3256673 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2007/12/14
XML
カテゴリ:クロ歴史!

ミクロマン2007 時空警察ヴェッカーシグナ オニグモ レビュー

2007年12月発売





■オニグモ


時の歪みによって生まれた特異体であり、自身の存在を証明するために歪んだ時間を特定させようと企む。
時空犯罪組織テンスマドラー(時の変革者)の首領として他の特異体を従え、本来の時の流れに介入しようとする。
時空刑事オリオンとは深い因縁があるらしい。


EQUIPMENT STYLE


■FRONT


■REAR



NAKED STYLE

■FRONT&REAR


精悍な黒い素体をバイオクリーチャー風のアーマーに包んだ独特の体躯!
頭部と手首、マント以外は基本的にアクロヒドウから流用。
ヒドーではメッキでメタリック調に仕上げられていたアーマーは、筆ムラを残したような変わったタッチの塗装により有機的なおどろおどろしさが与えられています。
こちらの仕上がりはヒドウとはまた別のこだわりを感じさせます。

頭部の接続方法はオリオンと同じで、やはり若干窮屈。
腕に血蜘蛛(?)をマウントするアタッチメントを付けるのですが、動かしているとポロリしやすい。


■BUST UP


グロテスクなビーストフェイス!
やぶ睨みの赤い目やむき出しの歯も細かく再現されており、好印象です。
たなびく後ろ髪もイイ感じ!




※説明書がなかったので、いろいろ試しましたが、マントは一応このような組み合わせで取り付けることができます。
材質に意外と弾力があり、ボッチのパーツに引っ掛けるだけでは固定できず、
もちろん首に掛けるのはダサすぎる。。

必然的に血蜘蛛本体をマントの上から押さえに使わなければならないのですが、
そうすると、箱ウラのカットのように、血蜘蛛を肩に取り付けることができません。

どなたかよい方法をご存知でしたら、ぜひ教えてください。



血蜘蛛 (のようなもの)



一応、そのように組めます。
アクロヒドー同様、このアーマーパーツをいくつかの形態に組み替えることができます。






防御モード
ヒドウではデフォルトだった形態ですね。
やはりカッコいいです!



触手はアーマーの背中に直接差し込むこともできます。



両手に直接装備した殺撃モード。
第一関節(?)で開閉できますので、アクションが意外にきまります!



妖刀ギガサメ?はメッキのみ。
形状も変わりません。



肩パーツにセットすることができます。




■パーツ一覧


アーマーパーツ一式/刀/マント/手首×3組/スタンド


【BATTLE ACTION】











【評】
オリオンとオニグモというキャラは確立しているものの、基本コンセプトはベースのショウマやヒドーから飛躍がないので、オリジナリティに乏しいアイテムという印象はぬぐえません。
これはヴェッカーシリーズ全般に言えることなんですけどね。

個人的な要望としては、何らかのギミックや新造パーツを追加して欲しかったです。
たとえばオリオンの頭部はまるごと差し替えではなく、クリア素材のバイザーのみを着脱式にしたら、さらに劇中のイメージに近くなったのではないでしょうか。(代わりに光四郎のメッキヘッドなど付けても、また別の面白さが・・)
また、オニグモにもヒドウにはなかったアーマーの組み換えバリエーションが一つでも与えられていれば、印象もかなり違ったはずです。

商品的には平凡な部類で、ヴェッカーシグナのファン、ミクロマンのコレクター以外には積極的にオススメする理由が見当たりません。
このデザインが気に入った方、よく動くアクションヒーローをご所望の方には安心して使えるアイテムといったところでしょうか。



>>時空刑事オリオン レビューへ




【関連アイテム検索】

ミクロマン2007 時空警察ヴェッカーシグナ オリオン&オニグモ

>>関連商品一覧 価格比較


【レビューカテゴリ】


特撮系アクションフィギュア レビュー

仮面ライダーのアクションフィギュア レビュー(装着変身等) 

トランスフォーマー レビュー 

海洋堂 リボルテック レビュー

アニメ系アクションフィギュア レビュー 


アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック トップページへ









Last updated  2007/12/14 10:19:19 PM


PR

Profile


ken-murasame


© Rakuten Group, Inc.