2889713 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2006/09/22
XML
カテゴリ:クロ歴史!
ウルトラファンの皆様、お久し振りです!
遅くなりましたが、やっと昨日観ることができました!

ネタバレになるんで細かい話は避けますが、少なくともセブンやエースに郷愁の眼差しを向ける人にとっては素晴らしい仕上がりだったのではないでしょうか。

いやあ、よかったです。
素直に感動しました。

特に終盤、兄弟たちが変身の決断を迫られるシーンの掛け合いでは、本当に短いカットでしたが、彼等の個性がよく表れていたと思います。

一本気でどこまでも向こう見ずな北斗、葛藤の中に勇気の可能性を見出す郷、秘めたる熱い思いを強い意志で圧し留めるダン、そして重責を背負って決断するハヤタと、彼らならこう言うだろうと抱いていたイメージそのままの会話でした。
4人揃っての変身シーンはもう圧巻でしたね!

努めて、知識を入れないで劇場に向かったので、最後に●●●と●●●●が助けに来るのは予想外で、驚きました。


皆様のブログなどでは、地球人との接点が少なく、特に地球を共に守るべきGUYSとの絡みがほとんどなかったことに疑問を呈する意見を多数お見受けしました。しかし、私はこの映画に関しては、あえて、これでよかったのではないかと思っています。

それはルーキーであるメビウスも含めたウルトラ兄弟の絆と、もう一つ、彼らウルトラマンたちの地球・人類に対する片想いを描いた作品であると思うからです。


40年間、脈々と流れるウルトラマンのテーマは「地球は人間の手で守るべき」との言葉に集約されるように、我々地球人類が“勇気を持って自立する”ことだと思っていますが、逆に異星人の観点から、いかにそれが尊くかけがえのないものであるかを強く訴えることによって、その主題を浮き彫りにするという試みもあったのではないでしょうか。

GUYSとウルトラマンメビウスの深いドラマは、これを受けて本編でさらに深く展開されていくはずです。

なぜ、彼ら兄弟たちが地球に居続けたのか、なぜ、死力を振り絞って強大な敵に立ち向かったのか。
それを考え、次の世代に語り継ぐことが大切だと教えられたような気がしました。

あと、個人的には夕子さんにもぜひ出て欲しかった!
エンドロールで本当に久し振りに拝見しましたが、まだまだお美しいことで!
メビウスでルナチクスの逆襲とかのストーリーで出演してくれないですかね。



【追記】
本来の主旨であるアクションフィギュアのレビューに力を入れようと思い、特撮レビューをお休みさせていただいていたのですが、トラックバックまでいただけ、たいへん感激しております。本当にありがとうございます!

まだ、目を通していただいている皆様にこの場を借りて、御礼申し上げます。






Last updated  2006/09/27 09:59:31 AM

PR

Profile


ken-murasame


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.