198010 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

前を向いて歩こう

SPACE BATTLESHIP ヤマト


12月3日朝

昨日の感動覚めやらず、というか

心に溜めておくことができなくて。




ヤマトはやっぱりヤマトだった。

突っ込みどころが満載なとこも、
理屈ぬきで、無理やり感動させちゃうとこも。



アナライザー、ちっちゃくなっちゃったと思ってたら、
いきなりあのデザインで、戦闘ロボットになっちゃったよ・・・・

でも声は同じ。
すごすぎ・・・
アナライザーはうれしいかもね。


軽いとこからしか入れない。



雪・・・・・


なぜにパイロット?

と思いはしたけど、

あの展開なら、この位置しかないか、とも。


スターシャを初めて古代が見たとき、雪と見間違えたから、
ある意味、雪がスターシャになっちゃった(?)のもおもしろいかも。

でもやっぱり、子どもはいらなかったなあ。


それよりも、SF的には、
雪の体から、放射能除去パワーが放出されて
地球全体が青くなっていくところが見たかったなあ。


SF的といえば、
キャストの充実ぶりのわりには、メカがお粗末だったなあ

というより、ヤマトとコスモゼロ以外は出てこなかったというか・・・

ヤマトのメカは、私が見てもどれも美しいフォルムで、一見の価値があるのに、
とっても残念。

ヤマトは美しい映像になってたから、うっかり納得しちゃったけど、
質感のないブラックタイガーとか、
変形しちゃったコスモゼロとか、悲しい。。。

なにより、デスラー艦がでないのは~~

ガミラスの戦闘機はともかく、ガミラス人はエイリアン??

と思ってみてたら、ET?

みたいな、いきなりアメリカSF・・・・

生々しいというか、爬虫類的というか・・・・




でも、そういう突っ込みどころ以上に、
私には、

キャラクターの声と外見が、思ったよりヤマトだったことや、
宇宙空間の映像が美しかったことや
なにより、ヤマトのテーマやスキャットが
世界を盛り上げてくれていました。


もともと声や音のが私には、強く訴えられるので、
声音や声の演技や、音や音楽で十分浸れちゃったりする。


キャストは、良くぞここまで似せれたなあと。

っていうか、主役になる人ばっかりで。
さすがヤマト。


アニメヤマトも、キャストはその後主役になる声優さんたちばかりで、
めっちゃ豪華だもんね。


ヤマトって、それだけたくさんの人に思われてて、
その分、思いいれもあって批判も大きくなっちゃうんだよなあ。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.