032586 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ひなたぼっこ

PR

お気に入りブログ

ほっぺたあげるけど New! かーんちえぞうさん

くつろぎ茶屋 別館 Mitybbさん
まちゃこの小部屋 ぶぃぶぃあんさん
ニーナちゃんとお庭 ヘコさん
☆ のほほん主婦の楽… wakaba077さん
□■箱収納でお部屋す… MOON CHILD 0405さん
京都プレザントオー… 京都のよしですさん
augusta の趣味のペ… augustaさん
猫好き防災マンのペ… ネコ好き防災マンさん
タロートレンディ DJ TAROさん

全10件 (10件中 1-10件目)

1

2008年07月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
と思うぐらいサンウにはまっている私です。

なんだかんだいいながら、やっぱりあのちょっと拗ねたような笑い方とか、
そうかと思えば甘えたような態度とか。。。
こう。。。女性心をくすぐるのが上手なあたりに結構はまっているのでした。

まぁ、ただ見て、キャーキャー言う分には、どんなに悪いやつだろうと
金の亡者だろうと関係ないからね。

で、今日は、サンウの結婚相手の方がインタビュー受けてました。
とても幸せそうで大変うらやましかった。。。

でもねぇファンの人は色々思うところもあるだろうけど、
結婚前の一番幸せなときにああいう笑顔が出せなかったらかわいそうよね。
周りの事考えてないって、考えてたらそもそも結婚なんかしなかっただろうし、
少なくともこんな発表しないだろう。

だから、もう怒るのもバカらしいと思うよ。って感じがする。

あれだけ、たたかれてるのにこれだけいい笑顔出せるなんて、
サンウ、ちみは一人の女性に対して本当に男なんだな!と惚れ惚れする。

でも、それにしてもサンウって日本のファンに対して誠意ないよね。。。
別に結婚してもいいし、なんでもやってもらっていいんだけど、
もう少し、お金ではない真心を見せて欲しいとおもいました。







最終更新日  2008年07月26日 00時21分22秒
コメント(3) | コメントを書く
2008年07月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここ数日クォン・サンウを追いかけてみました。

日本では情報が少なくて、ファンの方のHPやブログ、あとは韓国のニュースサイトを
見ました。

そして、色々調べた結果思ったことは。

サンウって、あまり純粋に応援できる人じゃないなってことでした。

確かに、天国の階段では、泣かされたし、いい雰囲気を醸し出していたけれど、
実際のサンウッシはどうなんでしょうか。

たとえ彼の周りの人の暴走であったとしても、毎回こういうことの繰り返し?
と思わされるようなあきれた行動の数々では、人としてどうかと思わざるを
得ないですね。

それでもやっているサンウって、日本のファンは相当バカにされていると
感じました。

反日感情云々については、多少やむをえない部分もあるのでは。。。と思いました。
なぜなら、今でこそ韓国は好意的に取られるようになったけれど、
私が子供の頃は、やはりそういった逆の立場での感情はあったし、
今こうして普通に韓国行かれるのって、時代は変わったな。。。と思うところは
ある。
子供の頃に抱いていたそういう感情は、実は世間の偏見であり、
事実とは違うことがほとんどであったけれど。

そんなわけで、やっぱりあんまり自分の立場を分かっていない人、もしくは
自分の立場をよくわかっていて、そういう行動に出ているのかも。
要するにファンは振り回されているだけってことかな。

ということなんですが。。。
でも、いいと思うものはいいのだった。
まぁ、夫婦そろって整形疑惑とか色々あるみたいなんだけど、
それはそれとして、いいと思えばこれからも彼のドラマや映画は見ようと思う。






最終更新日  2008年07月24日 10時35分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年07月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
サンウの日本公式サイトは、アクセスが多いせいかつながらず、全く情報が得られない。
昼間に一瞬つながったけど、たいした情報はなかった。
このネット社会。
自分でネットサーフィンしたほうが、よっぽど色々情報が入る。

でも、ファンクラブには入ってません。

そして、ファンの方が作ったページのほうがよほど色々な情報が得られる。

http://kswmugamuchu.blog90.fc2.com/
このページは、特に今回頼りにさせていただいたので、感謝の意味もこめて
URLを掲載させてもらいます。
ご本人には了承を得ていないので、もし問題があるようでしたら、
URLは消します。

ファンの人たちの思いのたけを吐く場所がなく、色々な意見の対立が生まれそうに
なってしまったり。。。
みんな動揺しています。

一人ひとりがとことんサンウを話ができたらいいのにね。
サンウってなんだか幼いな。。。がっかり。







最終更新日  2008年07月22日 00時27分51秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
天国の階段

yahoo動画で配信していて、それを見ようと思ったんだけど。。。今までみたいな
純粋な気持ちで見れないよ。
テファオッパがいて、ソンジュがいて、チェジウの役がテヨンかぁ。。。と思うと
複雑な心境になりました。

私って。。。
別に誰と結婚してもいいし、つきあってもいいし。。。
でも、ファンの夢を壊さないでほしかったよ。






最終更新日  2008年07月22日 00時15分37秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=87076
ここに翻訳したものが載ってました。

気持ちは分かるよ。
でも、君はスターなのだから、スターという立場は尊重しなくっちゃと思いました。
君自身の個人のスタイルや思想はそれでいいと思うのだけどね。
もし友達だったら、本当に応援したくなるぐらいいいやつだと思う。
でもさ、誰が自分の結婚相手を評価するんだとか。。。そんな台詞
言わなくていいのに。
今はただ、ひたすらあやまって嵐がすぎるのを待つしかないのになぁ。。。
彼自身の結婚に対することは謝る必要はないし、彼が決めたことだから構わない。
ただ、そのことで失望したひと、やっぱりイメージが大切な仕事だから、
損失をこうむった人はいたはず。
そこは、謝るべきだよね。形だけでも仕事として。

彼が愛に貫きたいと思った気持ちは分かる。よくわかるよ。
だからこそ、がんばってほしい。

彼の事をお金とか仕事とかそれだけはなくて、本当に思いやって気遣ってくれる事務所の人はいないのか。。。?
そんな純情で、マスコミのいいネタにされるような二人が夫婦になって、今後芸能界でやっていかれるのか?
こんなことで、涙ながしてちゃ駄目じゃんサンウ!

サンウが、彼女をこれから守っていくんでしょぉ!
色々言い訳しないでしっかりしてよっ。
って思っちゃいました。
今が沈黙のときだよサンウってばもぉ~

マスコミ先行報道で、彼が描いていたシナリオとは違う方向に行ってしまったのは
ショックだったと思う。
でも、マスコミに流れないようにしっかりと緘口令が弾けなかったのは、サンウ
それもまたあなたなのだよね。
それに、たとえそうでなかったとしても、そういうことも覚悟してシナリオを描いて
いたほうが良かったのではないかと思う。
また、たとえファンに先に伝えていたとしても、いい結果になったか?
それは疑問だ。

どういう結果であれ、ファンがショック受けることには変わりないんじゃないかなぁ。
公式的な立場で彼が一番に発することは、ファンとかマスコミへのことだと思いやり
だと思うんだけど。
自分の事は、今はわかってもらえなくてもしょうがないのだよ。サンウ。

どうしてそれがわからないの~ チョンマル モンチョンイ ナムドンセンだなぁ!

彼も動揺しているのだろうけど、このことを直接彼に伝える方法はないのかしら。
これが僕だから。。。とか、もう本当に情けないこと言ってんじゃないよって
歯がゆくなっちゃうなぁ。






最終更新日  2008年07月21日 15時27分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年07月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 久しぶりの日記でこれがタイトルか!という感じですが、こちらで今のところの自分の気持ちの集大成を書こうと思いました。
mixiにも書いていたのですが、やっぱりネタがマニアックすぎて、けっこう引いてしまう方も
多いと思いました。
こちらのほうが、不特定多数なので、なんとなく気楽に書けるかな。。。と思いまして。

で、なぜこのタイトルかといいますと。
先日天国の階段を動画で見てから、すっかりはまりました。
見終わってからの、自分自身のうきうきした気持ちとか、なんとも言えない恋心のような心情といいますか、すっかりサンウにはまりました。

韓流なんてぇ。。。そんなのにはまるの信じられないと思っていたのですが、ミイラとりがミイラになったようなそんな心境で本当に自分でもびっくりなぐらいはまりました。
それまで、誰が、サンウかビョンホンかシオンか。。。全く顔の区別付きませんでした。
最近サンウはやっとわかったぐらい、疎い私でした。
しかし、何よりもプラス面での相乗効果が大きく。。。
食事にも気をつけてダイエットがんばろうとか、身だしなみもちゃんとしようとか、別にサンウの彼女になるわけでもないのに気にかけてみたり。
恋する乙女のような1週間でした。

しかし、先日結婚の報道が出ましたね。
有頂天から一気に奈落の底に落とされた感じ。。。
が~ん

しばらくは立ち直れず、仕事でも元気がなくどよよーんとしていました。

古くからのファンの方は、彼の結婚に対して色々な思いがあるでしょう。

私も、以前親しいと思っていた友人よりサンウのような突然結婚報告をうけたことが
あるので、そのショックたるやなんとなく想像できます。
まぁ、それから比べれば、とりあえず結婚前に報告しているわけだし、ファンに最初
に言おうと思っていたとか。。。間違っていたにせよ、彼なりの誠意は感じされる
からまだましだなぁ。。。と思っている。

それに、私が思ったのは。。。
この1、2年彼は訴訟問題があったり、事務所が変わったり色々大変なことが続出
していたらしい。
そんな中で、自分の人生にとって、何が一番大切なのかを考えたと言っていました。

私も、昨年は訴訟問題になりそうになったり、事務所ならぬ職場が変わったり。。。
色々大変だったので、その辺の彼の心情も理解できる気がします。
周囲を全部敵に回しても、貫きたいものがあったのでしょう。
もしここで、今回のことをあきらめしまったら、たとえ韓流スターとして一流に
なれたとしても、一生後悔して、楽しい人生とはいえなかったかもしれないよね。
そう思ったら、すべてに変えても大事にしたいと言えるぐらいの人が現れて実行
できたことは、彼にとって本当に良かったと思った。

やっぱり神様はなかなか二物は与えてくれないので、何かを犠牲にすることは
やむをえないのだと思う。
その覚悟ができていたことが、すばらしいと思う。

相手の方はあまり評判がよくないようだが、まぁその辺も真実の姿は分からないからね。
二人が良くて、幸せなら周りが納得しようがしまいが関係ないでしょうというところで
すよね。

芸能人に、あんなにも胸ときめかせることがあるなんて、本当に自分でもびっくりしち
ゃった。
もし、サンウに会えたら、卒倒しちゃうか、涙流しちゃうかも。。。と思うぐらい
ときめいていました。私。
自分にもこんな気持ちがあるんだ。。。と思うぐらい。本当にびっくりした。

反面。私って相当淋しかったのかもなぁ。。。と思った。
こんなふうに優しくして、自分の気持ちをさらってくれる人が欲しかったのかも。。。
と思いました。
だから、夢でも虚構の世界でもそんな気分を味わえたのは、本当に嬉しかった。
どうも他の方のブログなどを読んでいると、似たような感情をもたれた方は多いようだ。

ということで、今回の結婚ショックはショックなんだけど、彼が自分で選んだ道なのだから、
それはサンウが自分で貫けばいいと思う。
納得するもしないもない。

だけど、しいて言えば、もう少し夢をみさせてほしかったなぁ。。。とは思う。
それから、引退するとか言わないで、これからも役者として夢をみさせてほしいと思う。

あんなふうにサンウに対してときめくことはもうないかもしれないけど、これからも
見守っていきたいし、韓国語も勉強しようと思っているよ。

サンウがんばれ!






最終更新日  2008年07月21日 00時30分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年06月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前、仁平義明先生 の講義できいた話である。
昨年、日記にも書いたことだけど、もう一度思い出してみたくなったので、再度書きこもうと思った。

この中でも、6の導いてくれる人がいるかいないかで、
リジリエンシーの効果が大きいと言われていた。

項目はそのまま抜粋です。

リジリエンシーとは、強いストレスが生じても、そこから何とか元に戻ることができ精神的に健康に育つことが出来る、「こころの回復力」「こころのしなやかさ」の概念である。

既にご存知の方もいるかもしれないけれど、こういう考え方を知識として持っていることは、一つの情報としてはプラスに働くことが多いのではないかと思ったので、日記でご紹介してみます。

児童虐待(暴力、性的、強制労働など。。。)を受けているような悲惨と呼ばれる生活状況であった子供たちの中に、困難を乗り越え立派に成長している子供たちがいることに着目した。
そして、その子供たちには共通した特徴があることが分かった。
心の強さや不屈さとはニュアンスが異なる。
子供たちは、たとえストレスが非常に多い環境下にあったとしても、リジリエンシーに必要なさまざまな社会的資源や個人的な資質があれば、悲惨な体験やトラウマから身を守ることができ、逆にこれらが欠如しているとより深く傷つく可能性が高い。
つまり、リジリエンシーが高い子供たちを育てていくこと、そういった要素を理解することが大事なのだと思った。

リジリエンシーの要素とは
1、自己信頼
自分を信頼してあきらめないで自分が努力すれば問題は解決し、成功できると信じている。

2、未来志向、楽観主義
つらい時期があっても、未来は、今より必ず良くなると思っている。

3、自己尊重
自分には、この世に存在する意味がある、人生には何か意味があると思い、自分を大事にする。

4、自己受容
少々の欠点や失敗があることを認めながらも自分を愛せる。

5、肯定的人間観
人間というものは、本質的には良いものだと思う。

6、他者の信頼と利用
自分を見守ってくれる人は、必ずいると信じ、必要なときには、人の助言や助けを求めることができる。

7、平静さ
困難な状況や危機にあっても、事態をある程度客観的にみることができる。

8、情報収集
困難な状況を解決するためには必要な情報を求める。

9、リスクテーキング
必要なときには、リスクを冒すことができる。

10、実在的孤独
自分の人生は、自分独自なもので、自分自身の意思で立ち向かう必要もあることを知っている。

自尊心の低い子供よりも、高い子供のほうが、リジリエンシーが高い。
また、そういった子供を育てるには、関心を持っている、見放さない、子供の心を一人にしない。。。といった態度が必要である。
また、ユーモアのセンスも大事である。
緊迫感を緩和して、状況を冷静に捉える視点をもつことができる。
人間は万能ではないということを認め、ゆとりを持つことができる。

限らず世の中で理不尽なことが起きたとき、その事実をどうやって克服するのか答えがみつからないときはある。
今でも、見つからないことはたくさんある。
でも、そのときに立ち止まるのではなくて、こんなふうに気持ちを整理していく方法があるのだな。。。と思う。

実は、知らない間にこうやっていることも多いと思う。
でも、こうやって理論だてられるとなるほど。。。と思うのである。

具体的な例として以下の2点を挙げられていた。
もし、興味のある方がいたら、ネットで検索してみてください。

キリスト教の聖書より 『足跡』
これは、色々な日本語訳があるのでここでは書かないでおきます。

もう一つは。。。
静岡県立こども病院の病気説明用のパンフレット
http://www.e-switch.jp/total-care/byouki_imgs/byouki_1.pdf






最終更新日  2008年06月13日 00時12分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 大切だね。
今日は、のどに膿があって真っ赤だったので、お休みしました。
仕事は休みです。
オケの練習。

楽器は好き。
息抜きにもなるし、楽しい。
でも、体力的に色々と限界が来ている。。。

次はお休みさせてもらうと思います。
でも、また復活しますので、そのときまで待っててね。
お願いします。






最終更新日  2007年07月09日 01時06分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
びっくり
今日は、久しぶりにゆっくりとできる休みの日のはずだった。。。
しかし、午後はエステに行き、その後ゆっくりしょうと思ったら
ディーラーの担当のこから電話があった。
決算期になると連絡してくる彼。
買うときにお世話になったし、今後もお世話になりたいので、
定期点検に行ってきた。
そんなこんなしてたら、やっぱり疲れてしまった。。。

最近休みがないのよね。
休日も朝から晩まで出かけてる。
習い事してるんだけどね。
さぁその成果は出るのだろうか!!






最終更新日  2007年03月21日 19時05分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月11日
カテゴリ:自分論
 ブログって、コメントが欲しいときと欲しくないときがある。
ただ確認の意味で書いているとき。
嬉しくて誰かに共感してほしくて、とりあえず書き捨てる。。。
そしてコメントしてほしくなる。

でも、コメントが多すぎるとだんだん面倒になる。。。我侭だなぁそれは。

本当に独り言を吐露したって感じだけど。

私にとっては気づきの多い一日だった。






最終更新日  2007年03月11日 23時36分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1

カレンダー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.