ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

フリーページ

☆ももかについて~はじめにお読み下さい☆


出生時の不思議な夢


☆なぜ今を楽しんで生きているかの答え☆


みんな大切なひとりひとりだということ


こころは大切な宝箱


障害者ってなあに?はてはて?


もしあなたの大切な人だったらどうしますか


☆みなさんに伝えたいこと☆


「見ちゃいけません」


車の爆音☆エレベーターそして感覚のこと


みんなが使える大切なトイレの話


小さなハリーポッターたち


子どもからのお願いです


災害と車いすそして逃げられない人たち


朝から不思議発見♪


☆人との出会いと成功体験☆


☆それぞれに与えられたギフト☆


車椅子用自販機とこども


数字の8と先生の愛情


一日10時間以上車いすに座るということ


☆休日の救急病院と温かいスタッフ☆


ヘルパーさん方へ


増えてきた電動車いすの子どもたち♪


小さな成長・あゆみの小箱


人生を左右したふたりの医師の言葉


ママ「しゅじゅつおめでとう」っていって


プリキュアに語りかけた言葉


本当?ミップルに会うの巻


かわいい提案


平べったいおにぎりさん


娘にした「つよい心のお話」


車いすの応援団と心に優しい雨


温かい手~ありがとう~


ピンク色のほっぺ~みなさんありがとう~


心に感じたぬくもりとギブス用スカート


☆子どもの回復力のすごさ☆


☆シールと温かい先生の気持ち☆


☆突然の大泣きと子どものきもち☆


ママは小人になるからね


ラブラブ交換日記


大丈夫の魔法(o^-^o)♪


☆かっこいいギブス足とモリゾー☆


やったあ!車いすに(o^-^o)♪


☆初めてのおこづかいで欲しがったもの 笑


初めての母の日の想い出


どんなことも心を見つめるラッキーチャンス


☆嬉しかった言葉と思いがけないプレゼント


悲しい顔でママも悲しくなったけど、、


髪の病院


☆傷つける言葉と包丁☆


涙があふれてきた、、


☆いたずらってしあわせなこと☆


☆院内学級の様子と先生の温かさ☆


遊び・学び・楽しむ子育て一緒に体験♪


葉っぱぐい


ももかの詩1☆かみさまがきめているから


ももかの詩2☆ありさんのせかい


8才車椅子の娘と二人でアメリカへ その1 


アメリカDWE電動車いす二人旅その2


ももかの詩3 虹色のありがとう


大好きなプリキュアに会いに


☆ふと気付いて微笑んだこと☆」


我が子を教えることは難しいけれど


☆子育てを楽しむ魔法


秘☆私流子育てを楽しむ魔法のかけ方


子どもを叱る時の魔法の言葉


子どものあまのじゃくな性格をどうするか


しあわせになる魔法


秘☆夢をかなえる魔法


つらい記憶を消す魔法


怒りを静める魔法あります♪


親子の絆を深める魔法


お金をかけず心を癒す魔法♪


勉強を楽しむ魔法~幼き子どもへ


子育てがつらくなったときは、、(o^-^o)


☆しあわせの種まき☆幼い心へ


私は捨て子だと思っていた


尊いイノチの輝きをこころに感じた日のこと


☆大切なお子さんが天使になったご両親へ☆


楽しい想い出♪(゚ー゚☆


おばけの森への電話


へんな獣医さん再び現れる


輝く素敵な女性と初☆ラジオ取材


お誕生祝いとへんな獣医さん


本当に素敵です!+ハートマーク♪


☆おばけの国からの手紙と一通のメール☆


パンダとニコニコ笑顔のプレゼント


たこたこたこやきパーティ♪


私の天使(o^-^o)♪


☆福山雅治in大阪の熱い夜☆


☆我が子の障害の受容と私のココロ☆


こころがクリアになった日のこと


生まれてくる意味と役目


人生で与えられた問題集


美しき人


決断


心いっぱいの感謝をこめて


☆カタチのないもの、目に見えないもの☆


☆同じだった手をつないで歩く夢☆


☆決めるのはすべて自分☆


感動☆お薦めの本


壁を乗り越える共通点


どんなこともチャンス


「僕の大切な友人なんです」


☆バンコクの奇形児を抱えた物乞いのお話


一期一会


母子通園のススメ


障害児のパパとママへ


☆こころのバリアフリー教材・絵本作成☆


伝えたい思い


学校教材の展示会へ


夢へ向けての第一歩


ハートを抱きしめた天使


意見収集中


3人の賢者


こころのバリアフリーを伝えるツール


輝く女性たちにお会いして


二人の私から9年後☆明日は成果発表会


ドキドキ成果発表会当日です。


反省して心を切り替えて前へ


☆人生はピクニック☆


☆楽天ブログでの素敵な出会い☆


初めての絵本作成


☆絵本作成そして明日はまるかん寺子屋


まるかん寺子屋さん講師をして学んだこと


☆シンクロと黄色い光のイメージ☆


☆心のバリアフリー教材化までの道


☆絵本とこころのバリアフリー教材の夢☆


真実の記録☆私が乗り越えてきた道


私のこころの変化(バンコクの話)


☆「ぱしっ」で変わった未来のお話☆


徒然なるままに、、


浮気をしないには訳がある


あなたのあなたのための素敵な冒険旅行を☆


まるかん寺子屋


☆愛と調和☆


☆みんな繋がっている(o^-^o)


☆ただ自分を信じるということ☆


これお薦め!\(^▽^)/


かなり便利☆携帯用車いす用トイレ


絵~こころをこめて~


大切なイノチ


カテゴリ

プロフィール


未友木

全151件 (151件中 151-151件目)

< 1 ... 11 12 13 14 15 16

想うこと

2004.12.17
XML
カテゴリ:想うこと

パンダ4 見ちゃいけません。。。ブランコぱんだ



「見ちゃいけません・・・」「ねえ あの人どうしてくるまいすに乗ってるの?」


車椅子の女の子



「どうして歩けないの」と無邪気に小さな子どもがママに質問します。


そしてママはちょっと困った様子で慌てて小さな声で周りに聞こえないように言います。


「見ちゃいけません。。。」


視線をそらしてそして無表情。


これは電車のなかで実際あった出来事、、、


それでも子どもが質問すると 少し強めに小さな声で叱ります。


子どもは「どうして???」と不思議な顔でママの顔色を伺っています。


ママは遠くを見て無言、、、私は何度かそういう光景を見ました。


そして今日も電車で同じような場面がありました。


電車に車椅子を乗せる補助の板が取り付けられました。


「なんであんな板をつけるの?」こども達が興味シンシン、目をきらきらさせてママに質問しています。


私は目の前のママの対応を興味深く観察していました。


「車椅子がのるからよ」


「どうして車椅子に乗ってるの?」


ママさんは答えられませんでした。


さりげなく「危ないから、、」と車椅子の彼に背を向けて


こども達を誘導して彼が見えないように自分のカラダで囲いました。


あらら おしまい?なわけ?


「やっぱりなあ、(^_^; 」と私はため息をついてしまいました。


でもこれって「どう対処したらいいか」をママさんも知らないだけなんです。


そしてそのママも誰にも教えてもらってないだけなんです。


全然恥ずかしいことでもなんでもありません、、(*^ ^*)


さてさて このこども達は次に車椅子の人たちにあった時どう思うでしょうか?


「子どもは見ちゃいけない」と思いハンディがある人との壁を作り始めます。


こども達はみんな生まれたときは真っ白な心。


幼いこころに色を塗るのは親や教育者 


そして周りの大人たち


大人が無責任に感情のままに発言する言葉だったりします。


まわりの大人たちのたわいもない発言が子どもを教育するのです。


大人たちの発言という点でいうと面白い話があります。


ある大病院の医院長がおっしゃっていました。


『自分は3才位までの子に痛み止めは一切使ったことがない。


でも5才以上になったら使う。どうしてだと思う?


それは大人達が「痛いけどおにいちゃんなんだから頑張れ」


なんていうから痛いとインプットされちゃうんだよね。


周りの大人たちがいらない知恵を授けるからだよ』


真っ白なこどものこころに知識を植えつけるのは


すべて私たち大人なのです。


さてさて 電車のお話にもどりますが


このような場面で私たち大人は


子どもにどのようにアドバイスすればいいのでしょうか?


そのこたえはその状況によってもちろん違いますが


私たち親子の体験からお話しすると


まず始まりは


ご挨拶(または微笑み)です♪(*^ ^*)


きっと「どうして車椅子なの?」の答えに


8才の車椅子の娘はきっとこうこたえるでしょう


「足が不自由で歩けないの~(o^▽^o)♪」とさらりと。


人それぞれで もちろんいろんな答えがあると思うけれど


興味を持ってもらえたほうが嬉しく感じます。


じろじろ見るほうがめちゃ失礼なことで


きっとみんなイヤだと思います。


みなさんがもし車椅子だったらどうしてほしいですか?


ちょっとだけでいいです。


どうか 心で感じてみてください


さてさて♪


笑顔でにこっと微笑んで(*^ ^*)


その後はきっとたわいもない子供同士の会話が続くことでしょう

娘はきっと
「今8才です。何才ですか?私は○○小学校の何年何組で、、(*^ ^*)」と話し始め仲良くなることでしょう


娘が以前いったことがあります。


「歩けなくても 車椅子があればどこにでもいけるもん♪」


「ああ 空とぶ車椅子欲しいなあ♪」


実に車椅子生活を楽しんでいます。
 

子どもが興味を持ったときが大切な時です。


どうか「車椅子がその人にとって足の代わりとなる大切なもの
なんだよ」


「車椅子があったらどこでもいけるんだよ」
と伝えてあげてください。


その車椅子がかっこよかったり かわいかったりしたら


ぜひぜひほめてあげてください♪


とても喜ばれると思います。


みなさんが愛車を誉められるとめちゃ嬉しいのといっしょです♪
(ものすご~く嬉しいと思いますよ^^)


きっと会話がはずみます♪


電車の中での出会いや


さりげない会話


振り返るといつもそこには爽やかな笑顔がありました。


なにかあたたかい気持ちになるのは


きっとこころのふれあいがあるからでしょう♪


^^それではまた♪(*^ ^*)/


ランキング←応援クリックよろしくお願い致します♪









最終更新日  2005.02.16 19:59:33
コメント(6) | コメントを書く

全151件 (151件中 151-151件目)

< 1 ... 11 12 13 14 15 16

PR

お気に入りブログ

心を読む さだ・貞國貴信さん

圧力鍋25年選手! Kan-Tanさん

『やーちゃんばーち… ひいちゃんファミリーさん

科学はイタズラだっ… 科学寅さん
21世紀の教育をめ… 菊池 省三さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.