2946609 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

2018年10月11日
XML
カテゴリ:├ 山歩き
雨池峠までやって来ましたが、白い状況は一向に変わらず。

ここから北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅までは、ほぼ平らな道が続き、すぐに見えてくるのが縞枯山荘。

麦草ヒュッテもそうでしたが、三角屋根の山小屋らしい建物です。

麦草ヒュッテは赤い屋根、縞枯山荘は青い屋根が目印。





縞枯山荘付近までは、開けた草地に木道が続きます。





小屋の向こうに見えるのは、雨池山(たぶん)。





縞柄山荘の少し先からロープウェイまでも、木道が続いていますが、坪庭分岐辺りまでの木道は、先ほどまでとは少し幅が違っていて、これが実に歩き難い。





木道は木が3本並んでいますが、1本の上だけを歩くには幅が少し狭く、2本の上を歩くには少し幅が広すぎて、足を開き気味で歩くので、小さな子どもがお漏らした時みたいになっちゃいます。

しかも木と木の隙間が広く、足がすっぽり入ってしまいそうな絶妙な幅で、もしこの隙間に足を落としたら、転倒するか捻挫してしまいそうです。

足の大きさや歩き方の癖にもよるかもしれませんが、足下には少し注意が必要です。





右手に坪庭に登っていく階段があり、北横岳・坪庭へは右の道標もあります。

このあと案内図が出てきますが、坪庭探勝路は時計回りの順路があるようなので、ここを右に進んでしまうと、その順路に逆行することになるんですが、行っていいんでしょうか?

狭く急な階段に見えたけれども・・・。

我々は右へは行かず、真っ直ぐロープウェイ方面へ。





木の間からちらっと見える坪庭は、北軽井沢の鬼押出し園のような雰囲気に見えましたが、違うか?。





坪庭の木道は隙間がありません。





ロープウェイ山頂駅の前に広がる坪庭。

白いですけど、何か問題でも・・・。





右下の木製デッキのような部分は、山頂駅から続く車いすスロープ。





正面の建物が、北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅、そこから左側の水平な部分が展望デッキ、建物から左下に続くのが車いすスロープです。





山頂駅前のキツツキ。

募金をしてひもを引っ張ると、物凄い事が起こるので、是非やってみて。





右上の方から頑張って歩いて来たんだからさぁ。





もうちょっとご褒美があってもいいだろう、なぁ。





こんな景色が広がってるんでしょ・・・なぁ。





何なんだよこれ・・・。





坪庭探勝路、時計回りの案内がコレ。





北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅には、絶景を期待して登って来た方が沢山。

その時、「一瞬見えたけど、また白くなっちゃったわねー」と、観光マダムの会話が偶然聞こえました。





そうか、待ってたら一瞬見えるかもしれないのね。

間もなく12時になるので、山頂駅内の山頂喫茶「山のカフェ2237」で休憩しつつ、外の様子を伺いながらその時を待ってみることにしました。





20分ほど待ってみましたが、もう諦めたよ・・・。

山頂駅から宿泊する白駒荘まで大凡2時間、山頂駅から北横岳の往復も大凡2時間。

この時12時を少し回っていたので、北横岳まで行くと、食事抜きで歩いたとしても、白駒荘に到着するのは16時を過ぎてしまいます。

日の長い真夏ならまだしも、日が短くなっているこの時期に、我々みたいな登山初心者が、初めてのコースを16時過ぎまで歩くのはチョット・・・。

北横岳も諦め、ランチにしましょう。





山頂駅からの帰りは、来た時とは別のコースで、途中まで森林浴展望台コースを歩きます。

木道の緩い下り坂は、木と木の隙間も狭くて安心ですが、濡れていると滑りやすそうです。





ここが森林浴展望台、ここから先は登山道になります。

しばらく木道は続いていますが、折れていたり、斜めになっていたり、乗ったら全体折れるだろっ、なんて場所も結構あります





緩い下りを歩き、五辻に到着。





五辻から先も緩い下りが続いています。

この辺りは、クロスカントリースキーのコースになっているようです。





出逢いの辻に到着。

ここから、来る時に通った大石峠方面へ向かいます。

大石峠までは緩い上りが続きますが、オトギリ平までの間で薄暗くなり、ルートが分かり難い場所もあって、若干不安になりました。





若干の不安から、ちょっと足早になりながら、オトギリ平に到着しました。

ここからしばし、黄金色の世界が広がります。





ここまでのルートはこちら。










最終更新日  2018年10月26日 19時09分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[├ 山歩き] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄







カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.