ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

輝く素敵な女性と初☆ラジオ取材

パンダ4その子のよさ☆未来を信じるということブランコぱんだ





今日は午後国際交流に出かけた。親友のお誘いで


パーティというか親睦会に参加。NGO等諸外国のための活動をされている人たちの親睦会。


8才の車椅子の娘ももと3人で参加。



きらきら輝く素敵な人がいっぱいでした。



この子「笑顔がとってもいいわね♪」(お~親心をくすぐる誉め言葉←ただの親ばか)




突然思いっきり笑顔のパワーあふれる淑女に話しかけられた。



「私は子のこと同じくらいの頃は 目も耳も全く見えなくて聞こえなかったの」



「でもね 何度も手術を受けてこうやって少しみえるようになったのよ」


「今でもね耳はほとんどまったく聞こえないのよ。



 でも口元を見れば何を話しているか解るから」



まったくそんなふうには見えない彼女、、驚きました。



美しくきらきら光る瞳。そして心からの笑顔。




うわあ、、すごい人に出会ったと思った。




美しい民族衣装を身にまとった 品があり元気なパワーがみなぎる女性。



彼女は実年齢の70才にはとても見えなかった。(←これ嘘じゃないかと、、マジ思う)



今食べることができない子どもたちのためのNGO活動を行っているそうだ。


過去にそのような体験をしなかったら今の私はなかったと
おっしゃった。


こんなに素敵に年を重ねたいと思った。



「どんな状況でも未来を信じて、、子どもを型にはめちゃだめよ」


「もって生まれてた その子のよさが必ずあるはずだから



それを見極めて伸ばすのが親の役目。



子どもには子どもひとりひとりの与えられてたものが




 必ずあるから 



必ず未来を信じていけば



必ず人との出会いがあったり



道がつくから大丈夫よ」



と彼女からのアドバイス。




とても温かかった。




こんな素敵に年を重ねたいと思った。




そしてももさん会場内で突然の突撃インタビューにあう。



母はドキドキ、、(あ~変なこと言わないでくれ、、)



なんとかオッケー、、か?



思いっきり子どもらしかった。


しか~し



「・・・ももちゃんありがとう(*^ ^*)!」



「明日もまたきてくれますか?」とお姉さん。




もも一言







「無理です」





会場は





大爆笑だった。




子どもは「はい」といってしまいそうなものだけど、、



今回は 無邪気な子どもらしさが受けていたけれど



母は、、、、。




突然のラジオの取材にもあい、、



「会場に来ている子どもたちに聞きます(*^ ^*)♪」と




初インタピューを受けた娘。




これまた大丈夫か、、?(冷や汗ドキドキものでした、、、)



感動的な素敵な出会いのお話続きます







Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.