ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

やったあ!車いすに(o^-^o)♪

2005-04-28 の日記



<訓練の先生と♪まだ大きいな車椅子だけど座れるようになったよ(o^-^o)♪>


☆今日はももの状況報告です☆

一ヶ月前に整形の手術を受けてずっと足を広げて固定してギブス足だった娘。

ギブスもとれてとうとう装具に♪

みなさんありがとうございます(o^-^o)



しかしギブスがとれても

そのまま股関節の状態をよくするため足を開いたままで

この装具を24時間着用。

数ヶ月はこの状態が続きます。

痛かったり疲れたりすると思う。

でも 不平不満を言わないももさん。



「お母さんももちゃんまた言ってましたよ♪」と看護婦さんに言われた。


「LLB(装具の名前)生活楽しんでま~す(o^-^o)♪」と。


前回は「ギブス生活楽しんでます、、(o^-^o)」だったけれど。


私だったらできるかな、、、と思うことがある。


彼女は幼いのに 口が固くてマイナスのことは絶対に言わない。


小さいのに泣きながらもがんばって超えていく。


我が子ながら幼いのに強いな、、と思うときがたまにある。





嬉しい報告♪


とうとう寝たきりリクライニング状態から車いすに(o^-^o)♪


おめでとうももちゃん(o^-^o)♪



でも車椅子と言っても 足を広げて座らせないければいけないので

大人用の車いすよりも大きい

今まで術後使用していたかなり大きいリクライニングベッドを

アレンジした車いすにここ数ヶ月はなるそう、、、


あ~~すぐにでもどこかに遊びにいこうと思っていたのに、、

とても無理だった、、。


「おかあさん ごめん かわいい車いす探したんだけど

 もう全然無理だった」と訓練の先生。


でも先生気持ちで ももが大好きな黄色のお花柄のバスマットを

アレンジして背もたれのところなどにつけて安定をよくして下さいました。


「ももちゃん気持ちかわいくしたよ♪」と先生。

もも笑顔で(o^-^o)喜んでいました。


ももはその車いすにテーブルがついたことが本当に嬉しかったらしくて

本当に嬉しかったらしくてご機嫌でした。


「お母さん これで勉強できる やった!」と笑顔で言いました。

私だったら勉強しなくていいから喜んでいたと思う。



彼女は頭の出来はおいといて 勉強すること、新しい知識を得ることは

大好きな好奇心旺盛な子です。

そんな気持ちを大切にして伸ばしてあげたいと思います。



術後すぐから ももはまだ痛みの中で

担任の先生にどうやって勉強すればよいのか

いつになったらパソコンにむかえるのか

自分で書いたりできるのかを何度も聞いて心配していた。

彼女はこの一ヶ月座って勉強できる日をずっと待っていた、、、

本当に嬉しそうな笑顔がこころにしみた。



私たちにとって当たり前のことは

決して

当たり前じゃない、、、


私はただその状況をこころに感じて

微笑んでみていました。



この連休はまだまだ遠方に行くのは難しそう、、

ももがやりたいこと、、こころにそって

楽しい連休を過ごしたいと思います。


みなさんもどうか

楽しいGWをお過ごしくださいね(o^-^o)♪



みなさん今日もありがとう、、、



☆母の状況報告☆

こころのバリアフリーに向けての教材の前に

ただ今絵本作成中

大切なこころのことを書いています。

みんなのこころに優しく透き通る風のように届くといいな。

ただ今 密かに楽しみながら作成しています(o^-^o)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.