楽の広がりを、チャンミンは


鮮やかって言葉を使うんだ…って。

聴いた瞬間、音に色がついたようなイメージ。


日本人より言葉の引用がとても素敵。



こうしたチャンミンの感性がとても好きです。




ストリングスって弦楽器の方々のことなんですね。



初参加の方が4名もいらっしゃるんだ…

会場のredoceanみてどう思ったかな~

って。

すごく彼女たちのことが気になりましてね。



彼女たちに向かって


ユンホとチャンミンは素敵な人たちなんです。

どうぞライブでも彼らを支えてください。

新しい方々、よろしくお願いしますって、

二人のこと、東方神起のこと、

このツアーのことをお願いしますって


ライブ中、

ついつい、彼女たちを見てしまっていました。



そのメンバーのおひとりがツイとインスタをされていて。

以下こちら




阿部美緒さんインスタより


東方神起のライブにSoftsoulストリングスでツアー参加させていただいてます。
そして東方神起のお二人もメンバーの皆さんもスタッフもほんと素晴らしい✨
昨日、一昨日と福岡での初日からの2デイズコンサートは感動的でした。
愛のある素敵なコンサートツアーに参加させていただきとても嬉しい限りです。
頑張ります。
福岡でのケイタリングにはスペシャルなとんこつラーメン。
美味しすぎてラーメンは3デイズでした。
太らないようにも頑張らなきゃ笑
Softsoulのアルバムも各会場で販売させていただけるそうですのでそちらもよろしくお願いします。




よ、よかった~~とか思ってしまった。

2人もライブ中ね、彼女たちを紹介しつつね、


その彼女たちに向かって、宜しくお願いしますって

頭下げたりしてたのね。



それみて。

いや…これ異例よね?

トンでは結構見慣れた光景かもだけど。



ライブ中のバンドメンバー紹介はあるけど

よろしくお願いしますって

アーティスト自身が頭を下げるなんて…


まあ言い方あれだけど


彼女たちを起用した側からね、

起用された方に、よろしくお願いしますとかって、

ライブ中にアーティストが

ファンの前で彼女たちに頭下げるのって…無いよね。普通。


彼女たちも、慌ててお礼してたけど・・・びっくりされたのではないかな~



あーだからこんなトンが大好き。

いつもいつも最後の最後までファンには上手、下手、アリーナ、スタンドと

最後につかれてるだろうに

端から端まで移動して、お辞儀をする…私も最初参加したTONEで、びっくりしましたから。

私たちの「ありがとう」だけではなく、東方神起のユノとチャンミンからの「ありがとう」

互いを思いやるこうした気持ちがこうした、会場全体を包み込むから

ストリングスの方のインスタにあったように

愛のある素敵なコンサートって

表現して頂けたのかなぁって嬉しかったんです。


ビギ、ファンの皆の気持ちが二人に伝わり

二人からファンへの気持ちが伝わるから

東方神起への信頼や、大好きな気持ちが、
 

ずっと続いてきた、この15年なんだなって思いました…

うう…




でね。

そのストリングスの方を見てたんですが


多分、登場時とか、脚光を浴びているときはね、東方神起のライブ初参加だし

初日だしね、結構緊張されてた感じがしたのですが。

最後の方になってくるとね、自分たちのパートでないときは

曲に合わせてリズムをとっていたり、二人の方角をニコニコ

笑って眺めていたりした様子がちらちらと伺えたんですよ。

(ライトが当たっているわけではないのですがほのかな明かりで見えるといった感じです)

それをみて、彼女たちも、東方神起の二人を好きになってほしいな。
(それは大丈夫でしょうけど)

ビギストや会場の二人への思い、二人がファンたちをどれだけ好きでいてくれるか

伝わったかな?とか

なんだか、そっちの方が心配してしまって


余計なお世話なんだけどね。


彼らを観つつも彼女たちのことも見てしまった次第なのでした…


でもって。

MCとか、何を話したかよりも


記憶にはやはりライブの演出の凄さが残っているのでそちらも補足して書いていこうかと。



ステージ全体がXVを意識していたので、中央スクリーンはVの形になっていました。

正面よりであった私はかろうじて見えましたが二人の顔が中央に来るとVになっているので

折れ曲がるな~ゆがむな~って見てましたが。

どうやら完全サイド側のお席になると、まったく折れ曲がっている反対側は見れないそうです。


ま た か 

と思いましたけどね…ええ、ほんとここだけは


スタッフさん各自で実際客席座ってみてるのかな…見えにくいお席じゃなくて


完全に半分見えない、しかも



ここ完全ネタバレですからね。



VCRのセリフは、全編英語なんです。

2人も出演者も、ず~~~~っと英語で話してるので

字 幕


字幕がないと厳しい…

その字幕が

半分折れた画面の部分が見えないので


VCRの意味が半分わからないという…


おいいいいいいいいいい


しかもこのVCRは、15周年を歩んできた二人の原点のような

メッセージ性の高い物語になっておるわけで…

それがわからんままになるって



おいいいいいいいいいいいい


中央よりの席でぎりぎりわかりましたが

サイドの席の方はわからなかったとか。。





ここ、このままなんだろうかと思うと…

どーして詰めが甘いんだろう

自分たちが中央でしか見てチェックしてないから?って思ってしまいました
(知らんけどね)






でもって~~~~



途中から、センターステージが動くのですが


それはあります、今までもありましたが。


センターステージが

急激に


斜めになります。

上に、下にと


そこを彼らは平然と(ではないでしょうが)歌い、踊りながら移動するんです。


もうこれほぼ目の前だったので、

みなさん

「きゃーーーーーー、いやーーーーーあぶなーーーいーこわーーーーい!」的な


悲鳴に近い絶叫がすごかった。


もう角度が急なんです。


記憶の限りでは、その斜めになるステージの上には


女性ダンサーはいなかったかと。


いやほんとね、彼らもダンサーもほんと平然と踊ってるし

特に二人は歌ってたけど

実際かなりきついと思う。

なので女性ダンサーはいないんだろうな~~~って

思いました。

迫力ありますし、すごいのです。



でね

そのステージが斜めになるところで


下に下がる方が危険なんだと思うんですよね、

上に上る方がまだ体制維持しやすい。

その下になるときに、振り付けも前方に屈む?振り付けだからか

チャンミンが一瞬、ふわりと前に手を一瞬着いたんです。


ああああああ!って思ったけど、すぐに戻したのと特にどこかを痛めた風でも

なかったんですが。


多分、それがチャンミン悔しかったんだろうなって思ったんです。




所詮、ファンの想像ですけどね。

初日で、何度もリハを重ねた部分でもあると思うんです。




そうならないように

そうしたことが起きないようにと。





そのあと、うがーーーーーーーーーーー!


うおーーーーーーーーーー!みたいな。

あーーーー!!って、振り絞るような



なんていえばいいのだ^^;

チャンミン

気合がすごかった。


自分だけがそうなったことが


ほんと悔しかったのかなって。





他のダンサー、ユノは手をつかなかったから。





もうそれがすごく悔しかったんだろうなって…そう見えたんです。

なんせほぼ目の前での出来事でしたので…

くわっ!!!

って目が違う。


もう、ああ、男だなって…

男としてのプライドだよなって(所詮想像ですので)

思ったんです。


そこから続く、次の曲も、ものすごい怖いくらいの気迫でありました。


眼力つえーーーーーよ!!!

こえーーーーよ!って印象です。



チャンミンの眼で堕とされる日がこようとは…




彼ももう30代…


いつまでも可愛いカワ(・∀・)イイ!!だけではないよね…

って、彼自身は意識してないでしょうから

ファンとしてはカワ(・∀・)イイ!!として見てしまいがちでしたが


いつまでもマンネではないよね~でもいつもユノの隣にいる

チャンミンはやっぱりマンネ感強くて、可愛いになるんですが。


今回のライブはそうした部分よりは


全体的に、男性としての力強さ、頼もしさ、逞しさをチャンミンから

強く感じたように思います。

ユノも嬉しいだろうな~チャンミンの変化というか、成長というか

なんて…それは毎回思うのでしょうが、


今回は特に新たなチャンミンがみれたな~って感想でした。





2017年の復帰後のチャンミンはね、ものすごく幼いんだけど…






こんな風にヒョンを撮影して、でゅふでゅふしてた子がね






わずが2年でこれとか…






ますますいい男っぷりで


ほんと素敵に年を重ねているな~って思いました。

やーユノ赤ハートも素敵




あとは、なんかMCでも毒説炸裂してたけど、それは参加してのお楽しみということで。




とりあえず、チャンミン続きは終わります。





さてあとはユノさんへの感想…


書けるかな~

がんばろ~~忘れないうちに。




















ポチよろしくお願いします~

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2019.11.16 22:47:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.15
カテゴリ:2019 LIVETOUR

​​​​​​​​​​​​

へ~~い!!


へ~~~い!!

来ましたよ~初日。




といいつつ、9日の土曜日から、もう翌週の金曜日になりましたけどね~


すみません…ハイタッチの当落がないと落ち着かなくて


それが1次発表は終わりましたので、


ようやく落ち着いてライブの感想も書けるかな~って思いました。




しかし





以下、そこそこネタバレあります。


座席表もお借りしてます。


楽しみにしている人はご注意ください。





そしてあくまでも


私はそう感じたので、って感想ですので


それがすべてではありません。

このことを強制しているのではありません。



私が毎回初日に参戦するのは…自分のこだわりしかないのですが

Twitterでながれてくる感想、意見、二人の言葉のとらえ方も

人それぞれ違うからです。


同じライブに参加していても、あれ?そんな風にいっていないよね?とか


受け取り方の違い、ニュアンスの違いですべて変わってくるので



自分自身が参加して

自分の目で、耳で、感覚でとらえた自分だけの感じたままを


まっすぐに受けとめたいと思っているからなのです。

なので、このブログを読むことで先入観が入ってしまうことが嫌な方は

読むことはご遠慮ください。


そして、そうではない、私はこう思うといったこともあるかと思いますが


あくまでと「私はこう感じたんです」って感想なので


その点をご理解の上、この先お進みくださいね。

















さてまずチケットのネタバレから・・・ 




P席のチケットがあまりにもかっこよくてちんだ。









今回ほんと攻めてます。

販売戦略も、企画も、イベントも、前作のTOMORROWも最高だと思ってたけど


(※ドームの配置について書きましたが、彼らのライブそのものは最高でしたからね)

今回はさすが15周年、気合も桁も違います。



ハイタッチですもの…(むせび泣き)


で、まあ届いたP席の二人があまりにもかっこよくて

TOMORROWのパスケースに入れて持ち歩いてました。(危険行為)


で、そのチケットを握りしめ、いざ博多駅へと。



 









へええええいー

着きました~~~

着きましたよ~~~


東方神起先輩のためなら


博多駅までの道のりなんて、すこしも辛くないわ~~~~








はいもうね、


チャンミン短髪だけど、


鈴カステラ時よりも全然良いよ。

なんでかね~


とてつもなく色気が…いや、ユノさんはもう別次元の色気ですが‥・


なんでこんなにかっこいいのでしょうか。


と、道中、ご一緒させていただいた同じブロガーのNonsukeさんに


多分ずっと言ってました雫雫



そんな言われてもねぇ‥て思いますけど


そんなことを延々と言ってましたわ。





こんなかっこいい人がこの世に存在していいのでしょうか。


こんなかっこいい人を今から見れるんですよね。

こんなかっこよくて、どうすればいいですか。





いや、もうすみませ・・・何言ってるんでしょうねってくらい


大興奮してました(多分)





だってこれですよ、このビジュアルの看板?が


どーーーーんとあるだけでもテンションあがりまくりまして


もう泣きそうでした。








はあああどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート


かっこいい、かっこいいかっこいい号泣号泣号泣号泣!!!!




ああ、もうね、行こうと思えば行けるじゃん博多(いや、それはそうだけども)





前回はWithコンの初日、ユノの誕生日が急遽追加されての参加でしたので

2日参戦しましたが。

当時の参戦日記。よろしければ ​こちら​から



今回は1日のみです。


いやー見返したけど、WIthコン初日はセンターステージの正面3列目だったのか…


‥‥

‥‥


て!!!

ええ!!!!そうだったんか!!(もう記憶なし)


いやー福岡は良席だったんだ~~いや、神席か。







そして、今回のP席ですが…


その前に前回、TOMORROWのドーム公演のことを。







全国のアリーナを回ったツアーの後に、ドーム公演があり。


そのドーム公演の座席配分をね。


アリーナ会場でのP席の配置をね、まったくもってなにも変えず


そのまんまドームに持ってきたことで、大苦情続出しましたからね。


端っこのP席がP席ではない…




自分の席は、TOMORROWのドーム時のPは丸の場所あたりでした。

(画像お借りしました)



その端遠くまでがP席でした。

えええっ!となりましたが。


当然トロッコ通る場所もないので、トロッコも通らず。

一番端の一般席の方が彼らを近くで観れる席であったんです。


他のドームで参加した時、私はこの〇しているあたりのアリーナ席でしたが。

(なんかTOMORROWはアリーナ席が続きました)





このE14の方が端なのでトロッコが来るんです。アリーナではこの外周しかトロッコが回らずで。

Pの端っこの方は本当になにも見えない埋もれ席になっていた…



それとF8、9が一般指定席なのに、移動したステージが目の前に来るという神席で

P席の端っこよりもよい待遇で…それはもうほんとスタッフこれでよいのかと思いましたよ…


しかも、ドームの後方を意識するあまりバクステでの演出が多くなり

ほんと、前方の席をおいてきぼりな

(これは満遍なくもあると思いますが、特にTOMORROWのドーム公演では強く感じたので)



ある意味、TOMORROWのドーム公演ほど改悪の演出はなかったと思っています。



ちなみにアリーナ会場の座席表(サンドームを例にですが)


こちらは3日参戦しました。

そのうちP席が2回(ありえんわ)

P2と、P8だったけど、どのPもそれはもう、P席の配置もそうですが近いんですよね。


それは単に会場が狭いから。


(同じく画像お借りしました)





最終日は一般S席でしたが、C5のアリーナ席、そこでも近かった。



そう、それは会場が狭いから…




このP席の配置そのままをドームに持ってきたのが


前回の敗因というか


ありえないでしょうよ…な配置のP席でした。



それでもうたぶん大荒れ、苦情殺到、一般席より見えないP席なんて!!の

声を受けてからの(多分)


今回の配置は


これでもか、これでもかという


SP、P席へ配慮した座席配分とステージ演出への配慮でした。


​​




P席は地下に降りる必要がありまして、地下にモニュメントとかも飾ってありました。







P席の特別感溜まりませんね~~~ワクワクしました。



今回XVを意識しての配置でもあるようで

自身の場所はP24でした。


やべーっす。

(座席表のみお借りしました)





でもこうしてみるとどのP席も見えるように配慮はされていたと思います。


決して前回のように、一般席がP席より良い場所となるような配置ではなかったかと。

ちなみに

P7、P17、P31、P24のゾーンには、

すべてステージが上空を移動してきました。



なので、これこそどのP席も満遍なく彼らを近くで観ることができるようになってます。

(普通そうだと思うんですけど‥‥ようやく改善してくれました)


あくまでもヤフオク基準ですが、おそらくドーム規模のステージ配置なので

このまま統一ではないかと思います。


今までP席の中でお背中をみてぼへーっと眺めていたということも…多少はありましたが


センターステージに来れば、二人を若干斜めになりつつも

間近で見れて

一切双眼鏡はいりませんでした…(むせび泣き)



すべてのダンスを、飛び散る汗を、表情のひとつひとつを

この目で確認することができました。


福岡万歳!!

ヤフオクドーム最高!(ぺいぺいになるけどさ~)

としか。


Withの時よりも、激しくそう思いました。





​​でもってこれは座席の話でありましてね。



ライブ全体を通して感想ですが。



まあ傍に来ると大絶叫して覚えていないこともありますが


傍で見れたことで感じたこともありました。



まず、一番感じたのは



圧倒的チャンミン感(ナニソレ)


いつもなら…どちらかというと

ユノの陰に隠れがちな、というか


こう、彼本来の性格もあるのでしょうが

彼そのものの性質として


自分が前面にでることを好まないというか…


お先にどうぞ、次は僕…的な感じで生きてきたように思うのが

シムチャンミンさんだと思っておりましてね。(個人的です)


なので、その感覚でライブが始まるのを待っておりましたが。




まあ、ほんと、ここから先超絶ネタバレになるので


嫌な人は読んではだめですよ!









まずOPから。



通常通り、VCRが始まります。




これTwitterで情報ありましたが、新潟の古い映画館で撮影されていたと。


現在は閉館している模様。新潟長岡市与板町、高島座での撮影

以下情報お借りしました。

与板高島座 ​​​​​

​​​​​​​​​​​
開館年 : 明治末期
閉館年 : 2009年


館内(ツイより)

VCRではもちろんきれいになっておりました。

閉館してて残念、すごく雰囲気のある映画館でした。








撮影時の風景(ツイより)







​​映画でピンときた方もいるかもですが。


ホットソースのMVで冒頭の二人。(お借りしました)


















そう考えると、ギルティも

始まりは映画のようなカウントからでしたよね…



何?ギルティもなにかあるの?と思わなくもないですが


ライブではギルティは特に絡んでこなかったのですが。


なにか関連があとから解明?するのかな?








でもって


そのVCRが流れた後にね。



バーーーーーーーーーーン!!!と


ま  さ  か   の



私のほぼ目の前のセンターステージの下から



チャミ様降臨!!!


じゃなくて、登場してきたんですよ!!!



ユノ寄りだと思ってたから、まさかのチャンミンが!


しかも、いきなりメインステージからではなく


センターステージから!!!!


こ、腰抜けました…



曲もOPでもあり、強めの曲だからか、





チャンミンから放たれるオーラが凄まじく…



彼から、これほどまでの力強いパワーを感じたことはなかったので(自分ではです)


それに圧倒されました。




おおおおおお、どうしたシムさん、何があったの最高顧問!!!!って。


まあ思うに…

それだけではないけど、

髪型も今、短髪で


どちらかというと、ビジュアルからして男らしい感じのシムさんですので。


彼自身も、このビジュアルに影響されるというか…ほら


私たちですら、ロングヘアーにしたら、女性らしい服を選んだりとか

ショートヘアーにしたら、それに似合う服を選ぶというか

そういった感覚って誰でも持ち合わせていると思うんです。


それが芸の世界で生きる人であればなおさら、そうした感覚に長けている人なので


今の自分がまとう雰囲気、見られる側がどう受け取っているか、このビジュアルから

何を望んでいるかといったことも重々わかっているのではないかな~って(所詮想像ですけどね)


そうなると、今のチャンミンの醸し出す雰囲気も、

前作TOMORROWでは髪も長かったから、儚げというか、可愛い感じが全面に出てましたが。



今回の、XVは、全体の曲もそうだしね、よりパワフルで男性美!!を打ち出してきたのではないのかなって


そう感じました。


強い圧。


というかね。


チャンミンて、本来そうだと思うんです。

とてつもないパワーを秘めてる。


5人から2人になり、才能が開花したとか言われておりますが…


私個人としてね。

あくまで、チャミペンとしてみるチャンミンは



やはりユノの存在はチャンミンにとっては、とてつもなく大きい存在で。


5人時代から変わらず尊敬するリーダーで

それは2人になっても変わらないリーダーとしてのユノだけどね。

その部分はどうしてもあるから

ユノのやっぱり少し後ろにいるというか。

同じ立ち位置にいても、ユノを立てているというか、まあそれはありますよね。

彼自身ユノへのそうした思いというか。それがちょいちょい出てる。

それがダメってこともないです。

それはそうなるよなって…


でも、こう…




2人って、ある意味対等な部分があると思うんです。



5人の時はそれぞれの役割分担があって、チャンミンはチャンミンの位置にいた。

まあ、後ろで控えめにしているマンネですよね…




それをね、そのまま2人になったとき持ってきていたら

東方神起は今ほどの飛躍はなかったと思う。(個人的ですからね!)


チャンミンが、チャンミンとしてその部分を変えていった、変わっていったからこその

今の東方神起があるというか…



む、むずかしい。

それが急激だとね、またバランスが狂うというか。


ゆっくりとライブを重ね、経験を積んだ彼の気持ちの変化が

うまく作用してというか…


む、むずかしい…





最初からそうではなかったとは思います。

TREEのドキュメントで、サムさんに苦言してるチャンミンを見たとき

当時、ざわつきましたね…あの映像はなぜ入れたのかと…


これも以前書いたかもですが…



ユンホの意見ばかりではなく僕の意見も聞いてください、僕も東方神起のメンバーです



みたいな、(すみませんうろ覚えです)ことを言っていて…

あれは衝撃だった…

逆に

え!!今まで、このTREEライブまでの2年間


チャンミン何も言えなかったの?って…



それがこうしてサムさんに意見しようって

僕も東方神起のメンバーですって…


そうなんだけどね…

周囲もチャンミンもmもちろん大切なメンバーだと思ってるけど。

それまでずっとユノの方が、2人になった東方神起を引っ張っていくというか

ユノ中心になっていた部分は、やはりリーダーだしね、あると思うんだけどね。


そりゃそうなると思うけど。


TONE、TIME、TIME日産スタジアムのライブを経てのTREEで


ようやく…チャンミンがこうした気持ちを


言えるほどの心境というか、そう思えるだけの自分になれたというか。


言おう、って思えるようになった心境の変化に

スタッフの方も、あえて撮影していたこの場面を

ドキュメントに収録したのかな?っても思いますが(所詮想像です)


東方神起って、本当にね2人なんですよね。(や、そうなんですけど)


2人ってどちらかが弱いと、一方に偏っちゃってバランスが崩れるのよね。

人でもそうだけど物でもそうですよね。

一方が弱いと一方も崩れる。

お互い対応でなければ、保たれない。


てことでね。




東方神起がここまで成長し、輝き続け、今回のライブでもさらに飛躍し続けることができるのは


お互いが対等に、同じパワーを持ち、お互いが刺激しあう絶妙なバランスを

保ちつつ、でもって、大事なのは互いが同じ気持ちを持っているからこそだと思うんです。


なんていうのかな~




ユノはユノで相当のパワーをお持ちの方です。

もうステージの王だし、君臨だの、よく言われます。

​ですが、そのような存在感をお持ちになる


​ユノの隣​に​



15年も立ち続けているチャンミン

相当のパワーと圧倒的な存在感をお持ちなのですよね。






でもまあそれが彼本来の性質から

未だに


どうして皆さんが僕をこんなにも愛してくれてるのかわからない。

とか


世界にはもっと素敵な男性がたくさんいるのに、僕を好きになってくださり

ありがとうございます。




とか言っちゃう…


そ  こ  が  


シムチャンミンさんの、最大の魅力!!


愛される愛しい部分でもありますけどね。(私はです)




てことで~~~感じたシムチャンミンさん。



今回のライブの神席にむせび泣きながら参加してたんですが


マジで、

うぎゃーーーーーーーと言いまくりで隣席の方すみませんでした。


何回もこっち来るんだもん。



来た来た来た来た!うぎゃーーーーーー!(MAX)を繰り返して参戦してましたが。



今回のライブではチャンミンが変わったな~って思いました。


歌声の力強さ、CDでも思いましたが、歌い方の変化、歌やダンスでの表現力と

表情が違った。

初日ってことだけではなく、今まで参加していた初日の緊張感とかではなく(いやあるだろうけど)

初日からぶっ飛ばしてた!!


というか

自分をセーブしていなかったように思う。


よく彼がちょいちょい言う、体力が持たない、に関して。


これも彼がちょいちょい言う、ソウルっこ、ソウル育ちなのでガラスの心臓。

そうしたチャンミンの素直なところも好きだよ。


でも今回、まあ、MCでは僕は疲れました!とか言いましたけど。


そうそう疲れてるとか、アーもうだめって感じのチャンミンはいなかったんです。


アドレナリン放出しまくり?もうね、気迫が半端ないんです。


彼はまたこのライブで、どんな心境の変化があったんだろう…と思います。




インタビューやインスタでね、日本のファンへ、チャンミンから優しい言葉があって

こんな気持ちをもってファンに向き合ってくれてるんだねって

そう思ってライブに参戦したんだけど。


より良いステージを


今までの東方神起とは違う、もっとパワフルで、最高のステージとなるように


そうしたチャンミンの意思が、ものすごく感じて…


どちらかというと、ステージではユノペンになるんですが(ユノの強烈な引力に抗えない)


もう今回はチャンミンから目が離せませんでした…







といいつつも、ユノもちゃんと見ていましたので(絶叫しつつも)


ユノに対して感じたこともね、次の日記に書きたいとは思っております。










セトリとかは書く気はないので、


2人に対して



自分が感じたことを書いていこうと思っております。









昨日もこのライブの感想ね、結構書いたのですが、

不具合で真っ白になってしまって(保存してなかったから)


気力も真っ白になったわ…


なので、まあ今日こそは!と途中途中下書き保存しながらかき上げれました。

よかったね自分。


てことで一旦終わります。




​​​​​​​​長くなりましたが、お読みいただきありがとうございます。









ポチっとよろしくお願いいたします。



​​​


にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2019.11.16 11:41:38
コメント(1) | コメントを書く
2019.07.04
カテゴリ:2019 LIVETOUR
なんかメール来ててですね。


あ?なにこれ?って

まったくもって記憶にないんですが


ヤフチケ、シリアルナンバーのチケット当落が


今日だったんですね…





まあ


おおおお

ヤフチケ全滅…


おおおお


なんということでしょう。



見事にチケットをご用意できませんでした。



ご連絡メール(見たくないメール)



そして


あー、そういえばBlu-rayに付いてたな~って

あまり気にせずに申し込んでみた

シリアルナンバーが当選しておりました(どうしたことでしょう)




現時点での


オーーーーラスっす!



今回シリアルで結構当選もいらっしゃるようですが

なんであろうとも

当選したのが嬉しいです、うわーん。




オーラスはさすがに激戦だろうから

シリアル申し込んだけど無理だろうとヤフチケに掛けてたんですが


そのヤフチケが全滅とか…


チケットをご用意いただき、


東方神起先輩ありがとうございます。ありがとうございます。

(彼らが用意したわけではないけど)



うわーん。これで安心して眠れます。





































にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2019.07.04 13:17:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.22
カテゴリ:2019 LIVETOUR
きたー


っていうか、メールが遅くてサイト確認してきました。









=======================================



お申込みいただいたお客様の中から厳正なる抽選を行った結果、
ご当選となりました

■受付
東方神起
東方神起 LIVE TOUR 2019(仮)
【プレミアムシート】Bigeast先行

■申込番号


■申込内容
2019/11/09(土) 16:00/18:00
福岡 ヤフオク!ドーム (福岡県)





わー・・・



わああああ


てなりました…


初日はなんとしても行きたかった。。



ヤフオクドームでの初日Pは


withツアーの初日以来です。



わー






あとは希望通りもありますが

希望してないことはないけど


第9希望で当選してたのもあって。


第9でなんで当選したし






は置いておき、


ありがとうございます。ありがとうございます。


P席も嬉しいですが

チケットをご用意いただき、ありがとうございます。













にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2019.06.23 01:21:45
コメント(2) | コメントを書く
2019.06.06
カテゴリ:2019 LIVETOUR
私にしては珍しく、本当に珍しく

スーパープレミアムシートの当落日と

発表時間を覚えていました(いつも忘れる)




そして本当に珍しく、

本日の正午ぴったりにサイトにまで行き確認したんです!!(だからどうしたって話ですが)



はいその後すぐにメールも来ました!











========================================


ご利用いただき、ありがとうございます。

お申込みいただいたお客様の中から厳正なる抽選を行った結果、
残念ながらチケットのご用意ができませんでした。

■受付
東方神起
東方神起 LIVE TOUR 2019(仮)
6年目以上会員限定スーパープレミアムシート先行






===========================================




もうこの

「残念ながらチケットのご用意ができませんでした」の



文章




見慣れてきたよ?



どうするよこれ。




スーパープレミアムシート枠は本当に少ないでしょうから


激戦の激戦でしょうけども。


そろそろこう…

気力をくれろ…





てところで


ユノさんからのインスタのお知らせが来た(あたふた)



Twitterも更新されてた(あたふた)




う、美しい。。

ユノさんのこうした写真珍しいな~と思う。

















でもって


ちゃみたん、昨日イベント出たんだね。

公式のお仕事~















おじさまキラーと噂されてるちゃみたん。


今回も麗しゅうございますね。



わー素足なんだ…


蒸れないのかな(余計なお世話)





そして昨日は、意を決して(大げさ)買い物に行ったんですが

ユニリーバ



無いよね‥無いわよね…無かった…


いつかは巡り合えるのかしら(笑)











てことで

こちらブログにお越しの方で

SP当選された方、おめでとうございます~


スーパーが付く、スペシャルなお席ですから


二人を堪能してくださいませね。







にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村






Last updated  2019.06.06 14:50:11
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.