4980596 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2009.12.11
XML
カテゴリ:書籍

道路の経済学

道路の経済学


 まずビジョンがあり、それと現実とのギャップを解決するためにつくるのが都市計画なのです

民主党が政権の座に就き、高速道路料金を無料にするかどうかに注目が集まっている。

本書は、いまから 4 年も前に書かれたものだが、アクアラインの 1000 円化を提唱するなど、現在の情勢を予言したかのような内容になっている。

内容はどれも論理的であり、今日、高速道路料金の問題が顕在化したのは、必然だったと言える。

ただ残念なことに、「まずビジョンがあり、それと現実とのギャップを解決するためにつくるのが都市計画」(158 ページ)であるにもかかわらず、我が国では、いまだに明確な「ビジョン」が示されていない。


■メーカーサイト⇒松下文洋=著/講談社/2005年05月発行 道路の経済学

■販売店は こちら











最終更新日  2009.12.11 19:46:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.