ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

どんなことも心を見つめるラッキーチャンス

長いGWが終わり ももは療育園へ帰った。



「やった5泊6日だ\(^o^)/」



「まだ3泊2日(o^-^o)だ♪」



「あと1泊2日、、、」



最後の日はいつも「あと何時間しかママといられない」と



時計を見てはさびしそうな顔をする。



そして 「ももちゃんは毎日こうやってママと眠りたい、、のに、、」と



今回も涙をぽろぽろ流した、、




「ももちゃん金曜日は学校があるから帰らないと(o^-^o)



勉強、勉強、、♪



でも一泊したら土曜日だからすぐ帰れるじゃない♪」



「あれたったの一泊なのに泣いてる人がいる! 笑」と



わざと楽しくその場を和ませる。



あ、、そっか、、みたいな感じでももは笑顔になったり



シュンとしてみたり



その母の言葉で




また笑顔になったり、、の繰り返し。



私はこころとは正反対の面白いことを言って話を変える、、



切り替えて楽しいことをイメージさせる。





私が好きじゃない時間、、







私と別れる時 ももは私の目を見ない。




「おかあさ~ん!!」と大泣きする日もある。




過ごした時間が楽しいものであればあるほど




別れるときは淋しがる。




私はいつもなんともいえない気持ちでいつも療育園を後にする。




この気持ちを重ねて こころで泣く度に 



私たち親子の絆とこころは強くなっていったと思う。



お互いに精神的に強くなっていったと思う。



(いや正確にはなっていかされた)






訓練見学やお迎えに行ったときに母を目にした時の喜ぶ姿、



その笑顔は何よりも輝いていて



母にはこの世の何よりも輝いて見える。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



泣くことは気持ち、こころを開放するために


こころのために大切な作業だ(o^-^o)


こころは実にフレッシュな


ナマモノだから大切に大切にケアしないといけない♪



しかしただその時の情に左右されてはいけない。


情はこころの目を曇らすのだから(o^-^o)


そのとらわれを捨てる


または別の書き方をすれば


こころの切り替えが大切だと私はいつも思っている。


だから落ち込まない。


(いや正確に書けば人間なので一瞬落ち込むときもあるけれど


しばらくたてばすっかり忘れてしまう)




いろんな角度から物事を見ることが大切だと思う。


娘にこころを切り替える方法と


いつもどんなことも楽しもうと教えている。


たとえ転んでも その場に咲いてる雑草のお花の美しさを


そのそばで見るチャンスに恵まれるかもしれない♪


転んだからこそ出会える人がいるかもしれない♪


なんだかわくわくするね(o^-^o)♪と、、笑顔で彼女のこころに伝える。




私は娘が幼い頃から彼女の潜在意識に生きる知恵と


プラス波動の考え方を浴びるようにインプットしている。


何もない母が与えられるのは目に見えないものばかりだけれど


何よりも大切なことだと思っている。




どう時間を使うか 私たち親子は今、学んでいる。


こころを切り替える方法も今、学んでいる。


何事もプラスにとりたいといつも思っている。





どんなことも心を見つめるラッキーチャンス♪


そう思えるか思えないかで人生は大きく変わってくる(o^-^o)


私の周りにはいつもプラス波動な素敵な人が集まる。


それが大きな理由だと私は思っている。




PS 皆さんにとって今日もよい日でありますように♪


ももちゃん迎えに行ってきます♪\(^o^)/


うれしい♪(o^-^o)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.