000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


明鏡止水

フォローする

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

チャンスは掴むもの… luke2004さん

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん

全323件 (323件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

カメラ・ビデオ

2017.03.22
XML
カテゴリ:カメラ・ビデオ
デジタル一眼レフカメラ「α6500」

デジタル一眼レフカメラ「α6500」

 独自オートフォーカスシステム「4Dフォーカス」により0.05秒の高速AFを実現
製造/販売ソニー
製品情報デジタル一眼レフカメラ「α6500」
価格比較ここをクリック 

昨年 3 月に発売されたα6300 の基本コンセプトを受け継ぎながら、5軸手ブレ補正の内蔵や液晶モニターのタッチパネル化、バッファメモリの増強、シャッターユニットの改良、メニュー UI の一新などを図っている。
画質面では、撮像素子のスペックは既存モデルα6300 と同じながら、画像処理アルゴリズムの最適化によって向上した、中感度から高感度域の描写に注目だ。

同社APS-C ミラーレスでは初めて、光学式 5軸手ブレ補正をボディに内蔵したことは、α6500 最大のトピックだ。
手ブレ補正非搭載のレンズ装着時は 5軸のすべてをボディ側で補正し、手ブレ補正搭載レンズ装着時は、角度ブレ(ピッチ/ヨー)をレンズ側で、残り 3軸をボディ側で補正するようになっている。

動画は、画素加算のない全画素読み出しによる 4K記録に対応。サイズは 3,840×2,160 ピクセル、フレームレートは 30p または 24p、最大ビットレートは約 100Mbps で、ファイル形式は MP4 となる。
新機能として、動画からの静止画切り出しに対応した。4K 動画の場合、約 800 万画素相当の静止画をカメラ内で生成できる。操作は、動画を表示した上で、再生メニューの「動画から静止画作成」を選んで行う。また、付属ソフト PlayMemories Home を使って切り出すことも可能だ。

連写は AE/AF追従で最高約 11 コマ/秒と高速。しかも、連続撮影可能コマ数は、JPEG エクストラファインで 233 枚、RAW で 107 枚と非常に多い。実際の使用では、書き込みに待たされることがまったくなく、極めて快適に高速連写を楽しめる。

参考サイト
  1. ボディ内手ブレ補正とタッチ AF がやってきた! ソニーのミラーレス一眼「α6500」:ITmedia

【主な仕様】
撮像素子APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)(Exmor CMOSセンサ,Exmor CMOSセンサ)×1
有効画素数 約2420万
光学系レンズマウント ソニーEマウント
シャッター速度 1/4000~30秒,バルブ(電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター)
モニター 3.0型(約92万ドット,チルト機構)
電子ビューファインダー 0.39型(約236万ドット,視野率100%,倍率×1.07)
手ぶれ補正 イメージセンサーシフト方式5軸補正(補正効果 5.0段)
露出制御測光方式 1200分割ライブビュー分析測光
測光範囲 EV -2~20(ISO100相当、F2.0レンズ使用)
測光モード マルチ測光、中央重点測光、スポット測光(標準/大)、画面全体平均測光、ハイライト重点測光
露出制御モード AUTO(おまかせオート/プレミアムおまかせオート)、プログラムAE(P)、絞り優先AE(A)、シャッタースピード優先AE(S)、マニュアル(M)モード、スイングパノラマ、シーンセレクション、動画/ハイフレームレート(プログラムオート、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル露出、選択可)
ISO感度 100~25,600
露出補正 ±5.0EV(1/3EV, 1/2EV ステップ選択可能)
画像処理ホワイトバランスモード オート/ 太陽光/ 日陰/ 曇天/ 電球/ 蛍光灯<温白色/白色/昼白色/昼光色>/ フラッシュ/ 色温度設定(2500K-9900K)、 カラーフィルター(G7-M7、A7-B7)/ カスタム/ 水中オート
ピクチャーエフェクト 13種類:トイカメラ(ノーマル、クール、ウォーム、グリーン、マゼンタ)、ポップカラー、ポスタリゼーション(カラー、白黒)、レトロフォト、ソフトハイキー、パートカラー(R/G/B/Y)、ハイコントラストモノクロ、ソフトフォーカス(弱、中、強)、絵画調HDR(弱、中、強)、リッチトーンモノクロ、ミニチュア(オート、上、中(横)、下、右、中(縦)、左)、水彩画調、イラスト調(弱、中、強)
クリエイティブスタイル スタンダード、ビビッド、ニュートラル、クリア、ディープ、ライト、ポートレート、風景、夕景、夜景、紅葉、白黒、セピア、スタイルボックス1-6(コントラスト<±3段階>、彩度<±3段階>、シャープネス<±3段階>)
静止画記録最大解像度 6,000×4,000 ピクセル
記録方式 JPEG, RAW(14bit), JPEG + RAW
連写 最大約 11コマ/秒,最大 233コマ
動画記録最大 3840×2160, 30p(記録方式 XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4)
音声 ステレオ(記録方式 XAVC S: LPCM 2ch、AVCHD: Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載、MP4: MPEG-4 AAC-LC 2ch)
記録メディアメモリースティック PRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ(M2)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I 対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)、microSD メモリーカード、microSDHC メモリーカード、microSDXC メモリーカード
インターフェースUSB 2.0×1
HDMI端子(4K対応)×1
無線LAN IEEE 802.11b/g/n×1
NFC(NFCフォーラム Type 3 Tagに準拠)×1
外部マイク端子(3.5mmステレオミニジャック)×1
マルチインターフェースシュー×1
リモートコントロール×1
本体サイズ(幅)120.0×(奥行)53.3×(高さ)66.9×(直径)×(全長)ミリ
本体重量約453グラム
電源リチウムイオンバッテリーパック×1







最終更新日  2017.03.22 12:02:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.13
カテゴリ:カメラ・ビデオ
SDXCカード「SF-G」シリーズ

SDXCカード「SF-G」シリーズ

 業界最高クラスのUHS-II対応
製造/販売ソニー
製品情報SDXCカード「SF-G」シリーズ
価格比較ここをクリック 

独自の新開発ファームウェアにより、リード最大 300MB/秒、ライト最大 299MB/秒の高速転送を可能とした UHS-II 対応の SDXC/SDHC カード。また繰り返しの連写で発生の可能性がある、書き込み速度の低下防止機能も備えている。

ラインナップ







最終更新日  2017.03.13 22:39:49
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.11
カテゴリ:カメラ・ビデオ
大型画面ドライブレコーダー「LVR-SDR230F」

大型画面ドライブレコーダー「LVR-SDR230F」

 200万画素CMOSセンサーを採用、F2.0という明るいレンズの水平110度の広角カメラを搭載する。
製造/販売エレコム
製品情報大型画面ドライブレコーダー「LVR-SDR230F」
価格比較ここをクリック 

映像は 16GB の micro SD カードが付属し、フル HD(1920×1080 ドット)の映像を記録できる。内蔵G センサーによる衝撃検知から 10秒間遡った映像をファイルとして記録でき、GPS も内蔵しているため事故の際の位置や速度を記録できる。
駐車中の不審な動きを撮影する動体検知機能を持ち、車内電源が切れている状態でも動作するようにスーパーキャパシタを搭載する。
液晶は 3.5 インチで、タッチパネル操作。サイズはおよそ幅 105.0×奥行35.5×高さ 74.0mm、重量は約 114g。
DC12V および DC24V で動作し、アクセサリーソケット(シガーライターソケット)給電プラグが付属。







最終更新日  2017.03.11 18:54:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.28
カテゴリ:カメラ・ビデオ
コンパクトデジカメ「PowerShot G9 X Mark II」

コンパクトデジカメ「PowerShot G9 X Mark II」

 同社高級コンデジ「PowerShot G」シリーズのスリムモデルに位置付けられる機種
製造/販売キヤノン
製品情報コンパクトデジカメ「PowerShot G9 X Mark II」
価格比較ここをクリック 

1 型(2020 万画素)の大型センサーを採用しながら、206g という軽量ボディーを実現しており、本体サイズも幅 98×奥行き 31.3×高さ 57.9mm とポケットに入る大きさとなっている。光学 3 倍ズームレンズを採用する。

従来機種から大きく進化したのは、画像処理エンジンに「DIGIC 7」を採用した点。
まず、ノイズリダクション機能が大幅に向上し、従来機の ISO 800設定と同レベルのノイズ低減を ISO 1600 で実現できる。
また、AF追従性も強化した。従来モデルだと、顔認識において追従している人物が別の人物とすれ違ったりすると、追従が外れてしまうケースがあったがこれを改善。
さらに、被写体の大きさや向きが変わった場合でも追従が外れにくくなった。
このほか、背景と同色系の被写体の検出性も向上したほか、暗部補正の向上、小絞り撮影時の解像感の向上、流し撮り時のアシスト機能などが盛り込まれている。

手ブレ補正は、内蔵のジャイロセンサーに加えて、イメージセンサーの情報も参照する「デュアルセンシング IS」を搭載。3.5 段分の補正効果を得られるようになった。

機能面では、同社のデジタル一眼「EOS」で採用されている色彩調整機能「ピクチャースタイル」が利用可能になり、さまざまな雰囲気の写真を撮れるようになった。
また、一定間隔で自動撮影した画像をつなげて動画にする「タイムラプス動画」も利用になった。

連写速度は、JPEG で最大約 8.1 コマ/秒だが、RAW では最大約 8.2 コマ/秒の撮影が可能。カメラ内 RAW現像にも対応する。

通信機能は無線LAN に加えて Bluetooth(BLE)に対応。スマホなどとの常時接続が可能だ。

【主な仕様】
撮像素子1.0型 高感度CMOS(裏面照射型)×1
有効画素数 2010万
光学系6群 8枚(両面非球面UAレンズ2枚、片面非球面レンズ1枚)
光学 3倍ズーム(35ミリ判換算 28~84 mm)
開放F値 2.0~4.9
シャッター速度 1/2000~30秒,バルブ
マクロ 5cm~
光学手ブレ補正 マルチシーンIS補正効果:3.5段
モニター 3.0型(約104万ドット,視野率 約100%,タッチパネル)
内蔵ストロボ ~6.0メートル(広角側)
露出制御測光方式 評価、中央部重点平均、スポット
撮影モード C、M、Av、Tv、P、プラスムービーオート、オート、自分撮り、SCN(ポートレート、流し撮り、星空[星空ポートレート、星空夜景、星空軌跡]、手持ち夜景、水中、打上げ花火、ハイダイナミックレンジ、魚眼風、油彩風、水彩風、ジオラマ風、トイカメラ風、背景ぼかし、ソフトフォーカス、ラフモノクロ)
ISO感度 125~12,800
露出補正 ±3段(1/3ステップ)
静止画記録最大解像度 5,472×3,072 ピクセル
記録方式 JPEG, RAW(14bit)
連写 最大約 8.0コマ/秒,最大 30枚
動画記録最大 1920×1080, 60fps(記録方式 MPEG-4 AVC/H.264)
音声 ステレオ(記録方式 MPEG-4 AAC-LC)
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード(UHS-1対応)
インターフェースUSB 2.0×1
HDMI端子×1
無線LAN IEEE802.11b/g/n×1
Bluetooth 4.1×1
NFC×1
本体サイズ(幅)98.0×(奥行)31.3×(高さ)57.9×(直径)×(全長)ミリ
本体重量約206グラム
電源リチウムイオンバッテリーパック×1

カラーバリエーション

  







最終更新日  2017.02.28 12:08:59
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.27
カテゴリ:カメラ・ビデオ
Wi-Fi接続対応3Dカメラ(DN-914632)

Wi-Fi接続対応3Dカメラ(DN-914632)

 スマートフォンとWi-Fi接続を行うことで3D画像/動画の撮影ができる3Dカメラ
製造/販売ドスパラ
製品情報Wi-Fi接続対応3Dカメラ(DN-914632)
価格比較ここをクリック 

スマートフォンとの Wi-Fi 接続に対応した 3D カメラで、スマートフォン側にインストールした専用アプリでの動画/静止画撮影に対応した。
撮影画像/動画は左右 2 分割でのステレオ画像となっており、別途VR ゴーグルなどを用いることで 3D視聴が可能だ。なお 3D 撮影解像度は動画時で 960×1080 ピクセル(×2画面)、静止画時で 1920×1080 ピクセル(×2画面)となっている。
内蔵メモリ容量は 64GB で、バッテリー駆動時間は約 100 分だ。
本体サイズは 93(幅)×77(奥行き)×46(高さ)mm、重量は約 172g。







最終更新日  2017.02.27 19:06:41
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カメラ・ビデオ
デジタル一眼レフ「EOS Kiss X9i」

デジタル一眼レフ「EOS Kiss X9i」

 デジタル一眼レフ入門者にお勧め――シンプル操作ながら中級機に迫る基本性能
製造/販売キヤノン
製品情報デジタル一眼レフ「EOS Kiss X9i」
価格比較ここをクリック 

撮像素子に 2420 万画素の CMOS センサーを搭載するエントリー機。EOS M6 と同じくデュアルピクセル CMOS AF の利用が可能で、エントリークラスでは初搭載となる。

ライブビュー撮影時は 0.03秒の合焦が可能で、APS-C センサー搭載のデジタル一眼の撮像面位相差 AF においては世界最速とのこと。
AF は 45 点の測距点が利用可能で、そのすべてがクロスタイプ。これは同社のミドルクラスモデル「EOS 80D」と同等のスペックだ。
また、ライブビュー撮影時や動画撮影時用の AF モードとして「スムーズゾーン AF」を追加。AF 時に AF 枠が広めに設定され、その中なら合焦ポイントを任意で選べる。

参考サイト
  1. 「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」登場:ITmedia
  2. 写真で見る「EOS M6/9000D/Kiss X9i」:ITmedia

【主な仕様】
撮像素子APS-Cサイズ CMOS(約22.3×14.9mm,デュアルピクセル CMOS AF 対応)×1
有効画素数 約2420万
光学系レンズマウント キヤノンEFマウント
シャッター速度 1/4000~30秒,バルブ
モニター 3.0型(約104万ドット)
光学ファインダー(倍率 ×0.82,視野率約95%)
内蔵ストロボ ガイドナンバー:約12
露出制御測光方式 7560画素RGB+IR測光センサーによる63分割TTL開放測光評価測光(すべてのAFフレームに対応)・部分測光(中央部・ファインダー画面の約6.0%)・スポット測光(中央部・ファインダー画面の約3.5%)・中央部重点平均測光
測光範囲 EV1~20(常温・ISO100)
撮影制御方式 プログラムAE(シーンインテリジェントオート、ストロボ発光禁止、クリエイティブオート、ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、夜景ポートレート、プログラム)、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出
ISO感度 100~25,600
露出補正 手動:1/3、1/2段ステップ±5段AEB:1/3、1/2段ステップ±2段 (手動露出補正との併用可能)
フリッカー低減 可能
画像処理ピクチャースタイル オート、スタンダード、ポートレート、風景、ニュートラル、忠実設定、モノクロ、ユーザー設定1~3
ホワイトバランス オート、プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、マニュアル、ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング可能
ノイズ低減 長秒時露光、高感度撮影に対応可能
画像の明るさ自動補正 オートライティングオプティマイザ機能搭載
高輝度側・階調優先 可能
レンズ光学補正 周辺光量補正、色収差補正、歪曲収差補正、回折補正
クリエイティブフィルター ラフモノクロ、ソフトフォーカス、魚眼風、水彩風、トイカメラ風、ジオラマ風、HDR絵画調標準、HDRグラフィック調、HDR油彩調、HDRビンテージ調
スペシャルシーン 集合写真、キッズ、料理、キャンドルライト、夜景ポートレート、手持ち夜景、HDR逆光補正
静止画記録最大解像度 6000×4000 ピクセル
記録方式 JPEG, RAW(14bit), JPEG + RAW
連写 最大約 6.0コマ/秒,最大 190コマ
動画記録最大 1920×1080, 59.94p(記録方式 MPEG-4 AVC/H.264)
音声 ステレオ
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード
インターフェースUSB2.0端子×1
HDMI×1
外部マイク入力端子(Φ3.5mmステレオミニジャック)×1
リモコン端子×1
ワイヤレスリモコン×1
無線LAN IEEE802.11b/g/n×1
Bluetooth 4.1×1
NFC×1
本体サイズ(幅)131.0×(奥行)76.2×(高さ)99.9×(直径)×(全長)ミリ
本体重量約 532グラム
電源リチウムイオンバッテリーパック×1

ラインナップ







最終更新日  2017.02.27 12:15:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.24
カテゴリ:カメラ・ビデオ
魚眼レンズ搭載ネットワークカメラ「TS-WRFE」

魚眼レンズ搭載ネットワークカメラ「TS-WRFE」

 水平180°の撮影が可能な魚眼レンズを装備したネットワークカメラ
製造/販売アイ・オー・データ機器
製品情報魚眼レンズ搭載ネットワークカメラ「TS-WRFE」
価格比較ここをクリック 

有線/無線LAN 接続に対応した室内設置向けのネットワークカメラ。
広視野角の魚眼レンズを備えており、水平 180°の範囲を一度に映すことができる。またリモート操作によるデジタルパン/チルト動作もサポートした(PC からのブラウザ操作での対応となる)。
センサーは 300 万画素CMOS センサーを搭載、最大でフル HD までの動画撮影が可能だ。
本体サイズは約 41(幅)×31.4(奥行き)×95(高さ)mm、重量は約 75g(スタンド含まず)。
対応 OS は Windows 7/8/8.1/10、Mac OS X 10.9~10.12、および Android 4.4~7.1、iOS 9.0~10.2 だ。







最終更新日  2017.02.24 19:26:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カメラ・ビデオ
デジカメ「PowerShot SX430 IS」

デジカメ「PowerShot SX430 IS」

 ホールド性と操作性の向上を図る「誘いグリップ」と「マルチシーンIS」で高倍率時にも手ぶれ補正
製造/販売キヤノン
製品情報デジカメ「PowerShot SX430 IS」
価格比較ここをクリック 

従来モデル「PowerShot SX420 IS」の後継となり、本体サイズと重さをキープしたまま、光学ズームの倍率を 45 倍と、少し伸ばした。32 ミリ換算の焦点距離24~1030mm。

そのほかの仕様は変わらず、撮像素子には 2000 万画素の CCD センサーを採用し、画像処理エンジンは「DIGIC 4+」、連写速度は最大 0.5 コマ/秒(通常撮影時)となっている。

【主な仕様】
撮像素子1/2.3型 CCD×1
有効画素数 2000万
光学系11群 12枚(両面非球面レンズ2枚、片面非球面レンズ1枚、UDレンズ1枚)
光学 45倍ズーム(35ミリ判換算 24~1080 mm)
F値 3.5~6.8
シャッター速度 1/4000~15秒
マクロ 0cm~
光学手ブレ補正 マルチシーンIS補正効果:2.5段
モニター 3.0型(約23.0万ドット,視野率 約100%)
内蔵フラッシュ ~5.0メートル(広角側)
露出制御測光方式 評価、中央部重点平均、スポット
撮影モード P、ライブビューコントロール、オート、ポートレート、顔セルフタイマー、ローライト、魚眼風、ジオラマ風、トイカメラ風、モノクロ、極彩色、オールドポスター、スノー、打上げ花火、長秒時撮影
ISO感度 100~1600
露出補正 ±2段(1/3段ステップ)
画像処理ホワイトバランス オート、太陽光、くもり、電球、蛍光灯、蛍光灯H、マニュアル
静止画記録最大解像度 5,152×2,896 ピクセル
記録方式 JPEG
連続撮影 最大約 0.5コマ/秒
動画記録最大 1280×720, 25fps(記録方式 MPEG-4 AVC/H.264)
音声 モノラル(記録方式 リニアPCM)
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード
インターフェースUSB 2.0×1
AV端子×1
無線LAN IEEE802.11b/g/n×1
Bluetooth 4.1×1
NFC×1
本体サイズ(幅)104.4×(奥行)85.1×(高さ)69.1×(直径)×(全長)ミリ
本体重量約 323グラム
電源リチウムイオンバッテリーパック×1







最終更新日  2017.02.24 12:41:42
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.23
カテゴリ:カメラ・ビデオ
デジカメ「LUMIX DC-FZ85」

デジカメ「LUMIX DC-FZ85」

 35mm判換算で広角20mmから超望遠の1200mmまで撮影可能。動画も4K/30pに対応する。
製造/販売Panasonic
製品情報デジカメ「LUMIX DC-FZ85」
価格比較ここをクリック 

1/2.3 型の総画素数 1890 万画素MOS センサーに画像処理エンジン「新ヴィーナスエンジン」を合わせ、幅広いシーンの撮影を 1 台で楽しめるという。動画も 4K/30p記録(MP4)まで対応する。

独自の空間認識技術「DFD(Depth From Defocus)テクノロジー」とコントラスト AF を組み合わせて合焦速度を上げた「空間認識AF」を搭載。ワイド端で 0.09秒、テレ端0.10秒を実現、決定的なシャッターチャンスを逃さないという。

「4K フォト」モードでは、4K解像度で毎秒30 コマの連写が可能。これを活用した「フォーカスセレクト」は、カメラがフォーカスポイントを自動的に変えながら連写し、撮影後に好きなフォーカスポイントを選べるというもの。3 型タッチパネルモニターでフォーカスポイントを指定、保存するだけで任意のポイントに焦点の合った写真を選べる。

また、複数のフォーカスポイントを撮影後に範囲選択して合成する「フォーカス合成」も搭載。広範囲にピントの合った写真を得ることができる。例えば F 値を絞り込んでも被写界深度が足りないとき、後から被写界深度を変えたいときにも活用できるという。

【主な仕様】
撮像素子1/2.3型 高感度MOSセンサー(原色フィルター)×1
有効画素数 約12810万
光学系LUMIX DC VARIO(12群14枚,非球面 9面6枚)
光学 60倍ズーム(35ミリ判換算 20~1200mm)
F値 2.8~8.0
フィルター径 55.0mm
シャッター速度 1/2000~60秒
手ぶれ補正 光学式(POWER O.I.S.)
モニター 3.0型(約104万ドット,視野率 約100%,静電容量方式タッチパネル)
電子ビューファインダー(約117万ドット,視野率約100%,倍率 約2.59倍)
内蔵フラッシュ ~14.1メートル(広角側)
露出制御測光方式 1728分割測光マルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光
撮影モード プログラムAE(P) / 絞り優先AE(A) / シャッター優先AE(S) / マニュアル露出(M) / クリエイティブ動画 / カスタム(C) / パノラマモード / シーンガイド / クリエイティブコントロール / インテリジェントオート(iA) / インテリジェントオートプラス(iA+)
ISO感度 80~6,400
画像処理ホワイトバランス オート / 晴天 / 曇り / 日陰 / 白熱灯 / フラッシュ / ホワイトセット1・2・3・4 / 色温度指定(2500K-10000Kの間で100K単位) / ホワイトバランス微調整(2軸方式)、ホワイトバランスブラケット
シーンガイド 人物をきれいに撮る / 人物の肌をきれいに撮る / 逆光でふんわり撮る / 逆光でしっかり撮る / ほのぼのした雰囲気で撮る / 子どもをかわいく撮る / 風景をきれいに撮る / 青空をさわやかに撮る / 夕焼けを幻想的に撮る / 夕焼けを印象的に撮る / 水面をキラキラ撮る / 夜景をきれいに撮る / 夜空をクールに撮る / 夜景を暖かく撮る / 夜景をアーティスティックに撮る / イルミネーションをキラキラ撮る / 夜景を手持ちで撮る / 夜景をバックに人物をきれいに撮る / 花をふんわり撮る / 料理をおいしそうに撮る / スイーツをかわいく撮る / 動くペットをきちんと撮る / スポーツをきれいに撮る / モノクロで撮る
クリエイティブコントロール ポップ / レトロ / オールドデイズ / ハイキー / ローキー / セピア / モノクローム / ダイナミックモノクローム / ラフモノクローム / シルキーモノクローム / インプレッシブアート / ハイダイナミック / クロスプロセス / トイフォト / ブリーチバイパス / ジオラマ / ソフトフォーカス / ファンタジー / クロスフィルター / ワンポイントカラー / サンシャイン(パラメーター調整可、ボケ味コントロール、露出補正可)
静止画記録最大解像度 4,896×3,672ピクセル
記録方式 JPEG, RAW
連写 最大約10コマ/秒
動画記録最大 3,840×2,160, 60o(記録方式 AVCHD Progressive / AVCHD / MP4)
音声 ステレオ
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード
インターフェースUSB 2.0×1
HDMI端子×1
無線LAN IEEE 802.11b/g/n×1
本体サイズ(幅)130.2×(奥行)119.2×(高さ)94.3×(直径)×(全長)ミリ
本体重量約691g
電源リチウムイオンバッテリーパック×1







最終更新日  2017.02.23 12:35:17
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.22
カテゴリ:カメラ・ビデオ
デジタル一眼レフ「EOS 9000D」

デジタル一眼レフ「EOS 9000D」

 上位機並みの操作性や機能を搭載したプレミアムエントリーモデル
製造/販売キヤノン
製品情報デジタル一眼レフ「EOS 9000D」
価格比較ここをクリック 

ボディは EOS Kiss シリーズと変わらないコンパクトさながら、中級機と遜色ない操作系を搭載。本体正面に撮影状態の液晶表示パネルが搭載され、本体背面にサブ電子ダイヤルを装備。また、親指で AF を動作させられる「AF-ON」ボタンを装備する。

もちろん Wi-Fi と Bluetooth/NFC を搭載。スマートフォン用アプリ「Camera Connect」を使えばカメラ内の画像一覧やリモートライブビュー撮影が行える。また BLE 対応のため、スマホとカメラを Bluetooth 接続しておけば極低消費電力で接続を維持。画像の転送や閲覧などをしたいときにスマホあるいはカメラから操作すればすぐに Wi-FI に切り替わる。

動画撮影はフル HD解像度の 60 フレームまでサポート。EOS M5 に採用された 5軸手ブレ補正の「動画電子 IS」を搭載しているほか、デュアルピクセル CMOS AF による高速で滑らかな AF も可能だ。

参考サイト
  1. 「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」登場:ITmedia
  2. 写真で見る「EOS M6/9000D/Kiss X9i」:ITmedia

【主な仕様】
撮像素子APS-Cサイズ CMOS(約22.3×14.9mm,デュアルピクセル CMOS AF 対応)×1
有効画素数 約2420万
光学系レンズマウント キヤノンEFマウント
シャッター速度 1/4000~30秒,バルブ
モニター 3.0型(約104万ドット,タッチパネル)
光学ファインダー(倍率 ×0.82,視野率約95%)
内蔵ストロボ ガイドナンバー:約12
露出制御測光方式 7560画素RGB+IR測光センサーによる63分割TTL開放測光評価測光(すべてのAFフレームに対応)・部分測光(中央部・ファインダー画面の約6.0%)・スポット測光(中央部・ファインダー画面の約3.5%)・中央部重点平均測光
測光範囲 EV1~20(常温・ISO100)
撮影モード かんたん撮影ゾーン:シーンインテリジェントオート、ストロボ発光禁止、クリエイティブオート、ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、スペシャルシーン(集合写真、キッズ、料理、キャンドルライト、夜景ポートレート、手持ち夜景、HDR逆光補正)、クリエイティブフィルター(ラフモノクロ、ソフトフォーカス、魚眼風、水彩風、トイカメラ風、ジオラマ風、HDR絵画調標準、HDRグラフィック調、HDR油彩調、HDRビンテージ調)応用撮影ゾーン:プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出
ISO感度 100~25,600
露出補正 手動:1/3、1/2段ステップ±5段AEB:1/3、1/2段ステップ±2段 (手動露出補正との併用可能)
フリッカー低減 可能
画像処理ピクチャースタイル オート、スタンダード、ポートレート、風景、ニュートラル、忠実設定、モノクロ、ユーザー設定1~3
ホワイトバランス オート、プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、マニュアル、ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング可能
ノイズ低減 長秒時露光、高感度撮影に対応可能
画像の明るさ自動補正 オートライティングオプティマイザ機能搭載
高輝度側・階調優先 可能
レンズ光学補正 周辺光量補正、色収差補正、歪曲収差補正、回折補正
静止画記録最大解像度 6000×4000 ピクセル
記録方式 JPEG, RAW(14bit), JPEG + RAW
連写 最大約 6.0コマ/秒,最大 190コマ
動画記録最大 1920×1080, 59.94p(記録方式 MPEG-4 AVC/H.264)
音声 ステレオ
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード
インターフェースUSB2.0端子×1
HDMI×1
外部マイク入力端子(Φ3.5mmステレオミニジャック)×1
リモコン端子×1
ワイヤレスリモコン×1
無線LAN IEEE802.11b/g/n×1
Bluetooth 4.1×1
NFC×1
本体サイズ(幅)131.0×(奥行)76.2×(高さ)99.9×(直径)×(全長)ミリ
本体重量約 540グラム
電源リチウムイオンバッテリーパック×1

ラインナップ







最終更新日  2017.02.22 12:33:20
コメント(0) | コメントを書く

全323件 (323件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.