ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

どんなこともチャンス





私はいつもどう転んでも「よかったな探し」をします。

昨日体調を崩してよかったな、、と思いました。

なぜって?

私は体調を崩すと必ずその後たくさんの気づきがあります。

日頃の当たり前の生活が決して当たり前ではなくて

なんて守られていてしあわせなのだろうと。

普段当たり前になって鈍くなっていることを再確認します。

そして反省すべき点をはっきり心に感じて

どうやったらプラスにしていけるかをよく考え見つめることが

できるチャンスになるからです。

どんなこともチャンス♪

私のなかに「不幸」や「アンラッキー」はひとつも存在しません。

どんなことにも必ず学びと気づきがあることを私は知っているからです。




そして小さなしあわせを数えられることは

本当にしあわせなこと、、、



耳が痛くなって 

ももちゃんのお話をちゃんと聞いていたかな

こころで感じていたかな、、と

反省して 

どうしてあげたらもっと彼女が楽しめるのかな、、と。

そうそう

私はももちゃんはももちゃんのままで

あなたのままでいいといつも思っているのに

山のような宿題と数ヶ月のちに

普通小学校へ復学するプレッシャーで

補助もほとんど全くつかない状態ということで

チカラをつけなければ、、と無意識に焦っていたのだと感じました。



来週は計画を立てて楽しくゲームのように

遊んで学べるようにママも考えるね。

楽しい思い出になれるくらい楽しいやり方をママなりに考えるね。

次にももちゃんに会えたときに

「ももちゃんごめんね」を言おうと思います。

子どもと言えども「個」があるからです。

悪かったことは悪かったと認めて

ちゃんと伝えたいと私は思っています。

 一生懸命頑張ってることを誉めて

 ママが焦っていたことを誤りたいと思います。
 
 一緒にわかんないところを教科書見ながら

 繰り返して何度でも何度でもやってみたいと思います。

 時間はまだまだ十分にあるのだから、、、と。

 もものペースでゆっくりと積み重ねていきたいと思います。

すべてはママの私だったと思いました。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


私の心は今しあわせを感じて

ありがとう、、て感謝の気持ちでいっぱいになりました。

体調を崩したお陰♪(o^-^o)



しあわせは遠くにあるのではなくて

こうなったらしあわせと条件をつけるのではなくて

もうすでに与えられているもの。

毎日のないげない生活の中に

たくさん

それはたくさんちりばめられていています。

マイナスを見るのではなく

たったひとつでも光るプラスを見はじめると

プラスを数え始めます。

しあわせ探しをしていると笑顔になってしまいます。

ものの見え方が違ってきます。

自分自身の気持ちの設定次第で

不思議なことにまわりがすべて変わっていきます。



重い肉体をまとっているけれど

本当は誰もがきらきら輝く光、、、の存在。

すべての人が輝くことができるのです。

そして光輝くことを自らがチョイスしない限り

絶対に輝くことはできません。

すべては自らのチョイスです。


私は娘の内側の光をどう輝かせてあげるかが

大きなそれは楽しいママとしての過大だと思っています。

今日もありがとうございます。


こころをこめて(o^-^o)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.