4980607 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2006.05.08
XML
カテゴリ:書籍

火星航路SOS火星航路SOS


宇宙人がいて、木星には固い地面が存在する――なにしろ本書は1931年の作品で、コンピュータはもちろん、テレビや人工衛星すら存在しなかった時代の古き良きスペースオペラなのである。設定は滑稽かもしれないが、いまから70年後のスターウォーズやガンダムはどうだろうか。私は、SFは面白ければ、それでよいと思う。
私が最初に読んだSFは「宇宙大作戦」(現・スタートレック)だったが、2番目に読んだのがE・E・スミスの処女作「宇宙のスカイラーク」である。ちょうどその頃、ハヤカワSF文庫から初めて「火星航路SOS」の翻訳が出版された。いまから30年前の話である。本書はリメイク版となる。
さて、本書の冒頭で、経営者からの命令でロケットを定時運行するために悪戦苦闘する“計算士”の苦労話が描かれているが、これは、電車を定時運行させようと必死に努力している某国の運転士にそっくりではないか。時代が変わり、技術が変わろうとも、経営者の考えることは変わりないようである。


■メーカーサイト⇒早川書房 火星航路SOS









最終更新日  2006.05.08 12:58:14
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.