000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2007/02/16
XML
テーマ:アニメ!!(3753)
カテゴリ:クロ歴史!

グリフォン
海洋堂リボルテック

2007年2月発売


漆黒のボディに煌々と赤く輝くセンサー、そしてすべてを闇に覆い隠すかのごとき大型の翼が印象的な“グリフォン”

比類なき運動性能とパワーを誇る、謎の黒いレイバー・グリフォンがリボルテックとなって登場です!


ポイント
1.本編登場レイバーの中でも1,2を争う人気の機体がアクションフィギュアとして新生
2.全身関節フル可動に加え、特徴的な大型ウィングもリボルバージョイントにより可動
3.シリーズ共通のディスプレイスタンドが付属し、独特の強襲ポーズが再現可能










■FRONT


■SIDE&REAR



【スタイリングについて】
先に発売されているイングラム同様、張り出した胸、怒り肩のマッチョな解釈のグリフォンです。ただ、全身黒尽くめなのと、大きな翼を背負っているのでシャープさが強調され、イングラムほどはそれが意識されないように感じます。

詳しい造形は設定画未見のため比較できませんが、劇中の雰囲気はうまく再現されているのではないでしょうか。アニメ本編では、フライトユニット(翼)はもう一回り大きいような印象ですが、プロポーション的にはこの位の大きさで適当だと思われます。(これでも自立が厳しいくらい)
ディテールでは耳や肘膝のアーマーの突端、爪先などが、ヘタをするとケガをしそうなくらい鋭く尖っており、取扱いには注意が必要ですね。

配色は全身がクリア吹きのテカテカブラック仕上げで、好みは分かれるところだと思います。自分はガチャガチャいじり倒したい方で、もう少し控え目の方が、指紋やホコリを気にすることなく遊べるのでよいのですが、ポーズを決めて飾っておくにはこの位存在感があった方がよいのかもしれません。
いずれにしてもムラやはみ出しはほとんどなくクォリティは上の部類に入ると思われます。



【可動について】
基本構造はイングラムに準じていますが、肩がリボルバージョイントに変更されています。このことにより、生物のようにしなやかでスピード感のあるグリフォンの動きが再現できます。

下の画像の赤丸はリボルバージョイントの位置と径を、また、青い線はモノシャフトドライブの合わせを示しています。





翼は付け根と展開部分にもリボルバージョイントが使用されています。





 

首は2連6mm球でほぼ真上を向くことができます。
空を飛ぶ機体にとってはポーズを決めるのにたいへんな恩恵です。



肩は10mm球で水平方向に振り上げることができます。
イングラムでは表現の難しかった動きですが、やはり軸の取り付け角度にクセがあります。

 

肘は6mm球でほぼ90度曲げることができます。
また、オプションハンドにOKサインの手首が付属しています。

 

腰は10mm球で可動。
股関節はモノシャフトドライブの組み合わせで、可動域は限定されますが、
特有の力感のあるポージングが可能です。

 

膝、足首は10mm球でフレキシブルに可動します。


【POSE】
 







 


■パーツ一覧


手首×5/ディスプレイスタンド





※ライアットガンはLIA イングラム1号機のものを使用しています。




【評】
概ね気に入ったのですが、やはり可動にクセがあるので思い通りのポーズをつけるにはまだまだ難しい面もあります。中でも一番の難点は股関節でしょうか。
何でもリボ球にしろと言うのではありませんが、一応、空を飛ぶ機体なので、足をピタッと揃えられるような配慮は欲しかったと思います。
また、手首はイングラム同様の軸接続ですが、イングラムの時はジョイントがきつく着脱にかなりの力を要したのですが、このグリフォンでは逆にスポスポ抜けやすくなっています。
加減が難しいですが、どんどん進化していくリボルテックをこのまま応援したいと思っています。




▲アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック トップページへ






Last updated  2007/02/16 08:01:43 PM

PR

Profile


ken-murasame


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.