271894 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

国際薬膳師のススメ★女性の不調の養生法&不妊

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


アゴ・バリモア

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ももやっこ@ Re:励まされました!是非皆さま読んで下さい★(03/14) いやー、この方の慰霊祭でのスピーチホン…
やすのぶ@ Re[1]:はじめまして(02/24) 長文のお返事ありがとうございます。 趣…
アゴ・バリモア@ Re:はじめまして(02/24) やすのぶさん、はじめましてコメントあり…
アゴ・バリモア@ Re[1]:新な進展!亡き主人からの贈り物?(02/24) ももぱん44さん 連絡おそくなり大変申し…

フリーページ

ニューストピックス

2013.04.28
XML
カテゴリ:健康食
 先日4/28(日)第2日目を終えました★

 先週に書いた日記には初日には悲しい人数だったと書いていましたが、本日は人数が増えました!!!

 少しずつでも日曜日限定のこうのとり食堂が皆様に喜んで頂ける場所になるように頑張ります!

 先日来て頂いたお客様本当にありがとうございました★

 先日来て頂いたお客様の中で高血圧の方がいらっしゃり、塩分が気になるので塩麹は買った事が

 なかったとお話しされていました。

 同じく高血圧を気にされ塩麹を購入された事がない方はいっらしゃるのではないしょうか?

 それはあまりにも、もったいない。

 なので、少し塩麹についてお話したいと思います。
 
 あるマウスの実験で、麹を摂取させたマウスは

 体重増加、血清の中性脂肪濃度、悪玉LDLコレステロール値が抑制された

 という報告があったそうです。

 脂肪濃度の減少は、麹に余分な脂肪を吸着して体外へ運び出すたんぱく質が存在するためのようです。

 いわゆる血液をサラサラにする効果が塩麹にはあるみたいです。

 調味料として使えば摂りすぎるということもないので高血圧の方も安心して使って下さい★

 ついでにそのほかの効能も★

 大きくわけて塩麹には2つの効能があります。

 ひとつめは皆様もご存じ“おいしくなる”です

 麹菌が蒸した米や麦に生えるときに出す“酵素”が、食材のたんぱく質やでんぷんを分解して、

 旨みと甘みを生み出すからです。

 ふたつめは、こちらも皆様ご存じ“健康&美容にいい”。

 麹には腸内細菌のバランスを整える働きがあるといわれ、免疫力のアップや便秘解消、

 美肌効果などが期待できるのです。
 
 その仕組は、麹菌が発酵することで麹酸を多く発生させます。

 麹酸は活性酸素の毒性を除去する働きが強く、細胞の酸化を防止します。

 つまり、身体の酸性化を防止するのです。
 
 また麹菌は繁殖時に、たんぱく分解酵素や脂肪分解酵素などたくさんの酵素を生産します。

 どうでしょうか?

 こんなに良い良い麹パワー普段に使わない手はありません。

 皆様も是非塩麹で健康生活を!!

 そうそう、第2回目のこうのとり食堂も麹をたくさん使った料理を提供させて頂きました★

 今回は写真をアップします★

 20130428_125200.jpg

 今回のお料理達は、1・玄米  毎日のお食事には欠かせません。
          2・紅茶豚 紅茶は薬膳的に体を温める効果があり、その紅茶で豚を煮ると豚の臭み               が消え、タンニンが脂肪を溶かしてくれるのでさっぱり柔らかくする効               果が!これから暑くなる季節にもお野菜をたっぷり一緒に召し上がって               ください 
          3・エビとニラの塩麹スープ餃子
               エビとにらのコンビは冷え性にバッチリコンビ!更に生姜で温める! 
               その餃子を鶏ガラを6時間かけて煮込んだスープに!
          4・旬野菜と干し野菜のキッシュ
               塩麹に漬けた豆腐はチーズのような味になります★チーズをたくさん
               使用するとカロリーも高めになるので今回はこの塩麹漬豆腐と豆乳を
               ベースに旬のお野菜と干し野菜をふんだんに使ったキッシュに!
               写真をさらにUPします↓
               20130428_101731.jpg
               こちらは皆様にも喜んで頂けた自信作!
           
          5・塩麹トマト 夏野菜は体を冷やすと言いますが、塩麹は体を温める効果も
                 ありますので冷やす野菜と温め効果の食材と合わせると良いです
          6・干しピーマンの煮びたし
                 干したピーマンは甘さがアップ。動脈硬化予防や疲労回復に良い

 こんな感じのお料理達でした★

 5/12(日)は未妊の方たちの集まりですので、次回の営業は5/19(日)です。
          
               
               

 






最終更新日  2013.08.29 22:56:07
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.