ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

こころのバリアフリーを伝えるツール

2005-04-05 の日記


こころのバリアフリーを伝えるツールとして


私はただ今教材を作成中です。


それは娘の車椅子を押しながら感じた私の気持ち


車椅子の娘の気持ち、子どもたちの気持ち


そしてヘルパーのお仕事の時に感じた高齢者の利用者さんの気持ち、、、


みんなの想いをなんらかのカタチにしたかったのです。


わくわく楽しく学べる教材をめざして毎日頑張る?いや顔晴っています。


メガネをかけるように当たり前にそれぞれの障害が受け入れられる日を


願って、、、。


一週間後に大阪産業創造館でプレゼンがあります。


起業オフィスの成果発表会なのだけれど 外部の方々がこらえるので


今から緊張しています。


半年間の成果なんてたいした成果もでてないけれど 教材?おもちゃは


私のただイメージからたくさんの方々にその想いを伝える中


完成度は自分の中で正直まだまだですが なんとかカタチになってきました。


子どもたちの未来のために、、、





用意されているたくさんの壁、、


本当は弱い私。


壁を越えて また新しいドアを開く勇気とチカラをお与えください、、


顔晴ります(o^-^o)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.