3255652 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2006/05/29
XML
カテゴリ:クロ歴史!

綾波レイ/惣流・アスカ・ラングレー
ミクロマン ミクロアクションシリーズ

2006年5月発売


今尚、根強い人気の「新世紀エヴァンゲリオン」。
その中でも最も魅力的なレイとアスカのミクロレディが再び登場しました。
「制服&私服作戦」では壊滅的な打撃を受けた二人ですが、必勝のプラグスーツを身にまとい、新素体Ver.2という秘密兵器を駆使しての補完計画、果たしてどんなものになっているのでしょうか。



新素体について

まずは新設計と言われるミクロレディVer.2素体のチェックから。
最も新しいアサシンフォースからコンセプトが近いと思しき“ユメ”と比較してみました。
完全新設計ということで何ボのものかと思いましたが、恐れ入りました。
まさしく、そこらの女子高生とエビちゃんくらいの開きがあります。

■FRONT


画像をご覧いただければ一目瞭然、もう全くの別モノです。
華奢でいて、しかし、出るところはしっかり出るメリハリに富んだボディライン。
そしてスラリと伸びた長い脚。
ユメの胸がSサイズであるというハンデを除いても、プロポーションに関しては、越えられない壁があると言わなければなりません。


■BACK



すぐに気がつくのはビス穴が全くないことです。
また、太腿の回転軸が、中央から膝付近の目立たない位置まで下がっています。
これらは些細なことですが、イメージをできるだけ壊さぬための配慮として、まず、評価したい部分です。
そして、以前から指摘されていたお尻の形状が大きく変わっています。




今までは臀部が腿の上部に覆いかぶさる形で隙間が開いていましたが、今回は密着した、より自然なパーツ割りになっています。
しかし、考えてみれば可動域や見た目にメリットがある訳でもなく、なぜ今までこんな形状だったのかの方が疑問です。


また、首周りの関節処理が変わりました。





従来はボディ側に設けていたボールジョイントを頭部側に持ってきています。
このため、細い首が実現されていますが、可動域、特に下を向く動作がかなり限定されています。




ちょっと解せないのが、足首の接続です。
今まではボールジョイントだったのが、ただの回転軸になっていて、接地性が悪くなってしまいました。
足首を少しでも細くという配慮かもしれませんが、見た目には、径のサイズにはそんなに差がないように思われるのですが。




特に肩関節のクリアランスが大きく広がっており、腰の形状、構造と相まって、美しくしなやかなポーズをとることができます。
細かい不満はありますが、以降のミクロレディには、期待ができそうですね。





綾波レイ

■FRONT&BACK


Ver.2素体のシルエットをできるだけ活かし、プラグスーツの特徴をよく現わしていると思います。もちろん設定とは違いますが、肩の球体関節をそのままオレンジ色に塗るなどの処理も、シンプルでよいと思います。
白い部分の塗装はパール仕上げとなっています。設定色はさておいて、ゴージャスな質感ですね。ただ、細部をよく見るとにじんでハミ出たような部分が目立ち、ちょっと残念です。しかし、髪の毛にハイライトをつける、可能な限りスミ入れを施しているなど、この規格のアイテムとしてはかなり頑張った方ではないでしょうか。


■BUST-UP




表情はアニメとはまったく別人の様ですが、雰囲気はあります。
アングルによっては似ていると思うこともありますが、変な言い方ですが、もっと表情がない方が“らしい”のかもしれませんね。
男女問わずミクロアクションに共通で言われていた、「目がコワイ」という点は修正され、かなり自然な目つきになっていると思います。


【Pose】






■パレットライフル


エヴァの装備を模した武器がメッキ仕様で付属しています。

グリップに挟むように固定パーツがついており、しっかりとホールドできます。従来の武器は手に合わず、しっかり持てないものが多かったので、その対策としては嬉しいところです。




■ポジトロンライフル


劇中と同様にケーブルが接続できます



劇中では弐号機が使用していたのが印象的な武器。
こちらも腕の固定用と思しきパーツはありますが、実質、効いていません。
ケーブルは針金にゴムチューブを巻いたものでフレキシブルに動かすことができます。
ただ、重いので取り回しはキツく、使いにくい武器ですね。


■サービスぅ




■パーツ一覧

オプションハンド×16(8種)/パレットライフル/ポジトロンライフル一式


▼綾波レイの新着情報検索▼






惣流・アスカ・ラングレー

■FRONT&BACK


パール仕上げの真紅のプラグスーツが新素体にマッチしています。
全体色の赤はイメージより若干暗い印象、その分胸のオレンジが目立ちます。
この胸の塗り分けがちょっと雑で残念。


■BUST-UP




表情は、目に力があり、肌の成型色も上品な感じです。
綾波に比べれば、幾分アニメのイメージに近いように思いますが、それでもちょっと似ていないかな。
ボリュームのある髪も軟質ゴム素材で再現され、存在感を増しています。


【Gimmick】


髪の毛が可動し、アクセントがつけられます。
ポーズをとらせる際、躍動感が演出でき効果的。

【Pose】







■両刃剣


劇場版に登場した量産機の装備を模した武器。
あまり、馴染みはないですが・・・。

【Pose】


それなりに楽しく使えます。




■ポジトロンスナイパーライフル



【Pose】


バイポッドを取り付けて構えることができます。




■サービスサービスぅ





■パーツ一覧


オプションハンド×16(8種)/両刃剣/ポジトロンスナイパーライフル



▼惣流・アスカ・ラングレーの新着情報検索▼






やはりミクロマンにするなら、制服とかよりプラグスーツですね。
プロポーションにしても可動にしても、より自然なフィギュアとなり、全体として好感を持てました。

オプションについては、誰しも思うことかもしれませんが、エヴァの武装を持たすなら、レイにはシールドとかロンギヌスの槍とか、アスカにポジトロンライフルとかプログナイフとか、少しでも関連性のあるものがよかったのではないでしょうか。武器そのもののプレイバリューを考慮して選んでいただいたものと思いますが、キャラそれぞれへの思い入れもあると思います。

表情については、アニメに忠実にではなく、独自の解釈によるものに思いますが、総じてOKとは思います。ただ、欲を言えば、その差し換えバリエーションが欲しかったところです。レイの場合は睨み付ける表情とか、物憂気なものとか、アスカには笑顔とか自慢面とか、このキャラクターの場合、そういうものがあった方が特に遊びの幅が拡がったように思います。

いずれにしてもミクロレディVet.2は実感として美しく、これからの展開が楽しみです。

(萌えない写真ばかりですみませんでした。)








アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック トップページへ







Last updated  2006/05/29 11:37:16 PM


PR

Profile


ken-murasame


© Rakuten Group, Inc.