4597322 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

舞子高原オートキャンプ場

舞子高原オートキャンプ場


2016.4.28-2016.4.30

公式HPhttp://www.maiko-resort.com/summer/autocamp/
所在地新潟県南魚沼市舞子2056-108(地図)


今年のGWは、1泊だけキャンプに行けそうな予定になりました

時期も時期なので、どこも空いていないだろうと思い

少し足を延ばして、初めてのキャンプ場に行ってみることにしました

選んだのは、眺めの良いキャンプ場としてピックアップした

スキー場として有名な、舞子高原

大荒れの予想の絶望的な天気予報ですが、奇跡を期待して出発です( `ー´)ノ


☆ 画像は全て、クリックするとフォト蔵へのリンクで、大きな画像でご覧いただけます ☆


 2016.4.28


ゆざわ健康ランド01距離もあるし、1泊なので時間を有効に使うため、前日の夜に出発

仮眠するのは、ゆざわ健康ランド

スキーシーズンだと、他にも仮眠できそうな施設がありそうなんですが、この時期は、他に見つけられませんでした


ゆざわ健康ランド02出発して間もなく、外は雨

トンネルを抜けると、そこも雨であった・・・(^_^;)

関越トンネルは、何年ぶりに通るんだろっ?


ゆざわ健康ランド03食事は途中のSAで済ませてきたので、後はお風呂に入って寝るだけ

どうしてもやりたかった、ガチャポンのオモチャで一遊び


 2016.4.29


ゆざわ健康ランド04おはようございます

奇跡は起こらず、外はやっぱり雨でした


ゆざわ健康ランド05朝食は、米粉パンセットをいただきます


ゆざわ健康ランド06おーっ奇跡が起きました

出発直前になって、ついに雨が止みました

が、この後この天気に翻弄されます(≧▽≦)


ゆざわ健康ランド07こちらが、一晩お世話になった「ゆざわ健康ランド」

湯沢ICを出て、舞子方面に進んだ左側

すぐ裏手には、GALAがありました


舞子高原オートキャンプ場001キャンプ場へ向かう国道17号沿い

朝9時から営業の「はりまや石打店」で買い物


舞子高原オートキャンプ場002すぐ隣には、お酒の激安店


舞子高原オートキャンプ場003キャンプ場に到着しました

チェックインは、舞子高原ホテルのフロントで


舞子高原オートキャンプ場004舞子高原では、キャンプの他にディスクゴルフやグラウンドゴルフ、最近流行りのドローンも飛ばせちゃいます

勿論冬になれば、舞子スノーリゾートに大変身


舞子高原オートキャンプ場000今日のサイトは最上部のB3で、受付の方が「一番眺めの良いサイトです」と言っていました

公式HPでもB3サイトの写真が使われていますので、キャンプ場イチオシのサイトなのかもしれません

サイトは、ホテルに近い最下部のCサイト、少し離れて中部のAサイト、そのすぐ上に最上部のBサイトと3つのエリアに分かれています

この広さにたったの22サイトですから、全てが埋まっても窮屈さは感じないと思います


舞子高原オートキャンプ場0000ごみの分別など、場内ルールです


舞子高原オートキャンプ場005舞子高原ホテルも国道からそこそこ上ってきましたが、サイトはここから更に上にあります


舞子高原オートキャンプ場006怪しい雲ですが、まだ雨はやんでいるのでさっさと設営しちゃいましょう


舞子高原オートキャンプ場00000と思ったら、突然強い雨が降り出したので、車の中で雨が止むまでしばらく待機

A・Bサイトを上から見ると、こんな配置になっています


舞子高原オートキャンプ場0071時間ほど待機し、雨が小降りになったタイミングで設営開始
雨が強くなったら、一時中断の繰り返し
今回は、悪天候の予報なのでスクリーンタープ
舞子高原は、今日が今年のキャンプシーズン初日ですが、前シーズン皆さん眺望を求めて、なるべく前の方に設営してたんでしょう
スクリーンタープの前方、斜面ギリギリの場所は芝が剥がれ土が剥き出しになっていたのでその場所を避け、少し下がった場所に設営完了


舞子高原オートキャンプ場008設営後も雨風が断続的に強くなり、場内整備の係員の方もずぶ濡れになって、ロープなど入念に点検しながら巡回していました

「危険を感じたら水場のある下のレストハウスに避難してください、寝られるスペースもありますので」、と声も掛けていただきました

それほどの、荒れた天気です


舞子高原オートキャンプ場009サイトへは、この細い通路を上ってきます


舞子高原オートキャンプ場010通路からB1~B3サイトへの入口


舞子高原オートキャンプ場011車を置く場所は特に指定されていませんが、折角の景色なのでテントから離して停めました


舞子高原オートキャンプ場012そうすると、オートサイトには見えませんね~


舞子高原オートキャンプ場013晴れてたら素晴らしい景色だと思うんですが

秋も良さそうですね~

でも、真夏は日陰が無くて暑いかな

夏の新潟は、結構暑いですからね~


舞子高原オートキャンプ場014B3サイトの最先端、斜面になるギリギリの場所

こんな風に、土が露出しています


舞子高原オートキャンプ場015ちょっと下から見ると、こんな感じ


舞子高原オートキャンプ場016お隣のB2サイト、その向こうがB1


舞子高原オートキャンプ場017左からB4・B5・B6サイトを少し上から見たところ


舞子高原オートキャンプ場018手前からB4・B5・B6


舞子高原オートキャンプ場019手前からB6・B5・B4

その向こう側がB1からB3ですが、B6・B5・B4の方が少し高い位置にあたります


舞子高原オートキャンプ場020B6からの眺め


舞子高原オートキャンプ場021手前からB7・B8・B9


舞子高原オートキャンプ場022B7からの眺め


舞子高原オートキャンプ場023B7からB3方向


舞子高原オートキャンプ場024雨が降ってきたので、ちょっと遅めの昼食


舞子高原オートキャンプ場025朝買っておいたパンに、生ハムを挟んで


舞子高原オートキャンプ場026晴れていればそれなりに暖かいと思うんですが、この天気じゃ温かいスープが恋しい


舞子高原オートキャンプ場028雨が止んだので、Bサイトから下って中間のエリアへ


舞子高原オートキャンプ場029手前から、A2・A1

この辺りも眺めは十分です

この荒天の中でヘキサとは、なかなかのチャレンジャー


舞子高原オートキャンプ場030この建物が、避難してくださいと言われたレストハウス

夏は営業していませんが、1階部分にトイレや水場、ゴミ捨て場があります


舞子高原オートキャンプ場031この辺りが、水場やトイレに一番近いサイト

手前がA3、奥がA4


舞子高原オートキャンプ場032こちらがA4サイト

A3・A4も眺望があり、芝の状態が一番良かったかもしれません


舞子高原オートキャンプ場033A3サイトから


舞子高原オートキャンプ場034A3サイトから上部のBサイト


舞子高原オートキャンプ場035水場の真ん前、A5サイト


舞子高原オートキャンプ場036車が見える場所がA6

通路の左側が、A7・A8


舞子高原オートキャンプ場036-1手前がA8、奥がA7


舞子高原オートキャンプ場037こちらが今回の避難場所、いやいや水場とトイレ、ゴミ捨て場

緑色のシートの奥が水場です


舞子高原オートキャンプ場038中はこんな感じで結構広い


舞子高原オートキャンプ場039シンクはお湯は出ません


舞子高原オートキャンプ場040洗濯機もありました


舞子高原オートキャンプ場041トイレは脇の入口から


舞子高原オートキャンプ場042洋式もあります


舞子高原オートキャンプ場043ちょっと晴れ間が出てきました


舞子高原オートキャンプ場044ブワーッと風が吹いて、ドバーッと雨が降って、雨が止んだらちょっとだけ晴れ間の繰り返し

雲がどんどん流れていきます


舞子高原オートキャンプ場045芝の状態が良いA3・A4でサッカー


舞子高原オートキャンプ場046こんな天気だと、子ども達も持て余しちゃいます


舞子高原オートキャンプ場047おっ、アレは何だ?


舞子高原オートキャンプ場048通路をちょっとだけ下ってみましょう


舞子高原オートキャンプ場049A4サイト近くの通路脇に




舞子高原オートキャンプ場050ハイジのブランコがありました


舞子高原オートキャンプ場051落ちるとドロドロになるからなっ!

動画1 動画2 動画3 動画4


舞子高原オートキャンプ場052二人が遊んでいる間に、もうちょっと下ってみることにしました


舞子高原オートキャンプ場053白樺が多くなってきました


舞子高原オートキャンプ場054なかなかの雰囲気ですが、この辺りにサイトはありません


舞子高原オートキャンプ場055上の方を振り返ると


舞子高原オートキャンプ場056もうちょっと下るとCサイトが見えてきました


舞子高原オートキャンプ場057Cサイトにもキャンパーさんがいらっしゃいました


舞子高原オートキャンプ場058また雨が降り出す前に戻ってきました


舞子高原オートキャンプ場059テントはビショビショですが、サイトに水がたまるようなことはありません


舞子高原オートキャンプ場060この雲さえなければね~


舞子高原オートキャンプ場061二人は、水くみのお手伝い

そう、Bサイトは、水場までそこそこあるんです

しかも、行きはよいよい・・・


舞子高原オートキャンプ場062こんな天気なので、ちょっと早めに温泉へ


舞子高原オートキャンプ場063キャンプ場の雰囲気ではありませんが


舞子高原オートキャンプ場064ホテルの温泉が有料で利用できます


舞子高原オートキャンプ場065この辺りは、温泉も沢山

ちょっと足を延ばして、お気に入りを見つけるのも


舞子高原オートキャンプ場066かけ流しではありませんが、ちゃんとした温泉です


舞子高原オートキャンプ場067他にお客さんがいらっしゃるので外から


舞子高原オートキャンプ場068ジャグジーもありました

湯上りの外の空気が気持ちい

天気が良かったら・・・


舞子高原オートキャンプ場069さて、サイトに戻りましょうか

今日はタイミングを外すと、えらいことになるので


舞子高原オートキャンプ場070今日の夕食は、寒いので温かいものを

また雨がっ 動画 動画


舞子高原オートキャンプ場071あれ、何食べてんの?


舞子高原オートキャンプ場072


舞子高原オートキャンプ場073朝寄ったスーパーに、馬刺が売ってました


舞子高原オートキャンプ場074夕方になると寒さが増してきました

あまりの寒さに、少しでも暖かい空気を取り込もうと、スクリーンタープの入口近くで焚火も開始

最初は、テント内が煙だらけになりましたが、寒さは幾らかましになったのかな


舞子高原オートキャンプ場075ふーちゃんはフードをかぶって

足元も寒いので、足も上げちゃいました


舞子高原オートキャンプ場076今日は、鶏肉と野菜のお鍋


舞子高原オートキャンプ場077沢山食べると体もあったまるよ


舞子高原オートキャンプ場078ご飯ついてますけど( ̄▽ ̄)


舞子高原オートキャンプ場07919時頃


舞子高原オートキャンプ場0801時間後の20時頃


舞子高原オートキャンプ場081


舞子高原オートキャンプ場082雨が降り出し、もう無理


 2016.4.30


舞子高原オートキャンプ場083おはようございます

予想以上の寒さに加えて、明け方まで続いたテントに打ち付ける強い雨の音と、遠くから近づいてくる強い風の音で、いつテントが崩壊するかとほとんど眠れませんでした


舞子高原オートキャンプ場084が、朝外に出てみれば

何なんだよっ


舞子高原オートキャンプ場085でも、避難しないで済んだだけ良かったのかな


舞子高原オートキャンプ場086下のヘキサタープの方、大丈夫だったのかな?


舞子高原オートキャンプ場087


舞子高原オートキャンプ場088


舞子高原オートキャンプ場089ふーちゃん、寝られたかい?


舞子高原オートキャンプ場090朝食は、うどんね~


舞子高原オートキャンプ場091天気さえ良ければ、外の方が気持ちいい

寒くもないしね


舞子高原オートキャンプ場092朝食中、木をたたく小気味いい音が

どうやら、キツツキが近くにいるようです


舞子高原オートキャンプ場093もしかしたら見えるかもよ~

興味津々で走り出すふーちゃん


舞子高原オートキャンプ場094papachanとさや君も探してみることに


舞子高原オートキャンプ場095音のしたすぐ近くまで行ってみたんですが、結局キツツキは見つけられませんでした


舞子高原オートキャンプ場096またまた、ハイジのブランコ


舞子高原オートキャンプ場097もうちょっと遊んだら片づけ始めるから戻って来てね~


舞子高原オートキャンプ場098ただいま、乾燥中


舞子高原オートキャンプ場099撤収完了


舞子高原オートキャンプ場099-1広々してるし、晴れてればこんなに気持ちいいのにね~


舞子高原オートキャンプ場099-2


舞子高原オートキャンプ場099-3


舞子高原オートキャンプ場099-4


舞子高原オートキャンプ場099-5


貝掛温泉001帰りの温泉はどこにしようか?

途中、石打の温泉にも寄ってみたんですが、三国峠にある温泉を思い出しました


貝掛温泉002さや君とふーちゃんが生まれる前、お兄ちゃんがまだ小さかった頃に各地の温泉巡りをしていました


貝掛温泉003その頃から一度泊まりたいと思っていながら、未だに実現していないお宿がそこにありました


貝掛温泉004そこは、目に良い「目の温泉」「目薬の温泉」として有名な貝掛温泉


貝掛温泉005当時よりも宿泊料金も値上がりし、土日の日帰り入浴もなかなかのお値段ですが・・・

まぁ、一度来てみたかったので(^_-)-☆


貝掛温泉006オーーッ、美味しそうなものが沢山


貝掛温泉007人気の温泉ですから、写真は無しで


貝掛温泉008お湯は熱く無く、ゆっくりのんびり入れる温泉でした

しっかり目も洗ってきました(^o^)丿


貝掛温泉009


姉山の家00112時を過ぎているので、温泉の後は昼食

三国峠の途中まで来ているので湯沢方面には戻らず、そのまま群馬県の猿ヶ京温泉方面に向かいます


姉山の家002やって来たのは、猿ヶ京温泉を離れた山奥にある姉山の家


姉山の家003道中、だんだん不安になってきますが

そんな山奥で、美味しいお蕎麦が味わえます


姉山の家004お店というよりも、田舎のじいちゃんばあちゃんの家って感じで

その雰囲気が、またいいんです


姉山の家017


姉山の家005メインのお蕎麦のメニュー


姉山の家006一品料理と飲み物


姉山の家007papachanは何度か来たことがありますが、子ども達は初めて


姉山の家008アニメに出てきそうな建物でしょ


姉山の家009お茶と一緒に出て来るのが、漬け物とおやき

これだけでも結構ボリュームがあるんですが、これはサービスで供されるものです


姉山の家010


姉山の家011ふーちゃんが、そばと一緒に頼んだ味噌おでん


姉山の家012こちらは、山菜の天ぷら

なかなかボリューミー(^O^)/

栃木のたろっぺ茶屋となかなかの勝負?


姉山の家013ふーちゃんの、ざるそば


姉山の家014papachanは大もりそば


姉山の家015さや君は、かけそば


姉山の家016どうだっ、美味しかったか~

さて、食べ終わったら東京へ戻りますか

にほんブログ村 アウトドアブログへ

このページのTOPへ      HOME


© Rakuten Group, Inc.