3257352 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック -限定フィギュア予約・通販格安購入ガイド

2008/01/05
XML
カテゴリ:クロ歴史!
ケータイでも見られます!

MIA ガンダムキュリオス レビュー

2007年12月発売


■発売元:バンダイ
■価格:2,625円 (税込)
■フィギュアサイズ:全高約12センチ
>>このアイテムをさがす


一作品にいくつかの機体が登場し、いまや決して特別な存在ではなくなったTFM(可変モビルスーツ)。

“羽根付き”と呼ばれるオレンジ色のガンダムキュリオスは、裏返すとMS形態そのままかと思えるようなシンプルな変形構造を持ちますが、このMIA版はいったいどんな風に楽しませてくれるのでしょうか。





■FRONT & REAR


■EQIPMENT STYLE


【スタイリングについて】

造形そのものは決して悪くはなく、スラリと伸びた脚など、直線がシンプルに交錯するキュリオスのシルエットがスマートに再現されています。
胸の装甲は立体感があり、個人的に気に入りました。

ただ、肩や腰後ろ、腕裏などの平板で構成されるパーツが歪んだり、反り返ったりしておりしており、MS形態の時はさほど目立たないのですが、飛行形態に変型させるとけっこう気になります。

配色は他のダブルオーシリーズ同様、スミ入れ等はほとんどなく、簡潔な仕上がり。

問題として、内くるぶし上付近は設定では白なのですが、パーツ割りの都合か、黒のまま放置されています。細かいことですが、配慮の欲しいところです。
その外は最低限の塗り分けだけなので大きな破綻はないと思います。


■BUST UP


アングルによっては見映えがするのですが、少し振るだけでも酷く間抜けヅラになってしまったりと落差がありすぎ・・。

“羽子板”のようなブレードアンテナは要改善ポイント、肩部クラビカルアンテナは固定、胸装甲奥のGNドライヴは黒の塗装です。


【可動について】
変型ものにありがちな、曲がり過ぎたり、ありえない方向に動いたりする関節も少なく、必要充分な可動域を確保。
しかし、総じて保持力が頼りなく、アクションフィギュアとしてはもちろん、飛行形態を整えることも難しくしています。




ほとんど顎をひけないのがマイナスですが、上方向には充分な可動域を確保。



胸は3ブロック構造で大きく反らすことができます。



肩ア-マーは基部で跳ね上げ可、腕は横方向に約70度上がります。
肘はニ重関節でほぼ180度曲がります。



腰はバード形態には変型しませんが360度回転可。
股関節は柔軟で、約160度開脚できます。



膝はニ重関節でほぼ180度。
アンクルア-マーが前方に展開、足首は変形の都合で爪先を伸ばす方向にはよく動きますが、左右の傾き角はあまり深くありません。


■GNビームサブマシンガン


グリップを外して、腕にマウントできます。
カートリッジなど、その他のギミックはなし。




■GNシールド


大型のシールドは劇中通りのギミックを再現。
センター付近でクの字に曲がり、かつ継ぎ目が伸長、クロー形状に展開します。
中央のブレードは着脱式。
隙間なくピッタリ閉じてくれるとよいのですが。



マウント部が若干スライドし、取り外して反転させれば向きを変えることもできます。
腕に角形のダボで固定しますが、大きいだけに取り回しはかなり厄介。


■GNビームサーベル


他のガンダム同様、長短の光刃が付属。



サーベルグリップは腰裏ア-マーの内側にマウント。
基部が展開し抜刀状態を再現。


変形シークエンス












■飛行形態




上に書いたように、平板パーツが歪んだり反ったりしているので、よく見ると微妙ですが、割と雰囲気はでているのではないでしょうか。
機種の黄色いアンテナが省略されているのが何とも残念。
主翼はこの角度で一杯ですが、もう少し後ろに展開できた方がよいと思います。


>>MIA ガンダムキュリオス アクションポーズ画像


■パーツ一覧


GNビームサブマシンガン(グリップ、ジョイントパーツ)/GNシールド(ブレイドパーツ)/GNビームサーベル(サーベル/ダガー/グリップ)×2/手首×6


【評】~世間の悪評が見えるようだよ・・・けどね

とりあえずは、余剰パーツ抜きのいわゆる完全変形が実現されている点を評価します。
しかし、各パーツがが固定されずフニャフニャで遊び勝手が極端に悪い!
これを微調整して整えるのがMIAの妙味と申せばそれまでですが、評価を一様に得るためにはもっとストレスなくガシガシ変型させられることが必要でしょう。
ハイコンプロと同じようなロック機構を付けろとは思いませんが、何かしらのガイドは欲しく思います。

また、キュリオスがこれまでの可変機と違うところは、様々な武装コンテナを搭載できる点にありますが、現時点でこのギミックを搭載しているアイテムはプラキットも含めてありませんね。
パッと見たところ特別なジョイントなどは設けられていないようですが、ぜひともMIAで実現して欲しいです。


露出当初の画像などを見て最悪の出来だなあと思っていたのですが、実際に手に取るとどんどん評価が変わってきました。

よくタレントなどでテレビより実物の方が数段見映えがよいという話を耳にしますが、このMIAキュリオスもそんな類いでしょうか。

他にも出来のよいアイテムがたくさんあり、積極的にはおすすめできませんが、素性はそんなに悪くないので、興味をもたれた方はお求めになってもよいかと思われます。





モビルスーツインデックス (レビュー集)

トランスフォーマー レビュー 

仮面ライダーのアクションフィギュア レビュー(装着変身等) 

海洋堂 リボルテック レビュー

アニメ系アクションフィギュア レビュー 


アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック トップページへ







Last updated  2008/03/23 12:52:18 AM


PR

Profile


ken-murasame


© Rakuten Group, Inc.