5096878 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2010.09.10
XML
カテゴリ:書籍


コンクリートが危ない

コンクリートが危ない



 私は、コンクリート構造物が一斉に壊れはじめる時期が、30年後よりもはるかに早い2005~10年頃までにやってくる可能性が高いと考えている。

コンクリートはなぜ固まるのかといった理論から、コンクリート建築の手順、劣化のメカニズム、現存するコンクリート建築の問題点などを具体的にわかりやすく説明した本。


阪神大震災で、山陽新幹線のコンクリート橋脚の内部から「鉄筋の切れはし、空き缶、角材(木材)、発泡スチロールなどじつに多彩なもの」が出てきたという下りはショッキングである。著者によれば、「山陽新幹線の高架橋は列車の走行によって、ある日突然、床板が破壊するという危険にさらされている」そうだ。


さらに、マンションのコンクリートの安全性を調べる手順も紹介されている。


1970 年代以降に施工されたコンクリートは、とくに品質が悪いそうである。注意されたい。


■メーカーサイト⇒小林一輔=著/岩波新書/1999年05月発行 コンクリートが危ない

■販売店は こちら












最終更新日  2010.09.10 19:36:38
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.