3279634 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

上永野キャンプ場

アウトドア&スポーツ ナチュラム


上永野キャンプ場

2014.8.2-2014.8.3


公式HPなし
所在地栃木県鹿沼市上永野1403 (地図)



今回のキャンプは、さや君が参加したサッカー都市交流を観戦するため

その宿泊地として利用したキャンプ場です

交流会場のグラウンドにできるだけ近い場所という条件で選んだのが

この上永野キャンプ場

予約は前日のお昼でしたが、事情を説明し午前中に設営させてもらえないかお願いすると

そうしてもらった方が都合が良いとのこと

キャンプ場の都合は???でしたが

お言葉に甘えて、さや君を見送った後ふーちゃんと2人で出発です



☆ 画像は全て、クリックするとフォト蔵へのリンクで、大きな画像でご覧いただけます ☆



 2014.8.2


上永野キャンプ場001東北自動車道の栃木ICを降りたら

標識の出流・上永野・粟野方面へ

最終的には、上永野の標識に従って進んでいきます

キャンプ場へ車で乗り入れるためには

ここを左折しなければ辿り着けませんが

看板などありませんので、この景色を覚えましょう


上永野キャンプ場002見逃してしまっても

少し走れば、このキャンプ場の看板が見えてきます

が、ここまで来たら行き過ぎですね~

少し戻りましょう


上永野キャンプ場003場所を間違えずに左折すると

立派な蔵が見えてきますので、このまま進みます


上永野キャンプ場004立派な蔵を通り過ぎると、すぐに道路はダートになります

左側にお墓なんかが見えてきますが、ビビらずに直進です

途中、道路を横切るように水の流れた跡が深い溝になってますので

papachanのように車高の低い車は要注意ですよ~

ガツン、ゴンという音に冷や汗をかきながら慎重に進むと

この看板で、道が間違っていないことにちょっと安心します


上永野キャンプ場005キャンプ場とうちゃーーく!

で、いきなり設営完了です

テントも車もどこでもいいよ~と管理人さん

この辺りが日陰になるからいいんじゃないと

教えていただいた場所にそのまま設営しました


上永野キャンプ場006さっ、場内探検

正面の下り坂が、車でキャンプ場へ向かう道路です

右側は倉庫?、管理棟は左側です


上永野キャンプ場007ここが管理棟です

管理人さんのお住まいも兼ねている感じです


上永野キャンプ場008このガラスの向こうには、そば打ち場がありました

釣り堀メニューとお食事メニュー

生ビールなんて魅力的なメニューも


上永野キャンプ場009管理棟前の釣り堀

魚が丸見え、イワナ・ヤマメ・ニジマスが泳いでます

人が近づくと一応逃げますが・・・

餌を放り込んだら、爆釣の予感(*_*;

釣り過ぎ注意!になりそうです


上永野キャンプ場010ここは、上永野キャンプ場名物

川を眺めながらバーベキューができます

川下側から上流側の眺め


上永野キャンプ場011こっちは、下流側の眺めです

バーベキューをしながら

川で遊ぶ子ども達も見守れます


上永野キャンプ場012一番上流側はお座敷になっていて

ここが一番の特等席でしょうか

まるで川床の雰囲気です


上永野キャンプ場013川から見るとこんな感じになってます


上永野キャンプ場014釣り堀で釣らなくても

ここで魚を焼いてくれそうです


上永野キャンプ場015焼き場の横にある炊事場


上永野キャンプ場016忙しいときは、焼き場専用なのかもしれませんが

またしても、「適当に使って~」と管理人さん

papachanは、ここを使わせていただきました


上永野キャンプ場017ちょっと引いた画です

正面が、キャンプ場へ車で入ってくる道路

真っ直ぐ進んでくると、こんな広場みたいになってます


上永野キャンプ場018別角度から

車の前方にあるのは

サイト中央の炊事場とバーベキュー場


上永野キャンプ場019写真左側の木の辺りから

左へ向かうとトイレがあります


上永野キャンプ場020木と木の間を進むと


上永野キャンプ場021この奥がトイレです


上永野キャンプ場022手前に男性用

仕切りや目隠しはありません


上永野キャンプ場023その奥が洋式トイレ


上永野キャンプ場024さて、サイトに戻って

ここが、先程のサイト中央にある炊事場とバーべキュー場


上永野キャンプ場025大きなシンクの、ごくシンプルなもの

残念ながらお湯は出ません


上永野キャンプ場026その炊事場から更に奥の方を眺めると

また、広場のようになっています


上永野キャンプ場027papacahanが設営したのは入口側の広場で

こっちは、奥の方の広場

一番奥には、ステージがあります


上永野キャンプ場028そのステージ前から、入口方向の画

上から見ると、広場が二つ並んで

8の字のようになってる感じでしょうか


上永野キャンプ場029キャンプ場にはサイトの他

バンガローもあります


上永野キャンプ場030こんな感じのバンガローが

3棟並んで建ってます


上永野キャンプ場031ちょっと中を見せてもらいました


上永野キャンプ場032まだお湯は入っていませんが

管理棟脇にあるのが、この露天風呂です(^。^)y-.。o○

正しくは、露天風呂しかありません!

しかもここ一つだけです

なので、家族風呂として入るか?

グループなら、男女に分かれて入るか??

双方協議のうえ混浴なんてのも(*^_^*)

お湯がいっぱいになるまで、2時間位かかるそうです


上永野キャンプ場033奥にすり鉢状の部分がありますが

ここは一人用です

こっちは15分位でお湯がいっぱいになるそうです


上永野キャンプ場034最初は気付かなかったんですが

管理棟奥にもトイレがありました

男性用は、懐かしいタイプ


上永野キャンプ場035隣に、和式と洋式が一つづつ


上永野キャンプ場036洋式は、失礼ながら

驚きのウォシュレットタイプです


上永野キャンプ場038さて、設営も終わったし

さや君達のゲームは午後からなので

ふーちゃんに誘われて、川へ水遊びに

川へは、奥に見える赤いパイロンの方へ向かいます


上永野キャンプ場039その場所からちょっと振り返って見ると

こんな感じです


上永野キャンプ場044そのすぐ先に吊り橋があって

吊り橋の際から川へ降りられます


上永野キャンプ場058早速やってますね~


上永野キャンプ場045所々にやや深みがありますが

この辺りは全体的に流れは緩く、浅くなってます

手前が上流側です


上永野キャンプ場046川岸が無くなるあたりから

流れが少し早くなってます


上永野キャンプ場047この辺が流れの緩い場所


上永野キャンプ場048こっちが、少し流れの早くなる場所


上永野キャンプ場049どうだっ、気持ちいいか~っ!


上永野キャンプ場050もう少し下流に来ると

また流れが緩やかになりますが

ちょっと深い場所があります


上永野キャンプ場051


上永野キャンプ場052この辺は、魚が沢山泳いでるのが見えます


上永野キャンプ場053素手で捕まえるのは無理だぞ


上永野キャンプ場054気持ちよさそうですが

やっぱり川の水は冷たい(>_<)


上永野キャンプ場055自然のプールみたいですね~


上永野キャンプ場056この辺りの川は

石に苔が付いていて滑りやすいです


上永野キャンプ場057底が小砂利の場所は問題ないですが

小さめでも、岩に足を載せるときは

注意が必要ですね!


上永野キャンプ場037そろそろ昼食の時間

上永野は蕎麦が有名な地域です

周辺にも蕎麦屋さんが沢山ありましたが

キャンプ場で蕎麦をいただくことにしました

管理人さんの手打ちなので

3人前をお願いし、そばを打ち終わるまで

キャンプ場周辺の探検です


上永野キャンプ場040管理人さん手作りの吊り橋でしょうか

落ちることはないと思いますが

敷かれている板が、若干心許ない気がいたします(-_-;)


上永野キャンプ場041揺れも結構ありますね~

不安な方は、川を歩いて渡っちゃってください


上永野キャンプ場042揺れと、足もとに気を付けながら

無事渡りきりました

papachanも無事に渡れましたよ~^m^


上永野キャンプ場043最初に紹介した、キャンプ場への左折場所を通り過ぎて

少し進むと見えてくる、看板のある場所はここですが・・・

本日臨時休業?

お話を伺うと、今日は地元のお祭りがあって

管理人さんは午後から出かけてしまうそうです

午前中のチェックインの方が都合がいいというのは、それが理由でした

来週は、キャンプ場ライブも予定されてるようです

こじんまりとした野外フェスってところでしょうか


たろっぺ茶屋01吊り橋を渡って道路に出たら

下流方向に歩くとすぐにあるのが、このお蕎麦屋さん


たろっぺ茶屋02お蕎麦屋さんですが、たろっぺ茶屋

テレビでも紹介されたことがある

有名なお蕎麦屋さんみたいで

結構混むんだそうで・・・


フィッシングリゾート上永野01もう少し進むと見えてくるのが

上永野フィッシングリゾート

ルアー・フライ専用のフィールドです

ふーちゃんは「やりた~い」って何度も言ってたんですが

道具を持ってきてなかったので・・・


ロッジ古里巣上永野フィッシングリゾートには

ログハウスの、ロッジ古里巣という宿泊施設もあるみたいです


上永野キャンプ場059さっ、キャンプ場に戻ってきました

管理人さんに声を掛けて

お蕎麦ができるのを待ちます


上永野キャンプ場060うぇ~暑~い

papachanの足を枕に一休み


上永野キャンプ場061来ました来ました

最初に出てきたのは、お蕎麦と一緒に頼んでいた野菜のてんぷら

山に来たら、やっぱり野菜のてんぷら

エビなんかが出てくると、がっかりしちゃいます


上永野キャンプ場062ふーちゃんが気にいった、ジャガイモのてんぷら

ジャガイモだけおかわりした~いって位気にいったようです


上永野キャンプ場063いよいよお蕎麦も出来上がりました


上永野キャンプ場064ん~美味いっ!

わざわざ、混んでるお店に行かなくたって

美味い蕎麦が食べられます!


上永野キャンプ場065おいしいお蕎麦も食べられたし

そろそろグラウンドへと思ったんですが

高速道路の事故渋滞で、スケジュールが遅れてます

それを知ったふーちゃんは

「じゃぁ、もう1回川行こう!(^^)!」

第2部の開始


上永野キャンプ場066結構山の中まで来てますが

東京と変わらないくらい暑いぞっ・・・


上永野キャンプ場067川の水は冷たくって気持ちいいんですが

papachanは、なかなか腰まで入れません


上永野キャンプ場068「早く入れ~」と

ふーちゃんに急かされるんですが・・・


上永野キャンプ場069今日は、ふーちゃん一人で頑張ってもらい

papachanは膝までね


上永野キャンプ場070さ~て、そろそろさや君の所へ行きますか~


上永野キャンプ場071で、ただいま~、グラウンドもひどく暑かったですね~

6時近くになりますが、キャンプ場もまだまだ暑いっ

汗もかいたので、先にお風呂にと思ったんですが

papachan達が帰りの時間を告げずに出ていったので

お風呂の用意がまだ出来ていませんでした

小さい方でも結構ですと申し出たんですが

折角だから大きい方がいいでしょ~ってことで

先に夕食の準備


上永野キャンプ場072今日の夕食は

ふーちゃんのリクエストで焼き肉

お言葉に甘えて、バーベキュー場を使わせていただきました


上永野キャンプ場073管理人さんの奥様から

家で採れたやつだから食べて~と

差し入れをいただきました(_ _)


上永野キャンプ場074さっ、もうすぐ焼き始めるぞ~

焼くのが忙しくて、この後の写真は無しね

頂いた野菜も美味しくいただきました~\(^o^)/


上永野キャンプ場075食べ終わった頃

丁度お風呂の用意もできました

今日はpapachan達だけみたいなので

看板はこのまま


上永野キャンプ場076露天風呂は、ふーちゃんと二人で入っても広々

とても気持ちのいいお風呂です


上永野キャンプ場077温泉ではないんですが、かけ流し

沸かしたお湯をどんどん入れてくれてるようです


上永野キャンプ場078静かなので、ふーちゃんは少し怖くって

なんだか周りが気になります


上永野キャンプ場079お風呂の後は、花火タイム

さや君がいないので、取り合いにならず

1人で贅沢に!

ビールもそこそこに、ふーちゃんと一緒におやすみなさい


 2014.8.3


上永野キャンプ場080おはようございます

papachan達が寝た後に

管理人さんが車で帰ってくる音が聞こえたんですが

その他にも人がいて、設営しているような音が聞こえていました

朝起きてみると

その方たちは、川床の上に設営していました


上永野キャンプ場081さて、片付けをしながら朝食を

ふーちゃんの希望で朝ラー

papachanは冷たいラーメンにしようって言ったんですが・・・


上永野キャンプ場082ほら~朝から暑いんだから

冷たい方が良かったでしょ~


片付けが終わって、管理人さんにあいさつに行くと

あれ~っ、もう出発するの~?うちは何時でも構わないんだよ~と


グラウンドに行く予定があるのでと、お礼を言って出発


粕尾川01一度グラウンドに行って、さや君のゲームを観戦

次は午後の予定だったので、また川遊びに

今日は、思川の上流にあたる粕尾川にやってきました


粕尾川02キャンプ場の前よりも川幅も水量もあります

岩が滑るのはこの川も一緒


粕尾川03お弁当を広げても気持がよさそうです


粕尾川04ちょっと深い場所があったので

流れに身を任せて


粕尾川05少し流れていけばすぐ浅瀬に着くんですが

念のためライフジャケットを着ています


粕尾川観光やな001水遊びはお腹が空くので、そろそろお昼に

今日のお昼は、粕尾川観光やな

川遊びができる場所を探している時に見つけた小さなやなです

メニューもそれほど多くはありませんが


粕尾川観光やな002開放的なお座敷で

美味しい鮎料理が楽しめます


粕尾川観光やな003空いていれば、すぐ脇に川が流れる

雰囲気の良いこの辺りの席がお勧め

ここも川床や納涼床の雰囲気です


粕尾川観光やな004papachan達も、この川沿いの席に座らせてもらいました

座ったまま川面を見れば、沢山鮎が泳いでいるのが見えます


粕尾川観光やな005居酒屋さんでお馴染みの川エビ


粕尾川観光やな009川エビとくれば、ビールといきたいところですが

ノンアルコールで我慢


粕尾川観光やな006次に出てきたのが、鮎のから揚げ

揚げたてで熱々です


粕尾川観光やな010実は、鮎が食べた~いって言ったのはふーちゃん

さや君もふーちゃんも、元々イワナやヤマメ、鮎は大好きなんですが

鶴亀荘で食べた鮎がすごくおいしかったそうです

さぁ、お待ちかねの鮎だよ~


粕尾川観光やな007papachanは鮎定食で


粕尾川観光やな008本命が来ました~

papachanの鮎定食の2匹と

ふーちゃんの塩焼きが1匹

やや小ぶりな鮎でしたが、時期によって多少違うのかも

見るからに美味しそうな色に焼きあがってますね~


粕尾川観光やな011やっぱり鮎は美味しいですね~

雰囲気もいいし最高~

美味しい鮎を楽しんだら、またさや君の応援へ


前日光つつじの湯01さや君の応援が終わったら、後は帰るだけですが

その前にやっぱり温泉へ


前日光つつじの湯02山道を走ってやってきたのは

前日光つつじの湯交流館

もうちょっと鄙びた感じをを想像してたんですが

意外と立派でちょっとびっくり

駐車場にも車が多く、ライダーにも人気のようです


前日光つつじの湯03温泉にも入ったし

後は安全運転で帰りましょう


にほんブログ村 アウトドアブログへ


このページのTOPへ   HOME




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.