ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

プリキュアに語りかけた言葉


☆プリキュアに語りかけたこと☆




娘の気持ち このことは記しておきたいと思います。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


しばらく前 9才の誕生日を迎えた日。


大好きなプリキュアの絵のケーキに大喜びをしたしばらく後のことでした。





「手術をするかどうか4人で話し合いをしよう」と娘が言いました。


私、娘、私の親友、そしてプリキュアのお人形が4人という意味。





娘はまず言いました。





「私は手術はしません。5年生になったらする。



 3月で療育園は退園します」とまず言いました。





「絶対にしません!」





「ママはどう考えていますか?言ってください」





私は



言葉につまりました。





「ももちゃんの気持ちを思うと




3月に療育園を退園して手術をしない方向にしてあげたいと思ってるよ



ママもいますぐにでも荷物をまとめて ももちゃんを連れて帰りたい



今だってそう、、療育園に返したくない



ママも同じ想い、、



でも




身体のことを考えたら




骨の成長など色んなことを考えたら




今手術をして・・・




といいかけたときに



「いやや!」と娘は言った。





「でもね先にのばして ずっと不安な気持ちで行くのはつらいかなって思う



大きくなると身体もかわっていくし



術後の管理もさらにもも自身がしんどくなると思う、、



今半年 もう一度お母さんと一緒にがんばろう、、」



といった時





親友が一言言った。




「決めてあげないと ももちゃんが家へ帰りたいのは当然だから



厳しい決断はしてあげないと」



私は気持ちがあふれて 不覚にも本人の前で涙がこぼれおちた。



ももはじ~っと私の顔を見ていた。



突然



ももかが言った。





「ママ ももちゃん手術する!あと半年がんばれるよo(^-^o)!」と




笑顔で。




私は驚いた。




そして彼女は左手ににぎりしめていた




プリキュアのお人形に語りかけるように言った。




「あなたの気持ちは、、




本当はおうちに帰りたい気持ちはとってもよくわかるよ



でも今は身体のために手術をしてリハビリをあと半年がんばった方がいいよ



今がんばろう いっしょに プリキュア」




「本当に?」と私が聞く



「うん!o(^-^o)」とももか。



再度確認したとき ももかは笑顔で「がんばるよママ!」と言った。



私は涙がさらにとまらなくなってしまい その場で泣き崩れてしまった。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



彼女は以前から自分に手術が必要なことを知っていました。

でもずっと決心できないでいました。

ママの涙はもしかしたら きっかけになってしまったのかも

しれません。

ごめんなさい。

ももかの気持ちを思うとママもとても複雑です。

ママも同様です。



でもママを想うあなたの優しさを感じて

泣いてばかりいたももがこんなにも成長したのかとママはとても

嬉しくも感じました。




ママはももかにちゃんと生んであげれなくてごめんねって気持ちも

あるけれど いつまでも そこにとどまってはいないよ。



それは今 

あなたにとっていちばんよい未来をデザインすることで

ともにできる限りをともに歩む中で 

未来を一緒に創って

いきたいから。



一緒に決断したからにはママもがんばるから。

ひとりじゃないよ、、いつもいっしょだよ。



ももかはどんなことがあろうと



ママのこの世でいちばん大切な宝物です。


3才



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.