4980617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2009.09.26
XML
カテゴリ:書籍

アイの物語

アイの物語


 たとえマシンには勝てなくても、ヒトには誇るべき点がある。

グループ SNE のゲームデザイナーでと学会会長の著者による SF――複数の雑誌に発表された短編を「インターミッション」によって結びつけた作品だ。

アイザック・アシモフ*のロボット短編SFわれはロボット」をオマージュしながら、スタートレックのアナザーストーリーも登場するという、SF ファンならニヤリとさせられる内容である。

しかし、アシモフとは異なり、登場するロボットは女性の人型ばかり。舞台は秋葉原や介護老人ホーム――現代日本ならではのテイストである。


介護現場で働くロボットは「すべてのヒトは認知症なのです」(286 ページ)と言い放つ――その意味とは。そして、人間が緩やかな滅びに向かっている“現代”の背景には何があったのか。インターミッションを語っている女性の正体は? 「i」とは何か?

SF を通じて現代社会の闇を考えさせられる作品である。


■メーカーサイト⇒山本弘=著/角川書店/角川グループパブリッ/2006年05月発行 アイの物語

■販売店は こちら











最終更新日  2009.09.26 21:58:37
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.