2919864 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2006/02/20
XML
カテゴリ:クロ歴史!
何を考えているのかわからない不気味な侵略者にして、ウルトラマンの永遠のライバル。私が今まで描いていたバルタン星人像はそんなところです。前回(初代)のバルタンもアラシ隊員の口を通しての会話はありましたが、なんとも無機質なものでした。

ところが、前の日記にも書きましたが、今回のバルタンはよく喋るというか、進んで地球人に対してコミュニケーションをとってくる。戦いの最中にもウルトラマンに語りかけ、自らの科学の優位性を誇らしげに話す。バルタンというのは、ともすると何も考えずに生存本能だけで動く昆虫のように考えていましたので、これまでのイメージを180度ひっくり返されたような思いでした。(・・・コスモスのアレは置いといてですが。)


■今回活躍したアイテム
【予約商品/送料無料!】 帰ってきたウルトラの星計画 ウルトラマンマックス 可動フィギュア... ウルトラマンマックスダッシュマンシリーズ04ダッシュアルファ ウルトマンマックス ウルトラマンマシンメカニクル ダッシュ編 アクション怪獣シリーズ バルタン星人2005 【生写真付き】【DVD】満島ひかり「キラリラ・ティーン」


ストーリーの方は、あそこまでファンタジーに徹せられると、もう細かいことは何もいうことはできません。(笑)しかし、時を超え、飯島敏宏監督がバルタンを通して私たちに訴えたかったことは何なのでしょうか。

バルタンが自らの文明によって故郷の星を失ったという設定は同様ですが、今回、元の姿を取り戻したバルタンが人間そっくりだったこと、バルタン星の回想シーンが自然との調和をイメージしたものだったことから、バルタン星人=未来の地球人という暗喩は明らかです。 そしてそれは、私たち人類の「消費最優先社会」に対する批判だったことは言うまでもありません。

ですが、そういったものを否定するに足る、そういったものを乗り越える文明は21世紀を迎えた現在でも、世界中のどこにも現れる気配すらありません。だから、より幻想的な夢物語を描き、愛や癒しを説くことでしか収拾がつかなくなってしまったと私には感じられます。今の経済優先の社会システムに代わる生き方の兆候でも示されていれば、きっと、ストーリー展開も大きく変わっていたことでしょう。願わくば、次のバルタンが登場するときまでには、新しい価値観が提示されることを期待します。

それにはもちろん、私たち個々人がそれを追及する姿勢を改めて見直す必要があるのではないでしょうか。


■バルタン星人特集
X-PLUS エクスプラス トイフェス限定 バルタン星人「変身Ver」 ブルマァク復刻版 ウルトラマン バルタン星人(蓄光版)塗装済完成品フィギュア(B-CLUB)【予... ウルトラ怪獣シリーズNO 1宇宙忍者初代バルタン星人(ウルトラマン) 1994年 【新品】ウルトラ怪獣シリーズ/EX バルタン星人(2代目) 【新品】ウルトラ怪獣シリーズ/EX バルタン星人(3代目) ウルトラマン ウルトラ怪獣シリーズEX「バルタン星人(5代目)」


怪獣はなぜ日本を襲うのか? 怪獣はなぜ日本を襲うのか?

空想防衛読本 空想防衛読本

ウルトラマン怪獣伝説-40年目の真実- ウルトラマン怪獣伝説-40年目の真実-

ウルトラマンの東京 ウルトラマンの東京






Last updated  2006/02/20 03:05:39 PM

PR

Profile


ken-murasame


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.