2852921 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2006/04/25
XML
カテゴリ:クロ歴史!
監督:村石 宏實/特技監督:村石 宏實/脚本:赤星 政尚

とある火口付近の森で、植物が広範囲での立ち枯れるという異常現象が起こっていた。
調査に向かうGUYSだが、そのとき、火山怪鳥バードンが出現する。
バードンは過去にウルトラマンの命すら奪ったことすらある強敵だ。
ウルトラマンメビウスが迎え撃つが、鋭い毒のクチバシで腿を貫かれてしまう。

即座にウルトラマンの胸のカラータイマーが赤の点滅に変わった。青から赤の点滅へと変わるウルトラマンのカラータイマーが気になっていたテッペイは、それがウルトラマンの命の信号であることに気付く。

太平洋上で暴れていたバードンが再び日本に進路をとった。
バードンの毒で動けないミライの代わりにテッペイが出撃を申し出る。
動物の生態系にも博識な彼には、バードンに対する秘策があった。
たった一つしかない命を削りながら戦うウルトラマンの危機に、今、GUYSが立ち上がる。

【登場怪獣】
火山怪鳥バードン

【活躍アイテム】
ウルトラヒーローシリーズ200601ウルトラマンメビウス(ウルトラマンメビウス) 【御予約特典送料399円!!】ガイズマシンシリーズ1ガンウインガー(ウルトラマンメビウス)4月下... 【御予約特典送料399円!!】ガイズマシンシリーズ2ガンローダー(ウルトラマンメビウス)4月下旬... 【御予約特典送料399円!!】トライガーショット(ウルトラマンメビウス)4月下旬発売御予約品 【御予約特典送料399円!!】変身アイテムDXメビウスブレス(ウルトラマンメビウス)4月中旬発売...

***

確か、初代ウルトラマンでは、戦闘中に

「ウルトラマンの地球上での活動時間は3分間・・・時間が過ぎると二度と再び立ち上がることはできないのだ!がんばれ!ウルトラマン!!」

ってなナレーションが入り、否が応にも緊迫感が高まったように覚えています。

最終回でゼットンに倒され、目の灯りの消えたウルトラマンは本当に死んでしまったのかと感じさせました。本作にもこの後登場が予定されているゾフィーがやってきて、「命を二つ持ってきた」という低い声の会話をするのですが、何か荘厳なものを感じました。
さらにセブンの最終話では、それ以上に痛ましく、文字通り身を削りながら戦う姿が見られました。

その後、たくさんのウルトラマンが地球にやってきましたが、定説になったからか、設定が統一されなくなった所為なのか、今はほとんどこのようなト書きが入ることはありません。何度か、「死んだ」こともありましたが、いづれも割りに楽天的に描かれ、あの時に感じたシュールな感慨に陥ることはほとんどありませんでした。
ウルトラマンはいつしか、無敵の超人であり、不死身の存在として認識されていったように思います。

今回のお話は、そうした印象を一度リセットして、ウルトラマンでも死ぬことはある、貴重な命を賭して使命を果たしているということを知らせる上で重要な項目であったと思います。

特に、これからを担う子どもたちにとって、ウルトラマンが不死身で当然、無敵で当然、守ってくれることが義務では、必ずしもないという事を認識することは必要ではないでしょうか。

そう気付くことは、彼らが誰かに依存せずに自分の人生を切り開いていくためにも、もちろん私たちにとっても同様に意義深いことに思われます。

バードンという選択は、(謎の女がどう介入したかわかりませんが、)本来はいわゆる鳥の化け物で、意識的な悪はなく、ただ、生存本能に従って暴れているだけに、「命」を語るには適っていたと思います。
クチバシで突っつくのは残酷なイメージもありますしね。

それにしても、ミライ君、お医者さんに掛かって大丈夫だったのかな?
「ボクはお医者さんが嫌いなんだ」
とか言って、一度、どこかへ逃げて欲しかったなあ。


平田弥里 Fairy Kiss ◆20%OFF!

何故、水着シーンがなかったのか?






Last updated  2006/04/25 09:05:48 PM

PR

Profile


ken-murasame


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.