3284911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

キャンピカ富士ぐりんぱ

キャンピカ富士ぐりんぱ

2008.6.28-29


公式HPhttp://www.campica.jp/grinpa/index.html
所在地静岡県裾野市須山字藤原2427(地図)



今回はさや君のお誕生日キャンプです。

ゴーオンジャーのようなトレーラーでのお泊まりも考えていたのですが、さや君のリクエストはウルトラマンパーク

キャンピカ富士ぐりんぱにも、トレーラーはあるのですがちょっとスタイルが違っています。

ぎりぎりまで決めかねていましたが、結局主役の言う通りにしました。

パークでの遊びをメインにするのと、天気予報が良くなかったため、テントではなくコテージ利用にしました。

せっかく遊ぶ気満々で行ったのですが、ぐりんぱに入場した途端雨が降り出し、寒くなり始めたので早めにキャンプ場に向かうことになってしまいました。

天気が良ければ、目の前に大きな富士山を望めたはずなのですが、今回はまったく見ることができませんでした。


☆ 画像は全て、クリックするとフォト蔵へのリンクで、大きな画像でご覧いただけます ☆


名称未設定-2 名称未設定-1

名称未設定-1 名称未設定-2
                                                 ↑キャンプ場利用者は割引になりますよ!
DSC_2438 DSC_2439

DSC_2452 DSC_2468

DSC_2464 DSC_2513

DSC_2544

DSC_2486 DSC_2555↑↑↑ 7月中旬のオープンに向けて工事中です ↑↑↑

DSC_2554      DSC_2442
                   お許しください!!
DSC_2620


ぐりんぱの入場ゲートを右に見ながら駐車場を過ぎ、坂道を登っていくと、右側にこの看板が見えてきます。

それにしても天気が悪い!



DSC_2621


ここがゲストハウス、管理棟です。

正面側が受付、建物裏側は炊事場とトイレになっています、

正面に突き出た部分のみが受付で、建物の割にこじんまりしています。

売店も兼ねていて、食料品のほか、キャンプ用品なども用意されていますが、それほど品数が豊富な訳ではありません。

近くにスーパーもないので、御殿場市街に近い場所か裾野IC付近で買い物を済ませておくのが無難ですね。



DSC_2622


こちらはゲストハウスに隣接のお風呂棟です。

中央にコインランドリー、右側に男性用浴室とシャワールーム、左側に女性用シャワールーと浴室があります。


DSC_2623

コインランドリー室です。

洗濯機2台、乾燥機1台で数は少なめです。


DSC_2624
男性用シャワールームです。

料金を見てくるのを忘れちゃいました。

1室のみですので、これもサイト数からすると少なめでしょうか。

お風呂があるからいいのかな?



DSC_2625
男性用浴室の脱衣場です。

正面の窓を開けるとそこには……。

サイトがありました。

この場所はどうなんでしょう?

サイトマップで大体の場所を想像してください。



DSC_2627
男性用の浴槽です。

それほど大きくはありませんので、時間帯によっては混雑するかもしれません。

papachan達は早い時間に利用したので、空いていてお湯もきれいでした。

夕食後にもう一度行った時は、お湯の濁りが気になりました。

う~ん、やっぱり温泉に入りたい。



DSC_2629
ゲストハウス前に建てられたサイトマップです。

キャンプ場全体のレイアウトはこんな様子です。

富士山が目の前の場所柄、かなり広いイメージでいましたが、こうしてみるとサイト数はそれほど多くはないです。


DSC_2633
ここは、ゲストハウスの裏側にある、電源なしのFサイトです。

こちら側には、F3~8サイトが並びます。

このゲストハウス裏のFサイトがキャンプ場で一番高い場所にあります。

高規格キャンプ場の様相です。

ただ、車路をはさんで左側には、炊事場やお風呂棟がありますので場所によっては落ち着かないかもしれません。


DSC_2637


溶岩地帯ですので、水はけは悪くはないと思うのですが。

その分、ペグの効きがやや悪いのかもしれません。


DSC_2632
トレーラー群とF9~14サイトです。

ゲストハウスに近い場所で視線を気にするのであれば、こちらの方が良いかもしれません。

トレーラーも大きさの違う2種類があります。


DSC_2631
これがセットアップテントサイトです。

ゲストハウスからAサイトへの斜面に、段々状に配置されています。


下に見えるのが電源付Aサイトです。


DSC_2638
このようにデッキが設置されていて、予約があった場合のみテントが張られるようです。

セットされていたのはコールマンのテントでした。

遊びメインで設営撤去に時間をかけたくない場合や、雨の撤収を避けたい場合はこちらが便利かもしれません。


DSC_2635
ゲストハウス裏にある炊事場です。

中心にシンクを集め、周囲にはかまどを配置しています。

お湯の出るシンクもいくつかあります。

ここを使うのは、ゲストハウス裏のFサイトとセットアップテントサイトの方ですね。


DSC_2636
こちらはゲストハウス裏の男性用トイレです。

小×3、洋式×2できれいです。

女性用のほか男女の間に多目的トイレもあります。


DSC_2639
ここはコテージAエリアです。

コテージの名前が漢字になっているものは、このAエリアに配置されています。

Aエリアは車を横付できます。




DSC_2640
ここは、電源付Bサイトです。

3区画ですが、このキャンプ場では数少ない林間タイプのサイトです。


DSC_2641
ここが下にあるエリアの炊事場で、お湯は出ません。

2口しか無いので、明らかに数が足りていませんが、上の炊事場まで行く方が多いようで混雑はしていませんでした。

生ゴミは袋に入れてサイトへ持ち帰って…の案内があり、ビニール袋まで用意されているのですが、三角コーナーには大量の生ゴミが。

うどんを召上った方ですよ。


DSC_2643
炊事場の横にトイレが設置されています。

洋式ではあるのですが、簡易型ですね。

目隠しがあるため、ドア前のスペースが狭く、今回のように傘をさしていく場合は非常に使いにくいです。

中も狭く、雨の時などは汚く感じてしまいます。

この炊事場とトイレのすぐ向かい側に、トイレ併設の新しい炊事棟が建設中で、7月中旬には完成するようです。



DSC_2435
こちら側は道路を挟んで反対側にあるF15~19サイトとDサイトです。

このエリアには行っていないのですが、静かに過ごせるのではないでしょうか。

ぐりんぱ駐車場からは良く見えます。


DSC_2644
ここがpapachan達が利用したコテージBエリア。

Aサイトから少し下がった場所にあります。

コテージの名前がひらがなのものは、このBエリアに配置されています。

こちらのBエリアは、コテージに車を横付けするタイプではありません。

すぐ目の前(この写真のすぐ左側)に5棟分の駐車スペースが設けてあり、そこに車を止めることになります。

このエリアは、キャンプ場では一番低い位置になります。



DSC_2615
今回利用したのは「ろじ」というコテージです。

路地裏に人が集まるようなイメージで建てられているそうです。

こちらが玄関側です。


DSC_2612こちらが裏側にあたる場所で、ほかのコテージからの視線はほとんど気になりません。

ウッドデッキはあるのですが、屋根がないため天気の悪い日には役に立ちません。

これはキャンプ場HPの見取図では分からなかったこどでした。

土間半分に屋根がかかっていて、そちら側にはウッドテーブルとウッドチェアが置かれています。

これもHPの見取図には書かれていません



DSC_2617
室内全体の写真を撮り忘れてしまいましたが、基本的に空間と小さな収納があるだけです。

キッチンとトイレはなく、階段をちょっと上がって、Aサイトのトイレと炊事場を使うことになります。

設備として、冷暖房・マット×6・毛布×6・枕×6が置いてあります。

マットは1枚の厚さが10cmあるため、積み上げると結構な高さになり、子供達のいい遊び場になってしまいました。


DSC_2619

この道路は行き止まりになっていて、自分たちの荷物の積み降ろし以外、他の車は入って来ませんでした。

↓↓↓ができると、そこに宿泊する方の車が通ることになるかもしれません。

雨はまだそれほどひどくないのですが、ガスってくると何も見えなくなります。



DSC_2707

まだ工事中だった、シルバニアコテージ

7月18日オープンのようで、予約も受け付けているそうです。

コテージの中では、ここだけキッチンとトイレが付いているそうですゾ。

趣味の方急げ~っ!

うちは男3人なんで、一生縁がないと思いますが…。


DSC_2658
さ~て今日の夕食は

イカ串2種、焼きトウモロコシ他。

トウモロコシは、皮?を剥かずに焼くと美味しくできますよ。

香ばしさが欲しいときは、出来上がってから皮を剥いて、ちょっとお醤油をつけたら、あぶる程度でOK。


DSC_2659
ダッチオーブンではこれを揚げていました。

圧力釜?なんですかねー。

子供たちに人気です。

もちろん大人にも!


DSC_2662
そしてpapachanが好きなエビフライ。

高いので外食で食べることはありません。

家でもですが…。

今回はチキンを揚げるというどさくさで、買い物カゴへ入れときました。



DSC_2663


DSC_2673
山崎製菓というお店で買ってきたお誕生日ケーキ!

和菓子も作っているそうで、洋菓子の飾りに和の雰囲気が。


DSC_2674
ふーちゃんが”たんたんたんじょおび~”とお誕生日の歌を唄ってくれました。

主役でとても嬉しそうなさや君!

そして視線の先にはあるものが…。


DSC_2684
いつも取り合いになる、ケーキの上のチョコでできたプレートでした。

何故かみんなこれが食べたいんです。

今日はお兄ちゃんの采配で、お兄ちゃんとふーちゃんは少しづつかじらせてもらいます。

残りの大きいのをさや君がもらえるのですが、待ちきれない!


DSC_2691
いよいよ最大の楽しみ、プレゼントはこれだーっ!

欲しかったゴーオンジャー。

最近のおもちゃはスゴイ。

コレだけあってもちゃんと合体するんです。


DSC_2703
ひとしきりプレゼントのおもちゃで遊び、みんなが寝静まった頃…。

ママも寝ちゃったんで一人で焚き火です。


雨はやみませんねー。

やむはず無いって、これからが本降りだからね。


DSC_2705
そして朝起きてみたら。

あーあ、念のため寄せてはおいたんだけど、出しておいた荷物がびしょびしょでした。

こんなに吹き込んじゃってるもんねー。

屋根が高いから、結構入ってきちゃいます。


DSC_2706
昨日のようなガスっぽさはなくなりましたが、雨はしっかり降ってます。

「ろじ」から駐車場まではこの位の距離ですが

結構濡れますよー。

雨の日は車は横付けに限ります。

この雨の中、あの炊事場へ食器を洗いに行くのも気が進まないので早々に撤収することにしました。




名称未設定-1
帰りに寄った御胎内温泉

値段を知らずに行ってみたのですが、正直高い!

早い時間に行ってしまったこともありますが、1日料金なので入浴だけでは割高です。

この近くのキャンプ場を利用すると、ここに来ることになりそうですが、6時過ぎに来ても大人700円はやっぱりちと高いゾ。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ



 このページのTOPへ     2008年キャンプ場        HOME    


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.