6261969 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

プロフィール

パパぱふぅ

パパぱふぅ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2022.06.06
XML
カテゴリ:書籍
ハイペリオン(下)

ハイペリオン(下)

 ソル「どうして当局は、〈時間の墓標〉のような大いなる謎を無視していられるんだろう?」(68ページ)
著者・編者ダン・シモンズ=著
出版情報早川書房
出版年月2000年11月発行

第4章 学者の物語: 忘却の川の水は苦く(承前)
バーナード・ワールドで暮らしていたソル・ワイントラウブとサライの娘レイチェルは、大学では考古学を専攻した。〈ハイペリオン〉調査隊に参加し、〈スフィンクス〉と呼ばれる遺跡を調査した。その頃、ソルは、血の色をした双眼が大音声で「娘を燔祭に捧げよ」と告げる悪夢を見るようになった。〈スフィンクス〉で〈時潮〉(ときしお)に巻き込まれたレイチェルは、時間を逆行し若返り、その日の記憶を失ってしまうようになった。ソルはレイチェルを元に戻そうとラビを訪ね、「神は、アブラハムの魂を覗きこみ、本気で息子イサクを殺すつもりであることを見てとったにちがいない」と語る。ラビは否定した。次にソルはシュライク大聖堂を訪ね、〈スフィンクス〉での出来事を告げると、司教は激怒し、ソルを大聖堂から放り出す。マスコミに追い回されるようになったため、一家は砂漠の惑星〈ヘブロン〉へ引っ越した。サライは事故死し、ソルはレイチェルを連れて〈ハイペリオン〉へ向かうことを決意する。ソルは年老いたが、レイチェルは乳児に戻っていた。
風莱船(ふうらいせん)で移動を続ける巡礼は、聖樹船〈イグドラシル〉が攻撃を受け炎上する様子を目にする。

第5章 探偵の物語: ロング・グッバイ
風莱船(ふうらいせん)で移動を続ける巡礼。ある朝、聖樹船〈イグドラシル〉船長ヘット・マスティーンの部屋が血まみれになっており、マスティーンがいなくなった。私立探偵で唯一の女性ブローン・レイミアが指揮し船内を捜索するも、マスティーンは見つからなかった。風莱船は〈巡礼の休息所〉の桟橋に到着し、巡礼はゴンドラに乗り換えた。一同が夕食を食べ終え、レイミアが語り始める。
レイミアの事務所を訪れた客ジョニイは、AI の頭脳と人間そっくりのボディを備えたサイブリッドだった。ジョン・キーツの人格を核に誕生したジョニイは、自分のボディが破壊され、AI 本体が攻撃を受け、〈殺された〉と訴え、レイミアに犯人捜しを依頼する。やがてレイミアとジョニイは愛するようになる。サイブリットであることをやめて人間になり、〈ハイペリオン〉を目指そうとしてジョニイは〈テクノコア〉から狙われていた。〈テクノコア〉は連邦が到達していない大マゼラン雲内にオールドアースのアナログコピーを造っていた。レイミアは連邦CEO(最高運営責任者)マイナ・グラッドストーンに面会し、人間になったジョニイに再開する。そして、連邦、〈テクノコア〉、〈ハイペリオン〉、〈アウスター〉の関係を知る。シュダイク大聖堂でジョニイは死に、レイミアにデータを残す。

第6章 領事の物語: 思い出のシリ
〈時観城〉(じかんじょう)に入った巡礼は、夕食をとることにした。宇宙では、〈アウスター〉と連邦との間に戦闘が始まっていた。
領事は、恒星間宇宙船の乗組員マーリン・アスピックについて語り始める。彼は、連邦に加入していない惑星〈マウイ・コヴェナント〉の少女シリと愛し合い、子どもをもうける。だが、恒星間宇宙船が立ち寄る度に、この惑星では 11 年が経過する。シリは連邦への加入を推進することで出世したが、マーリンとの 6 度目の再会は適わなかった。〈マウイ‥コヴェナント〉は連邦に加入するが、多くの観光客や移住者が流れ込んだことで惑星は破壊され、シリの反乱が起きた。反乱はすぐに鎮圧されたが、2 人の孫である領事は、連邦に対して複雑な感情を抱いており、〈アウスター〉を訪問し、彼らが〈ハイペリオン〉を欲する目的を理解し、三重スパイとなる。
こうして巡礼たちは話を終え、いよいよ、〈時間の墓標〉へ向かって谷を下ってゆく――。

レイミアが暴漢を追うシーンで、群衆の誰も協力しようとしないが、日本人観光客だけはイメージャー(デジカメのような者か)をかまえて一部始終を記録しているという記述に笑ってしまった。
さて、元ネタになったキーツの作品は、ギリシア神話、ローマ神話、アラビアン・ナイト、フェアリーテールから中世騎士物語、ダンテ、ミルトン、シェイクスピアと非常に幅広い題材を扱っている。シモンズは、これらを取り込んだ上で、さらに、あらゆる SF の分野――スペースオペラ、銀河帝国、ニューウェイブ、ポスト・ニューウェイブ、サイバーパンク、タイムトラベル――を持ち込んだ。そのうえで、あらゆる小説の技法――一人称、三人称、日記体、夢想、カットバック――を使って書き上げた。
初めて SF を読む方には少々ハードルが高いかもしれない。だが、他ジャンルの SF や小説を読んだ後で、あらためて「ハイペリオン」シリーズを読み返すと、ニヤリとさせられること請け合い。何度読んでも味のある作品である。







最終更新日  2022.06.06 12:13:31
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.