005722 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

2024年中学受験を目指すパパの子育て

2018.06.11
XML
カテゴリ:中学受験
先週書いた、
四谷大塚全国統一小学生テスト
自己採点の結果や問題への解説を。




当日、息子くんは問題用紙を汚さずに帰ってきたため(汗)、
改めて解いてもらいました。

一度やっているため、
時間はそれぞれ半分の7~8分で
(テスト時の時間はそれぞれ15分でしたので)。


まずは、「国語」
採点結果は84。

前半のひっかけ問題2つのうち1つに見事に引っかかり、
後半の文章問題では、ちゃんと一緒に解けば分かる問題に、
読むのに慣れていないのか、ちょこちょこと間違いが。。。



順に見てみます。


ひっかけ的な問題は前半に2つ。

1つは、
三日月の絵があって、
「き・ず・み・づ・か」の中から
使わない1文字を選ぶ問題。

答えは「ず」
「ず」か「づ」か迷わせる問題です。

大人は「月=つき」に濁点が付くので「づ」
と判断できるので大丈夫でしょう。

ですが、この問題、
他の場合を考えると大人でも迷うことはあります。

例えば、
「少しずつ」と「少しづつ」
「~しずらい」と「~しずらい」
どっちだったかなと検索することもあるがします。

答えは、「少しずつ」が「~しづらい」です。
(ただ「少しずつ」の方は「少しづつ」でも許容される場合が多いと思います)


音では「ず」も「づ」もほぼ同じです
(細かく言うと「zu」と「dzu」で違いますが)。

そして今では基本的に、
この音の時は「ず」と表記し、
例外の時のみ「づ」を使います。

「づ」を使うのは、
前の言葉との繋がりで濁る時(専門的には連濁と言います)。

ひらがなで「づ」を使うことがあまりなく、
「づ」という表記自体を見ることも少ないので、
「づ」が使わない文字、と選んでしまう子もいたと思います。


2つ目のひっかけは、
反対の言葉を選ぶ問題。
「たかい ようふく」←→「(   ) ようふく」

値段が高いの反対なので、
安い=「やすい」
が正解という単純な問題ですが、
直感的に、
高い←→低い=「ひくい」
と思ってしまうと、間違えてしまいます。


息子は2つ目の問題、
見事にひっかかり、間違えてました。。。

前半は各7点×10問なので、1つでも落とすと結構痛いですねぇ。



後半の文章問題は各3点で、10問。

全問正解できるかどうか難しいですが、
1~2問落とすぐらいで言って欲しかったところ。

ですが、3つ間違えてしまっていました。


文章題を解説するのと長くなるので割愛しますが、
ただ、最後の問題を正答していたのは褒めたいと思います。

「うれしそうに ( )を ほそめました」
の( )に入る体の部分を表す、ひらがな1文字を答える問題。

「嬉しい」の意味を持つ慣用句ですので、
「目を細める」の「め」が答えです。


読解問題が弱そうなので、
まず、長文を読んで問題を解く前に、
自分の力で、長い文章を集中して読めるようになること、
そして、長文読解のコツとして、
先に質問を読むことを教えようと思います。




そして、「算数」
採点結果は89。


算数は割と得意で、
クイズのつもりで解いているので、
少し期待していましたが、
もう一息ですね。


最後がゲームの問題でした。

6個のマスが六角になっていて、
サイコロが偶数なら左回りに、
奇数なら右回りにコマを進める、
というもの。




問いは2つ。



【1】が、
サイコロの目が6→3→2
と出たら、どこにコマがあるか?



【2】は、
2回サイコロを振って、
始めの位置から左に2つ行ったマスに止まるのは、
全部で6通りある。どんな組み合わせか?




このゲーム、
サイコロが6の目の場合は動かない、と問題にありますが、
6つ進むと元に戻るので、
進んだとしても動かなかったとしても
考え方的にはどっちでもいい問題です。

6の目が動かない、とするのは
特別な場合を作ったように見せて難しくしているようにも見えますが、
6の時は動かないと考えていい、というヒントでもあります。



そして、【2】の問いは、
6通りある、とヒントがなければ、
大人でも全通りを見つけられず、見落とすものがあり得る問題で、
答えを探すゲームとしては、ちょっと難しめでした。


1周して、その場所に行くことも考えないと、
答えの6通りに辿りつきませんので。



最終問題はさすがに難しいかなぁと思っていたら、
息子くんはこの問題自体の意味が飲み込めておらず、
2問とも不正解。。。


最後はまだしも、
【1】の、6→3→2の方は出来て欲しかったところ。



あとで、一緒に問題を読んだら理解できていたので、
集中力が続いていないのかなと思います。



大抵、テストの最終問題はちょっと難しいので、
「さて、この問題をどう解いてやろうか」
と、気持ちを入れ替えて臨む感じも必要かなぁと感じました。





ブログランキングに参加しています。
↓クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村​​






最終更新日  2018.06.15 14:48:06
コメント(0) | コメントを書く
https://mypage.blogmura.com/join_comp

PR

プロフィール


KT1979

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.