ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

フリーページ

☆ももかについて~はじめにお読み下さい☆


出生時の不思議な夢


☆なぜ今を楽しんで生きているかの答え☆


みんな大切なひとりひとりだということ


こころは大切な宝箱


障害者ってなあに?はてはて?


もしあなたの大切な人だったらどうしますか


☆みなさんに伝えたいこと☆


「見ちゃいけません」


車の爆音☆エレベーターそして感覚のこと


みんなが使える大切なトイレの話


小さなハリーポッターたち


子どもからのお願いです


災害と車いすそして逃げられない人たち


朝から不思議発見♪


☆人との出会いと成功体験☆


☆それぞれに与えられたギフト☆


車椅子用自販機とこども


数字の8と先生の愛情


一日10時間以上車いすに座るということ


☆休日の救急病院と温かいスタッフ☆


ヘルパーさん方へ


増えてきた電動車いすの子どもたち♪


小さな成長・あゆみの小箱


人生を左右したふたりの医師の言葉


ママ「しゅじゅつおめでとう」っていって


プリキュアに語りかけた言葉


本当?ミップルに会うの巻


かわいい提案


平べったいおにぎりさん


娘にした「つよい心のお話」


車いすの応援団と心に優しい雨


温かい手~ありがとう~


ピンク色のほっぺ~みなさんありがとう~


心に感じたぬくもりとギブス用スカート


☆子どもの回復力のすごさ☆


☆シールと温かい先生の気持ち☆


☆突然の大泣きと子どものきもち☆


ママは小人になるからね


ラブラブ交換日記


大丈夫の魔法(o^-^o)♪


☆かっこいいギブス足とモリゾー☆


やったあ!車いすに(o^-^o)♪


☆初めてのおこづかいで欲しがったもの 笑


初めての母の日の想い出


どんなことも心を見つめるラッキーチャンス


☆嬉しかった言葉と思いがけないプレゼント


悲しい顔でママも悲しくなったけど、、


髪の病院


☆傷つける言葉と包丁☆


涙があふれてきた、、


☆いたずらってしあわせなこと☆


☆院内学級の様子と先生の温かさ☆


遊び・学び・楽しむ子育て一緒に体験♪


葉っぱぐい


ももかの詩1☆かみさまがきめているから


ももかの詩2☆ありさんのせかい


8才車椅子の娘と二人でアメリカへ その1 


アメリカDWE電動車いす二人旅その2


ももかの詩3 虹色のありがとう


大好きなプリキュアに会いに


☆ふと気付いて微笑んだこと☆」


我が子を教えることは難しいけれど


☆子育てを楽しむ魔法


秘☆私流子育てを楽しむ魔法のかけ方


子どもを叱る時の魔法の言葉


子どものあまのじゃくな性格をどうするか


しあわせになる魔法


秘☆夢をかなえる魔法


つらい記憶を消す魔法


怒りを静める魔法あります♪


親子の絆を深める魔法


お金をかけず心を癒す魔法♪


勉強を楽しむ魔法~幼き子どもへ


子育てがつらくなったときは、、(o^-^o)


☆しあわせの種まき☆幼い心へ


私は捨て子だと思っていた


尊いイノチの輝きをこころに感じた日のこと


☆大切なお子さんが天使になったご両親へ☆


楽しい想い出♪(゚ー゚☆


おばけの森への電話


へんな獣医さん再び現れる


輝く素敵な女性と初☆ラジオ取材


お誕生祝いとへんな獣医さん


本当に素敵です!+ハートマーク♪


☆おばけの国からの手紙と一通のメール☆


パンダとニコニコ笑顔のプレゼント


たこたこたこやきパーティ♪


私の天使(o^-^o)♪


☆福山雅治in大阪の熱い夜☆


☆我が子の障害の受容と私のココロ☆


こころがクリアになった日のこと


生まれてくる意味と役目


人生で与えられた問題集


美しき人


決断


心いっぱいの感謝をこめて


☆カタチのないもの、目に見えないもの☆


☆同じだった手をつないで歩く夢☆


☆決めるのはすべて自分☆


感動☆お薦めの本


壁を乗り越える共通点


どんなこともチャンス


「僕の大切な友人なんです」


☆バンコクの奇形児を抱えた物乞いのお話


一期一会


母子通園のススメ


障害児のパパとママへ


☆こころのバリアフリー教材・絵本作成☆


伝えたい思い


学校教材の展示会へ


夢へ向けての第一歩


ハートを抱きしめた天使


意見収集中


3人の賢者


こころのバリアフリーを伝えるツール


輝く女性たちにお会いして


二人の私から9年後☆明日は成果発表会


ドキドキ成果発表会当日です。


反省して心を切り替えて前へ


☆人生はピクニック☆


☆楽天ブログでの素敵な出会い☆


初めての絵本作成


☆絵本作成そして明日はまるかん寺子屋


まるかん寺子屋さん講師をして学んだこと


☆シンクロと黄色い光のイメージ☆


☆心のバリアフリー教材化までの道


☆絵本とこころのバリアフリー教材の夢☆


真実の記録☆私が乗り越えてきた道


私のこころの変化(バンコクの話)


☆「ぱしっ」で変わった未来のお話☆


徒然なるままに、、


浮気をしないには訳がある


あなたのあなたのための素敵な冒険旅行を☆


まるかん寺子屋


☆愛と調和☆


☆みんな繋がっている(o^-^o)


☆ただ自分を信じるということ☆


これお薦め!\(^▽^)/


かなり便利☆携帯用車いす用トイレ


絵~こころをこめて~


大切なイノチ


カテゴリ

楽天プロフィール

設定されていません

全1157件 (1157件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2016.09.15
XML
テーマ:副業(55)
カテゴリ:カテゴリ未分類
子育てをしながらも隙間時間にお仕事をしたい人にオススメです。
私も自分の未来のために、大切な子供のために、
毎日の隙間時間を活用しています。

しょんぼり労働収入だけでは将来が心配。
しょんぼりいつまで働けるかと健康面が不安。
ぽっ子育てや介護の隙間時間にお仕事がしたい。
しょんぼり将来の年金だけでは正直不安。
ぺろり少しでも収入が得られたら。
ぺろりケータイ、PCひとつで仕事ができたらなあ、、
ウィンク自由になる収入が欲しい。
スマイルいずれ権利収入になったら。
ぽっインターネットを活用して仕事そして仲間ができたらいいな。
大笑い世界中の高級ホテルを格安で旅行したい。仲間が欲しい。
大笑いインターネットを活用したビジネスについて勉強したい。
その方法を一から教えてくれます星
動画でそれぞれのペースで学ぶことができます。

好きな時間に好きな場所で仕事をする。
これはすべての人の理想ですよね。

ひとつでも当てはまる方はぜひ↓をクリックさくら
色んな情報を得て、あなたにあったものをチョイスしてくださいね。手書きハート



ADSには0からの初心者から学べる環境があります。
具体的な販売ノウハウやマインドセットなどサポートが充実。
初歩から自分のペースで学べます。
ネットビジネスを初歩から学びたい方にもオススメです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016.09.19 06:06:44
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
ハンディのあるこどもちゃんを育てながらも
看護学校へとの思いは昨日書きました。

そんな思いを描いていたときに

なんと

自宅から自転車で10分の看護学校の
学生募集の広告ちらしがポストに。


びっくりしました。

そんなところにあったの? 

しかもタイムリーに。

 ここならばなんとか通いながら、娘ちゃんのこともできるかも、、と思いました。
 

 社会人入試でチャレンジ。

でも
入試までほとんど1ヶ月しかありませんでした。

 受験番号はなぜか1番が届きました。

 届いた時、とてもびっくりだったけれど、

これはきっと何らかの意味があると感じました。


とても現実難しいと思う気持ちでいっぱいでした。

でも、、

 ⭐︎続く⭐︎



外国人旅行者をターゲットにした、全く新しい不動産投資「airbnb」





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016.09.15 21:05:10
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログを書くのは本当に久し振りです。このブログに気持ちを綴っていたのは

車いすの娘が小学生〜中学生の頃が主でした。色んな日々の生活の中で感じることが

いっぱいだったのだと思います。読み返すと恥ずかしくもあり、

なるほどなあ、、と新たな気づきがありました。

今日のブログは、その後の私たちの変化と近況です。

💖ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー💖

その娘ちゃんも養護学校を卒業し、現在は19歳。毎日楽しく作業所で働いています。

娘らしく、いちばん娘にあった場所を見つけることができたと思います。

そして、母の私は娘ちゃん中学を卒業を機に思い切って看護学校へ。

一般の高校に行くならば母付き添いなどまだまだ必要と思っていましたが、

養護ならばサポートが充実しているので可能と判断しました。

今なら通える!今を外すと難しい限定の時間と思ったからです。

ハンディのある子どもを育てながら看護学校へ通おうと思った理由。

(1)娘ちゃんの障害二次予防&身体のことをいちばんみじかで理解したい想い

(2)自らが障がいのある娘の子育てが手探りで、孤独を感じたり、生きる希望を失った時期があった。
   同じようなお母さんの心を支えることが何らかの形でできないかと思った。

(3)娘が7歳の時、私は風邪から42度の高熱を出して、臨死体験をした。
   戻ってきてからの人生と時間は天から与えれれた人生と思うようになった。

   死にかけて意識戻った時、「心のバリアフリー」がまだ広がっていない
   今の日本に娘を置いて死ねないと思った。
   なんらかの形で楽しく分かりやすく、子どもたちに伝えられないのか?と思うようになり
   心育てのおもちゃを作り始める(出来上がったのが日本で初めての車いすの工作キット)

   親子で小冊子絵本も作成、分かりやすくまとめた。
   時々、人権学習の講師を頼まれるようになる。子どもたちに伝えたい願いから
   こどものきもち舎と命名。こどものきもち舎の活動始める

   でも、心のバリアフリーを伝える中で、目に見えない障がいについて
   もっと現状を知りたいと思うようになり、精神領域に興味を持つ。
   現状を知り、本当に皆が願っていることを伝えたいと思ったから。

(4)5歳から17歳まで看護師になりたかった。でも、数学が弱いので無理と決めつけていた。
   看護師をしている友達たちから「そんなことないし、全然大丈夫」と言われ、もっと年上の人たちが
   チャレンジしている現実を知り、今までの「自分枠」が外れた。

 以上。

 そう思っていたらなんと自宅から自転車で10分の、看護学校の学生募集の広告ちらしがポストに。
 
 ⭐︎続く⭐︎



外国人旅行者をターゲットにした、全く新しい不動産投資「airbnb」





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016.09.15 21:06:13
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.22
カテゴリ:カテゴリ未分類

先日、モモの養護学校高等部の卒業式が終わった。
感謝の気持ちでいっぱいになり、考えただけで涙が溢れてくるので、書くことがしばらくできなかった。

養護学校の高等部の卒業式は8名。
しかし、支援して下さるたくさんの大人の方々に見守られ式は始まった。
その生徒らしさ、ペースを大切に式は進んでいく。そのひとつひとつを大切にサポートする先生方。

歩行が難しいAさんが、何度も転びそうになりながら、そして何度も転び、また立ち上がって歩く姿に涙が溢れた。
重度障がいのBさんが式の最中で、スピーチの場面で大泣きをした。いつも決して泣かないBちゃんが。
モモはみんなの様子を感じ、静かに声を殺しながら泣いていた。

子ども達の素敵さ、、書きたいことはたくさんあるけれど
心の中にしまっておこうと思う。
とても感動的な式、一生忘れない式となった。

地域中学時の担任の先生に、教頭先生も来て下さっていた。
現在他校の校長先生になられお忙しい中、来て下さっていた。
当時の校長先生は定年後も、毎年年賀状を下さり、モモをはじめ
子ども達の成長を見守って下さっている。

校長先生が定年前に言って下さった一言が大変心に残っている。

「困った時に思い出して欲しい。1人では無理でドアが開かない時、
 一緒だったら少し開くかもしれない。
 その時に押したらもっと開くかもしれない。
 そして、ドアを開こう。だから思い出して欲しい」と。

校長先生の定年時に、私は号泣した。私だけではなくて、
たくさんの生徒たち、母達も、、それだけ、どの子どものことも分け隔てなく大切にして下さっている先生だった。

その校長先生と最高のペアだった教頭先生が校長先生になられ、もう他校に移られ、
モモの卒業式に来る必要等はないところを、駆けつけて下さったことがただただありがたかった。

夕方、一言おめでとうとただ言いたくて、、と校長先生からお電話を頂いた。そのお気持ちが嬉しかった、、

中学の担任の先生とモモは号泣する中、写真を撮った。

「モモ、また泣いて〜笑」「先生達に頼まれてるんやから笑って笑って」
泣いたり笑ったりの四コマ漫画みたいな写真は中学の職員室で大受けだったらしい 爆

モモはやっぱり高等部の卒業式でも号泣だった。
中学も、小学校と同様に。
たくさんの大好きな先生たち、
たくさんの皆さんの笑顔に囲まれて、、、

養護学校ではさらにたくさんの先生方に支えていただいた。

それだけたくさんの先生方、介助員の皆さんたちの愛情や気持ちを頂いていたのだと思う。
みなさんに育てていただいて、温かな愛情をかけて頂いたお陰で
今までなんとかやって来れたのだと思う。

手作りの写真集の分厚さ、、めくるたびにたくさんのモモの笑顔があり、涙が溢れた、、

高校生になり、養護学校には部活がないので、
部活の代わりに中国語の勉強をがんばった。

1年になったばかりで生徒会に立候補して落ちた。

もう立候補なんて2度としないと言っていた。

でもA先輩に学校を頼むと言われた日からやる気になった 笑

また立候補して生徒会長に。リベンジを果たした。

高校3年生、モモ大学受験。
母は看護国試。
受験生活を看護学生の母と共に送った(笑)

モモの養護学校からは大学受験は初めてのことだった。
牧師さんになりたいという理由で関学の神学部をチャレンジした。
残念な結果に終わったがチャレンジできたことが彼女の中の大切なステップだったと思う。
教会からの推薦文を書いて下さった牧師さんのお言葉にどれだけ大切にして頂いているのかを感じた。

その後、自分に合っているところをと方向転換し、
かなり悩み、落ち込んだり、彷徨ったり、、

しかし
卒業式の2週間前、次の進路先が決まった。

決まった時、担任の先生はモモを抱きしめてぼろぼろと泣かれた。本当に良かった、、と泣いて下さった。
卒業式を次の進路が決まった状態で迎えられたこと、先生方のお陰と心から感謝のきもちでいっぱいです。

卒業式の日、
「私ができることをやっていきたいです。お父さん、お母さん、ありがとうございます」と
モモは泣きながらスピーチをしていました。

この4月からモモは働きはじめます。

そしてこれからもずっと車いすダンスと中国語を楽しむそうです。
さらに一人暮らしも大きな目標としています。

モモ、がんばれ♪ いつもそっと見守ってるからね。

母も4月から病院で働き始めます。
親子共々新しいスタートの春です。

こころからの感謝の気持ちをこめて♡





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.03.22 10:51:50
コメント(3) | コメントを書く
2014.03.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさん、仙台で始まった、とっておきの音楽祭ってご存知ですか?

http://totteokino-ongakusai.jp

とっておきの音楽祭は、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで、
「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。とっておきの音楽祭は、第 1回開催から、
皆様の演奏・歌声・ダンスなど様々な「チカラ」を表現できるステージを提供し続けてきました。

震災後の開催では、被災地東北からその「チカラ」を発信できる場として広く認知され、
宮城県内はもとより東北そして全国にも、存在感と情報発信力を増しています。

とっておきの音楽祭には、社会を変えていく「チカラ」があると信じています。

2014年6月1日も(仙台)人と笑顔と音楽そして感動に満ちた、さらに魅力あふれる音楽祭を
参加者の皆様と共に創っていきます(HPより抜粋)

そして関西で初の「とっておきの音楽祭」がなんとなんと4月13日(日)ひらかたで行われます!

 http://totteoki-hirakata.com クリックしてね♡

以前大ホールを貸し切ってのバリアフリーコンサートをみんなで楽しんで開催していました。
でもこのイベントのことを知った時、あまりに素敵すぎて衝撃が!
町中がストリート音楽祭なんて凄すぎです!!
私たち親子も当日ボランティアをさせて頂く予定です。

近い将来大阪で「とっておきの音楽祭」を開催したいと思っているひとりです

私の大好きな皆さんにも

ぜひ知ってほしいです。

見てほしいです。

そして 感じてほしいです!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.03.21 20:12:40
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
平成26年3月7日、看護学校を卒業しました。

私は、人生ずいぶん回り道をして、幼い時の思いが現実となりました。でも時間はかかったけれど、
過去のどれひとつも無駄は無く、今はすべて与えられた天の恵みと感謝しています。

車いすの娘 モモを抱えて、何の為に看護学校にと思った人もきっといたと思います。でも逆に弱い私は、モモがいなかったら、
きっとチャレンジはしてなかったと思います。

モモがいたからチャレンジしようと思う私になったのだと思います。モモがいたから、乗り越えられたのだと思います。

家族、先生、クラスメートのみんな、モモのことをサポートして下さった地域の皆さん、ヘルパーさんたち、実習の途中で出逢った
患者様たち、本当にたくさんのみなさんに支えて頂き、私も卒業までたどり着くことが出来ました。

今まで私とモモは医療&看護そして地域の皆さんに支えて頂きました。私に取って看護は「生きる力」でした。

 未来、高齢者の方々や、障がい児者&ご家族のケアが少しでもできたらと願っています。私が与えてもらった目に見えない
多くの与えてもらった愛と恵みを、またこれから出逢う方々へ少しでもお返しができたらと思います。

1歳の頃、モモはほとんど手足が動かず寝たきりでした。そのモモが明日、車いすダンス公演で電動車いすで2曲ダンスを踊ります。
一人暮らしを今目指して、自立ブログラムに本日参加中です。

私がナースで、モモが車いすダンスをしたり、一人暮らしを目指したり、、そんな未來は想像もしていませんでした。

私は、どんな状態においても患者様の心の声を感じ、可能性を最後まで信じるナースに成長していきたいです。

4月からはまた新人です。ここですべて良い意味リセット☆ 
初心忘れず、0ポイントに戻り、謙虚に顔晴っていきたいと思います。
 
こころからの感謝をこめて♡





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.03.08 16:00:20
コメント(2) | コメントを書く
2013.11.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
 久しぶりの日記です。現在養護学校に通う、車いすの娘をサポートしながら私は看護学校へ。

 そしてなんとか3年生になりました。

 1月から10クール(1クール3週間)の病院実習を11月の終わりにすべて終了しました。

 たくさんの素敵な看護師さんたち、そして患者様に出逢いました。

 心いっぱい温かなドラマがありました。

 ありがとうございました。

 記録と翌日の計画で、要領の悪い私は、ほとんど3時間寝〜徹夜な日々でした。

 20代でもやったことがない様なハードな日々だったけれど

 越えられたのは、あなたのお陰です。

 モモ、ありがとう。支えてくれてありがとう。

 そして周りの皆さんのお陰です。

 あとは来年2月16日の国試です。

 今はまだとても越えられるとは思えない程、覚えることがいっぱいで

 先が全然見えません。

 でも

 ここまでこれたことに感謝して

 前を向いて

 がんばります。

 

 

 

 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2013.12.01 00:26:03
コメント(4) | コメントを書く
2013.04.05
カテゴリ:カテゴリ未分類


 何年か前の桜の季節に、大切な叔母が天国に旅立ちました。
桜が満開になる度に、最後に叔母と握手した時の笑顔を思い出します。

 叔母は幼いころから私を可愛がってくれた人。
モモの名前を選んでくれた人であり、自分の子を病気で亡くしてからは
子どもを抱っこすることは一切しなかったそうです。

その叔母がモモが生まれた時は、嬉しそうに、ちょっとこわそうに
震えながらも、モモを抱っこしてくれた時の幸せそうな笑顔が忘れられません。

生まれて数か月後、モモに障害があることが分かりました。
モモは歩くことも、話すことも難しく、大きく知的障害がでてくる、
訓練、訓練の毎日ですよと医師に言われました。

モモの障害宣告の直後、私は泣くことすらできませんでした。
私はちゃんと生んであげれなかったことや、障害を負わせてしまったことに
対しての自責の念で、自分を許すことが当時なかなかできませんでした。

そして自分をとことん苦しめました。

人間はつらすぎると涙もでないことを初めて知りました。

あの時、叔母は毎日のように、近くの療育園に車で送ってくれて
そばにいて、私を支えてくれました。

「モモが大きくなった20年後は Tちゃんの時とはちがって、
きっと福祉もよくなっているはず」と
叔母は何度も未来を語ってくれました。

あれからずいぶん時間が経過しました。

ゆっくりゆっくりおかあさんというものにしてもらって
モモの成長とともに私も成長させてもらいました。

今はね、この人生でよかったと思ってる。
こんなに面白い人生はないし、、(笑)
モモはスペシャル、面白い子で、毎日私に変化を与えてくれてます。

 あの時は本当にモモは泣き虫で、私の方が悲しくなったけれど、
今では滅多に泣かない、強い子になったよ。

 たくさんの出会いを与えていただき、地域で育んで育ててもらい、
モモはものおじしない子に育っています。 

あの時、支えてくれてありがとう、、

満開の桜の花を見る度に
感謝の気持ちが溢れます。

そして桜の花が散る様を見て、
今年も頑張るからね!見てて!って思うのです。

昨日から看護学校3年生の講義が始まったよ。
2コマでおなかいっぱいになったし、
課題もいっぱい、現実に引き戻された(笑)

親子共々、あと1年、卒業までどうか見守っててね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2013.04.05 14:43:23
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.10
カテゴリ:カテゴリ未分類

主催させて頂いていた、阿倍野区民センターでの、バリアフリーのコンサートを

見に来てくださった方から問い合わせのメールを頂きました。

何年も前の、バリアフリーコンサートで歌われた歌が、

ずっと、心に残っています。

歌詞は、両親より先に天国に旅立った子供から、親への応援歌でした。

「ごめんね、ママ、一人にさせて、だけど、ママには笑っていてほしい」というような歌詞でした。

もし、できれば、東日本大震災で、辛い思いをされているママやパパに、

この歌を聴いてもらえたらと思いまして、

歌のタイトルがわかりましたら、教えてもらえませんか?

というメールをいただきました。

曲は、空からのラブレター 歌はMAYUさんです。

何度聞いても温かくて心にそのままに届く歌です。

どうか日本中の今、必要な方に届きますように、、

こころからの愛をこめて








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2013.03.10 17:39:55
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
 手も足もほとんど動かず、言葉も出ないかもしれない、

知的障害も大きく出てくるでしょうと言われていた娘が

3歳のときに急に降り出した空からの雨粒を見て、

目をキラキラ輝かせて笑顔で

「わあ おかあさん 恵みの雨だね」と言った日のことを私は忘れません。

キリスト教の幼稚園に通っていたことがベースにあると思いますが、

身体も精神もあまりにゆっくりの娘の成長をただ見守るだけの当時の私には、

雨を「恵み」と思える心が、育まれていることがただ嬉しく、

その言葉に涙があふれたのです。

あれから何年もモモは教会学校に毎週通い続けました。

大きくなり、電動車椅子でひとりでも通い続けました。

牧師さんはどんな時もいつもモモの到着を待っていて下さいました。

明日娘は洗礼を受けます。

たくさんの方に支えて頂き、今があることに

心から感謝します。

いっぽいっぽの成長ですが、モモらしく輝いています。

こころからの感謝をこめて






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.12.22 11:30:13
コメント(4) | コメントを書く

全1157件 (1157件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

お気に入りブログ

私にできるのは、祈… New! 科学寅さん

ディズニーと声 New! さだ・貞國貴信さん

4月2日の世界自閉症… セアラ姫さん

東田直樹さんの番組… ひいちゃんファミリーさん

新曲お披露目ライブV… MAYULOVECOMさん

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.