582990 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

田畑見聞記

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


パルアップ

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

全436件 (436件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

2019.09.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


 写真は9月12日の「いちごさん」の育苗状況です。異常な天気のせいで病気・害虫と苦労続きと言われていましたが、苗数も揃い検鏡次第では定植の予定と畝作りに励まれておられました。半月前の佐賀の大雨で苗場はぎりぎりセーフ、ハウスは水没でなかなか乾かずに天気が恨めしいかぎりです。

 前作は「さがほのか」「いちごさん」3:1の作付けで、花が遅い、果形がイマイチと「いちごさん」に思案されていましたが、施肥を検討された後、成育が改善して「さがほのか」の30%増になったそうで、今作は全量「いちごさん」で行くそうですが、この後訪ねた佐賀南部地区では「いちごさん」への取り組みはあまり聞かれません。前作「いちごさん」で何度かアップしたN.Hさんは「さがほのか」の200%を達成して全量切り替えておられますが、経済作物としてイチゴを考えると「いちごさん」が正解と私は思います。

 次の写真は糸島市の9月19日の早だしモノの「あまおう」です。



 糸島地区は定植までの屋根かけ、白黒の先マルチ掛けが主流でスムーズに定植までの作業が進んでいます。この後根張り促進に屋根を解放しますが、異常な天気を考えるとき、また省力性に比重をおくと、この方法も一考に価するかも知れません。元肥は減らす方が増えてきましたし、白黒マルチの穴ピッチも27~30cmと広めが用意されて、イチゴの自立性を促すような感があります。

 朝晩はやっと秋らしさを感じるようになってきました。イチゴの定植も今しばらく続きますが、引越ししたときの私達と同様不安な状態になりますので、お天気、病害虫、水遣りと十分なチェックをお願いします。一番で良い根を作ることが何より大切です。

 我が家の種採りトマトも少し元気が出てきました。







Last updated  2019.09.23 19:18:39
2019.09.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
イチゴ農家さんは早出しモノの定植が始まった頃かと思いますが、今日からのお天気の週間予報はご覧の通り



 定植後で一番肝心なことは温度と水分ですが、ほぼ全国的に晴天続きで気温も札幌と仙台を除いて30℃以上の真夏日が予想されています。この調子ですと高夜温のために光合成で出来たグルコースが根に下りにくくなり、根の活着が懸念されるとともに水不足も要注意となります。対策として根の活着までの寒冷紗の使用や適切な水遣りが望まれますが、余りに頻繁な水遣りは下がっていく水よりも上からくる水を根先が追って、上根型の根になりやすいので注意が必要です。この時期稲刈りやダイズの消毒など繁忙期になりますが、イチゴの出来不出来を左右する根づくり期だけに心得た対応が大切になります。

 全国各地で異常な天気が続いていますが、そのせいか地床育苗でコオロギがイチゴ苗のクラウンを食害するという初耳の情報がありました。本来コオロギが棲む草むらの雑草も日照り続きや大雨に抗って懸命に生きていると推察されますが、適時水と肥料を人に与えてもらうイチゴ苗とでは「美味しさ」が違うのかも知れません。問題なのは草むらに戻らずに育苗場に居ついてしまい、食害域が広がる傾向にあることで、将来コオロギ駆除の対策が求められるかも。

 題記に話を戻します。人ではなくヒト、苺ではなくイチゴとカタカナでの表示は生物学的で、生物学的に分類するとヒトとイチゴは真核生物という同じドメイン(領界)になります。私らの子供の頃は人は万物の霊長と習い、ピラミッド型の生物層の頂上に置かれていましたが、今の科学による系統樹では



動物と植物は隣り合わせの小枝となっています。キノコやカビなどの菌類も同じドメインで、他のドメインとしてはバクテリア(細菌)とアーキア(古細菌)があり、どちらも原核生物です。バクテリアは私達の病原としても身近ですが、アーキアは想像もつかない環境で生息し、田畑で稀に発見されるのはメタン生成細菌や太陽熱消毒にも平気な高熱細菌くらいです。

  バクテリアとアーキアはどちらが先に生まれたかは決着がついていませんが、私達の遠い祖先に当ることは間違いなく、今の私達に有用なのも有害なのもおり、無関係に生きているのが多数と言われているのは田畑に生息する生き物とも共通するものがあります。ただ田畑で皆さんが困っておられる病害の80%近くは糸状菌と呼ばれるカビ菌で私達と同類ですが、病害性のバクテリアも含めて彼らも増殖しなければ悪さをすることは無いので、彼らの栄養となる窒素を控えることが対策の第一になるはずです。





上は動物の、下は植物の細胞の電子顕微鏡の写真で、素人眼にはよく解りませんが説明されている細胞内の核や小器官はほぼ同じ、植物には液胞(細胞の大半を占めることで動物細胞よりも数倍大きくなる)、葉緑体、細胞壁が備わっているのが違いで、植物の細胞の働きが我々動物と異なるのはこの三つによります。つまり動物は脂質、糖質、タンパク質という三大栄養素を植物が作ったものに頼っていますが、植物は自分の細胞内で水、炭酸ガス、ミネラルを材料に太陽光をエネルギー源としてそれらを生産できることに凄さがあり、更に我々が排出した炭酸ガスCO2を吸収し、私達動物に不可欠な酸素O2を供給します。

 ヒトとイチゴは真核生物というドメインのもと動物界と植物界に今から三十億年以上前に枝分かれしますが、未だに動物でもあり、植物でもあると言われているのが上の系統樹の中にあるミドリムシです。ユーグレナとも呼ばれるこの生物は細胞の特徴もエネルギーの作り方も動物植物両方の仕組みを持って、環境に応じて生きるためにどちらかを働かせています。

 つまるところあらゆる生物は子孫を残すために生きており、大半が命を無くすような逆境に出会っても生き残った一部が耐性を得て、子孫を繋ぐ力を向上させていくことは分子遺伝学の分野でも明らかになっています。病害虫と言えども彼らは子孫を残すために生きており、農業生産者さんに被害を与えたことは結果であり、目的では決してないはずです。地球上で40億年前に生を得て、片や単細胞の菌のまま、片や多細胞の動物や植物と進化した生物であっても共生している以上、お互いの立場を尊重することは重要ではないでしょうか。

 私はお訪ねする農家さんに「2~3%の病虫害は彼らの取り分」とお話しています。100%収穫するために農薬に頼ることは決して長続きするものではありませんし、コストや労力からみても得策とは思えません。数世代にわたって判断をすれば地力の喪失などなお更になるかも知れません。病害虫や病害菌と言われているモノたちも自然循環に一役買っていることも少しずつ明らかになり始めています。

  あと一つお話していることは「自分と同じようにイチゴと付き合いましょう」です。自分がイチゴになったとすれば、もっとも望ましい栽培のあり方が見えてくると思います。ヒトもイチゴも同じ真核生物、良い子孫を残したいという思いに違いは無いはずです。量との共存は確かに難しい問題ではありますが・・・


(図及び写真は青土社、講談社、培風館発行の図書から引用)






Last updated  2019.09.11 23:14:51
2019.08.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​ 酷暑に悲鳴を上げていたかと思うと、先週末からはまるで梅雨を思わせる雨続き。温度も25℃辺りで一気に秋半ばが訪れて、夜半は掛け布団を引っ張り出す始末です。予報でも今週一杯は雨続きで、雨による警報も途切れることはありません。仕事にならないのは私ばかりではなく、農家さん中でも育苗の仕上げにかかっているイチゴ農家さんは、いても立ってもおれない心境と拝察します。

 ここ10日ほど朝晩の気温が下がり酷暑が一息つくように感じられていましたが、同時にイチゴの葉に炭ソ病の斑らしきものの報告が増えてきました。念のための薬散もままならず、この長雨では伝染拡大も心配されますが、お天気はどうしようもないので回復次第適切な対応が望まれます。

 炭ソ病や萎黄病、疫病などの立枯れ病は株の死滅につながるので一番やっかいな病気ですが、あまり広がらずに苗数が確保出来るようでしたら、神経質になる必要はありません。怪しい奴は風下の離れた場所に隔離して、健全な株の健康維持に努めましょう。鉢の残肥は取り出してSi22の2000倍液を2~3日おきに散布すれば大きな問題にはならないと思いますが、鉢にゼニゴケがわいているのは要観察としてください。

 苗数が足りそうになく、怪しい株を改善する方法はSi22の500~1000倍液を天気のいい日に2~3日おきに3度ほど芯打ち散布して、新葉が展開してくれば大丈夫です。出ないやつは処分するほうが賢明です。





 写真はアスパラガスに今作からSi22Si25を使い始めた佐賀県鳥栖市のFさんからいただいた「ニガウリ」です。自家用に散布残りのSi22で育てたそうですが、8月9日にいただいて2週以上になりますが硬く表皮もしっかりして、あと2回ゴーヤチャンプルでいただけそうです。スーパーで買ったニガウリでは1週が勝負ですが、Si22が細胞壁をしっかり作るので品質とともに日持ちも評価されそうです。

​​​​​






Last updated  2019.08.27 15:46:18
2019.07.31
カテゴリ:カテゴリ未分類


 写真は本日午後3:30分の3寸ポリポットの地温の表示です。3種類の紙ポットも計測しましたが、いずれも38℃で気化熱どうのこうのの世界ではありません。このシンワの測定器は土壌の温度、水分、酸度と照度(お日様の強さ)が測れる優れものですが、デジタル画面が見えるように私の影で撮ったので最上部の照度メモリはHGHーとなっていますが、陰から出すとたちまちHGH+に変わり60,000Lux超を表示します。


 上の写真のサトイモの隣に植わっている日なたのトマトは、葉っぱを折り曲げて少しでも陽を避けようとしているようです。



 少し離れた寒冷紗の下のトマトは普通に陽を浴びています。光合成に日照は大事ですがやはり「ちょうど良い」が肝心のようです。



 日なたの気温は42℃、湿度25%で、私も写真を撮り終えたら冷房中の室内に退散です。熱中症への注意は人間ばかりでなく、植物にも同様で動けない植物には栽培者の配慮が欠かせない地球温暖化の現象と言えます。



 寒冷紗を架けた種採りトマトは6月中旬の定植後、1番は果が留まりましたが2番3番と暑さのために花が育ちません。あと半月ばかり朝夕の涼しさが訪れるのを待つ他なさそうです。


 この猛暑、酷暑のもとイチゴの育苗、本当にご苦労様です。お身体第一ですがイチゴは水遣り第一ですので、くれぐれも水不足にならないようご注意ください。ウドンコは暑さのせいで中休み、立ち枯れ病は要注意の感があります。






Last updated  2019.07.31 17:35:42
2019.07.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​
7月12日の「あまおう」


同日の「さちのか」

 6月の雨不足で田植えが遅れ、イチゴ苗の生育もやや停滞気味でしたが、なんとか苗数も間に合い親株との切離しが進められています。順調に育った苗では葉欠きも始まりましたが、温暖化のせいで高温や大雨や日照不足などの異常気象も多く、ご苦労が絶えない方も少なくないようです。

 これまでの育苗ではヒメヨコバイ、ヨトウムシの後、カナブン、バッタなどの虫害が見られ、ウドンコ病、立枯れ病の病害も例年よりは多いように思います。この先葉欠きを励行して葉数の少ないうちに病虫害の早めの発見と対処を行って下さい。

 先週は沖縄にマンゴーとイチゴを見に行ってきました。Si22Si25の施用で開花時に対照区と較べて優位な差を見せていたマンゴーは収穫期となり、成育状況と品質の比較が目的です。結果から言うと大きな差は得られませんでしたが、開花時の花の数と質がSi区が優れたために少し多めに花を残して、Si22と水だけの試験区、対照区はマンゴー肥料と農薬投与で従来通りの栽培の現状で病害は大差なし、数量、品質、糖度はSi区が数パーセント勝るかなとなりました。この後も袋をかぶったマンゴーの収穫が続くので本当の結果は収穫完了後になりますが、生産者のAさんは試験区のコストが30%ほど低減したことを喜ばれ、一作で目に見えて変わるはずもないので数年は続けてみたいと言われています。
 イチゴの苗作りも興味津々で尋ねましたが、苗作りはまだ「沖縄でも育つか?」と手探りに近く、本圃用の苗は大半本土からの購入とのことで、期待外れに終わりました。花芽分化を確認して本土から送るとなれば、大変な手間隙、コストになると思われますが、当地のイチゴビジネスは本土の感覚とは全然違うので、流れ全体を把握しないと良否の判断が難しいと感じさせられました。
​​​​​
 沖縄のイチゴ育苗に有効かナと思いつつ、全国の育苗にも広がりつつあるのが紙ポット育苗です。農研機構が十数年前に提案研究した紙ポット育苗ですが、Si22ファンの南瀬高のMさんに現地試験を依頼していたことで、ポット地温の低下にプラスとは同意するところでした。農研のレポートはネットにありますが、我が庭先でも3種の紙ポットを準備して「あまおう」の苗を挿して体験を始めました。土の容量もバラバラなので正確性には欠けますが感触がつかめればOKということで。






Last updated  2019.07.16 11:40:29
2019.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類


「あなたが生きるために三度々々ゴハンを食べるように、作物も生きるために肥料が要ります」と、言われれば、つい「そうですね」となり、「NPKが主食でカリ=根肥、チッソ=葉肥、リン=花肥、実肥」と続けられると「なるほど」と頷くことは仕方ないことのようです。

 戦後、食糧難の解消に密植、多肥で増産に走ったことは正しい政策と言えますが、金肥、堆厩肥、ボカシなどの手とヒマのかかる肥料から、少量で効果が高く臭わない化学肥料を多用し始めた頃から農業は道を外れて来たのかも知れません。今、各地の農業試験場では肥料の入れすぎと有機物不足による地力の低下に注意を喚起していますが、声がちいさいのか生産者さんに届いているようには思えません。農家さんも大半は量=収入ですから肥料減=収入減と捉えて減肥キャンペーンに賛同する方は限られているようで、入れ過ぎた肥料は作物が自分で生きていく力を弱らせるので、農地の劣化が心配されます。私達もお腹いっぱい食べるよりも、腹七分八分のほうが消化にも健康にも良いのと同じです。



 空気は酸素というイメージがありますが、酸素の4倍近くはチッソです。そのチッソを植物の根が吸える形に変えてくれるのが窒素固定菌、土中にチッソが増えすぎると土の健康が損なわれるので、空気中に戻す役割が脱窒菌。自然は両者がちょうど良いバランスを保っていますが、圃場などで投与チッソが多過ぎると彼らはミミズと一緒に数を減らし、代わりにチッソ大好きな病害虫が増えてきます。チッソはタンパク質やDNAの生成に不可欠な元素ですが、多過ぎたときの弊害(地力の喪失、菌叢の崩れ、病害虫の繁殖等々)は簡単に解決できるものではありません。一世代だけの農業ならいざ知らず、何代も後継者がつながる農業は「ちょうど良い」をあまり超えないほうがコツなのかも知れません。

   2月19日のブログに報告した岐阜のS.Tさんの「美濃娘」イチゴの今作は、反収で5トン後半と報告がありました。ここ数年品質には高い評価を得ておられるとのことでしたが、確かめてみたいと四日市公設市場と大手流通の方々が訪問し、なりようとともに収穫1週後の品質にも驚かれたと連絡がありました。ご夫婦お二人の生産にはちょうど良い収益のお仕事と感じますが、品質が売値に反映される売り方も今後ご提案できればと思っています。






Last updated  2019.06.19 15:50:10
2019.06.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​ 先月東北3県を駆け足でまわってきました。3月に続いて二度目ですが、一番気になっていたのはりんごの黒星病です。福島から青森にかけて結実→開花の状況でしたが、黒星病の気配は出始めているとのことで、クスリへの耐性菌となっているだけにこの先が思いやられそうです。各県とも代替の消毒法を指導されているようですが、それらのクスリにも耐性が疑われるだけに悩ましいところでもあります。

 関係者数人の方にSi22 を試験してみることを提案しました。黒星病は糸状菌(カビ菌)の中の子のう菌の仲間でイチゴのウドンコ病と同類になります。Si22のウドンコ病への効果のほどは全国的に評価を得ており、ナシの黒星病への改善例も数件報告されています。九州ではりんご腐らん病への効果も数例あり、試すだけの価値はありそうですし、使用回数が制限される農薬と違い登録肥料のSi22には制限が無く、効果も使用回数に比例することが多いので安心して使用いただけます。

 3県とも田植え期の真っ只中でしたが、植え終わった田圃には肥料過多の傾向がみてとれ、りんご黒星病の一因ではと感じるものがありました。病原菌はどこにでもいますし、消毒で「0」にできるものでもありません。病原菌が「病原」となるには10の13乗倍ほどに増殖し、初めて毒素を放出できるようになりますが、チッソ過剰の環境がかれらの増殖にはもってこいになり、少肥とSi22の使用は天敵菌を増やしてその逆になります。初期病状の発見に適切にクスリを使用することは大切ですが、クスリ任せでなく作物の健康性を維持する栽培はもっと大切だと思います。

 宮城県亘理町を常磐道で通過中に田圃から湯気がもうもうと立ち上がるのを目の当たりにしました。津波に襲われた田圃でしょうが、弊害でなけれ・・・ばと感じました。


びっくり

 
​​​​






Last updated  2019.06.03 15:25:29
2019.05.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​ 10連休が終わり、今作のイチゴ作りも終盤となりました。夏日や寒の戻りの日々でさぞやイチゴも面食らっていると思われますが、生産者の皆さん、出来栄えはいかがでしたか?
 私が拝見する範囲では量はイマイチ、金額はやや良と判断しました。全体的には9月の定植後の高夜温が葉で出来た糖の根への転流を妨げて、一番の根の不出来を誘い、株の負荷過剰となって2~3番果へ影響が出たように思われます。2~3番がそこそこに収穫できた方は高値と相まって収益増に恵まれた模様ですが、良否の差はまた拡がったように感じます。流通では加工用が不足気味でまだ要求が続いていますので、採れる方はもう一頑張り、苗づくりと合わせてやられてみますか。

 今年デビューの佐賀県の「いちごさん」はこれまで2回アップしましたが、初出荷の華々しさと較べると、やや尻切れトンボの感が残りました。問題なのは生産量が少なく流通の要請に追いつかなかったのと、今作を通じて生産者さんの?が解消されなかったことと言えそうです。Si22ファンの方も作られているのは数えるほどで実態を捉えきれていないかもしれませんが、前2回ご報告のN.Hさんのおととい収穫の「いちごさん」をお知らせいたします。





 数日前にイチゴ狩り希望者が未熟果まで採った残りとコメントされていましたが、味、形、色艶、硬さ、糖酸バランスとも申し分ありません。一番感心することは収量が「さがほのか」の倍以上、更には5月一杯は収穫出来そうで、次作は作付けを倍増しようとのことです。N.Hさんの「いちごさん」と「さがほのか」を見させていただいて「いちごさん」が<正解>とわたしも思います。作り方の基本は少肥とSi22と手入れ。

​​ 品種と栽培法はクルマの両輪で、両方がマッチしないと思う成績は望めません。「いちごさん」の栽培指導の詳細は存じませんが、「さがほのか」を凌ぐ良品種と判断できるだけに、ぜひ衆知を集めて2年目の飛躍に期待するところです。

 定植後の熱帯夜対策としてドライアイスの使用をSi22ファンに提案しています。次作はやってみようと言う方が複数おられますので、好結果が生まれればご報告させていただきます。






Last updated  2019.05.11 11:20:33
2019.04.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここ数ヶ月、ある方の紹介で市場と市場と契約栽培をなさっている農家さんへの訪問が増え、決算業務とわたしのサボタージュも加わって、ご無沙汰が続いて申し訳ありません。お知らせしたいお話も数ありましたが、ついそのままになり反省しております。この後折りに触れてご案内していきたいと思っておりますが、その前に題記の薀蓄をアップさせてください。



 4月11日の朝日新聞の記事ですが、地球から5500万光年離れた銀河「M87」のブラックホールを世界で始めて捉えた写真として掲載されました。光のスピード(秒速30万km)で5500万年走った先の天体の写真を撮ることなど私の理解力が及ぶ範囲ではありませんが、宇宙の大きさ(約130億光年)からすればほんのお隣さんのようです。望遠鏡が始めて作られて400年ほどですが、人類の叡智の発展には目を瞠るばかりで、どこまで行くかと思うと不安も覚えざるを得ません。

 当然、我々の目で見ることは叶わず、本当かどうかは研究者を信じるかどうかに重なります。同じ頃初めて作られた顕微鏡は反対に小さなモノを見る道具で、これも人類の叡智の発展に貢献してきました。私達生物の細胞や微生物やウィルスの姿を捉え、生命の神秘を解き明かす役割を担っていますが、レンズの向こうに見えるものは私達の目が見たものとは違っています。目は対象物の発する光を捉えて信号を脳に贈り脳がそのモノを認識する仕組みですが、目の構造上見える大きさや波長には限界があり、目から入る情報はわずか一部にすぎないにも拘わらず、脳の信用度はなぜか高いものになります。地動説や微生物の存在が社会に受け入れられるのに、長い時を要したこともその表れでしょう。

 何を言いたいのかというと、目に見えないところに「万物の原理」があり、ホモ・サピエンス(賢い人)と呼ばれる私達人類はその原理に近づくことが宿命とされているような気がします。原理が解っても変えることは出来ないことも解った上で、「知りたい」ことは止められない本性があるのかも知れません。日頃の題目とはかけ離れた話になりましたが、目に見えるところに集中するだけでなく、目に見えないところに思いをやることも大事ではないかということで・・・・






Last updated  2019.04.17 19:11:33
2019.02.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
​ 第一報は昨年12月12日にご報告しましたが、それから2ヶ月余り、同じN.Hさんの2月18日の「イチゴさん」です。






 N,Hさんは収穫中、私は所用で時間に追われていたために詳しいお話は聞けませんでしたが、感覚的には順調な成育と感じられました。平行して栽培中の「さがほのか」と較べても収量、品質とも優れるように見ましたが、この後巡回した佐賀県南部の「いちごさん」生産者さんのご意見にはバラツキがあり
1.花が遅い
2.果形が乱れる
3.ダニ、灰カビ病に弱そう
などの声を聞きました。
 
 花のバラツキやダニ、灰カビ病は今年の他産地も同様で、品種よりもお天気と対処法に課題があるのかも知れません。また1年目から合格点を取る新品種はあるはずもなく、試験場と生産者さんの共同で品種に見合った栽培法を見出すべきでしょう。課題1~3へはコストをかけずに対応可能と思いますので、Si22ファンにはご提案してみるつもりです。N,Mさんの両品種を見比べたとき、経済作物としては「いちごさん」を育てるほうが正解のように感じました。個人的には「さがほのか」は大好きなイチゴではありますが・・・








Last updated  2019.02.28 11:30:16
このブログでよく読まれている記事

全436件 (436件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.