3199436 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

亀山湖オートキャンプ場

亀山湖オートキャンプ場

2009.4.11-12


公式HPhttp://www.geocities.jp/rkssk341/
所在地千葉県君津市折木沢字湯の川1306(地図)


今回は、初めてのpapachanだけのソロキャンプ!

予約は、最近すっかり当たり前になった当日朝!

「混んでますか~」と尋ねたところ、「GW前だし大したことないよ~」と

それならということでお願いして、のんびり出発しました

この日は風が強かったんですが、とても天気が良く暑い位でした!


☆ 画像は全て、クリックするとフォト蔵へのリンクで、大きな画像でご覧いただけます ☆

 2009.4.11

kame001
交通情報では京葉道路が一部渋滞していたので、


利用しやすくなったアクアラインで行くことにしました

間もなくレインボーブリッジ!


kame002
レインボーブリッジ通過中

交通量も少なく走り安かったです


kame003
アクアラインに入ってきました

神奈川県側はトンネルなので、景色は楽しめません


kame004
早い時間じゃないんですが

全然空いてますね~


kame005
トンネルを出るとそこは「海ほたる」

アクアラインの渋滞は大体ここが原因ですが

この日は全く渋滞なし


ここからは海の上を走る爽快ドライブ!

景色がいいので事故に注意!!


kame006
アクアラインは3度目の利用ですが

空いていれば早いこと早いこと!

あっという間に小櫃に到着します


ホウリーウッズ久留里キャンプ村の時にも寄った

JAきみつの味楽囲で新鮮野菜の買い出し


kame007
すぐ後ろの田んぼには、もう水が入ってました

カエルの声も賑やかです


kame008
この辺りの風景、なんか懐かしくて好きですね~

papachanが小3まで住んでいた場所は

田んぼが沢山あった所

田んぼが遊び場でしたから!


kame009
道路のすぐ近くを、素朴なJR久留里線が併走する場所も多いです

時間が合えば、タンデム走行も!


kame010
おっ、桜もまだ残ってそうです


kame011
久留里の街に入ると目に付くのがコレ


kame012
野菜以外の買い物はここ、スーパー吉田屋

久留里駅のすぐそばです(地図

イレブンオートキャンプパーク

かずさオートキャンプ場

ホウリーウッズ久留里キャンプ村

に行く時はここが便利ですね


kame013
ビールも買ったし! いざキャンプ場へ

ところで、うちのナビ違う場所を案内してくれてます

グーグルマップでも「亀山湖オートキャンプ場」

で検索するとこの場所がHITします

他の色々なサイトでも

この場所と記しているのを随分見かけます


分かっていたので、間違えませんでしたが…

ナビを頼りに出掛ける方は注意してください!

メーカにもよるかもしれませんが?


kame014
本当のキャンプ場はここから

ちゃんと看板が出てます

おりきさわボートを目指してもいいかも!


kame015
ここは間違わずに左へ

右へ行くと、デイキャンプのみの

長崎キャンプ場へ行っちゃいます


kame016
桜がきれいに咲いてますね~


kame017
亀山湖が見えてきました

ここがおりきさわボートです

papachanはバスフィッシングで見慣れてますが

すごい崖ですヨ


kame018
湖にかかる橋をどんどん進んでいきます


kame019
ヤギがご挨拶?


kame020
桜吹雪!

ここから先は一般車両は入れません

この辺りは黒滝渓谷ハイキングの駐車スペースにもなってます

キャンプ場入り口はすぐ左、キャンプ場は正面上の辺りです


kame021
駐車スペースの脇がキャンプ場入口


kame022
この急坂を登っていきます

千葉のキャンプ場は、急坂が多いですねー

オートキャンプ場志駒フォレストパーティ峰山もそうでした


kame023
ここが管理棟です


朝の電話予約のときに言った到着時間よりちょっと早かったので、

名前を告げると「おっ早いじゃん!」とオーナーさん


「今日はこれで最後だから好きなとこいいよ~」と

予約時の「大したことないよ~」はpapachan含めて3組でした!



kame024
建物前のテーブルには、こんなかわいらしい手作りの飾りが


kame025
販売品は必要最小限!


kame026
そのまま車を置かせてもらって歩いて場内へ

マップを見ながら、サイト選びを兼ねて場内観察


管理棟はサイト8の辺りに新しく建てられてようです


kame027
左手に上のサイト、直進すると下のサイトへ


kame028
管理棟の裏手にあるシャワー・トイレ棟

向かって正面がシャワールーム


kame029
左側が女子用トイレ


kame030
そして右側が男性用


kame031
耳寄り情報!


kame032
シャワールームは嬉しい無料です


kame033
炊事場です

奥には洗濯機も


kame034
反対側にもシンクがあります


kame035
シャワー・トイレ棟横のフリースペース

炉もテーブルも無料です


kame036
プレイルーム

テントの佇まい?


kame037
ちょっとしたおもちゃも置かれています


kame038
入口脇に”オタマ”の看板!

オタマジャクシがいるんです


kame039
こども広場の遊具


kame040
手作り感満載です


kame041
管理棟もある上のサイト

開けていて、日当たりも良さそうです


kame042
手前からサイト1~7

隣のサイトとの間には何もありません


kame043
手前からサイト10~14

こちらは隣のサイトとの間に小さな木が植えられています


サイト8に新しい管理棟が建っているので、すぐ脇の9は使っていないようです


kame044
下のサイトには所々桜が咲いていました

車のある辺りから奥に向かってサイト15~


kame045
サイト18~20


kame046
下のサイト左奥からシャワー・トイレ棟方向


kame047
手前からサイト24~22


kame048
手前からサイト21~18方向


kame049
手前からサイト27~25

この辺は桜の下に設営する感じになりますが

地面は砂利、他に比べるとかなり狭い感じです


kame050
大分散ってしまっていますが、桜が綺麗でした


kame051
下のサイト左奥にある釣堀

二つあります


kame052
浅く底が見えてます

大きな鯉が泳いでいました


kame053
下のサイト右側の全景


kame055
サイト29~奥のサイト


kame056
サイト33のあたり

この辺りから奥は芝がなくなり小砂利になります


kame057
下のサイト右側の中央のサイト

サイト36~41方向


kame058
下のサイト右側44~49方向


kame059
今回のサイトは?

上のサイトも広々として良かったんですが、既に設営されていた方達が賑やかになりそうな雰囲気があったんでパス

下のサイト左側奥も良かったんですが、上のサイトの方の下側になるのと、15~17辺りに設営していたグループがいたので遠慮しておきました

結局誰もいない下のサイト右側39・40の辺りを使わせていただきました


kame060
今回はソロなので

ロゴスクイックスクリーン3030


kame061
中にムーンライト3のインナーのみを入れてます


このサイトのすぐそばに照明があったんで、オーナーさんに電気がつくか聞いてみたところ

「電源入れとくから自分でスイッチ入れて!」と

「点けなくてもいいですか?」と聞いてみると

不思議そうな顔で「それで良ければ別にかまわないよ」と

こども達もいないし、せっかくですから暗い雰囲気を味わいたかったんです!


kame062
スクリーンの中は、ムーンライト3を入れてもこれだけスペースがあります

ソロなんで、十分な広さです


kame063
サイト35と42の間の少し奥には

ザリガニ池!

なんですが姿が見えなかった


kame064
サイト42・50の後ろ側には自生するクレソンが

「美味しいから食べてもいいし、持って帰ってもいいよ」と


kame065
papachanのテント入口正面に1本だけ桜の木があって

ここも綺麗に咲いてました


kame066
場内には桜よりもモミジの木が沢山ありました

大きなものからサイト間に植えられた小さなものまで

これらが紅葉するときっと綺麗だと思います

「紅葉の季節は混みますか?」と尋ねると

またしても「いや~大したことないよ」と!

さすがに3組ってことはないですよね~

例年、12月1週目頃が良いそうなので、その時期にぜひ行ってみたいです


kame067
コレ、鹿のウ○コ!

新旧大小と結構たくさん落ちてます

この辺は鹿がとても多いそうです

人の気配がなければほぼ毎日来るそうです

オーナーさんから鹿との遭遇の話を伺いました!


kame068
キャンプ場入口の奥は東京大学千葉演習林

「時間があったら歩いてみたら」とオーナーさんもお勧め

この日は偶然一般公開日だったため、普段は入れない場所まで歩いていけました


kame069
キャンプ場入口そばには河原に下りられる場所もありました


kame070
水量が少なく流れもあまりないのでコケが生えちゃってます

水自体は綺麗なはずなんですが…

汚らしく見えちゃうのが残念です


kame071


kame072
歩いた時間が良かったみたいで

新緑が陽の光を浴びて緑が映えてとても綺麗でした


kame073
紅葉も綺麗だと思いますが

この時期の緑もなかなかイケます!


kame074
遊歩道は、途中まで舗装されているので歩き安いですね


kame075


kame076


kame077
黒滝手前のトンネル

ここを抜けると黒滝が見えてきます


kame078
舗装はされてますが、暗く足元は濡れているのでここは要注意!


kame079
トンネルを抜けると右側に滝が見えてきます

どれが黒滝? 総称か?


kame080
水量が少ないのでドカンと1本ではなく

細いのが何本か流れてます


kame081


kame082


kame083
一般公開は午後4時まで

歩き始めた時間が少し遅かったので、この少し先でUターンです

途中から関係車両数台がずっとpapachanの後ろを徐行してました

一番最後になっちゃたみたいでした!


kame084


kame085
キャンプ場に戻って

シュラフ用意したら風呂に行こうかな~と用意し始めた時

忘れものに気が付きました


インナーマット忘れた…

芝生だからいいか!


kame086
温泉に行く途中

おーっ、気になるキャンプ場の名が

どっちも行ってみたい!


kame087
やって来たのは七里川温泉

千葉では珍しい硫黄泉です

実は随分前、この宿にも宿泊したことがあるんです

当時は、あまり知られていない温泉だったんですが


kame088
少しリニューアルしたようです

旅情報のTVにも出てました


kame089
有名なのは玄関を入ってすぐ目の前にあるこの囲炉裏

お客さんが好きな食材を持ち込んで、焼いて食べてます


kame090
papachanはこっちが目的なんで


kame091
素っ気ない感じがイイ!


kame092
硫黄泉て言うと、あの臭いが充満して苦手って人もいるかもしれませんが

ここは全く臭いません

本当に硫黄泉?

って感じですが…


kame093
注ぎ口に鼻を近付けると

ちゃんと臭います

口に含んでみてももちろん!


kame094
露天風呂もできてましたがお湯が違うような?

湯温を測りに来た宿の方に聞いてみるとやはり山の水を使っているそうですが…


kame095
注ぎ口には温泉成分が…

それでも温泉とは言ってないそうです


kame096
露天風呂からは、棚田の風景が見えました


kame097


kame098
キャンプ場に戻る頃にはうす暗くなってきました

日中はとても暑く、半袖で十分でしたが…

夜に備えて薪を購入!

丸くまとめてあるのは良く見ますが

土のう袋にごっそり詰め込んであります


kame099


kame101
今日の夕食はみそラーメン!

昔のみそラーメンは、底に挽肉とコーンが沈んでましたね~


kame100
インスタントで寂しいので

途中の味楽囲で買った野菜を沢山入れます


kame102
スープが熱くなるまで暫く待ったら


kame103
できました!

う~ん色気がない!


kame104
焚き火をしながらの夕食の後は

早めに寝ます!


 2009.4.12


kame105
お早うございます


昨日キャンプ場のすぐ傍で、サルがウロウロしていたので気にしていたんですが

夜にサイトを荒らされることもなくゆっくり休めました


kame106
朝食も簡単にうどんです

また麺類かよ!


kame107
モスラ?


kame108
昨日のみそラーメンにモヤシを入れるのをすっかり忘れてました

仕方なくうどんに…

うどんにモヤシ?


kame109


kame110
のんびり撤収の後は、すぐ近くの長崎キャンプ場を見に行きました

途中の分岐をキャンプ場とは逆方向へ行くと長崎キャンプ場です

ここはデイキャンプ専用です


kame111


kame112
桜もまだ少し残っていましたが

この日の利用者はいないようでした

それとも時間がちょっと早かったかな?


kame113
せっかく亀山ダムの近くでのソロキャンプなので

久々にバスフィッシングを!


kame114
ボートのレンタルは、なじみのよりとも


kame115
今回はキャンプがメインなので

ボートのほか、エレキとバッテリーもレンタルで!

釣果は ……


kame116
帰りはまた味楽囲でお土産を

行きの買物で気になっていた小糸在来大粒納豆


kame117
これだけお買い上げ!


kame118
さぁ、帰りもアクアラインでス~イスイ

と思ったら…


あり得ない数字が…

ここへ突入する勇気はありませんでした!


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

 このページのTOPへ     2009年キャンプ場        HOME    


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.