ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

☆いたずらってしあわせなこと☆


「いたずらばかりして、、もう、毎日大変よ、、」という、言葉を耳にした。

ちょっと懐かしく思いだしたことがある。

この言葉は、数年前、わたしにとっては、とても、羨ましい言葉だった。

いたずらなんて、夢のようなことだった。

その頃、ももかはまったく、手が使えず、おもちゃを握らせても落とした。

手を広げることも 上にあげることもできなかった。

おもちゃのがらがら、ひとつでも、これなら持てるかな、、なんて、

色んなおもちゃやさんを見てまわった。




握りやすいもの。色がはっきりしているもの。

かわいい音のするもの。

そして、すこしでも、手を使ってくれたら、、、そんなことばかり考えていた。


おもちゃもただみるだけだった。

くるくるまわる、オルゴールのサークル

メリーをただ見つめていた。

公園に行くと、成長の差ははっきりと解った。

まわりの子どもたちは、目が放せないくらい活発に動きまわっていた。

公園のお砂場でお城を作っている子どもたちや、ぱしゃぱしゃと噴水で

水遊びする子どもたちの姿はとても、まぶしかった。

いたずらしてくれるなんて、夢のようなこと、、、そう、真剣に思っていた。



             <はじめて、いたずらを、した日>


まるで、ひまわりの観察をするように、

ゆっくり、ゆっくり成長するももかを、ずっとそばで見守ってきた。

それは、それは、気が遠くなるほどゆっくりの毎日だった。

早期の療育のおかげだろう。

少しづつ、、本当にすこしづつ 手も使えるようになった。

たくさんの方々に支えられ 親子で小さな一歩を積み重ねてきた。

そんなある日のこと

突然 みどり色のマジックでおもいっきり、

じゅうたんに絵書いた、ももか。

わたしは 驚きと感謝で涙がとまらなかった、、

いたずらの度にあの時の気持ちを思いだす。


そのとき 「ももか!」と叱りながら、

こころの中で、微笑んでいる自分がいた。


こころから叱れない自分がいた。


いたずらって、とっても、しあわせなこと


とっても。


とっても、、


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.