190535 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パル山の会ブログ

PR

Calendar

Aug 3, 2018
XML
カテゴリ:山行・他報告
​8/1-2 西穂高岳 Nym*2​

8/1(水)☁ 横浜5:30⇒新穂高10:25⇒RW西穂口11:20⇒西穂山荘12:40(西穂口-山荘 上り1:30)

7/29(日)からの山行を予定してましたが、東海から九州への逆走台風のおかげで、8/1-2に変更しました。

当初の計画では、中尾民宿に泊り翌日登る予定でしたが、早く新穂高に着いたので西穂山荘まで足を伸ばしました。まだ8月初旬なのに、夏の花は終了期を迎えていました。花自体も小ぶりで不作の感じを受けました。

  
  10:25鍋平登山者用駐車場\300/日      10:40しらかば平RW駅
  
  11:15RW西穂口駅から登山開始        オオバタケシマランの実
  
  ハンゴンソウ                キヌガサソウ
  
  イチヤクソウ                11:20登山届提出所
  
  12:05西穂山荘への急登           12:40西穂山荘

8/2(木)☀ 西穂山荘3:45⇒独標5:30⇒ピラミッドピーク6:05⇒西穂山頂7:20⇒独標9:00⇒西穂山荘10:20⇒新穂高12:10⇒横浜18:00(山荘-西穂上り:3:35 下り:3:00)

天気待ちのおかげできれいな星空。西方に真っ赤な大きな明かりが見える。乗鞍の建物の明かりかと思ったが、現在大接近中の火星と気づく。こんな大きな火星を見るのは初めて。

真っ暗な中、ヘッドランプの明かりを頼りに一歩一歩足を上げる。Nysは昨日の疲れが抜けないらしく、足取りが重く不安定。独標の手前で夜明けを迎える。

独標からちょっと下り、最難関ともいえる2m位の左が切れ落ちた下り気味のトラバースをこなし、次々と出てくる岩場を進む。Nysが疲れ気味で足運びがちょっと不安定なので、ピラミッドピークの手前でショートロープに切り替える。

各ピークにペンキで数字が書かれ、「たぬき岩」など今までなかった名所なども出来ている。ゆっくりゆっくり進み、それでも3時間35分でやっと山頂へ。奥穂方面を眺めると天狗の頭からジャンダルムまでのそそり立つ岩稜が目に飛び込んでくる。8月末に予定のコースだが、ムムムという感じ。槍ヶ岳もよく見えました。

   
  
3:45山荘から登山開始           4:07丸山
  
  
トウヤクリンドウ              5:02笠ヶ岳と雲海
  
  
5:05左から西穂山頂、ピラミッドピーク、独標   5:26独標への上り
  
  
イワギキョウ                5:50独標からピラミッドピークへ
  
  
6:05ピラミッドピーク           6:52ピラミッドピークからの峰々
  
  
6:52上部が山頂直下の岩場         7:20西穂山頂
 
  山頂から槍~奥穂の展望












Last updated  Aug 4, 2018 08:27:37 AM
[山行・他報告] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.