ぱんだハウス☆魔法と感動の子育て

フリーページ

☆ももかについて~はじめにお読み下さい☆


出生時の不思議な夢


☆なぜ今を楽しんで生きているかの答え☆


みんな大切なひとりひとりだということ


こころは大切な宝箱


障害者ってなあに?はてはて?


もしあなたの大切な人だったらどうしますか


☆みなさんに伝えたいこと☆


「見ちゃいけません」


車の爆音☆エレベーターそして感覚のこと


みんなが使える大切なトイレの話


小さなハリーポッターたち


子どもからのお願いです


災害と車いすそして逃げられない人たち


朝から不思議発見♪


☆人との出会いと成功体験☆


☆それぞれに与えられたギフト☆


車椅子用自販機とこども


数字の8と先生の愛情


一日10時間以上車いすに座るということ


☆休日の救急病院と温かいスタッフ☆


ヘルパーさん方へ


増えてきた電動車いすの子どもたち♪


小さな成長・あゆみの小箱


人生を左右したふたりの医師の言葉


ママ「しゅじゅつおめでとう」っていって


プリキュアに語りかけた言葉


本当?ミップルに会うの巻


かわいい提案


平べったいおにぎりさん


娘にした「つよい心のお話」


車いすの応援団と心に優しい雨


温かい手~ありがとう~


ピンク色のほっぺ~みなさんありがとう~


心に感じたぬくもりとギブス用スカート


☆子どもの回復力のすごさ☆


☆シールと温かい先生の気持ち☆


☆突然の大泣きと子どものきもち☆


ママは小人になるからね


ラブラブ交換日記


大丈夫の魔法(o^-^o)♪


☆かっこいいギブス足とモリゾー☆


やったあ!車いすに(o^-^o)♪


☆初めてのおこづかいで欲しがったもの 笑


初めての母の日の想い出


どんなことも心を見つめるラッキーチャンス


☆嬉しかった言葉と思いがけないプレゼント


悲しい顔でママも悲しくなったけど、、


髪の病院


☆傷つける言葉と包丁☆


涙があふれてきた、、


☆いたずらってしあわせなこと☆


☆院内学級の様子と先生の温かさ☆


遊び・学び・楽しむ子育て一緒に体験♪


葉っぱぐい


ももかの詩1☆かみさまがきめているから


ももかの詩2☆ありさんのせかい


8才車椅子の娘と二人でアメリカへ その1 


アメリカDWE電動車いす二人旅その2


ももかの詩3 虹色のありがとう


大好きなプリキュアに会いに


☆ふと気付いて微笑んだこと☆」


我が子を教えることは難しいけれど


☆子育てを楽しむ魔法


秘☆私流子育てを楽しむ魔法のかけ方


子どもを叱る時の魔法の言葉


子どものあまのじゃくな性格をどうするか


しあわせになる魔法


秘☆夢をかなえる魔法


つらい記憶を消す魔法


怒りを静める魔法あります♪


親子の絆を深める魔法


お金をかけず心を癒す魔法♪


勉強を楽しむ魔法~幼き子どもへ


子育てがつらくなったときは、、(o^-^o)


☆しあわせの種まき☆幼い心へ


私は捨て子だと思っていた


尊いイノチの輝きをこころに感じた日のこと


☆大切なお子さんが天使になったご両親へ☆


楽しい想い出♪(゚ー゚☆


おばけの森への電話


へんな獣医さん再び現れる


輝く素敵な女性と初☆ラジオ取材


お誕生祝いとへんな獣医さん


本当に素敵です!+ハートマーク♪


☆おばけの国からの手紙と一通のメール☆


パンダとニコニコ笑顔のプレゼント


たこたこたこやきパーティ♪


私の天使(o^-^o)♪


☆福山雅治in大阪の熱い夜☆


☆我が子の障害の受容と私のココロ☆


こころがクリアになった日のこと


生まれてくる意味と役目


人生で与えられた問題集


美しき人


決断


心いっぱいの感謝をこめて


☆カタチのないもの、目に見えないもの☆


☆同じだった手をつないで歩く夢☆


☆決めるのはすべて自分☆


感動☆お薦めの本


壁を乗り越える共通点


どんなこともチャンス


「僕の大切な友人なんです」


☆バンコクの奇形児を抱えた物乞いのお話


一期一会


母子通園のススメ


障害児のパパとママへ


☆こころのバリアフリー教材・絵本作成☆


伝えたい思い


学校教材の展示会へ


夢へ向けての第一歩


ハートを抱きしめた天使


意見収集中


3人の賢者


こころのバリアフリーを伝えるツール


輝く女性たちにお会いして


二人の私から9年後☆明日は成果発表会


ドキドキ成果発表会当日です。


反省して心を切り替えて前へ


☆人生はピクニック☆


☆楽天ブログでの素敵な出会い☆


初めての絵本作成


☆絵本作成そして明日はまるかん寺子屋


まるかん寺子屋さん講師をして学んだこと


☆シンクロと黄色い光のイメージ☆


☆心のバリアフリー教材化までの道


☆絵本とこころのバリアフリー教材の夢☆


真実の記録☆私が乗り越えてきた道


私のこころの変化(バンコクの話)


☆「ぱしっ」で変わった未来のお話☆


徒然なるままに、、


浮気をしないには訳がある


あなたのあなたのための素敵な冒険旅行を☆


まるかん寺子屋


☆愛と調和☆


☆みんな繋がっている(o^-^o)


☆ただ自分を信じるということ☆


これお薦め!\(^▽^)/


かなり便利☆携帯用車いす用トイレ


絵~こころをこめて~


大切なイノチ


カテゴリ

プロフィール


cona♪

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

答えは自分の中にある

2009.08.30
XML
 私のこころのつぶやきです。


 この夏は義理の母の愛をたくさん感じた夏でした。

 私は母が今まで以上に大好きになり

 絶対にこの母と祖母のいるお墓に一緒に入りたいと思う出来事がありました。


 

 *=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*



 義理の母の言葉より


 「障害がある子は宝物。

  障害がある子を授かったおうちは、

  その子を大切にすることで家は栄えるのよ」


 実の孫同様に、ももかを可愛がってくださる母、

 こころから感謝の涙が溢れました。

 今日もありがとうございます。

 








最終更新日  2009.09.02 14:17:01
コメント(2) | コメントを書く
2008.09.02
ももかの小中学校、訓練、病院、慣れ親しんだ環境、、

再婚して生活を車椅子のももか中心に

すべてあわせてくれていた主人。

毎日2時間、往復4時間の通勤は本当に大変だったと思います。




ももかも成長期を迎え、体重もこの半年でかなり増えました。

車椅子にのせる介助自体が

5年前の交通事故の後遺症で

腰痛もちになった私には厳しくなっていたのは

たしかだけれど、

特に口にしていませんでした。



『毎日の4時間を通勤に使うのは無駄だし、

近かったらもっと協力しあって助け合えるはず』と

ある日主人が言いました。




その言葉が心にしみました。





今まで本当に私たちのためにありがとうございました。

今までの慣れ親しんだ環境のなかで生きていく道と

新しい土地で新しくまた 創っていく選択。





この数カ月何度も話し合いました。

いくつも学校見学にも行きました。

心を悩ますこともありました。





でもなにかあるたびに

パートナーシップを感じると同時に

私たちの絆は強くなっているのかもしれません。

ももかも何度も「転校いやや」と涙を流しました。

「いけへん」

そして何度も何度もどうすることがいちばんなのかを

真夜中まで家族で話し合いました。





私たちは新しくともに歩み

築いていくことをチョイスしました。



~仲良しのみんなとの花火大会~

大阪の今まで住んだマンションから見る今年の花火大会は最高でした。

ベランダでなかよしの友人家族と花火を見ながら

カレーライスを食べてかき氷大会をしました。

友人たちと楽しみ、みんなの笑顔いっぱいの思い出を最後に

今までのおうちともさようならをしました。

お世話になりました。

おふろから星が見えるちょっと変わった間取りのおうちは

面白くて最高でしたが

冬は寒くて夏は激暑でした。

初めてのマンション最上階を体験。

クーラーをかけてもほとんどきかず35度。

箱詰めは日中暑すぎてできず

連日夕方から明け方作業でした。

友人、周りの方々に支えて頂き感謝、、みんなありがとう、、

みなさんのおかげで引越が終わりました。

ただただ感謝です。



ももの小さなお友達が

カレンダーに記してくれた言葉と画像をなかよしのママが送ってくれました。

8月○日ももちゃんひっこし。

とてもかなしい日。

8月○日はなび。ももちゃんにあえる日。

うれしい日。

そんな小さなお友達の存在忘れずにいたいです。



「2年生になったら絶対にももちゃんと同じクラスになりたい」

そう 会うたびにいってくれた同じ中一のT君。

本当にいいお友達でした。

引越しが決まったことを彼のママに伝えた日、

「Tがショックを受けます」といっていたけれど

彼はそのことがわかった日 

言葉もなくそれは落ち込んでいたと

後からママから聞いて

本当にももと仲良しでいてくれた

その気持ちがとてもこころにしみました。



彼は小学校時代なにかとももかを気にかけてくれていた男の子。

クラスは違ったけれど 中学では部活動でお世話になりました。

中学に入り お互い忙しくてずっと遊べなかったけれど

引越しの前 彼は塾の隙間時間を見つけて

何度も毎日のように足を運んでくれました。

「ももちゃん今日は何時間遊べるで」

「一緒にべんきょうしよう」

「引っ越してもたまに遊びにいくから」

おぼこい二人の会話と

笑顔とはしゃぎ声、、、



ずっとずっと これから先も どうかももかのお友達で

いてあげてください。





新居は清らかさと優しい波動を感じる場所です。

山のような箱に囲まれていましたが

なんとか脱出できました。

しばらくネットもつなげずで ブログの更新もできずで

失礼をしました。みなさんごめんなさい、、

(我が家もとうとうひかりを導入しました。

 めちゃ快適です!でも設置までずいぶん~かかりました)



ももかの転校、新しい学校

新しい生活

また0からのスタートで不安もありますが

新しい出会いも楽しみです。



引越ししてすぐ

早速義母がきてくれました。




『ももちゃんとごはんたべたかったのよ。次はアイスね』

車椅子のももを実の孫同様に可愛がって下さる義母。

笑顔のもも。



車椅子のももとてをつないで嬉しそうに歩いている義母。

その愛情を感じて

温かい気持ちに包まれました。

ただただ

すべてのことに感謝です。





みなさんいつも読んでいただいて

本当にありがとうございます。

まだまだ暑い日が続いていますが

急に冷え込んだり、、、

どうかお体くれぐれもご自愛くださいね。

心をこめて






最終更新日  2008.09.02 12:11:12
コメント(7) | コメントを書く
2007.12.10
 
 


 実はバリアフリーコンサート、、今回できないかな、、

 厳しいな、、って思っていました。

 プライベートでもいろんなことが重なりすぎて、、

 でも やっぱりやりたい!!
 
 きっと待ってくれている子どもたちがいるから、、、

 love

 いつも ももかの宝箱、そしてパンダ家の魔法と感動の子育てを

 読んで頂きありがとうございます。

 今日は大きな報告をさせて頂きます。

 実は、、、










  今日は報告があります。。。




  実は、、、








  このたび再婚することにしました。

 



  えっ?



  と思われた方 その反応間違っていません 笑





  そう 私 ももかが4才から別居。

  ももかが6才からずっとシングルマザーだったんです。

  今までたまには触れましたが

  特にそのことを深く書いたことはありませんでした。

  気づき、学び、色んなたくさんのことを与えられ

  つらかったこと、悲しかったことを含め

  今まで与えられたすべてのことを

  今 心から感謝しています。

  全部私に必要な過程だったと思います。
 
  ひとつもきっと無駄はなく ひとつひとつがあったからこそ

  今の私がいるのだと思います。

  たくさん泣いた時期があるからこそ

  そのお陰で与えられたこともたくさんありました。

  だからすべてに 「ありがとう」

  今こころからそう思っています。

  本来 弱くて泣き虫だし

  子供のころから恥ずかしがりやで人前に絶対に立つタイプではない私。

  いろんなことがなかったら

  心のバリアフリーのことを伝えたいなんて思わなかったし

  心が育つ工作キットも作ってないし

  バリアフリーコンサートもしてなかったし

  今回りにいる素敵なみんなにも出逢えてなかったものね、、

  みんな本当にいつもありがとう、、

  



 
 さて彼とは仕事を通して偶然出逢いました。

 でも今思うと必然だったと思います。

 実は出逢った日 それは仕事上のご挨拶だけだったのですが

 「あれ?」と思いました。不思議な感覚を感じたからです。

 その次にお逢いしたのは4日後の打ち合わせでした。

 その日 打ち合わせが終わり ご挨拶して

 「今日はありがとうございました」と頭を上げた時 

 「この人と結婚するかも」と私の中の私が言いました。

 なぜ?本当に?まだ何の感情もなくただお仕事上のつながりなのに???

 え~~っと自分自身がいちばん驚きました。

 なぜならば そう思った、人生はじめての人だったからです。

 逆にそれは誰にも言わず じ~っと観察して様子を伺いました 笑

 そしてその予感はやはりそのとおりになりました。

 流れるように話が進み 自分たちがついていけないほどでした。




 「君の人生は本当に面白いですね」が

 彼に初めてあった時の彼の感想です。

 この人生を面白いととらえられる人は面白い、、が

 私の感想です。

 そして私も彼の人生が面白い!と思いました。

 ももちゃんはユニークで面白すぎ、、で楽しいが彼の感想です。

 どんな大変と思えることも楽しんでしまう性格は似ていて

 私たちは気がつくといつも楽しむ方法を話し合っていました。

 出逢ってから彼はHPとブログ、8年にも及ぶ歩みを

 読んでくれたそうです。だから私より私を知ってる 爆



 「君の人生にあいのりを希望します」と言われて

 「あいのりですか、、笑 考えておきます」といいながら お互い大笑いしました。

  




  彼も一度結婚したことがあり3人のもう大きなお子さんがいます。

  どの子もそれぞれに素敵な輝きを持ったとてもいい子です。

  上のお兄ちゃんは ももかに出会い 最初からとても

  仲良しに、、。福祉の道に行きたいと未来を考えていた彼は

  作業療法士の道へ。この秋 社会人枠に合格して

  来春から専門学校へタマゴさんになります。

  それも不思議な縁を感じます。

  3人の子どもたちに 親としてももちゃんとであったことで

  さらに色んなことを学び人間的に成長して欲しいと思っていると

  彼は言いました。


 
  お兄ちゃんがくれたメールがあります。




  「僕はお父さんと再婚して欲しいです。

   でも○○ちゃんよく考えて決めてください。

   もしお父さんと○○ちゃんがもしだめになっても

   僕は○○ちゃんとずっと友達でいたいです」





  「お父さんと ○○ちゃんは僕よりも長く生きているから

   失礼ですが先に行く可能性が高いですよね、、でももしものとき

   僕はももちゃんのことを大切にして守っていくから心配しないでください。

   妹たちと同じように僕はなんでだろうと思うほどももちゃんがかわいいし

   ももちゃんを大切にしていきます」




  そんなお兄ちゃんの言葉がとてもこころにしみたのでした。

  家族になっていきたい、そう思えたのす。





  また 結婚っていいなあ、、と感じさせてくれたのはブログを通じて

  長くよきおつきあいをさせて頂いているもちもちもっち家と

  まっつまっく家にお泊りに行き このぬくもり、、やっぱりいいなあ♪と

  思えたからです。

  ひとつひとつは全部つながっていました。


  ある日 とてもほっとできる存在であることに気がつきました。

  そして気がつくと私のいちばんの理解者でした

  工作キットのさらなるアイディアを考えたり

  そんなことをわくわく子どものように嬉しそうに

  真面目に真剣に考えている彼がとても楽しそうで、、、

  たくさん話すことが山のようで どうやったら

  もっと子どもたちに伝わるだろう、、どうやったら

  もっとよりよい教材になるだろう、、と。

  

  私はただそばにずっといたいなあ、、と思いました。

  お父さん、私はお父さんに似ている人を選びました。

  絶対に嘘をつかず どんな時も誠実である、、、

 
  「ともにどんなことも越えて行こう。

   いっしょに笑って いっしょに泣いて、、、

   これからの人生 考えただけで楽しくてわくわくするよ」

   そんな言葉に 私は新しい道を選ぶ選択をしました。


  生涯共に笑ったり泣いたり

  これからもいろんなことがあると思うけれど

  お互い支え、支えあい

  手をつなぐように心をつないでいけたらと思います。

  目指す目標は 「生まれ変わっても いっしょになりたい」という

  いつも仲良しの両親です。

  (なんと私は両親の喧嘩を一度もみたことがありません、、)

  足りない私ですがみなさんこれからもよろしくお願いします。

  小さなひとつひとつを感謝して

  いつもありがとうと反省を忘れず

  謙虚に常に謙虚に生きていきたいです。

  

そ、、、、っと














  入籍だけする予定でしたが

  「四分の一の奇跡」の映画監督ふーちゃんが

  「お祝いしたいからやってやって♪^^」といってくれたお陰で

  コンサートの日 みんなのお陰で 

  打ち上げも兼ねて

  夜 ささやかな人前結婚式&パーティをすることにしました。

  ささやかなので、、

  ささやかに、、です、、



  7年前0から新しい土地大阪で出発した私たち。

  ももかの長期入院、手術、いろんなことがありました。

  ネット上でもたくさんの皆様に支えて頂きました。

  みんなのお陰で今まで親子二人でやってこれました。

  支えて頂き感謝しています。

  心をこめて皆様へご挨拶申し上げます。








  最後に この冬も4回目のバリアフリーコンサート♪ありますよ~

  今回も内容充実☆ものすごく楽しんで頂ける内容に仕上げています。

  すべてのみんなの誕生を喜ぶコンサート

  きっとあなたの心にほっと温かい何かを運んでくれるはずです。

  ぜひいっしょに楽しみましょう♪

  ゴスペル☆クリスマス 

  詳しくはこちらから♪


  みんなで遊びにいらしてください(o^-^o)♪
 
  スタッフ一同☆心をこめて準備を進めています!
    






最終更新日  2007.12.13 21:36:19
コメント(30) | コメントを書く
2006.06.11
テーマ:愛しき人へ(832)
~もっとあなたを愛したいから 私は自分と向かい合っていきたい~


ももアイコン




二日前 何年も前からずっと気になっていたホメオパシー

健康相談に初めて行ってきました。



ホメオパシーでは、自分以外に自分を癒せる者は

いないという考えが根本にあると知り

受けたいと思ったのです。

必ず自分の中に自己治癒力があると信じるからです。



それは私の中の私と向かい合うためです。




我が子の障害をもう受け入れていて

愛していて でも数%の私がたまに私を邪魔するのです。

いつもポジティブな私がいて

でもたまに無気力になる私がいながらも日々の生活に

追われている。




このままじゃいけない、、私の中の私が言います。



越えたい、、自分の力で。。。



私は月に何回かたまちゃんのコーチングを受けています。

コーチングを受けるとどんなこともポジティブにポジティブにと
切り替える私を発見しました。

コーチングを受ける中で

マイナス感情を見ようとすると切り替えるくせがついていて

すぐに感謝へと結び付けようとする自分がいることを知りました。

マイナス感情は悪いものではなく、プラス感情に変えていくために

存在しています。味わいきると今度はそれが抜けて

「私って何してたの?」と馬鹿馬鹿しくなって

今度はどうでもよくなっていくのを何度か体験しました。

コーチングも自己成長のために本当に必要で有効なものと思います。




そして今回さらに自分見つめと自分を癒すために

ホメオパシーの道へ、、




今回初めて

専門のホメオパスの面談を受けました。

その質問は今起きていることにただフォーカスするだけではなく

過去の私自身の胎児期、出産時の状況、予防接種、

既往症、環境など

前もってたくさんの質問票に答えて臨みました。

事前の質問がたくさんあるとはいえ

胎児期までとは、、、驚きました。

早速 母に電話してその頃の話を聞いたのですが

改めて私は愛されて生まれてきたことを知りました。

そしてつわりがひどかったことも

母が早産しかけて入院したことも知りました。

今まで生きてきて初めて知ったことでした。

そんな話を母から直接聞くことができて

それもまたよかったと思います。




ホメオパスにより処方された

私にあったレメディという直径2mmくらいの

砂糖玉をとりはじめました。

泣いたり昔を思い出して感情がものすごくでてくる、、と

いうお話でしたがそれが大切なことだというお話を頂きました。


本当にそんなことに、、?


朝、昼のレメディ、夜のレメディは3日ごとに違うものが
処方されていました。途中7日間お休みします。

(といってもお薬ではなく砂糖玉)

活力を与えるレメディ、夜は感情面のもの、、、




今日私はあまりにモモが言っても同じことを繰り返すところから

今日はめずらしく切れてそのあといまだかつてない位に

大泣きしてしまいました。

嫌な自分を見ました。

こんな自分はキライ、、、、

本当に嫌い、、、


そうしているうちに

生後半年のまだ小さな赤ちゃんのモモが

裸にされて眠り薬で眠らされて

検査室へ運ばれていくのをなぜかとても思い出し

悲しみに覆われました。

そう、、あの時私は心が張り裂けそうでした。

「やめて!」と心の中では叫んでいるのに

ただそれを見ていることしかできないママになりたての私。

とても悲しくて

「やめて 私の赤ちゃんにそんなことをするの、、

まだこんなに小さいのに、、」




健常に生まれてもたくさんの壁を越えていかなければいけない。

障害を持って生まれるということはもっときっとつらい壁も

先にあるだろう、、

そんな思いをこの子は乗り越える力があるのだろうか。

この子は生まれてしあわせなの?

そう私はあの時思ったのでした。




私は自分の目の前に起こることにただ向かい合うどころか

ただ受け入れることに精一杯で

あの頃泣けなかったんです。

自分の感情を見ないようして

また静かに自分の気持ちを殺していたのだと思います。




大泣きする私。

私はあの頃の私と向かい合っていました。






そんな私をモモは初めて見たと思います。




モモはずりばいで



遠くから一生懸命移動してきて 

敷居は痛いからいつもそこは越えないのに

それも越えて一生懸命私のところへやってきて


いいこいいこしてくれました(;_;)



「ママ 私を抱っこして」

「お願いだから抱っこして」



モモを抱きしめるとモモも大泣きしました。




「モモは生まれてきてしあわせ?」

そんな言葉が私の中から出てきました。

私はなんてことを聞くのだろうと自分に問いました。



「うん」



(*´▽`*)





「こんなお母さんのところへ生まれてきてしあわせ?」



「うん」




(;_;)



「お母さん、、お母さん、、」といいながら

モモも泣いてしまいました。



二人で抱き合って泣きました。




そしてモモは私にずっといいこいいこをしてくれながら

きっとつらかったでしょうに



「ママ、ママ、今日はいい日だったよ。

学童でいっぱい遊べたし 

ママにいいこいいこもしてあげれた、、(o^-^o)

だからいい日だったよ」

そう 言ってくれたのでした。



「ごめんね、、こんなお母さんきらいだよね、、」



「ううん モモちゃんは大好き」

「お母さんはやさしいよ いつもとってもやさしいよ、、、(;_;) 」



「ももちゃんの大切なお母さん(;_;) 」


私はその言葉にもっと泣いてしまいました。


愛おしい気持ちでいっぱいになりました。


そのあとは手をつないで一緒に眠りました。

「お母さん 大好きだよヽ(*´▽`*)ノ」ってむぎゅって何度もくっついて

くれたモモでした。



今日は日曜参観でした。

朝からハイテンションのモモ。

「うわ~~いヽ(*´▽`*)ノ

お母さんといっしょに日曜参観だヽ(*´▽`*)ノ」



しあわせを感じた朝でした。

モモ ありがとう、、、

私は日々たくさんの恵みを与えられていることに気づき

改めて感謝の気持ちがあふれました。


今日も読んで頂き ありがとうございます。

こころをこめて





手をつなぐパンダra.gif←一日一回クリックして頂けたらうれしいです☆


ありがとうございました(*´ー`*)☆

.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜.:*:'゜☆.:*:'゜

☆モモちゃんの心を育てる未来型教材シリーズ~キッズ☆キンダム~

体験から生まれた、「こころ」を育てる工作キットです。
21世紀を羽ばたく豊かな人間性(個性・感性・こころ・創造性)を育てます。
思うだけではなく考えて行動化できる子へ導きます。

心のバリアフリーわくわく体験キット完成







最終更新日  2006.06.14 20:44:10
コメント(15) | コメントを書く
2005.05.18
テーマ:お勧めの本(4836)

私は今まで温かい人との出会い、

そして素敵な本との出会いがありひとつひとつ心に気づき

道をつけてもらって今があると思っています。



今日はこころから感動♪した本の中から

とびきりの2冊をご紹介しますね(o^-^o)



本当にこころを支えてくれた感動の一冊をあなたに



~私からあなたへ☆heart to heart~




生きがいの創造 2

ブログつながりのakikoさんから教えて頂いて早速買いにいきました♪

読みたい よみたい、よみたい~(>_<)

生きがいの創造2! 2も出ていたのね~

嬉しくって本屋まで飛んで行っちゃいました 笑



しかも面白くていっきに読み状態!

いや面白すぎて止まりませんでした。

次のページが見たくて見たくて、、笑

こんな本久しぶりです、、


誰もが怖く思っている死後の世界、、でもそこは、、

やっぱりそうだったんだ、、思っていたとおりだった、、

私が高熱の中 戻ってこれた意味も♪

大切なイノチのこと、今まで疑問だった謎が解けました。

実に温かい~♪^^

私たちはなぜ生きているのか? そしてその後どうなるのか?

実体験からのアプローチ、、

ありえない、、こんな素敵な体験、、凄すぎる、、(o^-^o)


読み終わった後みんなつながって

生きていることを必ず心にて私はホッとしました。

あなたもきっと心にぽかぽか何かを感じてほっとするでしょう♪

もっともっと自分のことを大切にできるようにしてくれる

そっとこころを優しく包んでくれる一冊です(o^-^o)

心をこめてみなさんにお薦め♪

これはみんな読むべき♪悩みなんて飛んでしまいます。

ゼッタイです(^▽^) 太鼓判押します!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


~~あのとき 優しく私のこころを支えてくれた本~~


生きがいの創造(生きがいシリーズの第一作目です)


生きがいの創造新版 生きていく明日からも ( 著者: 飯田史彦 | 出版社: PHP研究所 )



この本は今から8年前くらい前 私が本当に生きる希望をなくして

いた時期にこころを優しく支えてくれた今でも大切な宝物の一冊です。

自分が変わりたくても変われないとき

もがいているとき、

大きな困難や壁の前にいる時 

人が信じられなくなったとき

大切な人を失ったとき

ぜひ読んでみてください、、



つらいこと、悲しいこと、なぜ障害をもって生まれるか、

幼くして天国へ行く意味など

どこにも答えがないと思っていたことを

違う方面を教える大学教授である飯田氏が書かれたということで

話題になった本でもあります。



私のこころにも温かく優しくこころに響いた本です。

涙が溢れた、、今でも手元にある大切な本です。


画期的な人生論として多くの人たちを救ってきた

50万部を超えるベストセラーを全面改訂した最新版です。

生きがいシリーズは色々とありますが

ぜひ生きがいの創造、生きがいの創造2の2冊は

まずはじめにお薦めです♪



必ずこころに何か温かい

ぬくもりを感じることでしょう。

そして与えられたチャンスのことを知るでしょう。


(o^-^o)めちゃお薦め ★★★★★(最高点)です♪


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

生きがいの創造 “生まれ変わりの科学”が人生を変える ( 著者: 飯田史彦 | 出版社: PHP研究所 )

↑こちらは文庫サイズです♪



今日もついてることが

しあわせなことが

雪崩のようにみなさんに起きますように♪

いつも(o^-^o)with smile







最終更新日  2005.05.29 22:36:20
コメント(2) | コメントを書く
2005.05.14



☆斉藤一人塾☆まるかん寺子屋さん講師を通して学んだこと☆




さて

先日のまるかん寺子屋さんで

講師をさせて頂いたときのお話をさせて頂きます♪


なぜこのお話を頂いたかといいますと



去年偶然ラッキーにも知り合うことができた

NPO読書普及協会大阪支部長であり

いつも元気なお姉さん チューさんのお店で

斉藤一人さんの斉藤塾☆まるかん寺子屋をお店初で開催するので

お話を、、としばらく前にチューさんからご連絡を頂いたからです。



「あ~それは、、ちょっと無理かも、、」と

思う弱い私が実はこころのなかには100人ぐらいいながらも(爆笑)


即 させて頂きますとお返事しました。



それは チューさんが大好きだからです。

また第一回目ということで

こんな私でもお役にたてるならば、、という思いがありました。


そして断るのは簡単だけれど 

こうやってお話を頂くということは

学びなさいと今私に必要できっとお話頂いていると

思ったのでお受けしました。



しかしその後が問題です。

さてどうするか、、

初めてのことって何でもドキドキしちゃいますね、、、☆


さて

「まるかん寺子屋」のご説明をさせて頂くと

納税日本一10年連続(もっとでしたっけ?)のいつもツイテル

斉藤一人さんを塾長に日本全国のまるかんのお店で

まるかん寺子屋が開催されています。



この寺子屋の講師は偉い先生たちではなくて

一般の人、そう誰でもできるのが特徴です。

一人ひとりひとりの人生の中での体験談をお話して

気付きや学びをお伝えするというのが講師のお話の内容です。



神様から与えられたキラキラ輝いている、、

ひとりひとりの人生のストーリー。


どこどこで生まれてどんな子どもで

どんな仕事をして そこでどんなことを学んで

今までの人生の学びをみなさんにシェアさせて頂くのです。



事前に「まるかん寺子屋講師が聞くCD」というのがチューさんから

翌日早速郵送されてきました 爆

5枚も、、、でもこれ元気いっぱいで

素直にみなさん話していらして

ちょっと気が楽になりました。

同じく講師をする友人にある勉強会でばったりと会い

二人でどうするどうするって言いながら開き直りました 笑


当日 今回お店に集まったのは約10名でした。

行くと ボードに 3人とも○○先生って書かれてました 爆笑

まるかん寺子屋の講師には先生がつくそうで「ひえ~」これ

はずしてください、、これって3人でお願いしました、、汗

キマリなのでだめですよ~って笑って言われました。

それからまだ聞く側のキマリもあります。

聞く話に関してはうなずいて聞く

相槌を打つ、、がきまりだとのことで随分聞き手のみなさんの

お陰で和やかな雰囲気の中 寺子屋は進行していきました。



笑顔がぴかぴかの大好きな友人が一番目

こころがとても温かくなるお話でした。


そして私

それから3人目は高知県からの素敵なお兄さん♪

この日のために大阪へ♪すごすぎる、、、



私の番になりました。

ドキドキしていたのですがみなさんのお陰、、そして

一番手の友人の笑顔いっぱいのお話の後だったので

お話しやすかったです。

前回昨年秋、読書普及協会で講師をさせて頂いた時は

ももちゃんとの歩みの中で教えてもらったことなどを
お話させて頂きました。


今回は子どもの頃のお話

私はすごく無口で泣き虫な授業中手も上げれないくらい
おとなしい子だったんです。
その子がどういう歩みでかわっていったか。

そして夢のお話 幼稚園から高校生まで一度も変わらず夢見ていた
ある職業のお話 そしてその夢が一日にしてくずれたお話。

そして描いた新しい夢のお話。
その夢に向けてどうやっていったか。

夢はどうなったか? そこで何を学んだか、

どういうことを気付いたか。


そして出産、
ももちゃん出生時の不思議な夢と前世の記憶

障害宣告 彼女との歩みの中で私が気付いたこと。

素敵な人たちとの出会い。

七田真先生、漫画家のある先生のこと、

私の人生を大きく変えた斉藤一人さん、斉藤一人さんのお弟子さん

和美社長さんの温かさ、頂いたチャンスのお話、

一人さんから教えて頂いたことで
人生を変えたある言葉に関してを中心にお話させて頂きました。

ひとり20分が持ち時間で19分30秒でした。

本当はお話は10分で後半 

絵本のお話を皆さんにプレゼントしたいなと

思っていましたが 「あと2分です」の案内を見て

あきらめました。

全然無理でした、、

時間があったら後ほど、、と締めくくりました 笑


3人目の素敵なお兄さんのお話もすごく面白かったです。

あ~その続きが聞きたい!ってところで終わって残念、、

また続きを聞かせてくださいね♪(o^-^o)



最後、みなさんがお帰りになる前に

絵本の内容をプレゼントさせて頂きました。



必ずしあわせになるお話♪

ゆっくりこころをこめて

読ませて頂きました。

し~んとなってるのでドキドキしてしまいました。

でも心を落ち着かせて読みました。

鼻をすする音が聞こえてまたドキドキ、、、


読み終わった後 皆さんの目に星が入っていて

笑顔になって下さったのが こころにしみました、、、

みなさん本当にありがとうございました。



私は他に今絵本を書いていたのですが

先にこのお話が突然頭に浮かんできて

どうしても みなさんにプレゼントしたかったのです。

読ませて頂けて感謝でした。

何部かコピーしていってたのですが

みなさんが下さい!って笑顔で言ってくださったことが驚きでした。

すごく嬉しかった、、



そしてその日 何人かの方に素敵なコメントも頂きました。

しあわせになるお話にCD-Rかテープをつけるということ。

私の声は素晴しくよく誉めて書けば優しい癒し系の声

簡単に書くと実に子ども声、いやアニメ声なんです。

何年ぶりに電話をした友人にも見破られるくらい

特徴のある声?なんです。


ずうずうしくも高校生?と声だけはいまだに間違われる 笑

その声を生かして 音声もつけることで

目の見えない方々にも こころで感じていただける

内容に仕上げられたらと思ったら

すごく嬉しくなってしまいました。

(そんなことで喜んでもらえたら素敵!)

これ点字にもできたら、、いいなあ、、。


最後に素敵なプレゼントを頂きました。

そのプレゼントは、、、、

なんと

一人さんからの『講師認定証』でした。

驚きました!
こんな賞状 学生時代以来かも、、笑


斉藤一人さん、まるかんさん、店長チューさん
そしてみなさん 素敵な時間を与えて頂き
心から感謝しております。

学びも気付きもたくさん与えて頂きました。

みなさんに感謝!

ありがとうございました(o^-^o)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

~今日の学び~

与えられたことは 自分でできないと決めず

やってみたいと思います。

これからも謙虚な姿勢で

ひとつひとつ挑戦していきたいと思いました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇







最終更新日  2005.05.15 09:00:27
コメント(4) | コメントを書く
2005.04.28
あれはもう4年前のことです。



突然に私はもしかしたらもうこの世にいなかったかも、、という



経験をしたのです。


風邪をひいたので


こじらせないように早めに病院へ。


その時 病院で抗生剤を打たれてたのですが


多分カラダに合わなかったのでしょう。


その後体調が急変しました。



自宅へ帰って



しばらくしたら ものすごい寒気とともに



人生初☆42度の高熱が出て(計ったら体温計がそこまでしかなかった)



心臓も頭も割れるように苦しくなったのです。



味わったことのない体験でした(日頃風邪など滅多にひかず強い私)



熱を下げることも考えられないくらい、あっという間に



急激に熱が上がったようです。



救急車、、と私のこころが叫んでいました。



でも 救急車も呼ぶこともできないくらい衰弱していました。


私 本当にだめかもしれないってその時感じたのです。







実は その時の今でもあれはなんだったのだろう?という記憶があるのです。




ど~も連れて行かれそうになってて



いや連れて行かれたのかも、、そこは真っ白なところでした。


真っ白だけれど美しい光がさしているような空間でした。



登場人物は私だけ。



そして見えない尊い存在と対話をしている感じでした。



私はこころのなかで娘を抱きしめながら


「私には車いすの娘がいるのです。


 その子を育て上げるまではいけません」と



なんとその存在に向かって強く言ってるんです(o^-^o) 笑




それでもまだダメ、それだけでは戻れないのがこころに伝わってきました。



そのときに私のこころの底からある想いがあふれてきたのです。




自分が使命と薄々感じていたことを。



答えは自分の中にあったのです。



その思ったことは 考えたことではなくて


こころがそれを知っていて



ただその想いがあふれてきたというのが



正解かもしれません。



私はただその大いなる存在に そのあふれる想いを



こころをこめて伝えたのです。



本当にこころをこめて、、



そうしたら戻って来れました。







私は自分の部屋にいることに気づきました。


やっと高熱を出している自分に気がついたのです。


そして熱を下げないと、、と考えることができたのです。


でもカラダをずらして窓に手を伸ばすのがやっとでした。


冷たい風が入ってきました。


その風が本当に気持ちよかった、、のです。



翌日病院へ行ったら本当に危なかったと言われました、、汗(マジです)



「なんで救急車で来なかったのか!」と言われました。



「電話をすることもできないくらい衰弱していた」と



そのままセンセに伝えたら



「そりゃそうだ」と妙に納得していました。



きっとあの時イノチをいただいたと思っています。


(o^-^o) 


あの時 こころに感じた使命はきっと私の人生のテーマなんだと思います。


あの時に私は気づいたのです。


やっぱりこれが与えられた使命なのだと。




もしこれが生死の境ならば 死ぬのって本当に一瞬なんだなあって


身をもって体験したのです。


私が味わった感覚では その後はどうも続いているような気がしました。


死は終わりではないと知ったということです。


この人生がおわるということで 次はどうも続いていると感じたのです。







一見マイナスの体験のような気がしますが 私たちに与えられる


すべてのことには必ず学びと気づきが隠されていると私は思っています。


私にとっては大きなプラスの体験でした。(抗生剤は二度と打たないけど 笑)


このことがあって私の未来地図が明確になったからです。


そしてイノチの尊さを知ったからです。


娘のことがさらに愛おしく愛おしくなったからです。




私はやれることを


やるだけやってじゃないといけないぞ~と真剣に思ったのです。


そしてそれまでにこの人生で出来る限り色んなことを学んで


絶対向上するぞ♪って思いました 笑


あれから 私は想いっきり今を生きたい♪(o^-^o)と


楽しみたい♪といつも思うようになりました。


どんなことも 今を楽しみたいのです。


いかに楽しむかを考えると本当に色んなアイディアが浮かんできて


わくわくしちゃいます(o^-^o)


色んなことにチャレンジしてみたいのです♪


だって私はそして私たちは過去でも未来でもなく


今を生きているから。


いつかではなくて今、今頑張るではなくて顔晴らないと


思い描く未来なんて


永遠にこないと私は思っています。


そして私はいつも密かに思っていることがあります。


地球にとって 砂粒にもならない程ちっぽけな私でも


何かできますか?って



何か役に立てることをお与えくださいと、、、(o^-^o)


特に上記の体験をしてから さらにその気持ちは強くなっていきました。


私はこの与えられた時間、いろんなことがしたいのです。


まずは感じたこと、思ったことをひとつずつ、、実現化していくこと、、


そんななかで与えられた私のテーマへ向かっていく気がしています。





長いのに読んで下さってありがとうございました♪


これが私のパワーの秘密その1というところでしょうか 笑



感謝とこころをこめて









最終更新日  2005.06.16 23:11:50
コメント(20) | コメントを書く
2005.04.10
昨日は今アマゾンで売り上げランキング1位「輝く女性の生き方100」の


出版記念イベントに参加しました。



この本は100人の輝く女性たちがそれぞれの思いと生き方を綴っています。



このブログで出会うことができたbaddy(癒しと気づきサポート)さん



そのメッセージを書かれた素敵に輝く女性のお一人です。



昨日は初めてお会いしたにもかかわらず即意気投合♪



同じ障害を持つ子どものママとして重なる思いを感じるとともに



現実に与えられたことから学び、気づき、



ひとりの女性として母として素敵に向上されている彼女に出会うことが



できたことは本当に感謝でした。(ブログさんありがとうo^-^o)



昨日はたくさんの素敵に輝く女性たちにお会いできて



とても学びの多い一日でした。



私が今作成したいと思っているのはいままでなかった



「こころのバリアフリー教材」。



「欲しいのにない、、ないならば創りたい」そう思い半年。



想いをカタチにするのは簡単なことではありませんね、、



今でも次から次に新しい壁?いやドアが用意され



ドアがいっぱいある 笑



どのドアを開こうかを考え 開けてみたり閉じてみたり 爆



自分の心に聞いて確認しながら前に進んでいます。




「そんなことしてどうなるの?受け入れられる訳がない」



マイナスを言う人もいました。



でも私のこころに溢れてくる想いを信じたかった。



動き回って行動化して 最初はもごもご、、たどたどしかった、、



そして今では強く、、熱い想いを伝えるなか、



ひとり、ひとりとご縁にご縁をつないで頂き



本当にみなさんの温かいお気持ち、



みなさんのお陰でそれはカタチになってきました。



こころから感謝しています。




(足を向けて眠れない方ばかりなので私は丸まって寝ないと、、爆笑)



でも本当にこれが求められているか、まだ正直掴めていなかったのです。



こころのバリアフリー教材は



みなさんのこころに感じるものでなくては意味がないからです。



昨日色んなブースでリーダーシップを発揮されて活躍される女性たちと



お話しする機会がありました。



その内容をお話しする途中、涙をためて話を聞いて下さる女性がいました。



そしてキラキラ目を輝かせて聞いてくださる女性がいました。



ぜひコラボをと笑顔で言ってくださる女性がいました。



わたし、未来を信じて歩んできてよかった、、



昨日その素敵に輝くたくさんのみなさんに共感して頂くことができたことは



本当に大きな収穫でした。



私は未来を担う子供たちへ本当に大切なことを伝えたい。



「みんなちがっていいということ」



「誰と比べる必要もなく



 何もこころを飾る必要もない、恐れることもない。



 そのままのあなたがいちばん素敵であること」



キラキラ輝くそれぞれのイノチの輝き、、、


あなたが持っているあなたらしいその輝きがいちばん素敵であること。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



メガネをかけるようにそれぞれの障害が個性として当たり前に



受け入れられる日を願って、、、(o^-^o)


まだまだこれからです。


私も顔晴ります♪


みなさん本当にありがとうございました。


感謝をこめて






最終更新日  2005.04.11 09:47:52
コメント(14) | コメントを書く
2005.03.27

3月23日に娘は手術を受けた。


術後かなり激しい痛みがあり顔が引きつる場面もあったが

時間とともに落ち着いてきた。

嘔吐も3回、、、

本当に衰弱していたが4日目にはずいぶん回復を感じた。

この土日は在園した。

まだまだおうちに帰るにはちょっとという感じだ。

お腹から下、下半身はギブスで固定してある。

自宅でひとりで抱っこできるかがとても心配、、、



手術の日

大好きだった看護婦と保育士さんが4人お辞めになった。



その事実を少し前に知った私の衝撃はかなりのものだった。

それは本当に信頼する素敵な方々ばかりだったから。



その中でも 4歳のときに1年半担当になって下さったAさんには

ずいぶん心を支えて頂いた。

まだ年中さんだったももは泣き虫で療育園へ入るまで

生まれてから一日も泣かない日はなかったほど(一日30回程かも)筋金入りの

泣き虫大魔王だった。


(一日30回の泣きと15回のオムツ換え、そして下に決して置けない

過敏な子であった→今思うとマヒのため過敏だったのね、、


今はお姉ちゃんになって泣くことは叱られた時にわかった、、といいながら涙を

流すか淋しいときぐらいだ)



優しく厳しく温かく本当にお世話になった。

私はAさんとのももかの日々の引継ぎノートに色んな思いを記してきた。



ももがずっと希望していたこと・・

いつかもし手術するならば手術担当として

彼女にそばにいて欲しいということ。

それくらい大好きな人だった。




偶然がいくつも重なった。

 

彼女の勤務最終日はももかの手術の日となった。

急なお休みの方がいらしたらしく

前日急遽彼女が手術室担当となった。

ももにとっていちばん恵まれた環境になったわけだ。

私はこれを少しも偶然とは思ってはいない。



ももかの願いがきっと通じて

そして守って頂き道がついたと思っている。

もも、、よかったね。



手術室前でママとのお別れがいちばん淋しいと言っていたももか。

引きつった淋しそうな顔だった。

しかし幼い頃からお世話になっている看護スタッフの皆さんの

優しい笑顔とともに手術室へ入っていった。


緊張して入った手術室ではAさんと愉快な会話があったと後で聞いてホッとした。





夏から担当だった優しいお姉さんM看護婦さんのことも

ももは大好きだった。

「み~ちゃん み~ちゃん」となついていた。

そして厳しく温かい保育士さん二人も、、本当に小さい頃からお世話になった。

「ももちゃんとはけんかしながら楽しく過ごしました」と笑顔で言ってくださった。



手術後お世話になったみなさんにご挨拶をした。

みなさんに支えて頂いて

今がある、、

感謝の気持ちがあふれた、、





まだ4歳だったももかのベビーカーを押して

誰も知らない大阪へ二人で来たのは

5年前の暑い夏の日だった。

大阪に来たのはももにとってよい訓練施設があると聞いたから

そのエネルギーとチカラは今思い返しても自分でも驚く。




今でもよく二人でやってきたなあ、、と思う。

少しでもよい環境を与えてあげたい気持ち、

後悔したくない、、シンプルにそんな気持ちだった。



そして私はあの時 人生をやり直したいと思っていた。

自分の心に嘘をつくような生き方はもうしたくないと思っていた。

両親のためではなく、もう優等生にもいい子にもなることもやめたいと思った。

一生はどう転んでも一回だけ、、

だから後悔したくないと思った。



どんなに貧乏をしても どんなに生活が大変になっても

誰も助けてくれなくても

私は私の人生を0から歩みなおしたかった。

そうしないと本当に私がだめになってしまうと思ったから。




当時 障害児を抱えてどうやっていくのかと言われた。

できるわけがないと

マイナスなことばかり言われた。

無理だと言われた。



でも私は言い訳をしたくなかった。

私は私でありたかったのです。





今はただシンプルに 

ナチュラルに私らしく今を生きて生きたいと思っている。




しかし すべてを自分でチョイスして障害を持つ娘の療育をしながら

生活することは決して簡単なことではない。



でも愛おしくて



愛おしくて、、、



大好きだからなんでも越えられるんだと思う。




楽にしてあげると神様に言われても

私はもうかわいいあなたなしでは生きていけないと思う。




今はこの生活が私にとって普通で楽しむことを見つけることが好きなのだから。

どんなこともどう楽しもうかと思っている。

まあ よ~く泣くことはあるけど 笑




あれから5年 私たち親子はどれだけたくさんの方々に会い

支えて頂き 生きてきたのだろうか。



ももかの成長は彼女の努力もあるけれど

周りのみなさんのおかげと心から感謝の気持ちがあふれる。

そして私の親としての成長も

みなさんに支えて頂いて今があると思う。




みなさん本当にありがとう、、

笑顔があふれるももに育っているのは

みなさんひとりひとりのおかげです、、、



そしていつも支えてくれている親友、

そして大阪でであった温かい友人たち

ネットでの出会いひとつひとつに、、

すべてに

心からの感謝の気持ちを捧げたいです。



~2回目の手術後に~



私とももかの周りのすべてのみなさんへ

心いっぱいの感謝の気持ちをこめて







最終更新日  2005.04.01 16:04:15
コメント(21) | コメントを書く
2005.03.05
ももかの手術をすることに決めました。





色々と考え 本当に本当に悩みました。




でも 総合的に考えて決断しました。




私は娘の未来を100%信じたいと思います。




これがいちばんのチョイスだと信じます。




大丈夫、、




おかあさんといっしょに越えていこうね




ママはいつもいっしょだよ




また 乗り越えたら 二人で旅行しようね




未来を信じます。











最終更新日  2005.03.07 13:34:58
コメント(15) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

PR

お気に入りブログ

東田直樹さん NHKス… ひいちゃんファミリーさん

階段教室 さだ・貞國貴信さん

新曲「秋風」デモ音… MAYULOVECOMさん

ラスト十数分にかけ… セアラ姫さん

科学はイタズラだっ… 科学寅さん

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.