5742347 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

プロフィール


パパぱふぅ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2015.05.02
XML
カテゴリ:書籍
COPPELION(23)

COPPELION(23)

 「ここが東京なんだ‥‥俺は‥‥20年ぶりに東京(ここ)へ帰ってきた‥‥!」(夏目総理)
著者・編者井上智徳=著
出版情報講談社
出版年月2015年5月発行

西暦 2036 年(平成 48 年)、お台場の原子力発電所で起きたメルトダウンにより東京は死の街と化していた。遺伝子操作によって放射能に対する抗体をもって生まれた高校生・コッペリオンたちは、生存者を救出するという困難な任務に立ち向かう。アニメ放映は終了したが、漫画は続く。

潜水艦「幻龍」が羽田沖に到着。しかし、救出すべき人びとがいない。
Dr.コッペリウスや夏目首相が味方に付くなか、黒澤遥人が帰還する。忘れもの係との決着は? お台場原発は再臨界しているのか? 成瀬荊らは海ほたるへ向かう。







最終更新日  2015.05.02 22:39:26
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.