ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

フリーページ

☆ももかについて~はじめにお読み下さい☆


出生時の不思議な夢


☆なぜ今を楽しんで生きているかの答え☆


みんな大切なひとりひとりだということ


こころは大切な宝箱


障害者ってなあに?はてはて?


もしあなたの大切な人だったらどうしますか


☆みなさんに伝えたいこと☆


「見ちゃいけません」


車の爆音☆エレベーターそして感覚のこと


みんなが使える大切なトイレの話


小さなハリーポッターたち


子どもからのお願いです


災害と車いすそして逃げられない人たち


朝から不思議発見♪


☆人との出会いと成功体験☆


☆それぞれに与えられたギフト☆


車椅子用自販機とこども


数字の8と先生の愛情


一日10時間以上車いすに座るということ


☆休日の救急病院と温かいスタッフ☆


ヘルパーさん方へ


増えてきた電動車いすの子どもたち♪


小さな成長・あゆみの小箱


人生を左右したふたりの医師の言葉


ママ「しゅじゅつおめでとう」っていって


プリキュアに語りかけた言葉


本当?ミップルに会うの巻


かわいい提案


平べったいおにぎりさん


娘にした「つよい心のお話」


車いすの応援団と心に優しい雨


温かい手~ありがとう~


ピンク色のほっぺ~みなさんありがとう~


心に感じたぬくもりとギブス用スカート


☆子どもの回復力のすごさ☆


☆シールと温かい先生の気持ち☆


☆突然の大泣きと子どものきもち☆


ママは小人になるからね


ラブラブ交換日記


大丈夫の魔法(o^-^o)♪


☆かっこいいギブス足とモリゾー☆


やったあ!車いすに(o^-^o)♪


☆初めてのおこづかいで欲しがったもの 笑


初めての母の日の想い出


どんなことも心を見つめるラッキーチャンス


☆嬉しかった言葉と思いがけないプレゼント


悲しい顔でママも悲しくなったけど、、


髪の病院


☆傷つける言葉と包丁☆


涙があふれてきた、、


☆いたずらってしあわせなこと☆


☆院内学級の様子と先生の温かさ☆


遊び・学び・楽しむ子育て一緒に体験♪


葉っぱぐい


ももかの詩1☆かみさまがきめているから


ももかの詩2☆ありさんのせかい


8才車椅子の娘と二人でアメリカへ その1 


アメリカDWE電動車いす二人旅その2


ももかの詩3 虹色のありがとう


大好きなプリキュアに会いに


☆ふと気付いて微笑んだこと☆」


我が子を教えることは難しいけれど


☆子育てを楽しむ魔法


秘☆私流子育てを楽しむ魔法のかけ方


子どもを叱る時の魔法の言葉


子どものあまのじゃくな性格をどうするか


しあわせになる魔法


秘☆夢をかなえる魔法


つらい記憶を消す魔法


怒りを静める魔法あります♪


親子の絆を深める魔法


お金をかけず心を癒す魔法♪


勉強を楽しむ魔法~幼き子どもへ


子育てがつらくなったときは、、(o^-^o)


☆しあわせの種まき☆幼い心へ


私は捨て子だと思っていた


尊いイノチの輝きをこころに感じた日のこと


☆大切なお子さんが天使になったご両親へ☆


楽しい想い出♪(゚ー゚☆


おばけの森への電話


へんな獣医さん再び現れる


輝く素敵な女性と初☆ラジオ取材


お誕生祝いとへんな獣医さん


本当に素敵です!+ハートマーク♪


☆おばけの国からの手紙と一通のメール☆


パンダとニコニコ笑顔のプレゼント


たこたこたこやきパーティ♪


私の天使(o^-^o)♪


☆福山雅治in大阪の熱い夜☆


☆我が子の障害の受容と私のココロ☆


こころがクリアになった日のこと


生まれてくる意味と役目


人生で与えられた問題集


美しき人


決断


心いっぱいの感謝をこめて


☆カタチのないもの、目に見えないもの☆


☆同じだった手をつないで歩く夢☆


☆決めるのはすべて自分☆


感動☆お薦めの本


壁を乗り越える共通点


どんなこともチャンス


「僕の大切な友人なんです」


☆バンコクの奇形児を抱えた物乞いのお話


一期一会


母子通園のススメ


障害児のパパとママへ


☆こころのバリアフリー教材・絵本作成☆


伝えたい思い


学校教材の展示会へ


夢へ向けての第一歩


ハートを抱きしめた天使


意見収集中


3人の賢者


こころのバリアフリーを伝えるツール


輝く女性たちにお会いして


二人の私から9年後☆明日は成果発表会


ドキドキ成果発表会当日です。


反省して心を切り替えて前へ


☆人生はピクニック☆


☆楽天ブログでの素敵な出会い☆


初めての絵本作成


☆絵本作成そして明日はまるかん寺子屋


まるかん寺子屋さん講師をして学んだこと


☆シンクロと黄色い光のイメージ☆


☆心のバリアフリー教材化までの道


☆絵本とこころのバリアフリー教材の夢☆


真実の記録☆私が乗り越えてきた道


私のこころの変化(バンコクの話)


☆「ぱしっ」で変わった未来のお話☆


徒然なるままに、、


浮気をしないには訳がある


あなたのあなたのための素敵な冒険旅行を☆


まるかん寺子屋


☆愛と調和☆


☆みんな繋がっている(o^-^o)


☆ただ自分を信じるということ☆


これお薦め!\(^▽^)/


かなり便利☆携帯用車いす用トイレ


絵~こころをこめて~


大切なイノチ


カテゴリ

プロフィール


cona♪

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

楽しむ子育て☆いっしょに体験♪

2009.06.10
XML
 車いすの娘は一般の地元の中学に通っています。

 以前の中学入学時に「ボランティア制度」を作ることはできないか?

 または私自身がサポートに入ることはできないかを伺いましたが

 前例がないということで考えていただくこともできず×になりました。


 今の中学に転校してきた時

 先生の手も足りない現状、

 校長先生のほうから

 「すぐにサポートのボランティアさんを募集しますね」と

 お声をかけて頂きました。

 数日後、

 「お母さん ボランティアさん決まりましたので」と

 言われました。ええ?正直かなり驚きました。

 学校内でボランティア制度登録と言うものがあり、

 各種色んな部門のボランティアを事前登録していると伺いました。

 ノートテイクのボランティアや学校行事のボランティアなど、、、



 3人ほどのローテーションでお手洗い介助などに

 きてくださることになりました。

 伺うと そのボランティアのみなさんは

 皆ヘルパーとして働いていらっしゃる方々でした。

 学校へのボランティアの理由は

 ご自身のお子さんも障がいをお持ちの方でもう大きくなったけれど

 以前お世話になったので喜んで(*´ー`*)というママさん、

 他の障がいのあるお子さんをお持ちで

 肢体不自由のこどもたちのことをもっと学びたいというママさんなどが

 温かい気持ちでボランティアさんとして支えてくださっていました。

 なんだかじ~んとしました。

 
 昔 学童で

 学童の先生から

 「お母さん いつもありがとうと頭を下げられなくていいんですよ。

  モモちゃんがいて 学童に来れている子もたくさんいるんです。

  お母さん、一人で全部抱えなくていいのよ

  みんなで育てていけばいいの」と言っていただいた言葉を思い出しました。



 
 さらにじ~んとしたことは

 うちの中学には重度障害のA君というOBの先輩がいます。

 A君は身体のサポートが色々と必要なのですが

 その当時のA君のクラスメートのお母さんたちが

 卒業されて何年もたった今でも

 A君のボランティアとしてサポートされているそうです。

 今でも地域のためにとA君会議というのが中学でされています。

 A君のお母さんにも色んなお話これから伺ってみたいです(*´ー`*)☆


 今年も 新年度を迎える前にボランティア制度の登録用紙が配られました。

 私も福祉に関するボランティアに登録しました。

 私でもできることを心をこめて、、です、、(*´ー`*)☆

 今月認定式があります。






最終更新日  2009.06.10 16:41:48
コメント(8) | コメントを書く
2008.10.20
 引っ越してきて1ヶ月半が経ちました。

 新しい土地にもなれてきた今日この頃です。

 さて実にこの土地とてもイベントの多い場所で

 ほぼ週代わりで色んなことをしています。

 なんだなんだ?とももの車いすを押して

 参加しています。

 自宅から主なるイベント会場が激☆近いため 

 ジャズが流れていたり 

 ポニョの音楽、紙芝居、おみこし、ゴスペル、

 和菓子祭り、お酒のお祭りと色々♪

 さらにうちの家の前に色んなイベントをする

 不思議な名前の不思議な建物があり

 (まだ敷居が高くて不思議すぎて実は入ったことがない、、)

 先週、今週とその建物の前で丹波の枝豆もぎ大会をやっていました。

 大型トラック一台にエダマメの山!

 毎週日曜日は臨時☆エダマメ畑が自宅前にできます。

 一回エダマメ取りを経験したら

 かなり面白かったのでしょう。。。

 ももちゃんはそわそわ☆日曜が待ち遠しくて

 エダマメがなくならないか、とっても心配しています 爆

 「もうトラックが行ってしまった音がした」とか

 それは妄想やろ~みたいな 笑

 それくらいエダマメが彼女は大好きで

 ひとりでほとんど平らげてしまうぐらいの大好物です。

 
 このイベント、あと2週ぐらい続くそうです。

 丹波の黒豆で実も大きくて(普通の1,5倍)

 これで1本分、350円!

 安い!!しかも美味しい!!!

  4時間ぐらいで全部なくなってしまう人気です。

 口コミで広がってご近所さんたちもぞろぞろと。

 なんだ?みたいな感じでやってきて楽しんでいます。

 ももちゃんもこんな感じ~

 子供用軍手を持参して♪

 「自分でとれた! 自分で出来た!」と大喜びの一枚です。

 CIMG0016.JPG
 来週も楽しみです。

 無題.JPG


☆ブログランキングに一票☆

 ↑ここをクリックで一票入れて頂けるととっても嬉しいです♪






最終更新日  2008.10.23 10:33:20
コメント(2) | コメントを書く
2008.06.13
新しいおうちには小さな小さな中庭があります。

そこで長年念願だった「家庭菜園」なるものを
家族ではじめました。

ぱんだ家☆菜園です。

パパはうちの子たちといって愛情をかけて

かわいがっています 笑

耕したり 土を混ぜたりの係はパパ。


私はみずやりと脇芽(茎の途中から分けて生える赤ちゃん枝)を取る当番

ももちゃんは私に「ママ 水やりした?」と確認当番と

鑑賞係とひたすら食べる係 笑

トマト、いろんな種類のレタス、三つ葉、ねぎ、たらの芽、

各種ハーブ、ミニバラ、もみの木を育てています。

レタスは簡単。

すぐ育つのでその都度新鮮なのを取って食べれるのがいい♪

雨の後はすごく成長しているような気がします。

ねぎはスーパーで買ってきたねぎの根の部分を植えたら

にょきにょきと育って今ではねぎ帽子さんができています。

ミント等はフレッシュハーブティにして楽しんでいます。


しかし、、、

無農薬にこだわっていたら虫が発生して

そのうち虫さんたちとの静かな闘いの日々、、

涙、、、

な日々もありました。


パパが

「あ~てんとう虫や蜘蛛がいてくれたらいいのに」と。

「え~~なんで?」

「そうしたら あぶらむしや小さな虫たちをつかまえてくれるからね」

「へえ そうなんだ」

あぶらむしやくもがいたら

このような小さな虫たちを退治してくれるわけです。

自然ってすごいなあ、、

地球ってすごいなあ。。

現在普通に販売されている農薬や殺虫剤には

ほとんどのものにディート等の

毒性のある化学物質が使われています。

よく虫除けスプレー等で皮膚にかけるものはさらに要注意。

経皮吸収されるので危険。

赤ちゃん用虫よけスプレーなる危険なものは絶対に使ってはいけません、、

(裏の記載成分チェック チェック♪余談ですが我が家では

 買ってきた野菜はホッキ貝を高温で焼いて作った白い粉で農薬をとってから

 食べています。トマトやニラ、いちごなどは水の色がにごるほど取れます)



ああ 裏の表示を読むと殺虫剤が買えないよ~~

と思っていたら

わさびやとうがらしなど

完全に食品でできている殺虫剤ではなくて

植物を強くするというスプレーを生協で見つけました。

これを少々使いながらも

自然に虫さんたちが風に乗って飛んでくることを

夢見ていました。

でも我が家のマンションの部屋は高い位置にあるため

飛んできてくれる気配はいっこうに感じられませんでした。

しかし今朝 いつものようにお水をあげていると

もみの木に小さいけれどきれいなかわいい蜘蛛の巣が

はっていました。

きらきら輝いてる小さな蜘蛛の巣に

ちっちゃい蜘蛛さん。

「パパ!!!!!蜘蛛が引っ越してきた!
 
 蜘蛛の巣ができてる きれい!!!」


昨日はなかったのに一夜にして、、♪

今までだったら蜘蛛がいる!と

いや~~なきもちになって

怖がっていたに違いないけれど

蜘蛛さんには蜘蛛さんの

てんとう虫にはてんとう虫の大切な役があるんだなって

改めて思いました。

それぞれの役目があるんですね。。。

それぞれ役目。。。。

私にも私の役目、、、、

ももちゃんにはももちゃんの役目、、、



地球ってすごいなあ、、、♪

それにしても

てんとう虫2匹ぐらいほしいな。。。

てんとう虫を見つけたらぜひ我が家にお知らせください 笑

ぱんだ家に引越しを薦めてみてください 笑

それにしても最近めっきり

てんとう虫も かたつむりも

バッタも かえるも カブトムシも見ないなあ。。。

私が小学生のときは

よく学校帰りにアマガエルいっぱいつかまえたり

畑や川の近くにいって

おたまじゃうしをいっぱい袋にいれて帰って

育てたり(突然50匹ぐらい手足が生え始めて

怖くなって畑に戻した)

ざりがにをつったり

どんぐりをバケツいっぱい拾ったりしたなあ。。。

トンボもいっぱいつかまえた。。。

ありさん、あめんぼ、、、ETC、、、

池のなかのミジンコやミドリ虫などの動きを

顕微鏡で観察するのもわくわくしたし

(ミジンコのほうきのような手がかわいかった♪)

薬屋さんに行って当時50円でリトマス試験紙を買って

いろんなものを友達と調べたりして遊んだ記憶、、、

そんな遠い記憶を思い出した。

ももちゃんはそんな虫をみたことあるかな?

幼い頃 家族で見た蛍、、、を思い出した。

車いすだと自分で走っていってしゃがんでみたり

近づいてその様子を見ることができないから

通常のこどもたちよりも経験不足になりがち。

いろんな小さな体験は親も手伝ってあげなきゃだけど

ひとつでも多く

「見たことあるよ」

「やってみたよ」

「私もできる」を大人になるまでに体験させて

あげたいと思っている。



元にもどって

さてさて我が家のトマトの茎は

わたしの背丈を越えて

なんと2Mになりそう。

837316224_48.jpg

それにしては実が少ないじゃないかい???

栄養が茎にいってるかも~~


まだまだ天高く伸びていきそうな勢い。

実は現在15粒ほど×4本。

そろそろ赤くなりつつあるトマトたちから

目が離せません♪^^


ある時期にきたら

トマト三昧な日がきそう、、、笑

ももかの笑顔が待ちどおしいな。



来週 ももの中学校の一年生さんたちに

車いすのももかの母の立場からとして

人権のお話をさせていただくことになりました。

テーマは「共生 ともに生きる」

障害のある方々にどのようにかかわっていったらよいか、

という内容です。

障害のある人にまったく関わったことのない子どもたちは

どうしたらいいのかがわからない壁というものがあります。

「みんなちがってみんないい」ということ。

それぞれのこどもたちの輝き、

みんなにできる大切なこと、心を込めてお伝えさせて

頂けたらと思っています。

もうひとつ、同じ週に 守口市の同じチャレンジドのママさんたちの

お勉強会でお話をさせていただきます。

こちらは歩みそして就学問題等です。

楽しくわくわく情報交換ができたらと思います。

この週末はよりよいものにできるように

まとめたいと思います。

なににしようか、考えながらドキドキ、、、

今からドキドキです。

来週も新しい出逢いが楽しみです。


愛と感謝を込めて♪






最終更新日  2008.06.14 07:46:18
コメント(7) | コメントを書く
2007.09.20
 昨夜は「奈緒ちゃん」を見に行きました。

 知的障害とてんかんを持つ奈緒ちゃんとそのファミリーの歴史。

 伊勢監督が作られたドキュメンタリー映画です。

 先日あべのヒューマン ドキュメンタリー映画祭で

 伊勢監督が作られた「ありがとう」も見せて頂き

 色々と心に感じることがありました。

 家族愛、気づき学び成長していく姿、、、

 今回「奈緒ちゃん」上映で

 伊勢監督も東京から来られるというので

 遠かったけれど昨日も逢いに行っちゃいました(*´ー`*)☆

 映画祭でボランティアをしていたモモを覚えていてくださっていて

 嬉しかったです。それは元気いっぱいなパンフレットの売り子。

 その様子が映画祭のビデオに写っていたらしいです。

 それはそれは元気で 売り子に喜びを感じながら

 楽しく販売係をしていました☆

 モモはモノを売ったり ちらしをまいたりに喜びを感じるタイプ。

 ひとりでも楽しくそれは嬉しそうにニコニコしながら係をやっています。

 嬉しそうにニコニコ大声でやってるので

 みんなが振り向き 思わず知らない間に買ってしまうのです 笑

 なかにはお菓子を下さるおじいちゃんとかも、、笑

 大人たちがじ~っとモモの様子を見て

 何人もの人が「ももちゃんの売り子は楽しそうと。

 数時間で何十冊も売ってしまうのです。

 「来年もたのむで~」とこれまた何人もの人に

 予約を頂いていたモモなのでした。

 ちびっこよ 大人になるまでに色んな下積みをがんばってね 笑

 

 〔大きくなったらなりたいもの〕

 モモの今の夢は「ケーキやさん」

 「ケーキやさん」といっても経営者でもパティシエではなく

 レジ係だそうです 笑

 
 それは嬉しそうにレジ係をしている様子が目に浮かびます。

 「お誕生日専門のケーキやさん」
 
 「太らないケーキやさん」を作りたいと考えているようです。

 しかし最近漫画家にもなりたいらしく

 ケーキやさんは月、水、金に限定するそうです。

 そんなケーキやでいいの?笑 こどもの空想話は楽しいですね(*^m^*)

 小学校の補助の先生がその話をいつも聞いてくださり

 先生がパティシエ役にもう決まってるそうです。

 「将来は私もパティシエとして修行します」とモモの話に合わせて
 
 下さる先生、、ありがたいなあ、、と思います。

 モモの夢が変わるたびに 先生は自分が何役ができるかを

 考えてくださり 話のなかで活躍されるので

 いつも先生とモモはとても仲良しで大好きな先生であり

 お友達の様でもあります。


 「ママも働きたい~」といったら

 「ママはだめ。

  ママにはママのやるべきことが

  あるでしょ~

  ママの夢をかなえないと!」
 と言われてしまいました。

  (けっこう言い方がおばちゃんで笑ってしまったけど、、爆)

  私にはシビアなモモです。。。

  女の子って、、、



 空想話といえばクリスマスに何をほしいかという話になったとき

 その頃モモはドコモダケが大好きで

 UFOキャッチャーにいっぱいドコモダケがはいったのを

 そのまま機械ごとおうちに欲しいと言っていました 爆笑

 そんなの置いたら 狭い我が家。。。眠るところないよ~(´_`;)

  
 


 






最終更新日  2007.09.20 22:50:19
コメント(4) | コメントを書く
2007.02.19


☆路線バスに乗れるか?不安を感じたことはありますか?



「バスが来たヽ(*´▽`*)ノ」と喜ぶ車イスの娘。




乗ろうとしたらリフトバスではなくて

「乗れません 次のバスをまってください」

次のバスを待つ、、それがまだ現実です。

下手をすると一時間に一本だけだったり

その路線にはリフトバスが走っていないケースもあります。



先日もある場所にいったはいいものの、

リフトバスがあるかどうか不安でした。

帰りもそう、、待ちながら 何時頃自宅に到着するか、、、

時間計算をしたりしています。

「モモ、よかった(*´ー`*)☆

 リフトついてる!リフトバスきたよ!ヽ(*´▽`*)ノ」と

喜ぶ人はまだまだ少ないと思いますが。

我が家は喜び組です(*^m^*)


バスに乗れてもやっぱりみんなをお待たせするのは

悪いなあって気持ちになるので

車イスの固定をしていただいたりしている時間

正直焦ります。

今回、


「ゆっくりでいいですからね」

急いでいるはずなのに心に余裕をもっている

バスのお兄さんの笑顔とその一言、

すごく心に優しかったです。

たった一言で心がすごく軽くなりました。



バスを降りるときは バスの中でご一緒になった

おじさんたちがみんなで車イスを降ろすのを

手伝ってくださいました。

すごくありがたかったです。

感謝、、☆です。



ここでアメリカ フロリダのディズニーワールドに行ったときの

お話を書きたいと思います。

これは当時8才の娘の長期入院前に

娘にプレゼントした旅行です。

母と離れることや

手術におびえていた娘に

生きていると楽しいことやしあわせなことが

いっぱいあることを伝えたくて

私がいちばん好きな場所に娘を連れて行きました。

きっと私も乗り越えたかったから勇気をもらいにいったのかも。

その時の気づきやアメリカと日本の違いをお伝えしたいと思います。




バスはまず車イスやカート(歩行を補助する乗り物)の人がバスへ

優先となります。

写真データー 096.jpg

写真データー 120.jpg


こんなにいいよ~と思うほどシートベルトをしっかりと頑丈に固定されました。

シートベルト等の固定が済みバスの運転手さんからOKがでるまで

一般の人は乗り込むことができません。

バスの運転手さんは会話を楽しみながら

ベルトを固定してくださる感じでした。


でもそれを仕方なくいらいらと待つ人はいなくて

当たり前のことのように心に余裕を持って

みんな外で待って下さっている

様子を何度も見ました。


日本だったら先にずるいと思ったり 

待ってあげてるみたいな波動が伝わってきて

上記のようなシステムがあったとしても申し訳なく思ったり

悪いなって思ってしまうのかもしれませんが、、、。

心の面の教育、心のバリアフリーも徹底されています。

アメリカで心地よかったことは、車イスであってもジロジロと変な好奇心で

見られたり見下げられることがないこと。

(逆にこの車イスかわいい!COOL!と声をかけてくださる方はたくさんいました♪

 日本では見るようになったプーさんのタイヤカバーはアメリカではないそうで

 それは大もてでした。ディズニーだったのもあるかも、、(*´ー`*)☆)

1人の人として尊重され大切に扱ってもらっていることを何度も感じました。

モモは8日間のアメリカ旅行で実に100人以上の方に

声をかけて頂きました。

写真データー 036.jpg
(電動で1人で動き回るモモ。母は後ろを追いかける~みたいな 笑)

彼女のすごいところは英語もできないくせにちょっと覚えた単語で
平気で話しかけて友達になっているところでした。

おそるべしちびっこ、、(´_`;)



アメリカの笑顔でこんにちは(*´▽`*)は

心にとても温かかったです。



プーさん号で行ったアメリカ。

笑顔のステキなお姉さんが突然モモにニコニコ笑顔で

「SO CUTE(*´ー`*)☆」と言ってくださいました。

彼女にプレゼントをしたいと私に聞いてこられました。

私は突然のことにそんなことは日本ではありえないので

怪しい、、と思いました (すみませ~ん、、)


「ちょっと待っててね」と言われたと思ったら

走っていかれて

プーさんのぬいぐるみを持って現れました。

彼女はモモにこう言われました。

「私の国、アメリカへようこそ。

 きてくれてありがとう。

 どうか楽しい滞在になりますように、、

 楽しんでね(*´ー`*)☆」

そして モモに優しいハグをしてくださいました。

写真データー 046.jpg

お姉さんと♪
でも残念~笑ってるところが取れてない~

爽やかな優しい笑顔とともに彼女は消えてしまいました。


天使のようなお姉さんでした。

ステキな笑顔、そして愛がいっぱい伝わってきました。

とても心に残る想い出になりました。

モモの心にもきっと温かい想い出が残っていると思います。

写真データー 393.jpg



熱い初夏に日本から連れて行った
あみぐるみの「みゆちゃん」に友達ができた。

みゆちゃんにアメリカをみせてあげると
ずっとともに行動。途中忘れてホテルの部屋にとりに
帰ったことも(汗)

ずっとみゆちゃんとプーさん二匹を
つれて行動のモモでした。

☆おまけ☆

写真データー 141.jpg



あれ ぷーさんコーナがらがらだ☆

誰も来ないので

10分ぐらいプーさんと遊ぶことができました。

みゆちゃんを紹介するモモ。

写真データー 136.jpg

それからモモの大きな目標はプーさんにあって

電動車イスのプーさんをプーさんにみてみてぷーさんついてるよって

報告することでした 笑

「ついてるね♪ヽ(*´▽`*)ノやった うれしい」と

プーさんは喜んでくれた様子でした 笑







こんなことも、、、







写真データー 100.jpg

ミニーちゃんがミッキーさんのところへ連れて行ってくれました。

写真データー 093.jpg

車イスで楽しめるショウ

介助者の人、家族がともに楽しめるところがやさしい☆

写真データー 092.jpg

乗り物♪しっかりと固定☆

写真データー 105.jpg

ジャングルへ入っていきました(*´ー`*)☆




本物の象さんが!

写真データー 111.jpg


写真データー 117.jpg

モモもお姫様になってみました☆(*´ー`*)

パークにはかわいいプリンセスがいっぱい。

「リトルプリンセス(*´ー`*)☆」と

たくさんの人に声をかけられて、、

嬉しそうなモモでした。






日本も少しずつ




心のバリアフリーの面でも



日本の良いところは活かしつつも



さらに他国のよいところは学び吸収して



みんなに優しい国になってほしいと願うのです。



みんなが楽しく生きていける未来のために。


写真データー 088.jpg


og.jpg
☆ママパンダとモモのいっぽいっぽ☆


なにか心に感じた方はぜひ(*´ー`*)☆
ブログランキングに一票
よろしくお願いします☆


HPもリニューアルしました☆よかったら見てね♪

          ↓
体験から生まれました。
大切な心のことをワクワク遊びながら学べてしまう♪

kodomo.jpg←楽しく心育てできる工作キットです♪ 






最終更新日  2007.02.21 14:18:06
コメント(19) | コメントを書く
2007.02.12
先日の東京ステイの続きUPさせて頂きます♪

手書きハートCIMG3084.JPG

モモのお部屋に飾ってある絵。

去年の誕生日モモに素敵な絵を送ってくれたまっつまっくさんちの

キャンディいちごちゃんの作品です。

(*´ー`*)☆

ほのぼのと心が温かくなる絵で私もお気に入りです。

モモ、昨年の誕生日は

なんと インフルエンザで高熱、、ベッドでのお祝いになりました。

そんな時に届いた、素敵な心のこもったプレゼント

とっても心にしみました。

CIMG3090.JPG



東京ステイ、今回まっつまっくさんちに泊めていただきました。

今回まっつまっくさん 入賞式も一緒に参加してくださいました。



CIMG4284.JPG


↑この写真の様子のあとモモ突然あることを言い始め

私は心臓が飛び出そうになった(◎o◎)





私とまっつまっくさんの出会いはそのまた一年前に

松下エイジフリーショッパーズさんにご協賛いただき

東京 有明のパナソニックセンターで 車イスの工作キットを

初展示させて頂いた時に 彼女があいにきて下さったのが

最初の出会いです。

あの時に出会えなかったら 今こうやって仲良くしてないと思うと

とても不思議です。

願いや想いの方向が一緒なので話していても楽しくて

時間がたつのがあっという間でした。


キャンディいちごちゃんも モモも

お互い逢えることを楽しみにしていたようです。

DSからはじまりシール交換等で盛り上がり すごく仲良く

ずっと遊んでいました。



いつもまっつ家のブログを読むと

そこには美味しそうな夕食やおやつが♪(*^m^*) 

そしていつか(*^m^*)と

まっつ家に遊びに行ったときに

絶対に飲みたいと思っていたのは

5年物のそれはそれは美味しそうな

自家製梅酒です。

「あれあれあれ飲みたい!!(*^m^*)」

「お~話が早い☆やりますか♪ヽ(*´▽`*)ノ」と盛り上がり♪

あ~~これこれ♪

やっぱり美味しかった☆(*^人^*)



お食事はすべて手作り。

ここまで手作りママはすごいし素敵☆

本当に美味しかったです。

ありがとう、、☆

CIMG4279.JPG

手作りのピザ

手作りのカヌレ♪(本当に上手でケーキ、パンは

プロ級☆高級ホテルで売られているような、、♪)

手作りのパン(これもプロ級☆☆☆☆☆)

やっぱりさすがのまっつさんでした☆

(あまりにおいしくてまっつ家の子どもになりたい、、って

思わずつぶやいてしまった私、、、

「いいよ~♪(*´ー`*)☆」って 笑

一男一女なので 私が長女ということにしてもらった 爆)

そうしたらモモも

「ももちゃんもヽ(*´▽`*)ノ」って 笑

親子なのにきょうだいにもしてもらって

まっつ家は4人きょうだいに 笑

面白すぎまっつまっくさん♪

本当に素敵なおかあさんでした。

夜はお友達とのパーティも開いて下さいました

みんなでシール交換をしあったりして楽しんでいました。

Image105.jpg

まっつまっくさん曰く いつもそれぞれに自己主張が強い子ども達が

初めての車イスのモモ登場とそのの出会いに

どんな反応を示したかというと

最初はおとなしく、様子を見ていて

段々打ち解けて

みんなで協力し合ってごはんをたべるサポートをしてくれたり

必要なものをとったり みんなで考えてどうすべきかと、、

そんな様子が伺えたそうです。シール交換を楽しくしている

子ども達、、そんな様子を私は微笑んでみていました。


ただただ感謝です。

モモの嬉しそうな様子が

私にはとても嬉しかったです。
本当に楽しかった。。。

ありがとうね、、☆


モモ キャンディいちごちゃんが本当に好きだったようで

お別れの時はぽろぽろと大粒の涙を流しました。

こんなことは初めてかもしれません、、

帰りの電車でも思い出しては泣いて、、、








ぽろぽろの涙、、、

何度も何度も

「モモ またあえるよ」と伝えました。



いいお友達ができてよかったね、、

私はモモがいつでもお手紙をかけるように

パソコンでキャンディいちごちゃんの名前を入れて

住所シールを作成しました。




今 二人はお手紙交換を楽しんでいます。

なつかしいな文通♪(*^m^*)

毎日ポストを開けるのが親子ともに

楽しみの最近です。

pandaani246.gif
ブログランキングに一票よろしくお願いします♪


☆お知らせ☆

HPもリニューアルしました☆よかったら見てね♪

          ↓

大切な心のことをワクワク遊びながら学べてしまう♪

kodomo.jpg←楽しく心育てできる工作キットです♪ 






最終更新日  2007.02.19 21:43:16
コメント(19) | コメントを書く
2006.12.29
モモのマイブームは「今里線」



ある日大阪市営地下鉄のMAPを電車の中で見つめていたモモは

目を大きくぱちくりしたかと思ったら

「おかあさん 大変!!!

地図が変わった オレンジのラインができてる!!!」と

新しい今里線というのを見つけてから

「今里線についてパソコンで調べたい」

「今里線にのってみたい」

「今里線の駅ってどこ?」

「今里線の乗り換えは」


我が家は今里線の話で一色になったのでした。

また今里線の話?

また、、今里、、

またか、、と今里という単語が一日に何回も、、

ある日私が区役所だったかで今里線のパンフレットを

もらってきた日には

うわ~~  きゃあヽ(*´▽`*)ノ♪

・・・・(*^m^*)



とうとう今日モモのリクエストで

この冬休みを利用して(というか今日ですが)

今里線に乗り一駅ずつ降りてそれぞれの駅を楽しむツアーに参加します。

というかただのパンダ家の親子ツアーなのですが、、爆笑

女の子だけど電車好き。

駅名を全部暗記して乗り換えも教えてくれます 笑

電車を見るのも乗るのも好きなモモです。

たまにモモと喧嘩?するのは

電車の乗り方。

私が早く行きたいのに勝手に他の路線に乗りたくて

ぐるっとまわる提案をされることです。

真剣に喧嘩になります。

モモも乗りたいのでなかなか譲りません、、

私は会社が変わると料金が変わるからと譲りません、、


あとモモが行きたくないと言っていても

「○○線に乗れるかもしれない」

「モノレールもでてるかも、、」と言うと

「行くヽ(*´▽`*)ノ」と突然ご機嫌になる娘です。

さて今里線の旅支度はじめたいと思います♪

この親子ツアー 13時難波スタートだそうです 笑(モモが決めた)


パンダ4 ぱんだ家のほのぼのブログに一票♪

↑一日一回クリックしていただくとブログランキングのアップに反映されます。

(みなさん本当にありがとうございますm(。-_-。)m 感謝の気持ちをこめて)






最終更新日  2006.12.29 10:05:33
コメント(12) | コメントを書く
2006.12.16
土曜日はモモの月1回のラジオ出演の日でした。

FM HANAKO(FM 守口)のラグタイムという番組で(バリアフリー放送企画)

月1回、詩の朗読をさせて頂いています。

【第1・第3土曜日10:00~10:55】




春の私のゲスト出演の後、今度は親子でとお話を頂き

モモも出演することになりました。

生放送なので大丈夫か?(突然関係ない話をしないかなど)

正直ハラハラドキドキ心臓バクバク、、でした。

でも モモはどこへ行っても

 ヽ(*´▽`*)ノ 

な感じで

緊張するわけでも 

普段となにがかわるわけでもなく

そのままで 笑 


ものおじも緊張もしないタイプの人であることが

判明しました。。。





なんとか終わって(´_`;) ホッとしたのは私の方でした。


あえて書くとすれば最初はラジオというものになれず

話しかけられてもうなずいているモモ。

「ラジオは見えないからお話してね」と。

「そっかあヽ(*´▽`*)ノ」


母に似て・・・楽天家なのね、、、



そんなで初めてのラジオ出演体験は無事に終了したのです。


ところが。



それまで詩の朗読担当でいらした車イスのお姉さんが

パラリンピックを目指すとのことで

おやめになるとのことに。

 

突然モモにとお話を頂いたのは

その数週間後のことでした。

「え~~~~(´_`;)」



正直とても迷いました。

なぜなら生放送、毎回台本なんてなくて

アドリブでそのままに進んでいくので。

モモは大丈夫かと、、

(以前ゲスト出演した○HKの収録では

大体の台本があらかじめインタビュー後 用意され

少しはアレンジしてもいいけれどそれに添っていくというものでした)

この「ラグタイム」という番組。

毎回ゲストさんを迎えて 司会のお二人が色んな話を楽しく

聞いて誘導されるというもの。

正直迷いました。


「モモ 急にトイレヽ(*´▽`*)ノはだめだよ」

「お話急に変えちゃダメだよ、、よくみなさんのお話聞いてね、、」

「うん、、♪」ってうなずくだけじゃ見えないんだからね」

みたいな、、、話を



本人はひとこと



「モモちゃんやってみるヽ(*´▽`*)ノ」



そして春から詩の朗読の担当さんに。


その様子を何回か見る形で


知らない間にレギュラーさんに。


時に私も情報提供をさせて頂くことで一緒にスタジオ入りさせて頂き

たまにモモひとりでスタジオに入りして大人の方に囲まれ、、の

様子をガラス越しに見てドキドキ、、しながら応援して、、、

母は(´_`;)・・・な毎回でしたが

無事に今年最後のラジオ中放送を終わることができました。

本当にありがとうございました。

親子で毎回とても色々学ばせていただいています。




毎回ゲスト出演される方はとてもキラキラ輝いている方ばかりで

素敵な出逢いをいただけることがいちばんありがたいことです。

このラジオ出演ももちろんボランティアです。

小さな経験を積み重ねて学んでいってほしいな、、と思っています。



私は誰でも

最初はできないことも

小さな経験の積み重ねで慣れて 段々できるようになっていくと思っています。

なぜそんなことが書けるかというと自らの経験と実験により 笑



私は幼い頃 とてもおとなしい子で

学校で手をあげれず発表できない子でした。

ものおじもひどくてお友達がなかなかできませんでした。

どうやったらお友達ができるんだろう、、って思っていました。

幼児期、私は同じ年のお友達がそばにいなくて

同じ子ども同士でコミュニケーションをとる経験が本当になくて

関係を作っていくことが苦手でできませんでした。

なぜだろう?と子ども心に自分を分析した時

でた答えは「経験」でした。

性格もあるけれど性格というのは環境の影響を受け

形成されていくものもあると子ども心に、、笑

なのでいつか自分が将来お母さんになったら

小さな経験をいっしょにつんでいくことをしようと決めていました。


モモ、生後3ヶ月から人見知りが激しく

母しかダメでした。ものおじもひどくて泣いてばかりの過敏な子でした。

預けても預けた先で母恋しくて2時間でも大泣きしているのがモモでした。



そんな我が子を見て

これは人一倍、何倍も経験をつませて

慣れさせて自分のものにさせていくしかないと思いました。

そして私は我が子で実験をしてみました 笑



私が彼女に与えたのは

「チョイス」です。

必ずどちらがいい?と聞き選ばせ

自分の意見を毎回言うように誘導しました。


そして赤ちゃん時代から10年間、ともに

なんでもやってみる 小さな経験を積み重ねてみました。

「モモちゃんもやりたいヽ(*´▽`*)ノ」を

(みんなと同じでなくても)カタチをかえてトライしてきました。

障害があるから出来ない、無理と思いがちですが

どうやったらできるか?参加できるかをともに考えてきました。

「ママ、こうやったらモモちゃんもできるかも♪」

「ママだっこでよろしく」みたいな、、

例えばボーリングだったらモモを抱っこしながら

私が投げる、、みたいなのでもモモにはOKなわけです。

それで自分もやってみた気持ちになってる 笑


ほんの少しなにかできたらいいのです。

「心に感じる」体験をするのが大切な気がします。

笑顔でとりくで面白かった記憶を残してあげること。

やってみる体験、やってみた体験が大切なのだと思います。




それから伝えていることが

母はいつまでもいないということ。




自分で大きくなったら考えて

自分ですべてをチョイスしていかないといけないということ、

幼い時期はいっぱい失敗してもいいんだよって伝えてあげることが

大切なように思っています。



わたし=おとなしい

わたし=無理

とチョイスしているのは実はすべて自分です。

どうありたいか?をまず自己分析して

ありたい自分をチョイスする宣言をまずすることが大切だと思います。

(*´ー`*)☆



パンダ4 ぜひ一票よろしくお願いします☆

↑一日一回クリックしていただくとブログランキングのアップに反映されます。

(みなさん本当にありがとうございますm(。-_-。)m 感謝の気持ちをこめて)






最終更新日  2006.12.17 08:21:24
コメント(10) | コメントを書く
2006.11.03
今日はモモのリクエストでご近所のバザーへ。

2件はしごしました(*´ー`*)☆

11月3日は全国的に教会のバザーが多いですよね。

私も幼稚園がキリスト教の幼稚園だったので

毎年幼稚園のバザーを楽しみにしていました。

母が粘土細工や刺繍、お弁当袋、ナプキンなど

いろんなものを夜なべして作っている姿、、

おいしいトリ飯のお弁当、、etcいろんなことを思い出します。

そうそう母が作ってくれた粘土細工 実は私今でも大切に持っているんです。

母はきっと驚くと思うけれど ひまわりの粘土細工です。

そして父が私が小学生の頃におみやげでかってきてくれた

名前のはいったバッチも実はそっと宝物箱に入っています。

なんだか懐かしい日々の扉が開く日がこの日、、そんな感じです。

皆さんはこの連休どちらかにお出かけですか?(*´ー`*)☆

どうか楽しんできてくださいね。



わたしたち親子は、、というと

企画して参りました「もっと気軽にバリアフリーなコンサート」

(12月2日(土)あべの区民大ホール開催)

とうとう1ヶ月を切りました。

ドキドキ、、、(〃ー〃)

今日はこれからモモちゃんと二人でこれからポスター貼りです。

裏方の仕事も一緒に体験です。

交渉の様子も見ています。なれてきたら(したがりなので)自分からし始めます。

それをそっと私は見守っています(*´ー`*)☆


なかよしの銀座まるかん cyu-さんのお店

→あべの区民大ホール

→あべの市民センター等でポスターやちらしを置いていただいて

その後は楽しいモモタイムということで 

→天王寺HOOP→GAP→無印良品→ロフト→たこやき山ちゃん♪→近鉄デパート サンリオ

コースで遊んできます♪

電動車いすの旅♪行って来ます~(*´ー`*)☆

楽しい週末を♪

ヽ(*´▽`*)ノ

.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜.:*:'゜☆.:*:'゜

もっとバリアフリーなコンサート公式HP

よりクリスマスっぽくリニューアルしました♪

ch8.jpg

ブログ等でご紹介いただけたらとても嬉しいですm(。-_-。)m

コンサートのことを皆さんに知って
頂きたいのでぜひクリックで一票よろしくお願いします→ブログランキング(o^-^o)






最終更新日  2006.11.03 22:46:05
コメント(2) | コメントを書く
2006.09.26
人生はどこからでもやり直しができる。

気になっていることがあったら

そこに戻って再度やりなおしたらいい。

どうしたい?

すべて自分のチョイスだから(*´ー`*)☆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




ママのわたしは

土曜日は振替で大阪のコーチングクラスへ。

50人以上いらしてワークも真剣!(*´ー`*)☆
というか楽しくてあっという間でした。

きづきがあり そうだったのか、、、と
自分の一面を知り驚きました。

日曜日は籍をおいている堺のコーチングクラスへ。

先月分の振替があったので二日連続となり

今 めちゃテンション高いかも♪です。

講座に行くととても学びたい・成長したい・気づきたい波動の

同期たちがいっぱいで刺激もいっぱい、

いろんなことがクリアになって帰ってくることができます。

2日間、学びが多くて楽しくて笑って学んで

あっという間でした。

ママはコーチングを子育てに活かしていけたらと思っています。

いい子にしてくれていたモモちゃんに感謝☆



帰ってきたらモモが公文の算数の教材をひとつ終えて

テストに合格したと大喜びで伝えてくれました。

「お母さん、お母さん聞いて聞いてヽ(*´▽`*)ノ」




公文は低学年の頃も通っていたのですが

手が思うとおりにコントロールができないモモは

数字が上手くかけず

なかなか自分で書いて前に進むことができませんでした。

一生懸命やっても やっても手が思うように動きませんでした。

そして訓練の長期入院が決まり 当時やめたのでした。



現在、小学校で5年生の問題をといていると思えば

解く過程で低学年の問題が解けないときがあり

これは、、、(´_`;)思っていました。




数年たち5年生に。 

そしてあの頃線を引くのがやっとだったモモは

現在数字をかけるようになっています。

(どのようにかけるようになったか数字の8のお話はこちら)

同じように通い始めたのですが

今、自分で書いて進めることが

できるということがとても嬉しいようです。

公文の先生も数年前をご存知なので

小さな成長の積み重ねを共に喜んでくださっています。



再度通えるようになった理由がもうひとつあります♪

先生宅が新築され車イスOKになったことも嬉しい再開の理由です。

(前は和室で正座だったので赤ちゃんいすでした)






ある日 モモに私は言いました。



「一年生から復習してやり直して計算が早くなったら素敵(*^m^*)」





「ぱぱぱってできたらうれしいかも、、、(*^m^*)」






「どうするどうする モモちゃんがすらすら計算できたら」



(嬉しそうに想像するモモ、、、ヽ(*´▽`*)ノ)



「おかあさんそれを自分の力で越えていけるモモがいたら素敵と思うなあ、、」



以上~みたいな 笑





数日後、、、、、



ごはんを作っていたら



モモが突然言い出しました。




「一年生からやりなおして復習したい」と。





(内心、、、(*^m^*)、、、)




「へえ やりたいんだ」





「いいよ やらなくて」




モモ「やりたいよ」




わたし「いいって」



わたし「そのままでいいじゃん」



モモ「いやだ いまのままじゃいやだ」



モモ「おねがい」



モモ「ももちゃん公文の夏の体験学習いきたい」



わたし「今のままのモモでいいってば」



モモ「いやだ 計算早くなりたいもん」



わたし「いいよ いいよ どうせすぐやめるもん」



モモ「やめないよ」



わたし「いいって」



モモ「お願いです。通わせてください!」



というやりとりが数日あり 本人の強い希望でスタートしました。


本人が本当にやりたくてチョイスしたわけです。


させられているという気持ちではなく


自分軸をしっかり持つ方向にもっていってあげること


大切に感じています。




 

ということでモモは一年生の前の数字の練習からスタートしました



教材は4Aというところからでした。



お~先は長い、、、、と思ったけれど線引きはおわって数字からだと思ったら


嬉しかった、、わたしって、、)




低学年のある箇所でつまづいていたようで

大好きだった算数が苦手になりかけていたモモにとって

公文でのやさしいところからのスタートと毎回100点がとれる

面白さはとても彼女に効果的だったようです。




まったく手が動かず

鉛筆を動かすこともできないところから

ゆっくりゆっくり歩んで来たモモ。



点から点へ線を結ぶということの難しさを知り

丸を描くことの難しさ

顔を描いたり手足が出るのも 運動成長と関係があります。

「あ、、手が書けた」

「足も、、、」

「笑ってる目」

「お友達もかけたね」

ひとつひとつの通過点、親子で小さな喜びを重ねてきました。

それは決してスムーズではなく

時間が鈍行電車よりもゆっくりのゆっくりの世界で。

まわりのお友達は快速電車や特急電車でとおりすぎていってしまう。

私は時にぽつんと取り残された気持ちになりました。

いつも モモは各駅停車で

いつまでたっても

時にその電車は止まったままで

何年も動かないときもありました。

首が座らない、
寝返りができない、
お座りができない、
手が動かない、
足が動かない、



でも


私は葛藤しながらも 自分軸を正して
その時点のモモを私はいつも100%として
受け入れてあげたいと思っていました。

親の波動は子どもに敏感に伝わります。

自分が拒否されたものであるならば
子どもはじぶんの心を開かないと思うのです。



私の時間も止まったまま

彼女とともにとまったままの時もありました。




3才の時 児童相談所の方が当時通っていた療育園にこられ

成長発達の面談が順番に行われました。

当時、モモはなんの課題もこなすこともできず

積み木をつむこともひとつもできず

終ってしまいました。





病院の先生はどれだけ彼女の脳に酸素欠乏の後があり

どれだけ大きく知的障害がでてくるかを語りました。



でも 私は

誰がなんていおうと私だけは

そのままの彼女を受け入れ

彼女の無限の力を信じてあげたいと思っていました。

そう思いながらも虚しさで心がいっぱいになった日もあります。

神様はどうして私にこの子を託したのですか?



そう思うとあの夢を思い出すのです。

「お母さん 私は2月15日に生まれます」

夢のとおりに日にちまで選んで私のところに来た、、、

そう、、、この子は私のところに生まれてくれたんだ。。。




そんな日は こころの黒板を自分のイメージの消しゴムで

何度も消しました。



誰でも無限の力がある。

そう 私は信じています。

人間としての弱さを見つめ 自分の心ではなく

娘の心を感じるようにしていると見えてくるものがありました。


母として 障害があるならばあるぶん

何倍も何倍も溢れる愛情というお水だけは

かけつづけてあげたい、、、



初めての子育ては手探りです。

そして障害児の子育てはさらにもっと手探りです。



でも気がつくと


泣いて笑って

ひとつひとつの成長を歓び、

私はゆっくりの電車の窓からともに景色を楽しんだり

ゆっくりだからこそ 出逢える素敵な出逢いに感謝して

今を生きれるように知らない間になっていました。

しあわせを感じる感度が大きく変わり物事の捉え方も角度も

娘との成長とともに変わっていきました。




線がかけるようになって

丸がかけるようになって

数字がかけるようになって

小さく数字がかけるようになって

一枚を書くにはみんなの何倍も何倍もかかります。



問題をといて時間内に合格ができたことは

モモにとって本当に大きなことです。

いっぱいむぎゅってして何度も何度もほめてあげました。

060926_2249~01.jpg
~夏からの努力、、2ヶ月で気がついたら800枚~

教室が終わる最後まで毎回がんばった今年の夏、、、

学校が始まったので取り組む枚数は以前より減りましたが

毎日彼女のペースでがんばっています。



合格を思いっきり誉めてあげたら

「もっとしたくなっちゃったヽ(*´▽`*)ノ

 つぎの教材はどんなの?みせてみせて」と。

「うわあ、、こんなのするんだ おもしろそう、、」とつぶやいたら

「やろう やろうヽ(*´▽`*)ノ」とモモはいいはじめ

それからまた20枚。

今 計算が少しずつ速くなっていくのが自分でも嬉しいようで

「これは公文のお陰、、」と小さな声で(とても子ども声で)

つぶやきながら問題を解いていてかわいかったです。

小学生の勉強のつまずきは親がいっしょに取り組んであげることで

必ず解消できるわよ、、とおにいちゃんを東大合格に導いた友人お母さんが

言っていましたが。。。。


私忙しい忙しいで小さい頃のように

本当に手をかけてあげれてなかったなあ、、最近、、




苦手を克服、、いっぽいっぽ焦らず

がんばろうね。

ママもがんばるよ。

(*´ー`*)☆

長いのに今日も読んで頂き感謝しております。


PS 最近モモが今まで以上にとても愛おしい私です。

  秋だから?センチメンタル?(*´ー`*)☆

手をつなぐパンダ banner_02.gif←ほのぼのぱんだ家の日記☆
ブログランキングに参加しています。
よろしければ一票よろしくお願いします(*´ー`*)☆






最終更新日  2006.09.27 20:48:24
コメント(15) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

お気に入りブログ

至極の質問 New! さだ・貞國貴信さん

発達障害様の若者の… セアラ姫さん

節電目標を言うより… 科学寅さん

不登校中のあなたへ ひいちゃんファミリーさん

新曲「国際人として… MAYULOVECOMさん


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.