4968054 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2006.05.03
XML
カテゴリ:書籍

超バカの壁超バカの壁


「バカの壁」「死の壁」に続く、養老先生のベストセラー本である。それにしても、何でそんなに売れるのか、私には理解できない。
「相談をするときに、具体的な答を期待する人がある。それはおかしい。」(3ページ)――その通りである。「仕事は自分に合っていなくて当たり前です。」(19ページ)――当たり前である。「もしも中立派がいうところの無宗教の墓地を作ったら、その管理もすべて国がやるということになる。―(中略)―名前こそ「○○教」となっていなくても、実際には国が新しく宗教を作ったのと同じことになります。」(113ページ)――私も同じ解釈である。
本書に書いてあることは、私にとっては至極当たり前のことで、買ってまで読むほどのものではない。(実際、図書館で借りて読んだだけである)
もし、この本を読んで“目から鱗”の人が多いようだったら、日本は遠からず滅ぶであろう。もし、この本を読んで「俺も養老先生と同じ考えだ」と感じる人がいたとしたら、あまりにも情けない。もっと自分に自信を持てと言いたい。
ということで、この本が売れれば売れるほど、養老先生の悩みが増えるのではないかと思うのであった。


■メーカーサイト⇒新潮社 超バカの壁









最終更新日  2006.05.03 09:14:21
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.