4970843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2009.11.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

江戸に学ぶ人育て人づくり

江戸に学ぶ人育て人づくり


 江戸時代の教訓書は、ほとんどが体罰否定の立場をとる。

著者は、江戸時代の寺子屋などで使われた読み書き教科書「往来物」の蒐集家だ。

江戸時代にも教育書のようなものは数多く存在していたが、われわれがイメージするものとはずいぶん違う内容のようだ。たとえば、「江戸時代の教訓書は、ほとんどが体罰否定の立場をとる」(101 ページ)そうだ。また、「『厳父』は、儒教とは異なる日本特有の父親像らしい」(95 ページ)。


江戸時代のヒトの寿命よりずっと短い。だから、「父の一生は「人づくり」の連続だった」(70 ページ)という。これに比べたら、平均寿命も延び、子どもの数が圧倒的に少なくなっている現代の「子育て」の方が楽なはずである。


ときには子育てハウツー本は脇に置いて、こうした古い書物を紐解いてみてはどうだろう。


■メーカー/販売元 小泉吉永=著/角川・エス・エス・コミュニケーションズ/2009年03月発行

■販売店は こちら











最終更新日  2009.11.06 19:53:02
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.