ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

☆嬉しかった言葉と思いがけないプレゼント







朝 ももかは起きると同時に



「お母さん 母の日おめでとう」と嬉しそうに言ってくれた。




「お母さん、いつもごはん作ってくれてありがとう、


お風呂入れてくれてありがとう、トイレ連れてってくれたり


いっぱいいっぱいありがとう、、、」と笑顔で言ってくれた。


その気持ちととびきりの笑顔、そしてそのこころの成長がとても嬉しかった。





ももかは数日前から母の日が来るのをまるで運動会や遠足のように


とても楽しみにしていた。



「お母さんのお花を買いにいきたいからお花屋さん連れてってね、、」と


 朝 話してくれていたところへ宅配便が。



「大きな箱、、花?誰から?」



それは美しい蘭の大きな鉢植えだった。





送り主は90才のももかの父方のひいおじいちゃんだった。


即、お花のお礼の電話をした。


「やあ、、届いたかい、、

 母の日おめでとう、、それはももちゃんからママにだよ」と

 とてもこころのこもったいつもの爽やかな声だった。


「生活は困っていないかい?大丈夫かい?

 いつも本当にももかをありがとう、、」



 私のことを気遣ってくださる

 その温かい気持ちがとてもこころにしみた。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.