ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

フリーページ

☆ももかについて~はじめにお読み下さい☆


出生時の不思議な夢


☆なぜ今を楽しんで生きているかの答え☆


みんな大切なひとりひとりだということ


こころは大切な宝箱


障害者ってなあに?はてはて?


もしあなたの大切な人だったらどうしますか


☆みなさんに伝えたいこと☆


「見ちゃいけません」


車の爆音☆エレベーターそして感覚のこと


みんなが使える大切なトイレの話


小さなハリーポッターたち


子どもからのお願いです


災害と車いすそして逃げられない人たち


朝から不思議発見♪


☆人との出会いと成功体験☆


☆それぞれに与えられたギフト☆


車椅子用自販機とこども


数字の8と先生の愛情


一日10時間以上車いすに座るということ


☆休日の救急病院と温かいスタッフ☆


ヘルパーさん方へ


増えてきた電動車いすの子どもたち♪


小さな成長・あゆみの小箱


人生を左右したふたりの医師の言葉


ママ「しゅじゅつおめでとう」っていって


プリキュアに語りかけた言葉


本当?ミップルに会うの巻


かわいい提案


平べったいおにぎりさん


娘にした「つよい心のお話」


車いすの応援団と心に優しい雨


温かい手~ありがとう~


ピンク色のほっぺ~みなさんありがとう~


心に感じたぬくもりとギブス用スカート


☆子どもの回復力のすごさ☆


☆シールと温かい先生の気持ち☆


☆突然の大泣きと子どものきもち☆


ママは小人になるからね


ラブラブ交換日記


大丈夫の魔法(o^-^o)♪


☆かっこいいギブス足とモリゾー☆


やったあ!車いすに(o^-^o)♪


☆初めてのおこづかいで欲しがったもの 笑


初めての母の日の想い出


どんなことも心を見つめるラッキーチャンス


☆嬉しかった言葉と思いがけないプレゼント


悲しい顔でママも悲しくなったけど、、


髪の病院


☆傷つける言葉と包丁☆


涙があふれてきた、、


☆いたずらってしあわせなこと☆


☆院内学級の様子と先生の温かさ☆


遊び・学び・楽しむ子育て一緒に体験♪


葉っぱぐい


ももかの詩1☆かみさまがきめているから


ももかの詩2☆ありさんのせかい


8才車椅子の娘と二人でアメリカへ その1 


アメリカDWE電動車いす二人旅その2


ももかの詩3 虹色のありがとう


大好きなプリキュアに会いに


☆ふと気付いて微笑んだこと☆」


我が子を教えることは難しいけれど


☆子育てを楽しむ魔法


秘☆私流子育てを楽しむ魔法のかけ方


子どもを叱る時の魔法の言葉


子どものあまのじゃくな性格をどうするか


しあわせになる魔法


秘☆夢をかなえる魔法


つらい記憶を消す魔法


怒りを静める魔法あります♪


親子の絆を深める魔法


お金をかけず心を癒す魔法♪


勉強を楽しむ魔法~幼き子どもへ


子育てがつらくなったときは、、(o^-^o)


☆しあわせの種まき☆幼い心へ


私は捨て子だと思っていた


尊いイノチの輝きをこころに感じた日のこと


☆大切なお子さんが天使になったご両親へ☆


楽しい想い出♪(゚ー゚☆


おばけの森への電話


へんな獣医さん再び現れる


輝く素敵な女性と初☆ラジオ取材


お誕生祝いとへんな獣医さん


本当に素敵です!+ハートマーク♪


☆おばけの国からの手紙と一通のメール☆


パンダとニコニコ笑顔のプレゼント


たこたこたこやきパーティ♪


私の天使(o^-^o)♪


☆福山雅治in大阪の熱い夜☆


☆我が子の障害の受容と私のココロ☆


こころがクリアになった日のこと


生まれてくる意味と役目


人生で与えられた問題集


美しき人


決断


心いっぱいの感謝をこめて


☆カタチのないもの、目に見えないもの☆


☆同じだった手をつないで歩く夢☆


☆決めるのはすべて自分☆


感動☆お薦めの本


壁を乗り越える共通点


どんなこともチャンス


「僕の大切な友人なんです」


☆バンコクの奇形児を抱えた物乞いのお話


一期一会


母子通園のススメ


障害児のパパとママへ


☆こころのバリアフリー教材・絵本作成☆


伝えたい思い


学校教材の展示会へ


夢へ向けての第一歩


ハートを抱きしめた天使


意見収集中


3人の賢者


こころのバリアフリーを伝えるツール


輝く女性たちにお会いして


二人の私から9年後☆明日は成果発表会


ドキドキ成果発表会当日です。


反省して心を切り替えて前へ


☆人生はピクニック☆


☆楽天ブログでの素敵な出会い☆


初めての絵本作成


☆絵本作成そして明日はまるかん寺子屋


まるかん寺子屋さん講師をして学んだこと


☆シンクロと黄色い光のイメージ☆


☆心のバリアフリー教材化までの道


☆絵本とこころのバリアフリー教材の夢☆


真実の記録☆私が乗り越えてきた道


私のこころの変化(バンコクの話)


☆「ぱしっ」で変わった未来のお話☆


徒然なるままに、、


浮気をしないには訳がある


あなたのあなたのための素敵な冒険旅行を☆


まるかん寺子屋


☆愛と調和☆


☆みんな繋がっている(o^-^o)


☆ただ自分を信じるということ☆


これお薦め!\(^▽^)/


かなり便利☆携帯用車いす用トイレ


絵~こころをこめて~


大切なイノチ


カテゴリ

プロフィール


cona♪

2008.11.12
XML
 
 先週末は滋賀県の守山市 はすねだ保育園さんで

 お話会をさせて頂きました。とても前向きに心育てに取り組んでいらっしゃる

 素敵な保育園でした。昨年改築されて新しい保育園は木のぬくもりも感じられる

 とても優しくて温かい空間でした。

 今回、このお話会が企画されるまでには

 教師であり、2児の母である

 素敵なママさん ファミリアさんとの偶然の出逢いと

 熱い想いのメールを頂かなかったら 実現することはなかったと思います。

 保育園の人権担当、そして企画、運営と

 当日まで本当に目に見えないところで大変だったと思います。

 保育園の園長先生、事務の方にはご採用頂いたこと

 厚くお礼申し上げます。

 育友会の会長さん、そして副会長として今回縁の下の力持ち的存在で

 企画に関わり ちらし文書作り、当日のご挨拶など

 ファミリアさんをはじめとしてたくさんのお母様方にお世話になりました。

 温かい皆様のお陰で無事におはなし会が温かい気持ちとともに

 おわったこと、こころから感謝しています。

 本当にありがとうございました。



 ☆数分間の出逢い、こころつないで☆


 今年春、私たち親子の開発した

 日本で初めての車いすおもちゃであり

 みんなに大切なこころがあることを伝える

 心が育つ工作キットに関してと

 キットを使っての小学校での

 楽しい心育てのワークショップの様子が 

 ありがたくも

 関西テレビ、ニュースアンカー、

 そしてNHK関西のニュース、全国ニュース、そしてさらに

 BS1でもとりあげていただき海外にも放送いただきました。


 それは数分のニュースでした。

 でもそのニュースを見て 心に感じてくださったファミリアさん。

 その後、心が育つ工作キットをお子さんと作成してくださり

 色んな感じた気持ちやお子さんとのやりとりを

 メール下さいました。

 ☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

 一昨年、学年で人権学習をする際に、

 「障害のある方との交流」を企画し、授業しました。

 その際に、「共に生きる」というのをテーマに進めていきました。

 しかし、ほとんどの学校で行われている「人権学習」は

 ホームページにも書かれていたとおり、生徒にとってとても

 受け身で私の考えている授業とはほど遠いもので

 「なんとかしなくては・・・」という思いから

 必死に企画してきました。




 
 上記のメールに心を打たれ お逢いできる日を楽しみにしていました。

 先週 それがまずファミリアさんのお嬢さんが通われる

 保育園で現実化しました。


 私のおはなし会のテーマは頂いたご希望の内容で毎回アレンジして

 変わりますが 基本 変わらないところがあります。

 それはお話会を通じて こころにかんじてほしいということ。

 頂いたテーマにプラスして

 感じて欲しいのは 愛、ぬくもり、出逢い、感動です。

 みなさんのたくさんの愛と支えを頂き 今があるからです。

 私はおひとりおひとりの魂に響きますようにと願い

 愛を届けさせてくださいと祈り いつも皆さんの前に

 立たせていただいています。

 私は心に感じる、楽しい方法で 難しく思われがちな心のバリアフリーや

 心の大切さを優しく温かく伝えていきたいと思っています。

 当たり前と思い込んでいることを疑い、当たり前でないことを

 未来のみんなのために当たり前にしていきたいのです。

 すべてのこどもたちのために、、きっといつか来るいい日のために、、

 そう願っています。


 講演の内容は親として障害者にどのように接したらよいかわからないので

 今回は具体的に大切なことを教えてほしいとのご依頼でした。

 ご依頼の題は「みんなにしってほしいこと」

☆お母様方に配られた文書☆がそのままに これって

必要だなあ、、と思える内容に仕上がっていたのでシェアさせて頂きます♪




子どもに

『あのひと、なんであるけへんの?』

『なんでくるまいすにのってやぁるの?』と質問されたとき。

あなたは、なんと答えていますか? 
    
「見てはいけません!」「聞くな!」と

見て見ぬふりを 子どもにすすめていませんか。

「病気でかわいそうなの!」と 

勝手な決めつけを 子どもに促していませんか。

~略~

育友会では年に一回『人権講演会』を開催しております。 

『人権』というと少し硬く難しいイメージをもたれている方も多いと思います。

しかし、ちがいのある私たち誰もが「幸せに生きたい」と願う世の中において

『人権』を考えずして生活などできません。

幼い頃から『正しい人権感覚』を身につけることこそが、

差別のないあたたかい社会を築く礎となるのです。

子どもは大人の背中をみて物事を覚えていくと言われています。

心の中も同様です。まずは、私たち大人が『人権』について正しく

理解し学ぶことが大切です。

(プロフィール紹介 略)

こどもの「なんで?」に正しく答えられる心の学習をしてみませんか?

というものでした。この文章、なぜ必要なのかが明確でわかり易いなと

思いました。すごく私の心に響きました(ファミリアさんありがとう、、、)

そして当日のファミリアさんの保護者の皆様へのご挨拶文です☆

とてもこころに響いたのでご紹介させていただきます。



★・・・・・・・★・・・・・・・・★・・・・・・・★

本日は、講演会に大勢のご参加本当にありがとうございます。

先日、講演会のお知らせをしたプリントのはじめの

問いかけを覚えておられますか?

こどもに『あの人、なんであるけへんの?』

     『なんで車イスにのってはるの』と質問されたとき、

あなたはナント答えていますか? です。

実は、この問いかけ、我が娘が一昨年、実際に質問してきた内容です。

最近では、駐車場の身障者マークに『なんであっこに車とめへんの』とか

指をさして、『あの女の人の頭髪ないな、ツルツルやん、ヘンなの』と

聞こえるような声で親を一瞬ドキッとさせる

きわどい質問や中傷を発言します。

皆さんにもこのような経験がおありではないでしょうか?

以前の私なら、ハンディキャップのある人に対して、

「かわいそうな人」「気の毒」というような思いばかりを

もっていましたからきっと娘にもそのような気持ちを

伝えていたのかもしれません。ですが今はちがいます。

仕事を通して間違いに気づいたからです。

私ごとになるのですが、中学校の教師をしています。

学校では年間を通して、人権学習を生徒ともに学んでいるのですが、

いろんな方にお会いする機会があります。

その中で、実際にハンディキャップのある方と交流をもつと、

今まで自分がそうだと思ってきたことが、全くでたらめであった。

勝手に決めつけていた。と言うことに気づかされ、

恥ずかしい思いをします。

保育園からいただいてくる『ないおん』のなかに、

以前つぎのような内容が書いてありました。

『人格が形成されている時期に、いろんな人がいて

当たり前なんだよ。みんなちがうけどみんな人間だね。

と言うようなことを教えられた子どもは大人になっても

差別心や偏見をもたないだろう。』という内容です。

性格はDNAによるところが大きいと言われていますが、

人権感覚は生育環境によることが大きいとされています。

ようするに、DNAではなく、生活していく中で、

身につけていく感覚と言うことです。

ともなれば、我が子がどのような人権感覚をみにつけるのかは、

一番身近で、もっとも影響力の強い保護者ということになります。

まちがった人権感覚は親から子へ、さらには孫へと続くのです。

差別がなくならない理由の1つがこの負の連鎖であると

言われています。では、どうしたらいいのか。 

例えば、「聞いたンやけど」とか「・・・らしい」という

情報をうのみにせず、実際、自分の五感で相手を正しく知り、

判断するということも重要なのではないでしょうか。

正しく理解し、知ることでその連鎖はとぎれるのです。

大切な我が子の将来が差別や偏見のない明るい未来になるよう、

今日はお話を聞き、子どもたちの問いかけに、

正しく答えられる力を身につけていただければと思います。



そして当日おはなし会が終わった後頂いたメールをご許可を頂きましたので

転載させて頂きます。

 ☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆


 私の携帯には今日の感想が続々と寄せられています。

 やはり、「感動した」という内容が圧倒的に多いです。

「自分の中にあったまちがった認識を掘り起こすことができた」とか

「障がいのある子どもをもつお母さんも、私たちと同じような悩みを

普通にもっているんだなって思いました」

中には、

「障がいのある子どもを授かることへの不安は、いったいどこから

 わいてくるのだろうと思いました。でも、そういう不安な気持ちをもつ私って

差別をしていることになるのかな?ってわからなくなってきたことも事実です。」

私はね、この最後のメールを下さったお母さんの気持ちってすごくうれしく思うんです。

中学生の人権学習をしていて、一番うれしい感想文はこういう

「わからなくなった」という文なんです私。

「わからなくなった」ってことは、

「真剣に自分の気持ちに向き合うようになって、今までもっていた気持ちと

葛藤している」から「わからなくなる」のですよね。

人権学習のスタートラインは「自分自身に矢印を向ける」ということが

できることだと思っています。

答えは、誰かに教えてもらうのではなく、自分で向き合い、

気づいて、感じて出すものですよね。

私は、今日のお話をきいて、本当に未友木さんを

みなさんにご紹介できてよかったと思います。

私も元気をもらいましたよ!

明日から頑張らなくっちゃ!

ああああああ~こういう次の日に学校へ行きたくなるんです。

この感動を生徒に伝えたいんです。熱の冷めないうちに!

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆





 その日のたくさんのママたちとの出逢いは

 とても心に残るものでした。

 ファミリアさんとの出逢いもそう!


 今回私自身 真剣に伝えたいなと思う

 きっかけになりました。 

 すべてのことに感謝です。

 ファミリアさん

 関わってくださった、すべてのみなさん 

 ありがとうございました。

 ももかもすごく楽しんでいました。


 ★・・・・・・・★・・・・・・・・★・・・・・・・★


障害のある子どもたちと障害のないこどもをいっしょに

保育する幼稚園や保育園では、、、

保育者や親の適切な障害理解指導があれば障害児と共生

する気持ちが育ちいじめや差別したりすることが

ほとんどない。

(引用 障害理解 筑波大学大学院教授 徳田克己)



 障害理解の教育は一部の人のためではなく、すべての

 こどもたちの心の育成、未来のために欠けてはいけない

 大切な要素です。「みんなちがってみんないい」という教育は

 幼い時期だからこそ必要なのです。

  ☆福祉ブログランキング☆

 ↑ぽちっと一日一回♪応援クリックして頂けると
  とってもとっても嬉しいです☆
 






最終更新日  2008.11.13 20:19:26
コメント(2) | コメントを書く
[心育て☆心の大切さをマナブ、教材作成の道] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


奥深い話ですね   めぞん(ハナクソメロン) さん
深い話ですね。心のバリアフリーで大切なことは障碍のある人は普通の人である、特別な人ではない…といった感覚が大切だと思います。だから僕はももちゃんのことは普通の中学生として接していきたいですし・・・いろいろと教えてもらいたいこととかいっぱいあります。
それとどう接するかですが・・・相手によって接し方を変えるのは障碍の有無に関係ないと思います。人それぞれに個性があるわけで…その個性に合わせて接します。例えば冗談の通じる人と接する場合と…そうでない人と接する場合とでは接し方が違ってくるわけです。幼稚園の子に接するように高校生に接することなんてまずないわけですよね。だから障碍の有無に関係なく…人に合わせて接し方をかえるのは当然かと思います。
まあともかくも…ももちゃんといつの日か漫才をしたいです。ユニット名”モモメロン”でお願い致します(ハナクソメロンというあだ名もあります) (2008.11.15 23:24:32)

Re:奥深い話ですね(11/12)   魔法と感動の子育て☆cona♪ さん
めぞんさんへ

今日もありがとうございます。相手を感じることって大切ですよね。それは障碍の有無関係なく
すべての人間関係で同じですよね、、^^

モモメロン~

聞いてみます 爆

(2008.11.17 14:45:52)

PR

お気に入りブログ

僕は字が書けません… New! ひいちゃんファミリーさん

やっぱり糖質off Kan-Tanさん

分解する さだ・貞國貴信さん

肥満の人が多い国っ… 科学寅さん

21世紀の教育をめ… 菊池 省三さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.