000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

アウトサイドベース

outside BASE

2017.12.28-12.31


公式HPhttp://outsidebase.com/
所在地群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢字鷹繋2032‐2457(地図)


毎年恒例になっている年末年始キャンプですが、今年は高校受験を控えた追い込みの時期なので、ちょっと趣向を変えて。

というのは建前で、友達と一緒に初詣に願掛けに行きたいというさや君のため、大晦日に帰って来ることにしました。

それでもスキーはやりたいそうなので、パルコール嬬恋スキー場にそこそこ近いキャンプ場、アウトサイドベースに決定です。


前回の訪問は、2009.12.29-2010.1.2

☆ 画像は全て、クリックするとフォト蔵へのリンクで、大きな画像でご覧いただけます ☆



2017.12.28


001早起きは苦手だし、いつもよりも短い日程なので、朝イチからゆっくりスキーも楽しむため、前日夜の出発は例年通り。

宿泊したのはこちら↓。


スキー場のすぐ近くで、素泊まりも可能、夜遅いチェックインでも受け付けてもらえるので、途中で夕食を食べてからでも、慌てずに到着することが出来ました。



002炊飯器や電子レンジ、お皿なども揃っているので自炊も可能です。

スキー目的なら、ここがベースでも全く問題ないですが、やっぱりキャンプの雰囲気も味わいたいので。


003やっぱり仮眠ではなく、ちゃんとした個室で、ちゃんとした布団で眠れるのは有難い。

翌日を、寝不足で迎える心配もありません。


004ラベンダーの湯は、温泉ではありませんが、お風呂は24時間入浴可能。

遅い到着でも、お風呂に入ってから寝ることが出来ます。

次の日の朝も、お風呂に入ってからスキー場へ向かいました。


005寒い地域なので、お風呂には保温用のマットが浮いています。



006シャンプーやボディソープなども用意されています。



007風呂上がりのデザートは、大好きなミカンゼリー。


008ふーちゃん、ここまではスマホを見ている写真しかないぞ。


2017.12.29


009おはようございます。

3月にも通ったはずだし、さや君のサッカー合宿でもこの辺りには来ているんですが、到着した時は真っ暗で、周りの状況が全然分かりませんでした。



015一晩お世話になった、コテージ ら・ルーナ。



014敷地内に建物が何棟か建っていますが、宿泊したのはこちらの建物の2階の左端。



010景色はいいですが、寒いっ!



011奥に見えるアーチが、スキー場の入口。


012この辺りは風の強い地域。

風が吹き始めると路面も凍ってしまうので、運転には要注意です。



013来る時にコンビニで買ってきたパンなどで朝食を済ませたら、出発します。



016用具のレンタルなどで、若干時間はとられましたが、一日目のスキーの始まり始まり。


017天気もいいし、風も無いし、スキー日和。


018ゲレンデも空いてて、気持ちイイ。


019ゲレンデが荒れる前に、ゴンドラで上まで行ってみよう。


020上に行くと、樹氷が。


021やっぱり寒いんだなっ。


022上の方は少し狭い所もあるので、周りに注意しながら。


023スキー場は、やっぱり晴れてないとね。


024ゴンドラ山頂駅近く。


0253月に来た時は結構暖かかったけど、これからどんどん寒くなっていく時期だから、樹氷ももっと成長するんじゃないかな。


026もっと成長したら、蔵王みたくなるんだろうか


027昔はスキーも結構やったけど、こんな感じはあまり見たことが無い。


028ちょっと凄くて、見とれちゃうな。


029


030


031


032素晴らしい景色だ。


033食べるのも忘れて滑ってましたが、やっぱりいつかは腹が減る。

あらっ、さや君の注文が忘れられちゃった・・・。

遅れて届いたラーメンには、お詫びのポテト付きで、ちょっとラッキー。


034晴れていても、15時頃になると急に寒くなってきます。

キャンプ場にもまだ顔を出してないし、買い物もまだなので、一日目のスキーはこの辺で終了。


035キャンプ場に向かう途中、JA嬬恋村Aコープ オアシスで買い出し。


036アウトサイドベースに到着しました。


037久々に登場、イワタニ カセットヒーター CB-8。

これ、今や廃番になってます。


038部屋を暖めている間に、皆は夕食の仕込み。


039やってるやってる。

ふーちゃん、包丁大丈夫かい。


040この炊事場は、ドアも閉まる室内。


041室内は暖かくは無いですが、風の直撃は避けられるし、お湯も出ます。


042途中で滑って、ひっくり返さないでね。


043部屋の中がなかなか温まらないので、皆が食事の準備中、じゃんじゃん薪を燃やします。


044夕食の前に、ちょっとおつまみ


045火であぶってるのは、スルメ。


046お一つどうぞ!


047寒いから、夕食前にお風呂に入ろう。


048アウトサイドベースのお風呂は、温泉とは謳っていないけれども、明らかに温泉の臭いがします。


049本日の夕食は、あったかいお鍋。


050何?


051何だって?


052この日は、豚肉のお鍋でした。

コテージの中には、テレビなどはありません。

焚火もほどほどに、オヤスミナサイ。


2017.12.30


053おはようございます。


水が残ったまま、テーブルの上に忘れていたケトルは、凍ってます。


054今回宿泊したのは、4人定員のベッド・寝具付コテージL棟。


055一日目のキャンプ場は、空いてました。


056朝食前に、写真撮影。

道路から、キャンプ場へ入ってくる真っ直ぐな道。


057田中ケンさんがいらっしゃる、センターハウス。


058


059秋は綺麗そうだな。


060水道が、丸ごと凍っちゃってます。


061以前は無かったスラックライン。


062新しい遊具も出来ていました。


063短めのジップラインも。


064これは雲梯かな。


065今日も天気は良さそうです。


066薪をお願いすると、火付きの良い細い物や、火持ちが良い太い物を組み合わせてくれます。


068センターハウスの横が、トイレの入口。


067センターハウス脇から、キャンプ場の奥の方。



069ここも炊事場ですが、冬は閉鎖されています。


070ピザ釜。


071


072


073これは誰の足跡だっ?


0749時を過ぎて、ようやく朝食の準備。

早くスキー場に行くはずじゃなかったか?


075キャンプ場の朝の定番、ハムチーズホットサンド。


076食パンにバターを塗って、ハムとチーズを挟んで焼くだけなんですが・・・。


077同じ材料を使っているのに、作る人によって何故か微妙に味が違ったりします。


07811時過ぎて、ようやく二日目のスキー開始。

スキー場は今日も空いてて、バーンにはpapachan達だけ。


079昼飯早くねー。

ふーちゃんはカレーを食べてますが・・・。


080ふーちゃん以外は、あまりお腹が空いていません。


081午後の部開始~。


082誰かが転ぶ度に、俺はまだ一度も転んでないと自慢げに話すさや君。


083何度か危ないシーンも切り抜けていましたが、ついにその時が。


084イェーイ、転んでやんの。

「撮らないでーっ」と言われても、そうはいきません。


085いやぁ気持ちがイイねー。

パルコール嬬恋スキー場には、激しいバーンはありませんが、景色を楽しみながら、長い距離をゆったり滑るには、もってこいのスキー場だと思います。


086二日目のお風呂は、キャンプ場ではなく、温泉に入ることにしました。

ここは何度か来ている「かくれの湯」。

かくれの湯の記事はこちらとか、コチラで。


087キャンプ場に戻ってきました。


088今日の夕食も、豚肉を使ったお鍋ですが、昨日とはちょっと違います。


089今日はご飯も炊いて。


090お鍋にすると、部屋の中も暖かくなるんです。


2017.12.31


091おはようございます、大晦日の朝です。



092いつもより早いですが、うどんを食べて東京に帰りますかぁ


093帰る途中、初めて入った寄居PAは、ちょっとお洒落なPAでした。


094南フランス プロバンスの街並みを模した、素敵な雰囲気で、PAとは思えません。


095折角の雰囲気なので、ランチはこちらのレストラン「ル・プチ・プランス」で食べることにしました。


096レストランの中も、PAとは思えない雰囲気。


097ここだけ見たら、都内のレストランみたいです。


098


099メニューも、PAの定番とはかけ離れています。


100


101ママは、豚肉のコンフィ シュークルート添え。


102papachanは、メバルのポワレ アンチョビソース。


103さや君とふーちゃんは、ワタリガニのトマトクリームパスタ。

どれも美味しくいただいて帰ってきました。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

 このページのTOPへ    HOME


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.