3197196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

フォレストパーティ峰山

フォレストパーティ峰山

2009.1.11sun-12mon


公式HPhttp://forest-party.info/
所在地千葉県君津市大岩445-5(地図)




お正月休みが終わってすぐの3連休。

折角のお休みが勿体ないので、2日間だけフォレストパーティ峰山に出かけてきました。

ここに決めたのは、以前から行ってみたかったこともそうですが、激安だったこと!

期間限定で、冷蔵庫・寝具・ストーブ付きのファミリーバンガローが2995円/1人、部屋だけのバンガローだとなんと1995円です。

今回はお気楽にファミリーバンガローにしました。

予約はすっかりお決まり?の当日朝!

ふーちゃんと二人の予定だったんですが、さや君も当日になって参加決定です。

お兄ちゃんは高校サッカー観戦、ママは体調不良のため、またしても3人でのキャンプになりました。

mine000-1 mine000-2



☆ 画像は全て、クリックするとフォト蔵へのリンクで、大きな画像でご覧いただけます ☆

 2009.1.11


mine001
予約の電話をしたのが10時過ぎ。

それから簡単に準備をしてゆっくり出発。

途中で買い物をしたらいい時間になりました。



いつも気になるこの辺りの山の風景。


mine002

ここも気になるスポットの一つです!


mine003
この橋へ向かう曲がり角はちょっと分かりにくいです。

一応看板が出ていますが「エッ、ここ?」という感じで一度通り過ぎてしまいました。

曲がってからもとても狭く、道路のような人の家のような…

若干不安を感じながら進んでいくとこの橋に行き着きます。


看板にあるように、ここで必ず電話をしましょう。

進むかその場で待機か、これも必ずオーナーさんの指示に従いましょう。



mine004
ここからが、フォレストパーティ峰山の名物の一つ、「タイムトンネル」です。

トンネルがあるわけじゃないですよ。


mine005
早速橋を渡ってスタート。

ここまでの細い道が、この先の道の細さを感じさせます。


mine006
所々に、このような看板が建てられています。

道は、狭いだけの所もあれば、急こう配や急カーブと多彩です!!

焦らず安全第一で行きましょう。


mine007
ここは丁度三角形の頂点の部分を、車が通れる幅だけ切り落として道にしたような場所です。

分かりにくいですが、道路の左右とも急な崖で、よくここに道を作ったなって感じです。

木の葉が落ちたこの時期は、はるか下に湖も見えちゃいますヨ。


papachanは、東北の秘湯へ向う時に、こんな感じの道は何度か経験していますが、車が腹を擦る音の方が気になっちゃいます。



mine008
受付棟が見える場所に来ると、そこにオーナーさんが待っていてくれました。

車から降りるなり「凄い道でしょ!」と出迎えてくれました。

こんな道だからこそ皆さん慎重に運転されるようで、大きな事故はまだ一度も起きていないそうです。


mine009
受付を済ませて、ファミリーバンガローに向かいます。

ここから右上に登って行くんですが、この坂がまた急だったりするんです!


mine011
今回利用したのは、ファミリーバンガローC。

バンガローは斜面にへばりつくように建っていて、ほとんどの場所が車を横付けできません。

受付棟から少し登った駐車場に車を停めて荷物を運びます。

場所にもよりますが、大した距離じゃありません。


mine010
受付をすると、この二つのバケツを渡されます。

生ゴミ用と灰用で、その他のごみは持ち帰りになります。



mine013
中はこんな感じでかなり広いです。

小さめのテーブルと、寒い時期はストーブが置かれています。


mine014
入ってすぐの靴置場の隅に、これも小さめの冷蔵庫もあります。


mine015
ファミリーバンガローは布団も完備!


mine012
玄関とは反対側のドアを開けると、専用の庭のようになっていて炉も設置されています。


mine016
玄関前の様子。

通路は細く、斜面なので階段になってます。

中央奥の赤い屋根の場所に、炊事棟とトイレ棟が併設されています。


mine017
↑の写真の併設されたトイレ・炊事棟がここ。

バンガローに囲まれた中央にあります。

左側がトイレ、右側が炊事場になっています。



mine018
それほど広くはありませんが

ちゃんと洋式もあります!


mine019


mine020
こちらは炊事場、お湯も出ます。

他にも独立した炊事棟がありますが、そちらはお湯が出ないそうです。


mine021
ここは山頂展望台。

下はオーナーさんのお住まいになってるみたいです。


mine022
展望台の番人?「クッキー」

とても人懐っこくて、展望台に登ろうとすると、尻尾を振って喜んで近づいてきました。


mine023
展望台の下で、こんな美味しそうなものも栽培されてました。


mine024
展望台で、はいポーズ!

眺めがいいですよ!


mine025
途中の道からも見えた三島湖。


mine026


mine027
はるか彼方に、東京も見えました。

天気が良ければ、富士山も見えるそうです。

この日は午後から雲が多くなり、残念ながら見ることができませんでした。


mine028
山の上に見えるのは、マザー牧場! 

…だと思いますが…


mine029
頂上から続く細い道

近道なんですが、まっすぐ行ってしまうと…

落ちちゃいます。


mine030
安全なのはやっぱりこっちの道。

ですが、かなりの急坂です。


mine031
下から見ると、急坂なのが良く分かります。


この急坂の雰囲気、どこかで見たような??

オートキャンプ場志駒によく似ています。


mine032

おーい、走ると止まれなくなるぞー!


mine033
ここはシャワー室。

中は見られませんでした。


mine034


mine035
ここは、受付棟から少し下った所にある「みんなの砦」

手作りの遊具があります。



mine036


mine037
ここはオートキャンプのエリア。

受付棟から駐車場の下あたりに広がります。


mine038
サイトを少し離れるとこんな場所も。

ロープの先は…

やっぱり落ちていきます。


mine039
ウロウロしている間に、日が暮れてきました。

夕陽がとても綺麗でした。


mine040


mine041
東京の夜景はこんな風に見えました。

結構明るく見えます。


mine042
日が暮れると、やはり急に冷えてきますので、バンガローに戻りましょう。


戻る途中、駐車場にあった他の車がなくなっていました。

さっきまでバーベキューを楽しんでいたファミリーがいたんですが?

お風呂にでも出掛けたんでしょうか?




mine043
バンガローに戻ってからの遊びは…


mine044
お兄ちゃんのおさがりのラジコンです。


mine045
その間にpapachanはご飯炊き!

実は、papachanは初めてこいつでご飯を炊きます。

いつもはママがやっているもんで!


失敗すると、今日の夕食がなくなるところですが…



mine046
大成功でした!


今回のカレーは、みんなレトルトです。

papachanは激辛なんで、こどもたちと同じ鍋で作れないんです。


mine047
食事の後は焚き火です。

この時の薪の購入は自己申告制でした。

受付棟に行ってホワイトボードに名前と数量を記入、その分だけ薪を持ち帰り、チェックアウト時に支払いをします。


mine048
寒いからどんどん燃やしていいよ~!


mine049


mine050
たき火が終わると、みんなですぐに眠ってしまいました。

9時位じゃなかったでしょうか。

こども達にとっては普通の時間ですが、papachanにとってはかなり早い時間です。

キャンプ場に来る前にワインを買ってきていたんですが、食事のときに2杯位飲んだだけで、ほとんど残りました。

実に健康的!!


mine051
早寝遅起?

ゆっくり眠れました。


mine052
夜も寒いですが、朝も寒い!

10畳+αの部屋の広さは、このストーブ一つではちょっと足りないです。

念のため持参した、イワタニカセットヒーターCB-8をつけてもまだ寒い!

二人ともストーブの傍から離れません。


mine053
今日の朝食は、家から持ってきたラーメン。

あったまるよ~。


mine054
後ろにちょっと写ってるのはワンセグ。

なんとか2チャンネル受信できました。


mine055
朝起きた時は青空だったんですが、後片付けをしているうちに、みるみる雲行きが怪しくなり、風も強く吹き始めました。


帰りもタイムトンネルですよー。


mine056
正にその通りです!




mine057

ねっ、急こう配の急カーブでしょっ!


ここでも、ゴリゴリっと嫌な音が…


mine058
ハイ、肝に銘じます。


どこかの公園で遊んで帰ろうかとも思ったんですが、雨が降り始めてしまったので温泉に予定変更。


mine059
ここは小糸川温泉。

亀山ダムのバスフィッシングの拠点として、以前一度ママと二人でここに宿泊したことがあるんです。

「老人保養センター」の看板もありますが、問題なく利用できます!


mine060
温泉は、千葉らしい黒いお湯です。

温泉は浴槽に注がれていませんが、その代りに水道の蛇口が2口あります。

蛇口からは源泉そのままと、加温された源泉が出てくるので、混ぜて適温にします。

ここのお湯もなかなかいいですよ。


mine061
大きな浴槽のほか、小さな浴槽もありますがここは空でした。

以前宿泊した時も確か空だったような気がします。

大きい浴槽一つで事足りるということなんでしょう。


mine062
下が見えない黒湯は、ふーちゃんにとっては最初はちょっと怖いんです。

でも、入って普通の温泉とわかっちゃえば全然OK!


さや君は、ゆっくり温泉で温まったら、急にママが恋しくなったようで「早く帰ろう」だって。

何じゃそりゃ!


mine000-3 mine000-4



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

 このページのTOPへ     2009年キャンプ場        HOME    


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.