012688 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

色々な趣味を試してはまろう

色々な趣味を試してはまろう

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

カテゴリ未分類

2011.06.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

初めてですが、英会話の勉強を少々してみようかと思い、気楽に参加できそうな
オンラインの英会話教室へ参加して見ました。
実際はSKYPEを使用してマンツーマンですので、気兼ねなくできます。

相手は、フィリピン人でしたが、美人さんも多く会話が弾みます。時間帯もほぼ日本
と同じなので、気兼ねなく予約できました。

値段も比較的安価で、通うこともないので帰宅さえできれば、終了後は寝るだけです。

いやいや、便利な世の中になりましたね。スマイル






Last updated  2011.06.01 23:48:17
コメント(0) | コメントを書く


2006.02.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今日は、久しぶりにバイクのエンジンに火を入れました。2ヶ月ばかりエンジ
ンをかけなかったのでセルが回るか心配でしたが、バッテリは全く普通で若干エ
ンジンがチョークをあけないとかかりにくいようなだけでした。よく、「バッテ
リーをつなげっぱなしにしていて2~3ヶ月おいておくとバッテリー上がりとな
つてしまう」ということをききますが、そんなことがなかったことになります。
たしかに、最近のバイクは電装品がいっぱいついてますから、そういうこともあ
るんでしょうが、私のバイクはチョークが着いているくらいのバイクなので、止
めておくだけで電気を食うようなものはついていません。そんな理由なのでしょ
うか。また、昨年くらいにコネクターを一旦はずしてつけ直すような整備をして
漏電を防いだのが効いているのでしょうか。どなたかわかる方、教えてください






Last updated  2006.03.18 18:56:51
コメント(0) | コメントを書く
2006.01.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
--- からのメッセー
ジ:久しぶりに書き込みます。身辺で異動があり、なかなか趣
味に手がまわらない今日このごろとなってしまいました。今日
は、関東地方で朝から雪です。
雪は久しぶりなので少々うれしくなって買物に出褂けました。
趣味の1つ、写真関係のショップをのぞき、欲しいレンズを物
色。ちょうどいいものがなく、退散となりました。最近は、ー
眼レフ以外にデジカメー眼も入ってきて選択肢は増えましたが
ユーザーサイドでの値段設定になっているかは疑問です。特に
売れているメーカーほど高止まり、不思議です。さくじっは、
コ二力ミノルタがカメラから撤退。アルファー7000シリー
ズなどが有名ですが・・・。なんともおかしな世の中だなぁと
思うこのごろです。






Last updated  2006.01.21 14:59:12
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週は、愛知万博の話題です。
愛知万博は実は先週に行きましたが、運悪く?午後は雨で、雨
の中、パビリオンの列に並ぶことに。けれども、この雨のおか
げか、暑いと言うことはなく、なんなく2時間程度の列に並ん
でいられたことは良かったと思います。今回初回ということも
あり、通常通りの瀬戸会場にリニモで行くパターンにしました
が、9時30分ころ入口についたものの50分程度はゲート前
で並びました。持ち物検査があるためで、荷物は中を見せなけ
ればならないし、金属探知器でボディチェックはあるしと、結
構いらいらしました。入ったら、今度は並び列に並ぶことにな
り、万博にいるのかなんなのか、よくわからない状況であるこ
とは確かです。並んでいる間の楽しみもあるといいのに、と思
います。少なくとも、パネル展示で何かの紹介をしたり、大道
芸人が楽しませたりしていれば、だいぶ違うのでは。それから
、ネットで事前に予約ができるシステムがあると聞いてやって
みましたが、すでにほとんどのほぼ99%が予約されていて、ま
ったく機能していませんでした。その割にはHPにつながりに
くく、つながってユーザー登録しても予約ができないときてい
るので、悪徳商法と変わらない?ような気がしました。
 今回は、3カ所ほど観覧しましたが、よく考えられていたの
はガスパビリオンでしたね。結構楽しくみることができました
。電気パビリオンは最悪(みてもつまらない)でした。また、
目玉のマンモスは整理券をゲットしての観覧でしたが、まだ、
頭皮がついたままの部分があり、もっとよく見てみたいと思い
ましたが、ベルトコンベアーで流されるので短い時間となって
しまいますので、これからという方はご注意を!他、海外のパ
ビリオンは、物産展みたいなところと楽しませるところとバラ
バラでしたが、普段見たり聞いたりしない国のパビリオンはお
もしろいと思いました。時間に余裕があればまた行ってみたい
と思います。






Last updated  2005.07.18 21:51:52
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
 突然ですが、腰を痛めてしまいまして3~4週間位はパラを中止することとなりました。なぜかというと、直線の階段をサンダルで降りている最中に踏み外してしまったからです。現在は、療養中ということで(^_^;
 ・・・ということで色々な趣味がここで登場ということとなります。現在、体は乗り物には乗れても、しゃがんだり、持ち上げたりといった動作が非常にきついので基本は動かないもの・・・ということで、久しぶりに「アマチュア無線」を少々やってみました。ここ最近は、愛知万博等で特別記念局(無線局)が開局していたり、夏休みも近いということで無線関係のイベントも結構色々あります(ネットで調べてみてください)。無線の楽しみとしては、仲間との連絡手段として利用するのが一番多いのですが、初めての地域でいきなり無線を通して仲間ができるということが一つのメリットでしょう。というのも、無線局として電波をだし、言葉を交わすことがコミュニケーションのひとつとなっており、その会話の中で、オススメスポット等を聞き出せれば、地元の人しか知らない情報を入手することもできます。
 また、無線技術は難しいのですが、電波の届きやすい場所やそうでない場所の判別、山に囲まれていても湖があると遠くまで届いてしまうという特性、などなど、携帯電話も無線機なのですが、まず、意識しないようなことを体験できます。場合によっては、いつもの無線機で海外まで電波が届いてしまうこともあり、びっくりすることがあります。
 仕事の時間となってしまったので続きは次回にさせて頂きます。m(__)m






Last updated  2005.07.05 13:19:53
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今回は、空気の動きについて気づいたことを書いてみようと思います。
毎週末遊んでいるパラグライダーでは、上昇気流を使って上昇することで浮いていることが可能ですが、上昇気流はむやみやたらとそこら中にあがっているものではありません。また、上昇気流にはある条件がそろっていないと上昇しないという癖があるようです・・・。
 通常空気は、太陽などで暖まります。その暖まった空気の固まりは、地面をはうようにして風などにより移動します。また、雲などで太陽が隠れるとそこの部分は暖まる速度が若干周りにくらべて遅くなるため、その温度差などでも動くようです。それが、舗装道路や家屋等、急激に温度が変わったり、空気の移動を遮るようなものがあるとそこで地面から暖まった空気が離れ、上昇をはじめる・・・といったことで上昇気流が発生します。そのようなきっかけがないとなかなか上昇気流は起きません。

 そのような上昇気流を使うスポーツ、パラグライダーは、実はさまざま目に見えない気象条件を読みながら飛ぶスポーツなんですね。(*^_^*)






Last updated  2005.06.21 13:18:30
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ここ最近は毎週末、筑波のパラグライダーエリアへ通勤?しておりますが、さすがに雨や曇りのち雨といった天気になるとエリアに行くのことに尻込みしてしまいます。天気予報も気象庁の天気予報やヤフー天気予報、その他マピオンの天気予報等を見ていきますが、天気予報の仕方が違うのか、結構予報の表示が違います。この理由が分かる方、いらっしゃいますか?予報・発表時刻は同じでもです。(天気予報(ピンポイント予報)が全国一緒ではないことを知らなかった人も結構いると思います)

 パラグライダーでは雨以外の晴れや曇りでしか飛べず、また、風が強すぎても飛べません。だから、快晴であっても飛べないことはしばしばです。そのあたりはスキューバーダイビングや山登りといったレジャーと違うところです。こんな天気予報がばらばらでは迷います。「観天気で予報しました」とか、「高層天気図」等を根拠にとか、特徴がわかるようにしてもらいたいと個人的には思っています。

 それから、高気圧と低気圧の設定が結構いい加減だとも聞きました。高気圧と低気圧の境界上では風向きが変わったり天気が急変したりしています。その微妙なところをもう少しピンポイントで解説して欲しいと思います。ついでに、天気予報の説明の中で「寒気が張り出していて雷や雷雨が起こりやすいでしょう」などと説明しますが、どこにその”寒気”という存在がわかるのでしょうか。どなたか、どこかのHP等でその表示(寒気や暖気など)をしているのを知っている方は教えてください。気象予報士の資格でもとればわかるのかなぁ~(^_^;






Last updated  2005.06.06 13:12:49
コメント(0) | コメントを書く
2005.05.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「トップアウト」と聞いてなんだか分かりますか?
実はパラグライダーの世界では、テイクオフから飛び立ったときにその高さより高く上昇することをトップアウトといいます。パラグライダーを始めて間もない頃はなかなかこの「トップアウト」ができません。なぜなら、上昇気流に自分の機体を載せることができないからです。そのトップアウトが今回非常にやりやすい状況だったので挑戦して成功したのです。講習生の段階では、慣れないとなかなかできません。もちろん、パイロット免許を持っている人は、なんなくこなします。
 今回は、上昇して約800mくらいまで上がり、周りの視界に遮るものがなく、風速も適度だったので快適でした。筑波山もよく見え、遠くは霞ヶ浦まで見渡すコンディション。
 パラグライダーをやったことがなかったら、体験とパイロット一緒に飛ぶことができるタンデム飛行をオススメします。






Last updated  2005.05.31 13:04:43
コメント(0) | コメントを書く
2005.05.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
早速日記をはじめたいと思います。
今回は、パラグライダーの話になりますが新潟県・舞子後楽園スキー場に上越のパラグライダーのエリアがあります。2005年の今年は、オープンが例年より多い雪のために遅れて今日5月21日となりました。
 天候は晴れで非常に穏やかで、パラグライダーびよりとなり、パイロット達は極楽飛行を楽しんでいました。私はというと講習生の身分、練習にいそしみました。舞子では、約9ヶ月ぶりで、また、校長が講習ということで飛行中の誘導もなく1本目は気ままにあがりそうなところへいくと・・・若干のトップアウト(飛び立った高さより上昇すること)・・・。その後は、課題を自分で作ってのぶっ飛びフライト(特に上昇せずにランディングすること)をしました。その後は、風が強めだったのでグラハン(グランドハンドリングの略・・・地上で羽を立ち上げたり挙動を観察したりする練習のこと)を2時間ほど実施。
 2日目の22日は、2本飛行で2本目をリッジ飛行(山に沿ってあがってくる吹き上げ風を利用した飛行方法)を堪能しました。なかなか、この条件に当たることが少なく、今回はラッキーでした。
 パラグライダーは、地上とは全く違う視点で空を楽しむことができ、なんとも言えない浮遊感覚も同時に楽しめます。現地に行って練習する気があればきっとつぼにはまることでしょう!やってみたい方、連絡くださいね。体験などをご紹介しますよ。






Last updated  2005.05.22 23:56:21
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.