4100522 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


明鏡止水

フォローする

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2011.03.08
XML
カテゴリ:書籍


テレビアニメ魂

テレビアニメ魂



 この世界で30年以上も飯を食ってきても、いまだにわからないものそれが視聴率なのだ。

東京ムービー草創期から関わってきた著者によるアニメの歴史。

『巨人の星』の最終回で星飛雄馬は死ぬはずだった、『オバケのQ太郎』は人気絶頂のときに打ち切られた、『天才バカボン』は再放送のほうが視聴率が高かった、宮崎アニメの秘密は「動画枚数」にある、等々、アニメ制作の裏側の事情を知ることができて面白い。

宮崎アニメが一世を風靡するまで、多くの先達の苦労があったことがよくわかる。


また、著者は今のアニメに対して、「アニメの命は、シナーオです.そしてシナリオの善し悪しは、そこにどんなドラマがあるかで決まります。いまのアニメは、このドラマが弱いのです」(4 ページ)と批判する。



■メーカー/販売元 山崎敬之=著/講談社/2005年05月発行

■販売店は こちら















最終更新日  2011.03.08 18:54:24
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.